2023.01.12.Thu

「夢現(ゆめうつつ)の先に」

   

  
     鷹翔千空
  
バウ・ドリーミング「夢現(ゆめうつつ)の先に」
作・演出/生駒怜子
悪夢にうなされるのが日常となっていた“僕”。
いつものように夢をみて、いつもと同じ終わりを迎えようとした時、突然声が聞こえた。
“彼”は自分の夢に招待しようと、強引に“僕”を連れ出してしまう。
“僕”とは正反対の、鮮やかな色と楽しげな音楽に彩られた“彼”の夢。
そこには、“僕”が密かに想いを寄せる“彼女”とそっくりな女性の姿も。
“彼”は一体何者なのか。
なぜ“僕”は何度も同じ夢を見るのか。
夢と現が交差する中、真面目に生きようともがく“僕”が辿り着く先は…。
なお本作は、演出家・生駒怜子の宝塚バウホールデビュー作となります。

悪夢にうなされるのが日常となっていた
いつものように夢を見て、いつもと同じ終わりを迎えようとした時、突然声が聞こえた。
は「明るい夢の世界へ行こう」と僕を強引に暗い場所から連れ出してしまう。
あまりにも今まで自分がいた場所と違いすぎて戸惑う僕だったが、彼はおかまいなしに僕を連れ回す。
そして、僕が密かに想いを寄せる彼女に思いがけず再会するのだった。
僕と彼女の出会いはある雨の夕方。
土砂降りの雨の中、傘も差さずに歩いている僕を見かねて、彼女は赤い傘を貸してくれたのだった。
そんな彼女に一目惚れしてしまった僕。
彼女の職場の花屋に傘を返しに行こう、と何度も思いながら、その店に行くことすらできず1ヶ月も経ってしまっていた。
そんな奥手な僕に彼は彼女と距離を縮める練習をしようと提案する。
すっかり彼のペースに巻き込まれた僕は夢の世界の住人白い羊たちの力を借りながら真面目に練習を重ね、現実世界でも練習の成果を出そうと、彼女との距離を縮めるために奮闘するのだった。
そして夢の中で彼と打ち解けた僕は現実世界でも彼に会いたいと思うようになるが、彼は笑って誤魔化すだけ。
彼は一体何者なのか。
なぜ僕は何度も同じ夢を見るのか。
夢と現が交差する中、真面目に生きようともがく僕が辿り着く先は…。

   

   
宙組次期4番手候補のコノヒト、待望のバウ初主演。
101期からはコノヒトに続いて2人目。
  
2023年1月5〜16日(宝塚バウホール)
での公演スケジュール。
  
朝木陽彩(104期)が今公演をもって退団。
歌姫として注目されてただけに惜しい…。
ヒロインは想定内のコノヒトでせうか…。
秋奈るい(97期)が公演の長。もうそんな学年になったのね。
   
そして…
   
   

   
   
無事に初日の幕を開けるも…
翌日からまさかの公演休止。
1月6〜10日の5日間8公演がナッシングに。
その後休止期間が延び、1月6〜12日計6日間10公演がナッシングに。
バウは自前の劇場なので、無事に追加開催が決定。
1月17〜21日計4日間8公演が振替に。
どこにも記載ないけど、朝木陽彩の退団日はどうなるんですか…
  
ハイ
主な配役
/  鷹翔千空
(アベル。悪夢にうなされる青年)
僕(少年)/  風翔夕
僕の母/  楓姫るる
彼女/  山吹ひばり
(エマ。僕が密かに想いを寄せる女性)
彼女の父/  凰海るの
彼女の母/  舞こころ
店長トーマス/  秋奈るい
(彼女が働いている花屋の店長)
店員フランク/  大路りせ
(彼女が働いている花屋の店員)
店員モニカ/  朝木陽彩
(彼女が働いている花屋の店員)
/  亜音有星
(バルウィン。僕の前に突然現れた謎の青年)
彼の父/  澄風なぎ
彼の母/  花菱りず
白い羊メラ/  澄風なぎ
(彼の友達の白い羊)
白い羊メル/  花菱りず
(彼の友達の白い羊)
白い羊メロ/  泉堂成
(彼の友達の白い羊)
白い羊メメ/  湖々さくら
(彼の友達の白い羊)
白い羊メイ/  奈央麗斗
(彼の友達の白い羊)
白い羊メア/  栞菜ひまり
(彼の友達の白い羊)
  
ワイン店員/  輝ゆう
街の男/  陽彩風華
街の女/  花咲美玖
/  渚ゆり
子ども/  結沙かのん
医者/  琉稀みうさ
夢の住人
凰海るの・輝ゆう・琉稀みうさ・梓唯央・陽彩風華・聖叶亜・栞菜ひまり・葵祐稀・明希翔せい・結沙かのん・舞こころ・花咲美玖・華乃みゆ・楓姫るる・渚ゆり・澄乃紬
黒い影
梓唯央・大路りせ・葵祐稀・聖叶亜・郁いりや・波輝瑛斗
  
  
  
           
宙組「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」  宙組「Capricciosa!!」
¥8,800 【送料無料!!】        ライブCD
  
関連記事
23:29 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |