2017.01.28.Sat

「THE SCARLET PIMPERNEL」ポスターアップ

      

    
         紅パーシー(研15)×綺咲マルグリット(研7)
    
ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」
1997年にブロードウェイで初演後、大ヒットを記録したミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL」。
宝塚バージョンのオリジナルを加え日本初上演した2008年の星組公演は、フランク・ワイルドホーンの名曲の数々と共に、冒険活劇としての面白さ、すれ違う夫婦の心理描写をドラマティックに描いて絶賛を博し、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞致しました。
続く2010年の月組による公演も大好評を収め、その後も再演の呼び声の高い傑作ミュージカルが、7年振りに宝塚歌劇の舞台に甦ります。
新トップコンビ紅ゆずる×綺咲愛里を中心とした新生星組が刻む「THE SCARLET PIMPERNEL」の新たな1ページに、どうぞご期待下さい。

18世紀末のフランス。
虐げられてきた民衆が自由を求め立ち上がったフランス革命の勃発から数年が経ち、革命政府の統治下で多くの貴族たちが次々に断頭台へ送られていた頃。
恐怖政治に反感を抱くイギリス貴族パーシヴァル・ブレイクニー(パーシー)は、イギリスで赤い星型の花を指す“スカーレット・ピンパーネル”と名乗ってその正体を隠し、無実の罪で捕らわれた貴族達を国外へと逃亡させる活動を行っていた。
革命政府の公安委員ショーヴランは、一刻も早くスカーレット・ピンパーネルの正体を突き止めようと躍起になっていた。
一方、パーシーとの結婚を控えたコメディ・フランセーズの花形女優マルグリット・サン・ジュストは、イギリスへ渡る前の最後の舞台に立つ。
しかし、ジャコバン党の指導者マクシミリアン・ロベスピエールが桟敷席から見ている中、舞台上で革命政府を批判する言葉を発したマルグリットは、ショーヴランから劇場閉鎖を命じられてしまう。
そして、劇場の再開許可が欲しければ反共和派の貴族サン・シール侯爵の居所を教えるよう、ショーヴランから迫られるのだった。
かつて二人は革命を共に闘った同志であったが、マルグリットは理想とはかけ離れた政策を推し進める共和派を見限った過去を持っていた。
一度はショーヴランの要求を撥ね除けたマルグリットだったが、侯爵に危害を与えないことを条件に居所を教えてしまう…。
イギリスで、パーシーとマルグリットの結婚式が大勢の参列者に囲まれ華やかに挙行される。
幸せの絶頂のパーシーのもとに、スカーレット・ピンパーネルの協力者であったサン・シール侯爵が処刑されたとの報せが届く。
しかも侯爵の居所を密告したのはマルグリットだというのだ。
それが真実だと知ったパーシーは、妻への愛と疑念の狭間で苦悩する。
ルイ16世の遺児ルイ・シャルル奪還を最大の目的としていたパーシーは、やがて信頼できる仲間達に自らの正体を明かし、共に立ち上がって欲しいと訴える。
パーシーはマルグリットに真実の姿を隠したまま、高き理想を胸に抱いた仲間と共にドーヴァー海峡を渡り、パリへと向かう──。

    

 
新、星のトリデンテ…か
小切手入りした七海くんの今後の扱いも気になりますが。
 
 

 
 

    
    
ハイ
配役比較
  17年版  10年版  08年
パーシヴァル・ブレイクニー
(イギリス貴族。通称パーシー)
紅ゆずる/霧矢大夢/安蘭けい
アントニー・デュハースト
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
壱城あずさ/青樹泉/立樹遥
ケイト
(アントニーの恋人)
音波みのり/夏月都/蒼乃夕妃
アンドリュー・フォークス
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
天寿光希/星条海斗/涼紫央
シュザンヌ
(アンドリューの恋人)
夢妃杏瑠/彩星りおん/琴まりえ
ドゥ・トゥルネ―伯爵夫人
(フランスからイギリスに逃れてきた貴族。シュザンヌの母)
万里柚美/花瀬みずか/万里柚美
ドゥ・トゥルネ―伯爵
(フランス貴族。シュザンヌの父)
大輝真琴/一色瑠加/紫蘭ますみ
オジー
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
十碧れいや/光月るう/彩海早矢
アン
(オジーの恋人)
愛水せれ奈/美夢ひまり/華美ゆうか
エルトン
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
麻央侑希/宇月颯/夢乃聖夏
ジュリー
(エルトンの恋人)
紫りら/羽咲まな/音花ゆり
ファーレイ
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
紫藤りゅう/紫門ゆりや/麻尋えりか
ペギー
(ファーレイの恋人)
華鳥礼良/萌花ゆりあ/純花まりい
ハル
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
綾鳳華/珠城りょう/壱城あずさ
サリー
(ハルの恋人)
小桜ほのか/琴音和葉/稀鳥まりや
ベン
(パーシーの仲間のイギリス貴族)
天華えま/煌月爽矢/紅ゆずる
ポリー
(ベンの恋人)
天彩峰里/玲実くれあ/妃咲せあら
ジェサップ
(パーシーの執事)
輝咲玲央/彩央寿音/天緒圭花
プリンス・オブ・ウェールズ
(イギリス皇太子)
英真なおき(専科)/桐生園加/英真なおき
サン・シール侯爵
(パーシーの友人)
夏樹れい/研ルイス/英真なおき
   
マルグリット・サン・ジュスト
(パーシーの妻。元女優)
綺咲愛里/蒼乃夕妃/遠野あすか
アルマン・サン・ジュスト
(マルグリットの弟)
瀬央ゆりあ/龍真咲・明日海りお/和涼華
マリー・グロショルツ
(アルマンの恋人。衣装・鬘デザイナー)
有沙瞳/憧花ゆりの/夢咲ねね
座長
(コメディ・フランセーズの座長)
夏樹れい/鼓英夏/天霧真世
イザベル
(コメディ・フランセーズの歌手)
白妙なつ/沢希理寿/花愛瑞穂
キューピット
美丘安里//
  
マクシミリアン・ロベスピエール
(ジャコバン党の指導者)
七海ひろき/越乃リュウ/にしき愛
ショーヴラン
(公安委員)
礼真琴/龍真咲・明日海りお/柚希礼音
メルシエ
(ショーヴランの部下)
瀬稀ゆりと/美翔かずき/祐穂さとる
クーポー
(ショーヴランの部下)
漣レイラ/響れおな/鶴美舞夕
ピポー軍曹
(フランス共和政府の軍人)
美稀千種/綾月せり/美稀千種
公安委員
桃堂純・ひろ香祐/貴千碧・鳳月杏/水輝涼・一輝慎
 
ルイ・シャルル
(ルイ十六世の遺児)
星蘭ひとみ/愛希れいか/水瀬千秋
シモン
(靴屋。ロベスピエールの崇拝者)
如月蓮/華央あみり/美城れん
ジャンヌ
(シモンの妻)
音咲いつき/美鳳あや/朝峰ひかり
 
ルネ
(パリからの亡命者)
紫月音寧/天野ほたる/毬乃ゆい
アンヌ
(パリからの亡命者)
空乃みゆ/妃鳳こころ/星風エレナ
 
侍従
遥斗勇帆・颯香凜/輝城みつる・千海華蘭/
兵士
/有瀬そう・海桐望/
民衆
華鳥礼良・遥斗勇帆・小桜ほのか・夕陽真輝・夕渚りょう・都優奈/
    
エトワール
小桜ほのか/羽咲まな/音花ゆり
 
2008年、星組で安蘭けい×遠野あすかトップコンビにより大劇場初演。紅子の最初で最後の新公主演作。
 2010年、月組で霧矢大夢×蒼乃夕妃大劇場お披露目公演として再演。ヒガシマルの初舞台公演。
     
        
        
       
17年星組版「スカピン」  17年星組版「スカピン」
¥10,800 Blu-ray    2017年4月号
            
関連記事
07:52 |  星組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |