2023.03.27.Mon

「水乃ゆり」

     
  
      
「水乃ゆり」(みずの・ゆり)は、宝塚歌劇団星組の娘役。
10月7日生、東京都葛飾区、私立愛国高校出身。
身長164cm。血液型O型。
公式愛称は「ゆりちゃん」。非公式は「みずのたん」
  
2014年4月、宝塚音楽学校入学。
2016年3月、宝塚歌劇団に102期生として入団。入団時の成績は29番。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台。その後、星組に配属。
同期には現星組トップ娘役舞空瞳、現宙組トップ娘役春乃さくら侑輝大弥彩海せら咲城けい天飛華音風色日向天愛るりあ有栖妃華都優奈、OGに元宙組トップ娘役潤花君島憂樹花宮沙羅らがいる。
2018年の「New Wave!-星-」と続く「デビュタント」のバウホール2作品でメインキャスト。
続く2019年の「霧深きエルベのほとり」で新人公演初ヒロイン。
2023年の全ツ「バレンシアの熱い花」で、トリプルヒロインの1人・シルヴィア。

     
初めて観たヅカ作品は、2009年宙組中日劇場公演「外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/ダンシング・フォー・ユー」。
音校受験のため中1からバレエを習い始める。

  
■初舞台
2016年
3〜4月、星組「こうもり」「THE ENTERTAINER!」(宝塚大劇場)
 
□星組時代
5〜6月、「こうもり」「THE ENTERTAINER!」(東京宝塚劇場)
8〜11月、「桜華に舞え」「ロマンス!!(Romance)」
2017年
1月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(東京国際フォーラム)
3〜6月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」
7〜8月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(梅田芸術劇場)
9〜12月、「ベルリン、わが愛」新公:エヴァ(本役:小桜ほのか)「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」
2018年
2月、「うたかたの恋」グレタ、オフィーリア「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」(中日劇場)
4〜7月、「ANOTHER WORLD」新公:蓮華の精「Killer Rouge(キラールージュ)」
8〜9月、「New Wave!-星-」(バウホール)
10月、「デビュタント」(バウホール)二コール
2019年
1〜3月、「霧深きエルベのほとり」ベティ・シュナイダー、新公:マルギット・シュラック(本役:綺咲愛里)「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」 新人公演初ヒロイン
5月、「アルジェの男」ヴィヴィアン「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」(全国ツアー)
7〜10月、「GOD OF STARS-食聖-」Yuri、新公:クリスティーナ・チャン(本役:舞空瞳)「Éclair Brillant(エクレールブリアン)」
11〜12月、「龍の宮(たつのみや)物語」(バウホール)島村百合子、雪子
2020年
2〜3月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」神の使い、新公:敏麗(本役:音波みのり)「Ray-星の光線-」(宝塚大劇場)
7〜9月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」神の使い、新公:敏麗(本役:音波みのり)「Ray-星の光線-」(東京宝塚劇場)
11月、「エル・アルコン-鷹-」ギルダ(少女)「Ray-星の光線-」(梅田芸術劇場)
2021年
2〜5月、「ロミオとジュリエット」 ※B日程のみ
7月、「マノン」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)エレーナ
9〜12月、「柳生忍法帖」おとね、新公:天秀尼(本役:有沙瞳)「モアー・ダンディズム!」
2022年
2月、「ザ・ジェントル・ライアー〜英国的、紳士と淑女のゲーム〜」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)レディ・マークビー
4〜5月、「めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」アニス・メレル、新公:レオニード・ド・ローウェル(本役:音波みのり)「Gran Cantante(グランカンタンテ)!!」(宝塚大劇場)
6〜7月、「めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」アニス・メレル、新公:レオニード・ド・ローウェル(本役:音波みのり)「Gran Cantante(グランカンタンテ)!!」(東京宝塚劇場)
9月、「ベアタ・ベアトリクス」(バウホール)ジェイン・バーデン
11〜2023年2月、「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」カティア、新公:タマラ女王(本役:白妙なつ)「JAGUAR BEAT-ジャガービート-」
3〜4月、「バレンシアの熱い花」シルヴィア「パッション・ダムール・アゲイン!」(全国ツアー)
6〜8月、「1789-バスティーユの恋人たち-」トランプの女
10〜11月、「ME AND MY GIRL」(博多座)ソフィア・ブライトン
2024年
1〜4月、「RRR×TAKA"R"AZUKA〜√Bheem〜(アールアールアールバイタカラヅカ〜ルートビーム〜)」WATERRR女「VIOLETOPIA(ヴィオレトピア)」
 
☆出演イベント
2024年5月、舞空瞳ミュージック・サロン「Dream in a Dream〜永遠の夢の中に〜」
  
水乃ゆり 公式プロフィール
 
 
 
   
関連記事
22:04 |  星組生徒  |  EDIT  | 
2023.03.27.Mon

「バレンシアの熱い花/パッション・ダムール・アゲイン!」

   

   
     凪七瑠海×舞空瞳
   
ミュージカル・ロマン「バレンシアの熱い花」
作/柴田侑宏 演出/中村暁
1976年に月組で初演、2007年には宙組で、2016年には宙組全国ツアーとして再演され、いずれも大好評を博した柴田侑宏による傑作ミュージカル「バレンシアの熱い花」。
19世紀初頭のスペイン、バレンシア地方を舞台に、領主であった父を殺害された青年が、仲間と力を合わせて復讐を果たそうとする姿を、様々な愛の形と共にドラマティックに描き上げた作品です。
心揺さぶる名曲に彩られた、ロマン溢れる大人の恋物語にご期待ください。

十九世紀初頭のスペインは、侵攻してきたナポレオン・ボナパルトに王位を奪われ、彼の兄ジョセフがスペイン王として即位したことで、各地で反フランスの声を上げる民衆が蜂起、政情は不安定であった――。
バレンシアの領主・ルカノール公爵の居城では、ルカノールが近衛隊長ルーカス大佐からある報告を受けている。
隠密ホルヘより、ここバレンシアでもレオン将軍に、謀反の動きがあるという情報がもたらされたのである。
だがルカノールは、退役して隠居生活を送るレオン将軍がそんな行動に出るはずがないと、取り合おうとしないのだった。
同じ頃、二年ぶりにマジョルカ島の駐屯地より帰還した前領主の嫡子・フェルナンド・デルバレス大尉がレオン将軍邸を訪れていた。
重要な話があると呼び出されたフェルナンドは、レオン将軍から父の死にまつわる事実を聞かされる。
レオン将軍は、かつてフェルナンドの父の暗殺を計画し、刺客を差し向けた張本人がルカノールだという証拠を掴んでいた。
話を聞いたフェルナンドは、彼への憎しみに燃え、父の恨みを晴らす事を固く誓う。
そんな彼にレオン将軍は、ルカノールの目を欺くために軍隊を退き、遊び人を装うようフェルナンドに提案する。
そして目的を果たすまでは、母のセレスティーナ侯爵夫人や婚約者マルガリータにも、自身の思いを一切話さないようにと忠告するのだった。
フェルナンドは全てを擲(なげう)ち、ルカノールへの復讐を遂げる覚悟を決める。
ある晩、ルカノールの居城では華やかな夜会が催されていた。
そこには一年余りのマドリード遊学から戻ったルカノールの甥、ロドリーゴ・グラナドス伯爵も姿を見せ、嫡子のいないルカノールは、彼を後継者とすることを客人に告げる。
そんな中、夜会に出席していたフェルナンドは、友人であるロドリーゴのただならぬ様子に気付く。
実は、ルカノールの後添えとなったシルヴィアは、ロドリーゴのかつての恋人であった。
だが、反逆の罪で捕えられた父の命と引き換えに、ルカノールに強引に迫られたシルヴィアは彼との結婚を承諾せざるを得なかったのだ。
ロドリーゴのルカノールへの激しい憎しみを感じ取ったフェルナンドは、彼を馴染みの酒場へと呼び出す。
下町の酒場「エル・パティオ」は、歌い手・ラモンイサベラや踊り手達を中心に熱気に溢れている。
フェルナンドに呼び出されたロドリーゴは、ふとしたことからイサベラをめぐり、彼女に好意を抱くラモンと口論になる。
二人の睨み合いは決闘へと発展するが、遅れて姿を現したフェルナンドが仲裁に入り、その場をおさめるのだった。
やがてイサベラの計らいで店の一室を借りたフェルナンドは、ルカノールへの復讐計画をロドリーゴに打ち明ける。
反ルカノール派の義勇軍の数も着々と増えつつある今こそ、バレンシアのために立ち上がる時だと熱く語る彼に心動かされたロドリーゴは、共に戦うことを誓う。
世間では、夜毎街に現れてはルカノールの一派を襲う“黒い天使”と名乗る存在が噂されるようになっていた。
その正体を知られぬよう慎重に行動するフェルナンドだったが、イサベラだけは、そんな彼の持つ裏の顔を見抜いていた。
イサベラは初めて会った時から、フェルナンドの心の奥に潜む、炎の影のようなものに惹かれていたのだ。
フェルナンドもまた、ありのままの自分がイサベラを求めているのを感じていた。
二人は強く惹かれ合う…。
バレンシアの街外れ。
義勇軍が続々と集結し、フェルナンド達がいよいよルカノールの城へ侵入しようとしたその時、突然ラモンが現れる。
先日の祭りで、ルカノールの手下に妹・ローラの命を奪われたラモンもまた、フェルナンドたちに加わる事を決めたのだった。
固い決意を胸に、バレンシアの新たな未来に向かって、一同は決戦へと向かう――。

ロマンチック・レビュー「パッション・ダムール・アゲイン!」
作・演出/岡田敬二
宝塚の男役の美学を追求するレビュー作品を次々と生み出してきた演出家・岡田敬二の「ロマンチック・レビュー」シリーズの粋を集め、2020年宝塚バウホールで上演された「パッション・ダムール-愛の夢-」を全国ツアー公演として再構成。
宝塚歌劇ならではのロマンチックなレビュー作品において、専科の凪七瑠海と星組生達が、ロマンチックで情熱的なステージをお届け致します。

   

   
星組3分割。
全ツはまさかのカチャ(研21)降臨。
なぜか星は専科生が別箱主演に降ってくる確率高いな…。
 
2023年3月26〜29日(大阪・梅田芸術劇場)
4月1〜2日(千葉・市川市文化会館)
4〜5日(広島・上野学園ホール)
6日(山口・周防市文化会館)
8〜11日(福岡・福岡市民会館)
での公演スケジュール。
  
咲園りさ(研4)が4/8〜千秋楽を休演。
 
ハイ
配役比較
 2023年全ツ 2016年全ツ  2007年全ツ  2007大劇場
フェルナンド・デルバレス
(バレンシア前領主の嫡子で侯爵)
凪七瑠海(専科)朝夏まなと大和悠河大和悠河
セレスティーナ侯爵夫人
(バレンシア前領主の妻。フェルナンドの母)
紫りら/純矢ちとせ/邦なつき(専科)/邦なつき(専科)
レオン将軍
(退役軍人の伯爵)
美稀千種/松風輝/美郷真也/美郷真也
マルガリータ
(レオン将軍の孫娘。フェルナンドの婚約者)
乙華菜乃星風まどか天咲千華和音美桜
ドン・ファン・カルデロ
(レオン将軍が懇意にしている盗賊の頭)
天飛華音/瑠風輝/春風弥里/七帆ひかる・早霧せいな
アントニオ
(レオン将軍の執事)
煌えりせ/朝央れん/風莉じん/風莉じん
   
ルカノール公爵
(バレンシアの現領主)
朝水りょう/寿つかさ/悠未ひろ/悠未ひろ
ロドリーゴ・グラナドス伯爵
(ルカノールの甥。フェルナンドの友人)
極美慎/澄輝さやと/七帆ひかる/北翔海莉×蘭寿とむ
シルヴィア
(ルカノールの後添え。ロドリーゴの元恋人)
水乃ゆり遥羽らら美羽あさひ美羽あさひ
マルコス
(シルヴィアの弟)
奏碧タケル/秋音光/凪七瑠海/早霧せいな・凪七瑠海
レアンドロ
(ロドリーゴの友人)
天路そら/春瀬央季/蓮水ゆうや/八雲美佳
バルカ
(ルカノールの腹心)
輝咲玲央/凛城きら/天羽珠紀/寿つかさ
カサルス
(ルカノールの腹心)
天希ほまれ/美月悠/夏大海/天羽珠紀
ホルヘ
(ルカノールの密偵。ドン・ファン・カルデロの父)
大輝真琴/星吹彩翔/寿つかさ/鈴鹿照(専科)
ミゲル
(ホルヘの部下)
蒼舞咲歩/留依蒔世/鳳樹いち/月映樹茉
ルーカス大佐
(ルカノールの近衛隊長)
夕渚りょう/蒼羽りく/十輝いりす/十輝いりす
サンチェス
(ルカノール直属の近衛士官)
御剣海/水香依千/鳳翔大/鳳翔大
ベニート
(ルカノール直属の近衛士官)
凛央捺はる/朝日奈蒼/暁郷/暁郷
ディエゴ
(ルカノール直属の近衛士官)
飛翠真凜/風輝駿/暁郷/美牧冴京
リオス
(ルカノール直属の近衛士官)
青風希央/潤奈すばる/天玲美音/鳳樹いち
アロンソ
(ルカノール直属の近衛士官)
颯香凜/留依蒔世/鳳翔大/凪七瑠海
ペドロ
(ルカノール直属の近衛士官)
蒼舞咲歩/実羚淳/珠洲春希/蓮水ゆうや
ホセ
(ルカノール直属の近衛士官)
天希ほまれ/美月悠/夏大海/春風弥里
  
イサベラ
(「エル・パティオ」の歌い手)
舞空瞳伶美うらら陽月華陽月華
ラモン・カルドス
(フラメンコの歌い手)
瀬央ゆりあ真風涼帆蘭寿とむ蘭寿とむ×北翔海莉
ローラ
(ラモンの妹)
綾音美蘭/華妃まいあ/すみれ乃麗/花影アリス
バルバラ
(「エル・パティオ」のマダム)
音咲いつき/花音舞/鈴奈沙也/鈴奈沙也
フリオ
(フラメンコの踊り手)
天希ほまれ/実羚淳/珠洲春希/珠洲春希
マヌエラ
(フラメンコの踊り手)
彩園ひな/花咲あいり/大海亜呼/大海亜呼
フラスキータ
(フラメンコの踊り手)
澪乃桜季/瀬音リサ/彩苑ゆき/彩苑ゆき
ファニータ
(フラメンコの踊り手)
七星美妃/愛咲まりあ/鮎瀬美都/美風舞良
     
侍臣
飛翠真凜/潤奈すばる/天玲美音/天玲美音
青年
青風希央/優希しおん/鳳翔大/朋夏朱里
夫人
都優奈・愛花いと/彩花まり・涼華まや/音乃いづみ・華凜もゆる/音乃いづみ・鮎瀬美都
幻想の歌手
都優奈/華妃まいあ/音乃いづみ/音乃いづみ
バレンシアーナの男
颯香凜/留依蒔世//春風弥里
バレンシアーナの女
茉莉那ふみ/彩花まり・天瀬はつひ・華雪りら//音乃いづみ
執事
颯香凜/実羚淳/風莉じん/夏大海
 
1976年、月組で榛名由梨×小松美保トップコンビお披露目として大劇場初演。
 1979年、月組で同コンビにより東宝再演。
 2007年、宙組で大和悠河×陽月華トップコンビお披露目として大劇場再演。同年、全ツで続演。
 2016年、宙組で朝夏まなと×伶美うららコンビにより全ツ再演。
   
   
   

23年星全ツ版「バレンシアの熱い花」
\7,700 Blu-ray
   
関連記事
22:14 |  星組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |