2023.08.04.Fri

歌劇8月号

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
06:53 |  歌劇  |  EDIT  | 
2023.08.18.Fri

「碧海さりお」

    
  
    
「碧海さりお」(あおみ・さりお)は、宝塚歌劇団星組の男役スター。
6月16日生、石川県金沢市、星稜高校出身。
身長168cm。血液型O型。
公式愛称は「ちゃりお」、「さりお」。非公式は「顔のパーツ中心に寄りすぎ」
  
2013年4月、宝塚音楽学校入学。
2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として入団。入団時の成績は5番。月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で初舞台。その後、星組に配属。
同期には現月組トップ娘役天紫珠李礼華はる縣千鷹翔千空咲乃深音湖々さくら水音志保、OGに彩音星凪ゆいかれん優美せりな星蘭ひとみらがいる。
同年のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」に出演。
2020年、礼真琴・舞空瞳大劇場お披露目となる「眩耀の谷」で、新人公演初主演。も、無念の東京新公ナッシング。
2021年の「ロミオとジュリエット」で愛役替わり。

     
初めて観たヅカ作品は宙組「炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ」。
学生時代は華道部に所属していた。
ヅカでしか味わえない豪華絢爛で夢のような空間をお届けできるようになりたいと思い、音校受験を決意。
憧れの上級生は柚希礼音

  
■初舞台
2015年
4〜6月、月組「1789-バスティーユの恋人たち-」(宝塚大劇場のみ)
 
□星組時代
8〜11月、「ガイズ&ドールズ」
2016年
1月、「LOVE&DREAM」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
3〜6月、「こうもり」新公:アルフレード(本役:礼真琴)「THE ENTERTAINER!」
7月、「One Voice」(バウホール)
8〜11月、「桜華に舞え」上士、新公:別府晋介(本役:瀬央ゆりあ)「ロマンス!!(Romance)」
2017年
1月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(東京国際フォーラム)
3〜6月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」新公:ハル(本役:綾凰華)
7〜8月、「阿弖流為-ATERUI-」(ドラマシティ・日本青年館)猪足
9〜12月、「ベルリン、わが愛」新公:ルードヴィッヒ・クリッチュ(本役:美稀千種)「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」
2018年
2月、「うたかたの恋」フィリップ皇子「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」(中日劇場)
4〜7月、「ANOTHER WORLD」新公:杢兵衛(本役:天寿光希)「Killer Rouge(キラールージュ)」
8〜11月、「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge(キラールージュ)/星秀☆煌紅」(梅田芸術劇場・日本青年館・國家兩廳院國家戯劇院・高雄市文化中心至徳堂)
2019年
1〜3月、「霧深きエルベのほとり」新公:リコ(本役:天華えま)「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」
5月、「アルジェの男」フェリックス「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」(全国ツアー)
7〜10月、「GOD OF STARS-食聖-」新公:P-heaven(本役:天華えま)「Éclair Brillant(エクレールブリアン)」
11〜12月、「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場・東京建物Brillia HALL)市民、宮廷人
2020年
2〜3月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」プラト、新公:丹礼真(本役:礼真琴)「Ray-星の光線-」(宝塚大劇場) 新人公演初主演
7〜9月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」プラト、新公:丹礼真(本役:礼真琴)「Ray-星の光線-」(東京宝塚劇場)
12月、「シラノ・ド・ベルジュラック」(ドラマシティ)マルタン、モンフルウリイ
2021年
2〜5月、「ロミオとジュリエット」愛 ※A日程のみ、希沙薫と役替わり
7月、「VERDAD(ヴェルダッド)!!」(舞浜アンフィシアター)
9〜12月、「柳生忍法帖」大道寺鉄斎、新公:芦名銅伯、天海大僧正(本役:愛月ひかる)「モアー・ダンディズム!」
2022年
2月、「王家に捧ぐ歌」(御園座)サウフェ
4〜7月、「めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」ヴァルター・オルレイン「Gran Cantante(グランカンタンテ)!!」
9月、「ベアタ・ベアトリクス」(バウホール)ウィリアム・ホルマン・ハント
11〜2023年2月、「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」セルゲイ「JAGUAR BEAT-ジャガービート-」
3〜4月、「Le Rouge et le Noir〜赤と黒〜」(ドラマシティ・日本青年館)ノワール
6〜8月、「1789-バスティーユの恋人たち-」オーギュスト・ラマール、代役:ジョルジュ・ジャック・ダントン(本役:天華えま)
10月、「My Last Joke-虚構に生きる-」(バウホール)ルーファス・W・グリスウォルド
2024年
1〜4月、「RRR×TAKA"R"AZUKA〜√Bheem〜(アールアールアールバイタカラヅカ〜ルートビーム〜)」エドワード「VIOLETOPIA(ヴィオレトピア)」
5〜6月、「BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)」(東急シアターオーブ)エーモス・キャロウェイ
 
☆TV出演
2015年9月、NHK「経世済民の男 小林一三」後編-宝塚歌劇団団員
  
碧海さりお 公式プロフィール
   
  
  
    
関連記事
07:16 |  星組生徒  |  EDIT  | 
2023.08.20.Sun

宝塚GRAPH9月号

   

   
グラフ9月号の表紙は、花組トップスター・柚香光
   
Impression/  芹香斗亜
Match/  彩風咲奈×夢白あや
閃光-SENKO-/  瀬央ゆりあ
STYLE/  彩海せら&咲城けい
The Costume/  礼真琴&舞空瞳 from 1789
REAL FASHION SNAP!/  花組
月組東急シアターオーブ公演ミニインタビュー/月城かなと
BACKSTAGE/  帆純まひろ&天彩峰里&礼華はる&華世京
たおしゅんの102期にこにこガーデン/  太凰旬×花宮沙羅
TOPICS/星組博多座公演「ME AND MY GIRL」制作発表会
TOPICS/宝塚歌劇110周年概要発表会
SPECIAL PORTRAIT/  礼真琴
波瀾爆笑!?我が人生/  きよら羽龍
TALK DX/  礼真琴×瀬央ゆりあ×暁千星 in 1789
TO THE FUTURE/  美星帆那
       
STAGE
花組大劇場公演「鴛鴦歌合戦」「GRAND MIRAGE!」
月組東急シアターオーブ公演「DEATH TAKES A HOLIDAY」
     
   
   
      
「宝塚グラフ8月号」  「宝塚グラフ7月号」
   
関連記事
00:55 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2023.08.24.Thu

星組版「1789-バスティーユの恋人たち-」

   

 
          礼真琴×舞空瞳
 
三井住友VISAカードシアター
スペクタクル・ミュージカル
「1789-バスティーユの恋人たち-」
潤色・演出/小池修一郎
様々な話題作を生み出したドーヴ・アチアとアルベール・コーエンによるミュージカル「1789」は、2012年にフランスでの初演が絶賛を博し、大ヒットを記録した作品。
2015年に日本初演を果たした月組公演は、軽快なロックナンバーに乗せたドラマティックな演出が鮮烈な印象を残し、再演希望の声が多数寄せられる人気作となりました。
初演から8年を経た2023年夏、ついに星組での再演が決定。
革命前夜のフランスを舞台に、運命に翻弄されながらも愛と理想を追い求める若者達の姿を描いた物語において、主人公ロナンを演じるのは、確かな実力に加え作品毎に更なる飛躍を遂げる星組トップスター礼真琴。
フレンチ・ロックで紡ぐ、スペクタクル感溢れる傑作ミュージカルの待望の再演を、是非お楽しみください。

1780年代後半のフランス。
栄華を極めたブルボン王朝の支配に翳りが見え始め、重税に喘ぐ民衆らによる暴動が各地で頻発していた――。
官憲に理不尽に父親を銃殺され農地を奪われたロナン・マズリエは、必ずや父の仇を討ち、奪われた土地を取り戻すことを心に誓う。
故郷を出てパリへ向かったロナンは、革命家たちの牙城パレ・ロワイヤルでデムーランロベスピエールといった若き革命家たちと出会い、彼らの思想に触れたことによって新しい時代の到来に希望を託しはじめる。
その頃ヴェルサイユ宮殿では、民衆らが蜂起寸前にまで不満を募らせている事など露知らず、王妃マリー・アントワネットや王弟のアルトワ伯爵ら貴族たちが華美な生活を続けていた。
その上アントワネットはスウェーデンの将校フェルゼンとの許されぬ恋に身を焦しており、彼と密会する為に極秘でパレ・ロワイヤルを訪れる。
二人の密会現場に偶然居合わせたロナンは、そこでアントワネットに随行していた女性オランプと運命的な出会いを果たす。
二人は次第に惹かれあうが、王政を憎むロナンと王太子の養育係として王家に仕えるオランプ、対立する立場にある二人の恋は波瀾に満ちたものとなっていく。
民衆の支持を得た革命家たちの理想の炎は次第に勢いを増し、やがては歴史を動かす大きな力にまで成長していく。
革命に身を投じたロナンは、ついに1789年7月14日、バスティーユ監獄襲撃の日を迎えるが…。

   

 
大作の再演、きました。
ことなこ大劇場6作目。
  
今作をもってトプ様異例の休養宣言。
同期のコノヒトは専科へ異動、と。
これでヅカ110周年の星組はコノヒトの星男2昇格確定、ですな。
専科から輝月ゆうま(研15)特出。
ことせおと夢の95期競演が実現。初演の新公で演じた役を本役として演じます。
初演の月組版にも出演してたのは、この他、ありと初舞台生だった101期4名のみ。
   
2023年6月2日〜7月2日(宝塚大劇場)、7月22日〜8月27日(東京宝塚劇場)
での公演スケジュール。
  
初演はトップ龍真咲がロナン、娘1愛希れいかがアントワネットで、トップコンビなのに全く絡まないキャスティングが話題となりましたが、今作は礼ロナンに対して舞空オランプが配され、ちゃんとトップコンビの恋物語に。
  
退団者。
音咲いつき(96期)・有沙瞳(98期)・天路そら(99期)の3名。
ついにコノヒトも進退を決したのか…。
退団公演で大役アントワネットを演じ、有終の美を飾ります。
  
東宝は組配属された109期が星組生デビュー。
さて
今作からヅカは客席降りが復活とかで、いろいろ大丈夫なんかい とか思うてたら…
   
   
関連記事
05:57 |  星組公演  |  EDIT  | 
2023.08.26.Sat

「愛するには短すぎる/ジュエル・ド・パリ!!」

    

  
           彩風咲奈×夢白あや
    
ミュージカル「愛するには短すぎる」
原案/小林公平 脚本・演出/正塚晴彦
2006年に湖月わたるのサヨナラ公演として初演、その後2011年には中日劇場で、2012年には全国ツアーで再演され好評を博した『愛するには短すぎる』。
大西洋を横断しニューヨークへと向かう豪華客船を舞台に、船上という限られた場所、4日間という限られた時間の中で生まれた束の間の恋の純粋さと狂おしさを、切なく美しく描き出した物語です。
船上で繰り広げられる様々な人間模様を、明るいナンバーを織り交ぜ描いた心揺さぶるミュージカル作品に、ご期待ください。

鉄鋼会社を経営する資産家、ウォーバスク家の養子であるフレッド・ウォーバスクは、養父ジェラルドの後を継ぐべく、留学先からニューヨークへ帰る船に乗っていた。
航海初日、デッキに出たフレッドは、船のバンドに所属するショーチームのメンバーであるバーバラ・オブライエンという女性に出会う。
バーバラは、フレッドが新聞に婚約の記事が載っていた有名な財閥の御曹司だと気付き、彼の素晴らしい未来を祝福する。
けれどもフレッドは、これから先のことはまだ自分でも想像がつかず戸惑っているとバーバラに打ち明けるのだった。
初めて会った彼女に、自分の正直な思いを話したことに驚くフレッド。
フレッドは、バーバラとどこかで会ったことがあるように感じるのだった。
やがて二人はウェルカム・パーティーでの再会を約束してその場を後にする。
その夜フレッドは、バーバラがバンドのマネージャー、フランクと言い争っている所を目撃し、心配して声をかける。
病身の母親の治療費をフランクから借りていたバーバラは、彼にしつこく言い寄られていたのだ。
彼女はフレッドに礼を言い、この航海を最後にショーの仕事を辞めて母親の看病をするため故郷に戻るのだと告げる。
やがてフレッドは、バーバラの話を聞くうちに、彼女が、幼い頃結婚の約束をした女の子だと気付く。
6歳の時、両親と共に故郷ミズーリ州からニューヨークへと移り住んだフレッドは、相次いで父母を亡くし、孤児院のオーナーだったウォーバスク氏の養子となっていたのだ。
フレッドとバーバラは、20年ぶりの思いがけない再会に心をときめかせ、互いが過ごしてきた日々を語り合うのだった。
一方フレッドの部屋では、友人のアンソニーが彼の帰りを待っていた。
ここしばらく様子が変だとアンソニーから声を掛けられたフレッドは、幼馴染のバーバラと再会したことを話し、それがきっかけとなって、最近自分の心に湧き起こっていた疑念が溢れ出したと語り始める…何かを望むことなく、このまま与えられた社長の椅子に座り、ナンシーと結婚してしまっていいのだろうかと…。
アンソニーは、そんなフレッドの悩みを鋭く分析するのだった。
翌日、昼食の席でフレッドにバーバラを紹介されたアンソニーは、偶然にも、彼女が昨夜見たショーの中で気に留めていた女性だったことに心躍らせる。
積極的にバーバラの気を引こうとするアンソニーに、心穏やかではないフレッド。
そんな中、バーバラがショーチームの仲間に呼び出される。
昨夜、船内で盗難事件が起こり、アリバイのないバーバラが疑われているというのだ。
驚いたフレッドは、すぐに彼女のもとへ駆けつけ、その時間にバーバラと一緒にいたことを証言する。
やがて、バーバラに益々熱を上げるアンソニーは、君にはナンシーという婚約者がいるのだから、彼女との仲を邪魔しないでくれと訴える。
そんなアンソニーの言葉を聞き、フレッドは自分もバーバラに本気で恋をしていることに気付く。
バーバラとの出会いが、ナンシーとの結婚を控えたこの時期でなければと、そのタイミングの悪さを嘆くフレッド。
そして、バーバラもまた、フレッドに対して、幼馴染以上の感情を抱いていた。
新たな生活へ踏み出そうとしていた矢先に再会した二人…。
4日間というわずかな時間の中で、彼らはそれぞれの気持ちを整理しようとするのだが…。
フレッドとバーバラの揺れる想いを乗せて船は進んでいく――。

ファッシネイト・レビュー「ジュエル・ド・パリ!!」-パリの宝石たち-
作・演出/藤井大介
華やかでありながら妖しい美しさも秘めたパリの街。
人々を魅了するパリの名所をテーマとした、ドラマティックな場面の数々で綴るレビュー作品。
宝石のような煌めきを放つ、彩風咲奈と夢白あやを中心とした雪組生たちが、華やかなパリの夢を詰め込んだ魅惑の世界をお届け致します。

    

  
さきあや初の全ツ。
雪組の全ツはトプ様お披露目以来2年ぶり。
  
2023年8月25〜28日(大阪・梅田芸術劇場)
8月31〜9月3日(神奈川県民ホール)
9月5日(栃木・宇都宮市文化会館)
9月6日(福島・白河文化交流館)
9月7日(福島・けんしん郡山文化センター)
9月9日(秋田・あきた芸術劇場)
9月11日(岩手・北上さくらホール)
9月13〜14日(宮城・名取市文化会館)
9月16〜18日(北海道・札幌文化芸術劇場)
での公演スケジュール。
  
専科から前作より続いて美穂姐さん出演。今作はショーのみ。
そしてりんきら。専科異動後4作全てが正塚作品。
  
副組長・透真かずき(91期)と妃華ゆきの(96期)が初日〜8/28の梅芸公演を休演。
   
  

  
  
ハイ
配役比較
 23年版  12年版  11年版  06年
フレッド・ウォーバスク
(ジェラルド・ウォーバスクの養子。財閥の御曹司)
彩風咲奈龍真咲柚希礼音湖月わたる
マイケル・ウェイン
(フレッドの少年時代)
絢斗しおん/蓮つかさ/千寿はる/如月蓮
ジェラルド・ウォーバスク
(フレッドの養父)
凛城きら(専科)/綾月せり/未沙のえる(専科)/未沙のえる(専科)
ブランドン・オサリバン
(ウォーバスク家の執事)
凛城きら(専科)/――/未沙のえる(専科)/未沙のえる(専科)
アンマリー・オサリバン
(フレッドの元家庭教師)
――/憧花ゆりの/――/――
デイビッド/※
(フレッドの父)
透真かずき(天月翼)/貴澄隼人/美城れん/高央りお
マーサ
(フレッドの母)
沙羅アンナ/憧花ゆりの/花愛瑞穂/しのぶ紫
アンソニー・ランドルフ
(フレッドの友人)
朝美絢/美弥るりか/凰稀かなめ安蘭けい
ナンシー・ブラウン/※
(フレッドの婚約者)
音彩唯/愛風ゆめ/早乙女わかば/陽月華
  
バーバラ・オブライエン
(船のバンドに所属するショーチームのメンバー)
夢白あや愛希れいか夢咲ねね白羽ゆり
クラウディア・ヘニング
(バーバラの少女時代)
琴峰紗あら/花陽みら/稀鳥まりや/羽桜しずく
フランク・ペンドルトン
(バンドマネージャー)
華世京/紫門ゆりや/夢乃聖夏/柚希礼音
リリー
(バンドメンバー)
琴羽りり(瑞季せれな)/紗那ゆずは/妃咲せあら/琴まりえ
デイモン
(バンドメンバー)
紗蘭令愛/貴澄隼人/碧海りま/大真みらん
ビリー
(バンドメンバー)
蒼波黎也/星輝つばさ/大輝真琴←天寿光希/綺華れい
ロイ
(バンドメンバー)
――/――/――/彩海早矢
マーシャル・ウェンズワース
(船長)
叶ゆうり/星条海斗/十碧れいや/立樹遥
エリック
(クルー)
麻斗海伶(壮海はるま)/瑞羽奏都/壱城あずさ/美稀千種
ヘンリー
(クルー)
一禾あお/天翔りいら/ひろ香祐/水輝涼
マーガレット
(クルー)
琴峰紗あら/花陽みら/夢妃杏瑠/南海まり
ルイス
(クルー)
壮海はるま(絢斗しおん)/輝城みつる/天霧真世/天霧真世
シェリル
(クルー)
――/――/――/音花ゆり
スコット
(クルー)
――/――/――/夢乃聖夏
クルー
絢斗しおん/朝美絢・蓮つかさ/真月咲/――
ダンサー
――/――/瀬稀ゆりと/――
   
エドワード・スノードン
(スコットランド貴族)
真那春人/越乃リュウ/英真なおき/英真なおき
ヴィクトリア・スノードン
(エドワードの妻)
妃華ゆきの(琴羽りり)/玲実くれあ/万里柚美/万里柚美
キャサリン・リパートン
(エドワードの秘書兼愛人)
有栖妃華/咲希あかね/花愛瑞穂/しのぶ紫
マクニール・オコーナー
(ブロードウェイのプロデューサー)
諏訪さき/光月るう/鶴美舞夕/涼紫央
ドリー・マコーミック
(自称女優)
音彩唯/愛風ゆめ/早乙女わかば/陽月華
デイブ・キャシディ
(ドリーのマネージャー兼愛人)
紀城ゆりや/煌月爽矢/麻央侑希/和涼華
ロバート・ストックトン
(バレエ団団長)
透真かずき(天月翼)/綾月せり/美城れん/高央りお
オレステス・カラマンディス
(ギリシャの伯爵。実は…)
天月翼(麻斗海伶)/響れおな/美稀千種/にしき愛
エレクトラ・カラマンディス
(オレステスの妻)
沙羅アンナ/妃鳳こころ/毬乃ゆい/朝峰ひかり
    
※2011・2012年版の役名はデイヴィッド。
※2011・2012年版の役名はナンシー。
  
2006年、星組で湖月わたる×白羽ゆりトップコンビにより大劇場初演。湖月わたるの退団公演。
  2011年、星組で柚希礼音×夢咲ねねトップコンビにより中日劇場で再演。
  2012年、月組で龍真咲×愛希れいかトップコンビにより全ツ再演。
   
   
  
          
23年雪全ツ版「愛するには短すぎる」  雪組「ジュエル・ド・パリ!!」
\9,900 Blu-ray           ライブCD
      
関連記事
01:38 |  雪組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |