2021.12.02.Thu

宝塚パーソナルカレンダー2022 IN 宙組

 
  
 
ハイ
2021年の宙組を振り返る。
  
■「アナスタシア」東京公演(1〜2月)
 ・風色日向まさかの全日程休演
 ・新公休止&下級生交互出演継続
 ・愛海ひかる娘役転向&潤花宙組生デビュー
 ・花音舞2度目エトワール
 
・星風まどか電撃まさかの専科へ 2/22〜
  
○星風まどかミュージック・サロン「夢みるMadonna」(4月)
 ・優希しおん×琥南まこと×鷹翔千空×雪輝れんや出演
 
□東京建物Brillia HALL公演「Hotel Svizra House ホテルスヴィッツラハウス」(4月)
 ・真風涼帆×潤花トップコンビお披露目公演
  
□バウホール公演「夢千鳥」(4月)
 ・和希夢二まさかの2度目バウ主演×天彩他万喜2度目ヒロインもまさかの緊急事態宣言で僅か4日で公演ナッシング
 ・水音お葉×山吹彦乃大役抜擢
 
○星風まどかミュージック・サロン「夢みるMadonna」(4月)
 ・優希しおん×琥南まこと×鷹翔千空×雪輝れんや出演予定も東京開催休ナッシング

 
□梅田芸術劇場公演「Hotel Svizra House ホテルスヴィッツラハウス」(5月)
 ・真風涼帆×潤花トップコンビお披露目公演まさかの緊急事態宣言で公演ナッシング

 ・1日のみ無観客配信へ
  
・美風舞良 花組へ 5/11〜
・松風輝まさかの宙組新副組長に就任 5/11〜
 
■「シャーロック・ホームズ−The Game Is Afoot!−」「Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-」(6〜9月)
 ・真風涼帆×潤花トップコンビ大劇場お披露目公演
 ・107期生初舞台お披露目公演
 ・新公復活異例100期特出&下級生交互出演解除
 ・新公主演コンビ亜音有星×山吹ひばり初抜擢
 ・花音舞(研18)&遥羽らら(研10)ら無念の退団
 ・春乃さくら初エトワール
 
・凛城きら専科へ 9/27〜
 
□ドラマシティ・東京建物Brillia HALL公演「プロミセス、プロミセス」(11〜12月)
 ・芹香斗亜3度目東上主演×天彩峰里2度目東上ヒロイン
 ・無念の円盤化ナッシング
 
□全国ツアー公演「バロンの末裔」「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」(11〜12月)
 ・小春乃さよ2度目エトワール
  
・和希そら雪組へ 12/10〜
   

   
●新人公演主演コンビ
 亜音有星×山吹ひばり (シャーロック・ホームズ)
  
●エトワール
 花音舞   (アナスタシア)
 春乃さくら (デリシュー!)
 小春乃さよ (アクアヴィーテ‼)
  
2021年の宙組は年またぎとなった大劇場公演「アナスタシア」から。
新公休止、下級生交互出演というイレギュラー形態での上演。
不思議と退団者はナッシング。
すっしー組長そら和希が久々の女役を好演。よって娘役に役が就かず。
この公演から潤花が宙組生デビュー。そして性転換した愛海ひかるが娘役デビュー。
さらに、この公演をもって娘1・星風まどかが電撃専科へ。
ムラでの公演中に専科異動と潤花の娘1就任が発表され、ムラ千秋楽翌日に次期花娘1への就任が発表へ。
殆どの人がそうなるだろうなと予想していたことなので驚きも無く、ただ発表のタイミングだけが何故なのと…。
れいまど大劇場お披露目演目の予想だけが皆さん外れていましたが。
  
アナスタシア終了後、宙組は3分割。
美園さんに続いてムラと東京と両方での異例開催となる元娘1の星風まどかMSに宙男4人が出演。
ムラでは夢みるMadonnaできましたが、東京では結局公演ナッシングに。
  
まかまど新政権お披露目公演「ホテルスヴィッツラハウス」も東京建物Brillia HALLでスタート。
が、緊急事態宣言の発出に鑑み、東京公演のみで5月の梅芸公演はナッシングに。
1日だけ無観客配信するという何とも寂しい結末となりました。
  
最も被害を受けたのは裏のバウ公演「夢千鳥」。
そら×みねり2度目のバウ主演コンビがタッグ再び。
そらを取り巻く3人の女たちに、ミネリーナの他に水音志保山吹ひばりが大抜擢。
なかなかの良作でしたが、公演開始から僅か4日で千秋楽という無念の事態に。
事前に収録しておいたものを後に配信という形で埋め合わせをしましたが、出演者の無念やいかばかりか…。
そして宙組誕生から在籍し続けてきた副組長・美風舞良がまどちの付き添い人事として花組へ。
なかなか次期副組長が発表されず何でかなぁと思うてたら、次の大劇場集合日に退団者と次期副組長が同時発表に。
松風輝が新管理職に。
宙組では組長の次に上級生となる花音舞・綾瀬あきならが無念の退団発表に。
遥羽ららもご卒業…。
トップを目指してたかもしれないけど、まどかがどいてさらに学年が下の潤花が異動してきて、しかも同じダンサー枠ということで、もう勝ち目ないなと見切りつけたんかね。
娘役10年目というのも一つの区切りになったのかもしれん。
  
そしてまかまど大劇場お披露目「シャーロック・ホームズ/デリシュー」。
107期お披露目公演ともなり、新トップコンビ大劇場お披露目ともなり、新副組長お披露目公演ともなり、凛城きら最後の宙組生公演ともなり。
そして今作から下級生交互出演が解除。全員揃っての大劇場公演は前年の「エルハポン/アクアヴィーテ!!」以来。
そして待望の新公も復活。
夢千鳥での好演が記憶に新しい亜音有星と山吹ひばりコンビが初抜擢。
アナスタシアでももしかしたらこのコンビが候補だったのかもね…。
エトワールには久々若手娘役・トップと同期の春乃さくらが初抜擢。
ショーのデリシューは何やら演出家の性癖を彷彿とさせるシーンが物議を醸し、一部変更になったとかならなかったとか。
結局どっちなん?!
 
その後、トップと同期の凛城きらが専科へ異動。
    
●2021年末時点での宙組の番手
  真風涼帆  (研16)
  潤花    (研6)
  芹香斗亜  (研15)
  桜木みなと (研13)
  瑠風輝   (研10)
  紫藤りゅう(研12)・留依蒔世(研11)
  鷹翔千空(研7)・風色日向(研6)・亜音有星(研5)
   
   
   
             
「宝塚パーソナル卓上カレンダー」  「宝塚パーソナルカレンダー」
真風涼帆               芹香斗亜
      
関連記事
08:31 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |