2023.07.05.Wed

歌劇7月号

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
07:41 |  歌劇  |  EDIT  | 
2023.07.13.Thu

「TAKARAZUKA REVUE 2023」

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
05:34 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2023.07.21.Fri

宝塚GRAPH8月号

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
22:12 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2023.07.23.Sun

「Xcalibur エクスカリバー」

    

  
          芹香斗亜×春乃さくら
    
ミュージカル「Xcalibur エクスカリバー」
潤色・演出/稲葉太地
ミュージカル「エクスカリバー」は、「マタ・ハリ」「笑う男」など数多くの作品を手掛けている韓国の制作会社EMKミュージカルカンパニーが、「アーサー王伝説」を新たな解釈で描くべく、作曲家フランク・ワイルドホーン氏を始めとする豪華クリエイター陣を世界から招聘して制作した超大作です。
2019年に韓国で初演されて以来、2022年のアンコール上演まで累計32万人の観客を動員し、韓国ミュージカル界の最高興行作品となっています。
6世紀の英国、暗黒の時代。
英国王ウーサー・ペンドラゴン亡き後、サクソン族が王を失った英国を植民地にするため残虐な戦争を起こす中、ドルイド教の魔法使いであり預言者のマーリンは、混沌の時代に終止符を打つことができる新しい王、アーサーを王座に就かせるために長年の計画を実行に移す。
自分が王族であることを知らずに平凡に成長したアーサーは、マーリンから自分の運命を知らされ、石に刺さっていた聖剣エクスカリバーを引き抜いて、英国の新しい王として崇められる。
最も信頼できる親友であり、優れた実力を持っている騎士ランスロットらとともに、キャメロン城を築き、サクソン族との偉大な戦いに挑むアーサーは、勇敢で聡明な女性グィネヴィアと出会い、恋に落ちるが…。
新トップコンビ芹香斗亜と春乃さくらのお披露目公演となる『Xcalibur エクスカリバー』。
圧倒的な音楽で綴る荘厳かつ雄大な超大作ミュージカルにご期待ください。

六世紀のイングランド。
各国の王たちは無慈悲な領土争いを繰り広げていた。
とりわけ暴君として名高いウーサー・ペンドラゴンは敵味方関係なく、数多くの命を奪うことに酔いしれていた。
ウーサーに聖剣エクスカリバーを授けたドルイド教の預言者マーリンは、このままでは向かいくる敵からこの土地を守ることが出来ないと判断し、ウーサーからエクスカリバーを取り上げ、岩山に封印する…。
月日は過ぎて。
イングランドの森の中、平凡に育ったアーサーは自らの運命など知る由もなく、父親のエクターや実の兄のように慕うランスロット、村の仲間たちと共に平穏な日々が訪れることを信じ懸命に生きていた。
そんな彼らの前に突如マーリンが姿を現し、アーサーが実は亡き王ウーサー・ペンドラゴンの息子なのだと告げる。
戸惑うアーサーにマーリンはさらに訴えかける。
ウーサーが破壊したものを取り戻し、サクソン族からこの国を守る偉大な王になれるのはアーサーだけだと…。
自身の出生に関する秘密を知ったアーサーは思い悩むが、大切な人たちを守るため運命を受け入れることを決意する。
そして、誰も引き抜くことができなかったエクスカリバーをいとも簡単に岩から引き抜いて見せた。
イングランドの新しい王となったアーサーを人々は喜んで迎え入れ、彼への忠誠を誓う。
そこへ現れた、グィネヴィアと名乗る一人の美しい女性。
戦争で苦しむ女性たちのために戦いたいという強い意志を持つ彼女はランスロットとの手合わせでも互角の戦いを見せ、その勇敢な姿にアーサーは一目で心を奪われてしまう。
互いに惹かれあっていくアーサーとグィネヴィア。
ランスロットもまた美しく聡明なグィネヴィアに密かに想いを寄せるようになるが、大切な二人のため自分の気持ちに蓋をする…。
一方、アーサーの母違いの姉モーガンはウーサーの命によって長い間、故郷から遠く離れた修道院に閉じ込められていた。
彼女は侵略してきたサクソン族の王であるウルフスタンに、私を生かしておけば父が築いた城、ペンドラゴン城へ案内できると持ち掛ける。
サクソン族と行動を共にするうち、モーガンは生まれてすぐに死んだと聞かされていた弟のアーサーが生きていることを知る。
幼いモーガンにアーサーの死を伝えたのは、父に仕え彼女に魔術の使い方を教えてくれたマーリンだった。
誰よりも信頼していたマーリンの裏切りを知ったモーガンは、彼への憎しみを募らせていく。
そして同時に自分が得られなかった幸せを手に入れたアーサーに深い嫉妬を覚え、失われた人生を取り戻すためアーサーとマーリンが暮らすキャメロットへと向かう。
かつてドルイド教の聖地であったキャメロットでは、アーサーの戴冠式が行われている。
アーサーは人々の前で誰もが平等に暮らす世界のため、円卓の騎士と力を合わせエクスカリバーと共に戦うことを宣言する。
愛するグィネヴィアを王妃として迎え、すべてが順調に進んでいると誰もが信じていたその時、アーサーたちはまたしてもサクソン族の攻撃を受け…。
アーサーが受け入れた運命の先に待つものは、彼らにとって明るい未来だけではなかった――。

     

    
長かった真風政権がついに終焉を迎え、8年もの2番手生活を経て、ようやくトップ就任したキキ芹香
研17にして満を持してトップお披露目です。
研17でのトップ就任は、
大空祐飛・北翔海莉の研18に次ぎ、壮一帆と並ぶ遅記録。
苦労しましたね~~。
相手役はコノヒト
トプ様たってのご希望でせうかね。
文春砲で見事に失脚し、トプ様と一禾あおの双子姉から共演NGを突き付けられたコノヒトは、虚しく別箱入り。
はるさくコノヒトにヒロインをぶん取られ、今ごろ腸煮えくり返ってるんでせう。
    
2023年7月23〜8月5日(東京建物Brillia HALL)
での公演スケジュール。
  
琉稀みうさ(103期)が今公演をもって退団。
松風輝が組長デビュー。
専科からまりん氏ご出演。
組配属されたばかりの研1・輝星成・響望歌の109期2人が一足早く宙組生デビュー。
渚ゆり(106期)が7/28〜千秋楽まで全休。
 
ハイ
主な配役
アーサー/  芹香斗亜
(イングランドの新しい王。王族の地を引くとは知らず平凡に育ったが、聖剣エクスカリバーを手にしたことで王として認められる)
グィネヴィア/  春乃さくら
(弓の遣い手。のちにアーサーの妻となる)
エクター/  松風輝
(アーサーの育ての親)
ウーサー・ペンドラゴン/  雪輝れんや
(イングランドの前王。アーサーの実の父親)
/  花宮沙羅
(アーサーの実の母親)
/  真名瀬みら
モーガン/  真白悠希
(アーサーの異母姉)
マーリン/  若翔りつ
(ドルイド教の司祭。預言者)
  
ランスロット/  桜木みなと
(円卓の騎士。兄弟のように育ったアーサーに忠誠を誓う)
トリスタン/  泉堂成
(円卓の騎士)
パーシヴァル/  琉稀みうさ
(円卓の騎士)
ボールス/  梓唯央
(円卓の騎士)
ケイ/  真名瀬みら
(円卓の騎士)
ルーカン/  波輝瑛斗
(円卓の騎士)
ブルーノ/  聖叶亜
(円卓の騎士)
ガラハード/  大路りせ
(円卓の騎士)
トア/  華楽逸聖
(円卓の騎士)
ガウェイン/  輝星成
(円卓の騎士)
    
ウルフスタン/  悠真倫(専科)
(サクソン族の王)
アスガル/  大路りせ
(ウルフスタンの息子)
サクソン兵長/  輝ゆう
  
ビビアン/  花菱りず
(キャメロットの村人)
アイラ/  湖々さくら
(キャメロットの村人)
エルシー/  夢風咲也花
(キャメロットの村人)
アヴァ/  花宮沙羅
(キャメロットの村人)
     
キリスト教神父/  雪輝れんや
修道院長/  有愛きい
     
    
    
        
宙組公演「Xcalibur」  宙組公演「Xcalibur」
¥9,900 Blu-ray   特別編集号
      
関連記事
11:15 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2023.07.27.Thu

「潤 花」

    
  
   
「潤 花」(じゅん・はな)は、女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。
1997年9月19日生、北海道旭川市、旭川藤女子高校出身。
身長165cm。血液型A型。
所属事務所はアミューズ。
公式愛称は「かの」、「じゅんはな」、「じゅんじゅん」。非公式は「とにかく明るい潤花」
  
2014年4月、宝塚音楽学校入学。
2016年3月、宝塚歌劇団に102期生として入団。入団時の成績は32番。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台。その後、雪組に配属。
同期には現宙組トップ娘役春乃さくら侑輝大弥彩海せら咲城けい天飛華音風色日向天愛るりあ有栖妃華都優奈水乃ゆり、OGに元星組トップ娘役舞空瞳君島憂樹花宮沙羅らがいる。
2017年、望海風斗・真彩希帆大劇場お披露目となる「ひかりふる路」で、研2で早くも新人公演初ヒロイン。
2018年の「凱旋門」で2度目新公ヒロイン。
2019年の「PR×PRince」でバウホール初ヒロイン。
同年の「ハリウッド・ゴシップ」(神奈川芸術劇場・DC公演)で、東上初ヒロイン。
同年10月より、綺咲愛里の後任としてヒガシマル醤油のイメージキャラクター。
同年、阪急すみれ会パンジー賞の2019年度新人賞。
2020年の「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で3度目新公ヒロイン。も、無念の東京新公ナッシング。続く「炎のボレロ」で全ツ初ヒロイン。予定も、無念の全ツ休止の梅芸振替ヒロイン。
同年9月7日付で、当初の5月27日付から2度の延期を経て、ようやく雪組から宙組へ組替え。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2019年度新人賞。
2021年2月22日付で、星風まどかの専科異動に伴い、宙組7代目トップ娘役に就任。真風涼帆の2代目パートナーとして、「ホテルスヴィッツラハウス」(東京建物Brillia HALL・梅芸公演)よりまかじゅんお披露目。も、無念の梅芸公演ナッシング。
2022年、宝塚歌劇団年度賞の2021年度優秀賞。
2023年6月11日、「カジノ・ロワイヤル」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を真風と同時退団。まかじゅん解散なう。
退団後の同年7月よりアミューズ所属となり、本格再始動なう。

 
小2からクラシックバレエを習い、コンクールに出場していた。
あるコンクール会場で見たモダンバレエに刺激を受け、「クラシックバレエ以外の踊りもやってみたい」と思い、母親に東京宝塚劇場に連れて行ってもらったのがヅカとの出会い。
ヅカ初観劇は2013年花組「オーシャンズ11」。感動して幸せな気持ちになり、星組「ロミオとジュリエット」も観劇した。
憧れの上級生は夢咲ねね彩風咲奈

   
   

  
  
●宝塚歌劇団時代の主な活動
■初舞台
2016年
3〜4月、星組「こうもり」「THE ENTERTAINER!」(宝塚大劇場のみ)
 
□雪組時代
10〜12月、「私立探偵ケイレブ・ハント」「Greatest HITS!」
2017年
2月、「New Wave!-雪-」(バウホール)
4〜7月、「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」新公:女郎おてつ(本役:白峰ゆり)「Dramatic “S”!」
8〜9月、「CAPTAIN NEMO」(日本青年館・ドラマシティ)ラニ
11〜2018年2月、「ひかりふる路(みち)〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」新公:マリー=アンヌ(本役:真彩希帆)「SUPER VOYAGER!」 新人公演初ヒロイン
3〜4月、「誠の群像」お君、大原女「SUPER VOYAGER!」(全国ツアー)
6〜9月、「凱旋門」オットー、新公:ジョアン・マヅー(本役:真彩希帆)「Gato Bonito!!」 新人公演ヒロイン
11〜2019年2月、「ファントム」メグ、新公:ソレリ(本役:彩みちる)
3〜4月、「PR×PRince」(バウホール)エル バウ初ヒロイン
5〜9月、「壬生義士伝」新公:みつ(本役:朝月希和)「Music Revolution!」
10月、「ハリウッド・ゴシップ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)エステラ・バーンズ 東上初ヒロイン
2020年
1〜2月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」(宝塚大劇場)エミリー、ロックンローラー、新公:デボラ(本役:真彩希帆) 新人公演ヒロイン
2〜3月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」(東京宝塚劇場)エミリー、ロックンローラー、新公:デボラ(本役:真彩希帆)
5月、「炎のボレロ」カテリーナ・ドロレス「Music Revolution!-New Spirit-」(全国ツアー) 全ツ初ヒロイン
8〜9月、「炎のボレロ」カテリーナ・ドロレス「Music Revolution!-New Spirit-」(梅田芸術劇場) ヒロイン
 
□宙組時代
11〜2021年2月、「アナスタシア」マリア、オデット
 
■宙組トップ娘役時代
4〜5月、「Hotel Svizra House ホテルスヴィッツラハウス」(東京建物Brillia HALL・梅田芸術劇場)ニーナ・デュボワ トップお披露目公演
6〜9月、「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-」アイリーン・アドラー「Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-」 大劇場トップお披露目公演
11〜12月、「バロンの末裔」キャサリン「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」(全国ツアー)
2022年
2〜5月、「NEVER SAY GOODBYE」キャサリン・マクレガー、ペギー・マクレガー
6月、「FLY WITH ME(フライウィズミー)」(東京ガーデンシアター)
8〜11月、「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」カナ「Capricciosa(カプリチョーザ)!!」
2023年
1月、「MAKAZE IZM」(東京国際フォーラム)
3〜6月、「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」デルフィーヌ 退団公演
  
☆出演イベント
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
 
☆TV出演
2019年7月、CX「2019FNSうたの夏まつり」
 
☆広告出演
2019〜2023年、ヒガシマル醤油
 
★受賞歴
2019年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
2020年、「宝塚歌劇団年度賞」2019年度新人賞
2022年、「宝塚歌劇団年度賞」2021年度優秀賞
   
潤花 公式プロフィール
潤花X
潤花インスタグラム
     
  
  
     
関連記事
07:47 |  OG  |  EDIT  | 
2023.07.31.Mon

「大逆転裁判」

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
22:39 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2023.07.31.Mon

「瑠風 輝」

       
  
        
「瑠風 輝」(るかぜ・ひかる)は、宝塚歌劇団宙組の男役スター。
1月26日生、東京都調布市、佼成学園女子高校出身。
身長175cm。血液型A型。
公式愛称は「もえこ」。非公式は「宙男3襲名」
  
2010年4月、宝塚音楽学校入学。
2012年3月、宝塚歌劇団に98期生として入団。入団時の成績は5番。宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台。
同期には暁千星小春乃さよ、OGに元雪組トップ娘役真彩希帆飛龍つかさ綾凰華天華えま麗泉里ゆかりの小雪星南のぞみ有沙瞳華雪りら遥羽らららがいる。
2013年2月、組廻りを経て宙組に配属。
2016年の「Shakespeare」で新人公演初主演。併演ショー「HOT EYES!!」で、桜木みなと和希そらと初トリプルエトワール。
同年の「エリザベート」で2度目新公主演。大役トート。続く全ツショー「HOT EYES!!」で留依蒔世とWエトワール。
2017年、朝夏まなと・伶美うらら退団公演となる「神々の土地」で、3度目新公主演。
2018年の「異人たちのルネサンス」で4度目新公主演。同公演をもって新公卒業。
2019年の「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」でバウホール初主演。
2020年、宝塚歌劇団年度賞の2019年度新人賞。
2023年の「大逆転裁判」(DC・神奈川芸術劇場公演)で待望東上初主演。

 
ヅカ初観劇は2006年花組版「ファントム」。
学生時代はバトン部に所属。小学生の頃から殆どの球技を経験してきた。
クラシックバレエは幼い頃から続けている。
憧れの上級生は柚希礼音

 
■初舞台
2012年
4〜5月、宙組「華やかなりし日々」「クライマックス」(宝塚大劇場のみ)
 
□組廻り
8〜11月、宙組「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」
  
□宙組時代
2013年
3〜6月、「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」
7〜8月、「うたかたの恋」エミール「Amour de 99!!-99年の愛-」(全国ツアー)
9〜12月、「風と共に去りぬ」新公:チャーリー(本役:愛月ひかる)
2014年
2月、「ロバート・キャパ 魂の記録」「シトラスの風Ⅱ」(中日劇場)
5〜7月、「ベルサイユのばら-オスカル編-」新公:ベルナール・シャトレ(本役:蓮水ゆうや)
8〜9月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(全国ツアー)近衛隊士、公安委員
11〜2015年2月、「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」ヴァレンティン、新公:ニルス(本役:七海ひろき)、ヴァーサ王(本役:留依蒔世)「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」
4月、「New Wave!-宙-」(バウホール)
6〜8月、「王家に捧ぐ歌」エジプトの戦士(伝令)、新公:ウバルド(本役:真風涼帆)
10〜11月、「メランコリック・ジゴロ」ロジェ「シトラスの風Ⅲ」(全国ツアー)
2016年
1〜3月、「Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜」ロバート・アーミン、ロバート・アーミン[バーソロミュー]、新公:ウィリアム・シェイクスピア(本役:朝夏まなと)「HOT EYES!!」 新人公演初主演、トリプルエトワール
5月、「王家に捧ぐ歌」(博多座)メレルカ
6月、「Bow Singing Workshop〜宙〜」(バウホール)
7〜10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」エーアンの歌手、新公:トート(本役:朝夏まなと) 新人公演主演
11〜12月、「バレンシアの熱い花」ドン・ファン・カルデロ「HOT EYES!!」(全国ツアー) Wエトワール
2017年
2〜4月、「王妃の館-Château de la Reine-」ギャルソン、新公:金沢貫一(本役:愛月ひかる)「VIVA! FESTA!」
6月、「パーシャルタイムトラベル 時空の果てに」(バウホール)リシャール、ピエール
8〜11月、「神々の土地」ロマン・ポチョムキン、新公:ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ(本役:朝夏まなと)「クラシカルビジュー」 新人公演主演
2018年
1月、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム)アクション
3〜6月、「天(そら)は赤い河のほとり」シュバス、新公:ウルヒ・シャルマ(本役:星条海斗)「シトラスの風-Sunrise-」
8月、「ハッスルメイツ!」(バウホール)
10〜12月、「白鷺(しらさぎ)の城(しろ)」殿上人「異人たちのルネサンス」シニョレッリ、新公:レオナルド・ダ・ヴィンチ(本役:真風涼帆) 新人公演主演
2019年
2〜3月、「群盗-Die Räuber-」(ドラマシティ・日本青年館)フランツ
4〜7月、「オーシャンズ11」リヴィングストン・デル
9月、「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」(バウホール)ジョン・T・アンガー バウ初主演
11〜2020年2月、「El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ-」西九郎「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」
8〜9月、「FLYING SAPA-フライングサパ-」(梅田芸術劇場・日生劇場)科学大臣98(ペレルマン)
11〜2021年2月、「アナスタシア」ニコライⅡ世
4〜5月、「Hotel Svizra House ホテルスヴィッツラハウス」(東京建物Brillia HALL・梅田芸術劇場)エーリク・カウフマン
6〜9月、「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-」フレッド・ポーロック「Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-」
11〜12月、「バロンの末裔」ウィリアム「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」(全国ツアー)
2022年
2〜5月、「NEVER SAY GOODBYE」ビル・グラント、ココナツ・ボーイ
6〜7月、「カルト・ワイン」(東京建物Brillia HALL・ドラマシティ)フリオ・マラディエガ
8〜11月、「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」日向紀久「Capricciosa(カプリチョーザ)!!」
2023年
1月、「MAKAZE IZM」(東京国際フォーラム)
3〜6月、「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」ルネ・マティス
7〜8月、「大逆転裁判」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)成歩堂龍ノ介 東上初主演
9〜12月、「PAGAD(パガド)」ド・モンターニュ子爵「Sky Fantasy!」
 
☆出演イベント
2016年12月、タカラヅカスペシャル2016「Music Succession to Next」
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年2月、「宙組誕生20周年記念イベント」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
 
☆TV出演
2017年12月、CX「2017 FNS歌謡祭 第1夜」
 
★受賞歴
2020年、「宝塚歌劇団年度賞」2019年度新人賞
 
瑠風輝 公式プロフィール
  
  
  

「宝塚1stフォトブック2022-2023」
瑠風輝
     
関連記事
23:39 |  宙組生徒  |  EDIT  | 
2023.07.31.Mon

「鷹翔千空」

  
  
  
「鷹翔千空」(たかと・ちあき)は、宝塚歌劇団宙組の男役スター。
5月18日生、滋賀県草津市、県立東大津高校出身。
身長175cm。血液型A型。
公式愛称は「こってぃ」。非公式は「目指すぜ東上」
  
2013年4月、宝塚音楽学校入学。
2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として首席入団。月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で初舞台。その後、宙組に配属。
同期には礼華はる彩音星凪縣千碧海さりお咲乃深音天紫珠李湖々さくら水音志保、OGにゆいかれん優美せりな星蘭ひとみらがいる。
同年のNHKドラマ「経世済民の男 小林一三」に出演。
2016年、阪急阪神の初詣ポスターモデル。
同年の「エリザベート」新人公演で、大役ルドルフ(本役:澄輝さやと・蒼羽りく・桜木みなと)。
2018年、真風涼帆・星風まどか大劇場お披露目となる「天(そら)は赤い河のほとり」で、新公初主演。
2019年の「オーシャンズ11」で2度目新公主演。大役ダニー・オーシャン。
2023年の「夢現の先に」でバウホール初主演。

    
幼い頃からバレエを習っていて、将来は舞台に立つ仕事をしたいと考えていた。
ヅカ初観劇は中学生の時で、2008年星組「THE SCARLET PIMPERNEL」。舞台のエネルギーが2階席にまで届くのを感じ、「ここに入りたい」と強く思うようになる。3度目の受験で音校合格を果たした。
学生時代は新体操部に所属していた。
憧れの上級生は湖月わたる

 
■初舞台
2015年
4〜6月、月組「1789-バスティーユの恋人たち-」(宝塚大劇場のみ)
 
□宙組時代
8月、専科「オイディプス王」(バウホール)コロス
10〜11月、「メランコリック・ジゴロ」「シトラスの風Ⅲ」(全国ツアー)
2016年
1〜3月、「Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜」新公:五月祭の男、一座の男[ブルータス]「HOT EYES!!」
5月、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)
6月、「Bow Singing Workshop〜宙〜」(バウホール)
7〜10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」新公:ルドルフ(本役:澄輝さやと・蒼羽りく・桜木みなと)
2017年
2〜4月、「王妃の館-Château de la Reine-」新公:ルイ14世(本役:真風涼帆)「VIVA! FESTA!」
6月、「パーシャルタイムトラベル 時空の果てに」(バウホール)中世の男
8〜11月、「神々の土地」近衛騎兵将校、新公:フェリックス・ユスポフ(本役:真風涼帆)「クラシカルビジュー」
2018年
1月、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム)ジェッツの男
3〜6月、「天(そら)は赤い河のほとり」マッティワザ(少年時代)、ミタンニ兵、新公:カイル・ムルシリ(本役:真風涼帆)「シトラスの風-Sunrise-」 新人公演初主演
8月、「ハッスルメイツ!」(バウホール)
10〜12月、「白鷺(しらさぎ)の城(しろ)」「異人たちのルネサンス」新公:ペルジーノ(本役:澄輝さやと)
2019年
2〜3月、「群盗-Die Räuber-」(ドラマシティ・日本青年館)ヴァールハイト
4〜7月、「オーシャンズ11」ターク・モロイ、新公:ダニー・オーシャン(本役:真風涼帆) 新人公演主演
9月、「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」(バウホール)パーシー・グレイブス
11〜2020年2月、「El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ-」九郎右衛門、新公:エリアス(本役:桜木みなと)「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」
8月、「壮麗帝」(ドラマシティ)アフメト
11〜2021年2月、「アナスタシア」サーヴィチ
6〜9月、「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-」セバスチャン・モラン大佐、新公:ジェームズ・モリアーティ(本役:芹香斗亜)「Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-」
11〜12月、「バロンの末裔」ブリンクリー「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」(全国ツアー)
2022年
2〜3月、「NEVER SAY GOODBYE」(宝塚大劇場)ビョルン、ココナツ・ボーイ、新公:ヴィセント・ロメロ(本役:芹香斗亜)
4〜5月、「NEVER SAY GOODBYE」(東京宝塚劇場)ビョルン、ココナツ・ボーイ、新公:ヴィセント・ロメロ(本役:芹香斗亜)
6月、「FLY WITH ME(フライウィズミー)」(東京ガーデンシアター)
8〜11月、「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」村山良樹「Capricciosa(カプリチョーザ)!!」
2023年
1月、「夢現(ゆめうつつ)の先に」(バウホール)僕 バウ初主演
3〜6月、「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」イリヤ
7〜8月、「大逆転裁判」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)シャーロック・ホームズ
9〜12月、「PAGAD(パガド)」アントニオ「Sky Fantasy!」
   
☆出演イベント
2016年12月、タカラヅカスペシャル2016「Music Succession to Next」(コーラス)
2018年2月、「宙組誕生20周年記念イベント」
2019年7月、「宝塚巴里祭2019」
2021年4月、星風まどかミュージック・サロン「夢みるMadonna」
 
☆TV出演
2015年9月、NHK「経世済民の男 小林一三」後編
 
鷹翔千空 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
23:40 |  宙組生徒  |  EDIT  | 
 | TOP |