2024.02.09.Fri

「星風まどか」

    
  
   
「星風まどか」(ほしかぜ・まどか)は、宝塚歌劇団花組の娘役。花組トップ娘役。
11月11日生、東京都国分寺市、国立音楽大学附属中学出身。
身長162cm。血液型A型。
公式愛称は「まどか」、「かなめ」。非公式は「10代目シシィ違うやんけ!」
  
2012年4月、宝塚音楽学校入学。
2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は3番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集100!!」で初舞台。
同期には聖乃あすか一之瀬航季風間柚乃極美慎桃歌雪希良々うみ天彩峰里、OGに元花組トップ娘役華優希音くり寿羽織夕夏桜庭舞らがいる。
同年の組廻り中に宙組「白夜の誓い」で、早くもトップ凰稀かなめの幼少役。
2015年、阪急阪神の初詣ポスターモデル。
同年2月、組廻りを経て宙組に配属。
同年、朝夏まなと・実咲凜音大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、研2で早くも新人公演初ヒロイン。大役アイーダ。続く「相続人の肖像」でバウホール初ヒロイン。
2016年の「ヴァンパイア・サクセション」(DC・神奈川芸術劇場公演)で東上初ヒロイン。後に相手役となる真風涼帆と初タッグ。続く「エリザベート」で2度目新公ヒロイン。大役エリザベート。本公演では少年ルドルフ。続く全ツ「バレンシアの熱い花」でトリプルヒロインの1人。併演ショー「HOT EYES!!」で伶美うららとWヒロイン。
2017年の「パーシャルタイムトラベル」で2度目バウヒロイン。続く朝夏まなと・伶美うらら退団公演となるショー「クラシカルビジュー」で、初エトワール。
同年11月20日付で、宙組6代目トップ娘役に就任。宙組史上初の生え抜き娘1。真風涼帆の相手役として、年末の「タカラヅカスペシャル2017」でプレお披露目。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2016年度新人賞。
2018年の「天(そら)は赤い河のほとり/シトラスの風」でまかまど大劇場お披露目。ショーで2度目エトワール。
2019年、宝塚歌劇団年度賞の2018年度努力賞。
2020年、阪急すみれ会パンジー賞の2020年度娘役賞。
2021年2月22日付で、宙娘1から専科へ電撃異動。娘1の専科異動は檀れい以来20年ぶり。
同年、初のミュージック・サロン「夢みるMadonna」開催。も、東京は無念の開催ナッシング。
同年7月5日付で専科から花組へ再度異動し、華優希の後任として花組トップ娘役に就任。2つの組で娘1を務めるのは白羽ゆり以来15年ぶり快挙。柚香光の2代目パートナーとして、全ツ「哀しみのコルドバ/Cool Beast!!」よりれいまどお披露目。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2020年度優秀賞。
2022年の「歌劇4月号」でついに初表紙。
2024年5月26日、「アルカンシェル」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。まさかのれいまど添い遂げ。花組トップコンビの同時退団は真矢みき×千ほさち以来25年ぶり。大劇場主演10作、任期は6年2ヶ月(専科時代除く)となり、花總まり愛希れいかに次ぐ歴代3位の長期政権を記録。

 
4歳上の姉がいる。小さな頃は姉の行動を観察して手のかからない子供だった。
キリスト教系の幼稚園へ入園。姉の影響で3歳からピアノを習い始めるが、あまり好きにはなれなかった。
母がヅカファンだったため、ヅカのビデオをよく見ていた。月組「ル・ポァゾン 愛の媚薬」を見て、こだま愛の着ているドレスに憧れ、母に作ってもらい、それを着て踊っていた。東京宝塚劇場へもよく観劇に出かけ、覚えている中で一番古い作品は月組「薔薇の封印」。
小学校は姉が通っているからという理由で音大附属の小学校に進学。ピアノやコーラスなど音楽の授業が多かったが、やはりピアノは苦手だった。
小2から遊び半分でバレエも習い始める。
高学年の時、初めて宝塚大劇場で月組「ME AND MY GIRL」を観劇。客席降りの迫力に感動し、観劇後すぐにヅカ受験を決意。バレエ教室を替え、週3回の稽古にピアノも続けるようになる。
中学進学後は、ヅカ受験に向けて個人レッスンを受け、バレエ教室にも毎日通い、受験に備えた。
受験当日、1人ぼっちで宝塚の会場へ。講堂に集められ振付の練習があったが、一番後ろに居たため前が全然見えず、目の前の人を見てどうにか覚えた。
三次試験では日舞教室で待機。畳に座っていたためタイツが草まみれになるという失態を犯すも、見事に一発合格を果たす。

  
◎まどち伝説
宝塚100周年の2014年に100期生として入団し、宙組誕生20周年の2018年に宙組生え抜き娘1となり、花組誕生100周年の2021年に花娘1に就任。宝塚110周年の2024年に退団。やたら記念イヤーに縁のあるラッキーガール。
専科を経て2つの組で娘1を務めるのは、元星・月娘1檀れい以来、単純に2つの組で娘1を務めるのは、元雪・星娘1白羽ゆり以来の快挙。
トップとしての任期は夢咲ねねの6年を超え、花總まり(12年)・愛希れいか(6年半)に次ぐ、歴代3位の長期政権記録を樹立。

   
■初舞台
2014年
3〜6月、月組「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌-」「TAKARAZUKA花詩集100!!」
  
□組廻り
11〜2015年2月、宙組「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」グスタフ(少年時代)「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」
  
□宙組時代
3〜4月、「TOP HAT」(梅田芸術劇場・赤坂ACTシアター)ショーガール
6〜8月、「王家に捧ぐ歌」新公:アイーダ(本役:実咲凜音) 新人公演初ヒロイン
10月、「相続人の肖像」(バウホール)イザベル バウ初ヒロイン
2016年
1〜3月、「Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜」エミリア・バッサーノ、新公:エリザベス・ケアリー(ベス)(本役:伶美うらら)「HOT EYES!!」
5月、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)ルーシー・スレイター 東上初ヒロイン
6月、「Bow Singing Workshop〜宙〜」(バウホール)
7〜10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」ルドルフ(少年)、新公:エリザベート(本役:実咲凜音) 新人公演ヒロイン
11〜12月、「バレンシアの熱い花」マルガリータ「HOT EYES!!」(全国ツアー)
2017年
2〜4月、「王妃の館-Château de la Reine-」ミチル、新公:ディアナ(本役:伶美うらら)「VIVA! FESTA!」
6月、「パーシャルタイムトラベル 時空の果てに」(バウホール)テス、侍女テス バウヒロイン
8〜11月、「神々の土地」皇女オリガ、新公:ラッダ(本役:瀬音リサ)「クラシカルビジュー」 初エトワール
 
■宙組トップ娘役時代
2018年
1月、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム)マリア トップお披露目公演
3〜6月、「天(そら)は赤い河のほとり」ユーリ・イシュタル、新公:詠美(本役:天瀬はつひ)、姫(本役:里咲しぐれ)「シトラスの風-Sunrise-」 大劇場トップお披露目公演、エトワール
7〜8月、「WEST SIDE STORY」(梅田芸術劇場)マリア
10〜12月、「白鷺(しらさぎ)の城(しろ)」玉藻前、妲己、祭禮の女「異人たちのルネサンス」カテリーナ ※10/5〜15まで、怪我のためフィナーレのデュエットダンスのみ部分休演
2019年
2月、「黒い瞳」マリア・イヴァーノブナ(マーシャ)「VIVA! FESTA! in HAKATA」(博多座)
4〜7月、「オーシャンズ11」テス・オーシャン
8〜9月、「追憶のバルセロナ」イサベル「NICE GUY!!」(全国ツアー)
11〜2020年2月、「El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ-」カタリナ「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」
8〜9月、「FLYING SAPA-フライングサパ-」(梅田芸術劇場・日生劇場)ミレナ・ブコビッチ
11〜2021年2月、「アナスタシア」アナスタシア、アーニャ
  
■花組トップ娘役時代
8〜9月、「哀しみのコルドバ」エバ・シルベストル「Cool Beast!!」(全国ツアー) トップお披露目公演
11〜2022年2月、「元禄バロックロック」キラ「The Fascination(ザファシネイション)!」 大劇場トップお披露目公演
3〜4月、「TOP HAT」(梅田芸術劇場)デイル・トレモント
6〜9月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」マリー・ダグー伯爵夫人「Fashionable Empire」
10〜11月、「フィレンツェに燃える」パメラ・クレメンティーナ公爵夫人「Fashionable Empire」(全国ツアー)
2023年
1〜3月、「うたかたの恋」マリー・ヴェッツェラ「ENCHANTEMENT(アンシャントマン)-華麗なる香水(パルファン)-」
4〜5月、「二人だけの戦場」(梅田芸術劇場・東京建物Brillia HALL)ライラ
7〜10月、「鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)」お春「GRAND MIRAGE!」
11〜12月、「BE SHINING!!」(昭和女子大学人見記念講堂・神戸国際会館)
2024年
2〜5月、「アルカンシェル」カトリーヌ・ルノー 退団公演
  
☆出演イベント
2016年12月、タカラヅカスペシャル2016「Music Succession to Next」
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年2月、「宙組誕生20周年記念イベント」
2019年10月、第55回「宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
2021年4月、星風まどかミュージック・サロン「夢みるMadonna」
2023年12月、タカラヅカスペシャル2023「Open the Future〜未来へ〜」
2024年3〜4月、星風まどかミュージック・サロン「星ノ円居夜(ほしのまどいよ)」
 
☆TV出演
2017年12月、CX「2017 FNS歌謡祭 第1夜」

☆広告出演
2018年〜、「TOCCA」
2021年〜、「GRACE CONTINENTAL」
  
★受賞歴
2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度新人賞
2019年、「宝塚歌劇団年度賞」2018年度努力賞
2020年、「阪急すみれ会パンジー賞」娘役賞
2021年、「宝塚歌劇団年度賞」2020年度優秀賞
     
星風まどか 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
23:59 |  花組生徒  |  EDIT  | 
 | TOP |