2023.05.06.Sat

「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」

   

 
       真風涼帆
   
アクション・ロマネスク「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」
原作/イアン・フレミング「007/カジノ・ロワイヤル」
脚本・演出/小池修一郎
時は1968年、世界はアメリカとソ連を中心とする冷戦の最中にあった。
パリでは学生や労働者たちを中心に「5月革命」と呼ばれる反体制デモが起き、鎮圧後過激派たちは「赤軍同盟」を名乗る地下組織に吸収されて行った。
イギリスが誇る秘密情報部「MI6」では、コードネーム「007」を持つ秘密情報部員ジェームズ・ボンドに、ル・シッフルと呼ばれるソ連のスパイを倒すよう指令が下される。
ル・シッフルは5月革命の際、ソ連の組織から赤軍同盟に送る資金を使い込んで窮地に追い込まれたため、カジノで一攫千金を狙っていた。
ボンドのミッションは、ギャンブルの腕を生かして彼に勝って資金源を断つことと、彼を生け捕りにして情報を吐かせること。
ボンドはジャマイカの大金持ちになりすまし、フランス大西洋岸ロワイヤル・レゾーにあるホテル内の「カジノ・ロワイヤル」に乗り込む。
折しも、ホテルではロマノフ家の遺族たちが集まり、次代の家長後継者を巡って争っていた。
末裔の1人、ソルボンヌ大学の院生であるデルフィーヌは、赤軍同盟に逃れた過激派学生ミシェルの恋人であった。
ギャンブルでボンドに負けたル・シッフルは、デルフィーヌが相続した財産を狙い、ボンドはデルフィーヌと関わりを持ち始める。
華麗なるカジノを舞台に、密かにめぐらされる陰謀と策略。
CIAやフランスの情報局員、ソ連側の工作員も加わり、ボンドの行く手には次々と危機が襲いかかる…
クールでソリッドな真風涼帆が、ジェームズ・ボンドに扮し活躍する、宝塚歌劇ならではのゴージャスでロマンチックなミュージカル大作に、どうぞご期待ください。

第二次世界大戦後、1968年――。
世界はアメリカを中心とする資本主義社会である西側、ソヴィエト連邦を中心とする共産主義社会である東側とに分かれ、直接戦火を交えることなく対立をしていた。
人々はそれを「COLD WAR・冷戦」と呼び、その前線で各国の諜報部員=スパイたちが密かに戦いを続けている。
イギリスが誇る秘密情報機関「MI6(エムアイシックス)」に属する男、コードネーム「007」を持つジェームズ・ボンドは、殺しのライセンスを与えられ、危険を顧みず激戦をくぐり抜けてきた優秀な秘密情報部員である。
ある日ボンドは、ソ連のKGB(カーゲーベー)に属する諜報部員であり、フランスにおける司令塔と言われてきたル・シッフルとギャンブルで勝負するよう指令を受ける。
ル・シッフルの経営するパリのナイト・クラブはフランスに於けるKGBの資金源であり、隠れたオフィスである。
だが、売上を使い込み、密かに店の買い手を捜すほど窮地に追い込まれたル・シッフルは、カジノで一攫千金を狙っているという。
KGBの資金源を断つことを目的に、ボンドはフランスへと向かう。
その頃、パリの街は学生や労働者たちが社会の変革を求め行った大規模なストライキ、「五月革命」が起こったばかりで、未だ反体制デモが繰り広げられ騒然としていた。
クラブの偵察のためパリを訪れたボンドは、デモに参加し警官に追われていた女子学生デルフィーヌを助ける。
不平等な世の中を変えたいという信念を持つ彼女に、ボンドの心は惹かれるのだった。
ル・シッフルとの勝負に挑むため、フランス西海岸のリゾート地、ロワイヤル・レゾーにある「カジノ・ロワイヤル」に乗り込んだボンドは、パリで助けたデルフィーヌと偶然再会する。
折しも、ホテルにはロマノフ家の一族が集まり、家長後継者を巡り争っていたが、亡きナタリア大公女の遺言によって、デルフィーヌが後継者として莫大な財産を手にすることになっていた。
年に一度開催されるカジノ最大のイベント「バカラの夜」が始まった。
ジャマイカの大金持ちに扮しゲームに臨んだボンドだったが、ル・シッフルが彼の正体を知ったことで、戦いは熱を帯びていく…。
偶然関わりを持ったデルフィーヌが心に掛かるボンド、そしてデルフィーヌが相続した財産を手に入れようと画策を始めるル・シッフル。
様々な陰謀と策略に立ち向かうため、ボンドは命懸けでミッションを遂行していく――。

   

    
やって参りました。
まかじゅんサヨナラ公演でございます。
トップの退団作が1本物というのは珍しい。
近年では2006年のタカハナ退団公演ネバセイ以来。
トップとしての任期は5年7ヶ月。
コロナで公演ストップしていたイレギュラー期間もあるものの、
平成以降では和央ようか(6年2ヶ月)・柚希礼音(6年)に次ぐ長期政権を記録っ
みりおの5年半を僅かに超えた。
真風くん大劇場主演9作目。じゅんぱな4作目。
大劇場主演数でカウントすると、柚希11作和央&明日海10作に次ぎ、惜しくも4位。
  
2023年3月11日〜4月17日(宝塚大劇場)、5月6日〜6月11日(東京宝塚劇場)
での公演スケジュール。
 
いやはや、宙組てーへんなことになっとります
まかかの、いやまさかの文春砲被弾
トップ真風が前妻にDVしてたことが報じられ、まかまど離婚に至るまでの経緯が明らかに。
しょーもな。
真風氏、前コンサートのMCで泣きながら謝罪。
「私のことは嫌いになってもまどちを嫌いにならないでください!!」
ま当然と言えば当然やけど、一緒に嫁いびりをしてたとされる寿組長も引責辞任。
何かあった時に責任とらされるのが管理職の務めやからね。
よって今作の退団者は、まかじゅんの他、
寿つかさ(76期)・秋音光紫藤りゅう(96期)・澄風なぎ(99期)・湖風珀(102期)
の計7名に。
 
そして…
  
    

 
 
騒動はこれで終わらなかったのである。
次期娘1に内定してたとされるコノヒトのパワハラ問題まで発覚。
再び文春砲被弾
宙組、もうどす黒すぎ。
劇団は「事実無根です」と遺憾の意を表するも、訴えたりはせず、結局、暗に認める形に。
ミネリーナ失脚を受けて、コノヒトが急遽たなぼた式に代役娘1に。
近年まれに見るラッキーガール。
次期トップに決定したキキ芹香は、ショーで組んで踊るミネリーナをガン無視したりと、以前からキキじゅりコンビ結成を嫌がっていた模様。
もうここまで来ると何ともはや…。
 
すっしー退団を受けて、後任組長に松風輝(92期)、副組長に秋奈るい(97期)が昇格。
しょーもな。
劇団、まったく宙組を建て直そうとか思ってないだろ。
真風と同期で副組長にありながらも、パワハラ問題を未然に防ぐことができなかった生徒を組長に昇格させてどうする?!!
あんたバカぁ?!
本気で宙組の再生を図るなら専科から重鎮を呼び寄せなあきません。
ま例えばさおたさん。すっしーの同期ですっしーと同じ宙組発足メンバー。
2年ほど宙組ですっしーと共演した後、ヅカで一番歴史の古い花組へと移籍し、以降14年以上の管理職経験者。キキの花組時代をよく知る組長さんでもあります。
そんなさおりさんですから、「アンタいくら2番手時代が長かったからって、我儘が通るのは当然とか思うのは止めなさい。舞台に私情持ち込んでんじゃないよ」と往復ビンタの一つくらいはかましてくれるでせう。
知らんけど。
それが駄目なら柚長
星組一筋で20年近く管理職を務めたベテラン女役。
宙組は娘役の層が薄く、最上級生が97期(研13)という有り様なので、やはり柚長のような貴婦人・マダム役を演じられる高学年の女役が必要でせう。
そして何より、キキも真風もミネリーナも星組出身!!皆研1の頃からお世話になったのです。
そんな柚長ですから、「あんたヘアアイロンで後輩に火傷負わせるとか、やり方がせこいのよ。もっとうまくやんなさい。顔は止めな。ボディーにしな」と腹パンチの一発くらいはかましてくれるでせう。
知らんけど。
  
新公初主演を射止めたコノヒト(研5)が東宝5/20ソワレ〜5/30休演。5/31〜部分休演で復帰し、6/7〜全復帰。
   
   

   
    
ハイ
主な配役
ジェームズ・ボンド/  真風涼帆
(イギリスの秘密情報機関「MI6(エムアイシックス)」の諜報部員。コードネーム「007」)
M長官/  松風輝
(「MI6」に於ける軍事情報部の長官。ボンドのボス)
マネーペニー/  花宮沙羅
(M長官の秘書)
ビル・ターナー部長/  秋奈るい
(「MI6」の部長)
技術官Q/  秋音光
(「MI6」の技術官)
ヴェスパー・リンド/  春乃さくら
(イギリス外務省の職員。「カジノ・ロワイヤル」でボンドの妻に扮する)
ルネ・マティス/  瑠風輝
(フランス情報局「セデス」の諜報部員。ヴェスパーの恋人。ボンドに協力)
フェリックス・ライター/  紫藤りゅう
(アメリカの秘密情報機関「CIA」の諜報部員。ボンドに協力)
 
ル・シッフル/  芹香斗亜
(ソ連の秘密情報機関「KGB(カーゲーベー)」の諜報部員。フランスでのKGBの司令塔)
アナベル/  天彩峰里
(ル・シッフルが経営するナイト・クラブ「メゾン・ダムール」の歌手。ル・シッフルの片腕で元愛人)
用心棒/  琉稀みうさ
(「メゾン・ダムール」の用心棒)
イワン/  真名瀬みら
(ル・シッフルのボディーガード)
ミロン/  嵐之真
(ル・シッフルのボディーガード)
ドクトル・ツバイシュタイン/  若翔りつ
(ナチスドイツの科学者)
ジャン/  優希しおん
(訓練隊長)
イリヤ/  鷹翔千空
(ソ連の陰の組織「SMERSH(スメルシュ)」の一員。ル・シッフルを監視)
ボリス/  湖風珀
(ソ連の陰の組織「SMERSH(スメルシュ)」の一員)
    
デルフィーヌ/  潤花
(ソルボンヌ大学の院生。亡きロマノフ家の大公女の遺言で一族の家長後継者となる)
ミシェル・バロー/  桜木みなと
(デルフィーヌの恋人で、パリで反体制デモに身を投じる過激派の学生)
マイヤ/  小春乃さよ
(デルフィーヌの母)
イリーナ/  水音志保
(デルフィーヌの妹)
ニーナ/  山吹ひばり
(デルフィーヌの妹)
ゲオルギー・ロマノヴィッチ・ロマノフ大公/  寿つかさ
(ロマノフ家の末裔の一人。デルフィーヌの従伯父)
アンナ/  花菱りず
(ゲオルギーの妻)
グレゴリー/  風色日向
(ゲオルギーの長男)
アナトリー/  亜音有星
(ゲオルギーの次男)
警察隊長/  凰海るの
(ミシェルを指名手配犯として追う)
刑事/  秋音光
(ミシェルを指名手配犯として追う)
 
支配人ジェラール/  澄風なぎ
(「カジノ・ロワイヤル」の支配人)
副支配人アンリ/  雪輝れんや
(「カジノ・ロワイヤル」の副支配人)
秘書カトリーヌ/  湖々さくら
(「カジノ・ロワイヤル」の??)
ディーラー/  秋奈るい
(「カジノ・ロワイヤル」のディーラー)
マハラジャの妻/  有愛きい
(「カジノ・ロワイヤル」の客)
華僑の富豪の妻/  栞菜ひまり
(「カジノ・ロワイヤル」の客)
クレマン/  真白悠希
(スイスの銀行家。ロマノフ家のティアラを保管している)
 
ローズ/  夢風咲也花
(ジャマイカの女)
リリー/  愛未サラ
(ジャマイカの女)
   
   
    
        
宙組「カジノ・ロワイヤル」  宙組「カジノ・ロワイヤル」
¥11,000 Blu-ray      2023年4月号
       
関連記事
19:28 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |