2022.11.01.Tue

「飛龍つかさ」

  
 
      
「飛龍つかさ」(ひりゅう・つかさ)は、女優。元宝塚歌劇団花組の男役スター。
10月11日生、東京都江東区、麹町学園女子高校出身。
身長172cm。血液型O型。
所属事務所はワールドコード。
公式愛称は「つかさ」、「つーちゃん」。非公式は「ヤっさん」
  
2010年4月、宝塚音楽学校入学。
2012年3月、宝塚歌劇団に98期生として入団。入団時の成績は10番。宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台。
同期には暁千星瑠風輝小春乃さよ、OGに元雪組トップ娘役真彩希帆綾凰華天華えま麗泉里ゆかりの小雪星南のぞみ有沙瞳華雪りら遥羽らららがいる。
2013年2月、組廻りを経て花組に配属。
2017年、明日海りお・仙名彩世大劇場お披露目となる「邪馬台国の風」で、新人公演初主演。
2019年の「Dream On!」で綺城ひか理とバウホール初W主演。
2020年、柚香光・華優希大劇場お披露目となる「はいからさんが通る」で、初演でたそが演じた牛五郎。
2021年の「銀ちゃんの恋」(神奈川芸術劇場・DC公演)で、四代目ヤス。
2022年9月4日、「巡礼の年/Fashionable Empire」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

  
ヅカ好きの祖母と母のもとで、生まれる前から宝塚の音楽が溢れる環境で育った。
愛華みれの退団公演「ミケランジェロ/VIVA!」をビデオで見て、「ここに入りたい!」と音校受験を決意。
高1で音校初受験するも不合格。1年間更に猛勉強して2度目の受験に臨み、見事リベンジを果たした。
芸名は入団年が辰年だったことから、「ドラゴンに羽根が生え昇るイメージ」で決めた。

 
●宝塚歌劇団時代の主な活動
■初舞台
2012年
4〜5月、宙組「華やかなりし日々」「クライマックス」(宝塚大劇場のみ)
 
□組廻り
6〜9月、月組「ロミオとジュリエット」
11〜2013年2月、星組「宝塚ジャポニズム〜序破急〜」「めぐり会いは再び2nd〜Star Bride〜」「Étoile de TAKARAZUKA(エトワールドタカラヅカ)」
  
□花組時代
6月、「フォーエバー・ガーシュイン」(バウホール)セシル、ヤッシャ・ハイフェッツ
8〜11月、「愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-」ルジェ、新公:モーリス・クリヨン(本役:水美舞斗)、監獄の看守(本役:真輝いづみ)「Mr. Swing!」
12月、「New Wave!-花-」(バウホール)
2014年
2〜5月、「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」新公:チャールズ(本役:大河凜)「TAKARAZUKA∞夢眩」
6月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(中日劇場)小公子
8〜11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」新公:シュヴァルツェンベルク侯爵(本役:羽立光来)、大叔父(本役:瀬戸かずや)
2015年
1月、「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」(ドラマシティ・日本青年館)手妻の一八、長介
3〜6月、「カリスタの海に抱かれて」新公:テオ・レ・ロッシ(本役:和海しょう)「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」
7〜8月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」小公子「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」(梅田芸術劇場・台北国家戯劇院)
10〜12月、「新源氏物語」蟹郎、新公:蔵人介(本役:真輝いづみ)「Melodia-熱く美しき旋律-」
2016年
2〜3月、「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)ジョージ・W・ランドルフ、パーティの紳士
4〜7月、「ME AND MY GIRL」新公:ジョン・トレメイン卿(本役:芹香斗亜・瀬戸かずや) ※宝塚大劇場2幕、東京宝塚劇場1幕のみ
8月、「Bow Singing Workshop〜花〜」(バウホール)
11〜2017年2月、「雪華抄(せっかしょう)」「金色(こんじき)の砂漠」ジャハンギール(回想)、新公:王ジャハンギール(本役:鳳月杏)
3〜4月、「仮面のロマネスク」ルイ「EXCITER!!2017」(全国ツアー)
6〜8月、「邪馬台国の風」イスルギ、新公:タケヒコ(本役:明日海りお)「Santé!!」 新人公演初主演
10月、「ハンナのお花屋さん-Hanna’s Florist-」(TBS赤坂ACTシアター)ヤニス
2018年
1〜3月、「ポーの一族」レミ、マイケル、キリアン、新公:アラン・トワイライト(本役:柚香光)
5月、「Senhor CRUZEIRO(セニョールクルゼイロ)!」(バウホール)アクルックス
7〜10月、「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」不動丸、新公:松平信綱(本役:水美舞斗)「BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」
11〜12月、「メランコリック・ジゴロ」バロット「EXCITER!!2018」(全国ツアー)
2019年
2〜4月、「CASANOVA」バルサモ
5〜6月、「Dream On!」(バウホール) バウW主演
6月、「恋スルARENA」(横浜アリーナ) ※6/25のみ特出
8〜11月、「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」ウィルトス「シャルム!」
2020年
1月、「マスカレード・ホテル」(ドラマシティ・日本青年館)能勢金治郎
7〜11月、「はいからさんが通る」牛五郎
2021年
1〜2月、「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)デューク・マホーニー
4〜7月、「アウグストゥス-尊厳ある者-」キンベル、賊「Cool Beast!!」
8〜9月、「銀ちゃんの恋」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマティ)平岡安治(ヤス)
11〜2022年2月、「元禄バロックロック」ヤスベエ「The Fascination(ザファシネイション)!」
3〜4月、「冬霞(ふゆがすみ)の巴里」(ドラマシティ・東京建物BrilliaHALL)ギョーム
6〜9月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」ダグー伯爵「Fashionable Empire」 退団公演
 
☆出演イベント
2014年7月、「宝塚巴里祭2014」
2016年4月、「ME AND MY GIRL」前夜祭
2016年9月、轟悠ディナーショー「Prelude of Yū」
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
2021年5月、瀬戸かずやスペシャルライブ「Gracias!!」
    
飛龍つかさオフィシャルサイト
飛龍つかさ 公式プロフィール
飛龍つかさツイッター
飛龍つかさインスタグラム
  
  
     
   
関連記事
22:50 |  OG  |  EDIT  | 
2022.11.03.Thu

「2023年宝塚ステージカレンダー」発売

 

  
スタカレ・卓上カレときたら…後はもう
「2023年宝塚ステージカレンダー」
をチェックするだけ。
 
ハイ
2023年版の掲載メンツは…
 
A面/B面
表紙/  トップスター5名/トップスター5名
1月/  真風涼帆/永久輝せあ
2月/  月城かなと/朝美絢
3月/  海乃美月/凪七瑠海
4月/  鳳月杏/潤花
5月/  水美舞斗/瀬央ゆりあ
6月/  舞空瞳/彩風咲奈
7月/  柚香光/夢白あや
8月/  聖乃あすか/瑠風輝
9月/  和希そら/星風まどか
10月/  芹香斗亜/極美慎 ・縣千
11月/  礼真琴/風間柚乃
12月/  暁千星/桜木みなと
 
計25名。
昨年版からコノヒトのみが消え、夢白・縣・極美の3名が初登場。
初登場のコノヒトコノヒト以外は全員単独ポート。
今回から表紙は両面ともトップ様5人仕様に。
 
組ごと分別は…
専科→ 凪七瑠海
花組→ 柚香光星風まどか水美舞斗・永久輝せあ・聖乃あすか
月組→ 月城かなと海乃美月鳳月杏・風間柚乃
雪組→ 彩風咲奈夢白あや朝美絢・和希そら・縣千
星組→ 礼真琴舞空瞳・瀬央ゆりあ・暁千星・極美慎
宙組→ 真風涼帆潤花芹香斗亜・桜木みなと・瑠風輝
 
各組の4番手枠まで、目安としてはバウ主演経験者までが掲載の対象となるようですな。ステカレの場合は。
さて…
 
 
関連記事
04:45 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2022.11.05.Sat

歌劇11月号

  

   
歌劇11月号の表紙は、花組3番手・永久輝せあ
ん?!
トップと2番手しか掲載を許されないはずの歌劇表紙になぜ花組3番手のコノヒトが…。
それはつまりやはりそういうことなのか…??

     
カラーポートレート/真風涼帆&柚香光&鳳月杏&芹香斗亜&縣千&星空美咲
moment/  紫藤りゅう×鷹翔千空×風色日向×亜音有星
サヨナラ袴&ポートレート/  留依蒔世
シアターthe☆歌劇/  和希そら&天華えま&英かおと&天紫珠李
/  侑輝大弥&咲城けい&朝葉ことの&詩ちづる
Back to…
TAKARAZUKAニュース
     
STAGE PHOTO
雪組宝塚大劇場公演「蒼穹の昴」
星組全国ツアー公演「モンテ・クリスト伯」「Gran Cantante!!」
星組宝塚バウホール公演「ベアタ・ベアトリクス」
月組東京宝塚劇場新人公演「グレート・ギャツビー」
宙組宝塚大劇場新人公演「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」
     
STAGE INFORMATION
座談会「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」「JAGUAR BEAT-ジャガービート-」(星組宝塚大劇場公演)
インタビュー「ブラック・ジャック 危険な賭け/FULL SWING!」(月組全国ツアー公演)
対談「ELPIDIO(エルピディイオ)」(月組KAAT神奈川芸術劇場公演)
楽屋取材「HiGH&LOW/Capricciosa!!」(宙組宝塚大劇場公演)
 
短波長波
真風涼帆&潤花 退団発表記者会見
みなさんのこと、知りタイガ〜
柚香光&月城かなと&彩風咲奈&礼真琴&真風涼帆
アプローチ/  潤花
美〜水美舞斗の美に迫る〜/  水美舞斗
新星組生紹介(108期)
茉莉那ふみ&馳琉輝&乙妃優寿&珀亜れい&瑠羽らいと&絢咲羽蘭&風希咲玖
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/  春矢祐璃&清華蘭&眞ノ宮るい&遥斗勇帆&若翔りつ
「組レポ。」/羽立光来&春海ゆう&愛すみれ&綺城ひか理&紫藤りゅう
陽月華の今月の華
つぼ/  早花まこ
退団ご挨拶/留依蒔世&希峰かなた&琥南まこと&惟吹優羽&花城さあや
     
楽屋日記
渚ゆり from 宙組「HiGH&LOW」
白綺華 from 雪組「蒼穹の昴」
きよら羽龍&奏羽美緒&澪あゆと from 月組「グレート・ギャツビー」
瞳きらり from 星組「ベアタ・ベアトリクス」
綾音美蘭 from 星組「モンテ・クリスト伯」
   
VISAガールの歌劇表紙にも驚きましたが、もっとクリビツなのが来月号の表紙。
次号予告をごらんなさい。
    
   
  
    
「歌劇10月号」  「歌劇9月号」
      
関連記事
22:43 |  歌劇  |  EDIT  | 
2022.11.17.Thu

「ブラック・ジャック/FULL SWING!」

   

   
         月城かなと
  
ミュージカル・ロマン
「ブラック・ジャック 危険な賭け」-手塚治虫原作「ブラック・ジャック」より-
作・演出/正塚晴彦
漫画の神様と称される手塚治虫氏の代表作の一つ「ブラック・ジャック」を、オリジナル脚本で描いた『ブラック・ジャック 危険な賭け』。
1994年、安寿ミラを中心とした花組によって上演され、大好評を博したこの作品を「ブラック・ジャック」連載開始50周年のメモリアルイヤーのスタートとなる2022年11月、月組全国ツアーにて再演致します。
無免許ながら、神技と称される腕を持つ天才外科医ブラック・ジャックに月城かなとが扮し、人間への深い愛や命の尊さといった手塚作品に込められたメッセージを、ドラマティックに謳いあげます。

1980年代中頃―。
かつて英国領だった南米のとある小国で軍事クーデターが勃発する。
エンリケ将軍ヴィクトリア女王を暗殺し、全世界に向けて独裁を宣言したのだ。
しかし、謎の外科医の治療によって女王は奇跡的に一命をとりとめ状況は一転、クーデターは失敗に終わる。
天才的な腕で女王の命を救った医者の名は、ブラック・ジャック
彼は一躍注目を浴び時の人となる。
その頃、小国と友好関係にあった英国でも、クーデターの様子が報道されていた。
国際情勢の分析に優れていると評判のブックメーカー(賭け屋)のケインは、相棒のジョイと共にほとぼりが冷めるまで外国に逃れようと空港へ向かう。
彼らは南米のクーデターを賭けにして売り出していたのだが、客の一人で、武器ブローカーのサザランドという男が、クーデターの失敗によって受けた損害を彼らに請求してくることを予想したのだ。
しかし想像通りサザランドに追いつかれたケインは、逃げる途中で発作を起こして倒れてしまう。
そこへ偶然ブラック・ジャックが通りかかり、ケインに応急処置を施す。
空港を後にしたブラック・ジャックは、ヴィクトリア女王の手術をした報酬を受け取るために英国情報部の幹部スノードン卿を訪ね、彼の部下であるアイリス中尉と出会う。
彼女はブラック・ジャックの昔の恋人、如月恵によく似ていた…。
アイリスはブラック・ジャックに一枚のレントゲン写真を見せて手術を依頼するが、それを一目見たブラック・ジャックは成功の可能性は極めて低いと判断する。
そのレントゲン写真はアイリスのかつての同僚であり恋人でもある、ケインのものだった。
彼の頭の中には、アイリスを庇って受けた銃弾の欠片が残り、それが神経を圧迫していた。
アイリスの頼みを一度は断ったものの、その男が空港で助けたケインだと知ったブラック・ジャックは、自分の身体の状態を知りながら無茶をするケインのことが気に掛かり、彼が運ばれた病院へ向かう。
しかし、自分が極めて危険な状態だと知るからこそ自由に生きたいと願うケインは、ブラック・ジャックの干渉を嫌い病院を出ていってしまう。
命を粗末にする奴は我慢がならない…。
ケインを助けたい一心のアイリスと共に、ブラック・ジャックはケインの行方を追うが――。

ジャズ・オマージュ「FULL SWING!」
作・演出/三木章雄
心躍る音楽ジャズで綴るショー『FULL SWING!』。
スウィングのヒーロー誕生を祝うゴージャスなプロローグをはじめ、時にスタイリッシュに時にソウルフルに、バラエティに富んだ場面で構成する魅惑のステージ。
月組トップコンビ・月城かなとと海乃美月のお披露目公演として大劇場で上演した作品を、全国ツアー版としてブラッシュアップしてお届け致します。
月組の魅力を詰め込んだ、ファンキーでスウィンギーなジャズの世界をお楽しみください。

       

  
れいうみ初の全ツ。
前作星全ツの悲劇に見舞われず、今作は完走できるでせうか。
 
2022年11月18〜20日(大阪・梅田芸術劇場メインホール)
23日(新潟県民会館)
25〜27日(千葉・市川市文化会館)
29日(高知県立県民文化ホール)
12月1日(広島・広島文化学園HBGホール)
3〜7日(福岡・福岡市民会館)
での公演スケジュール。
 
専科からりんきらさん登板。何か正塚作品に連続出演してますけど。
先生お気に召したの?
朝陽つばさ(研10)が全日程休演だってよ。
 
ハイ
配役比較
 2022年版  1994年東宝版  1994年大劇場版
ブラック・ジャック
(無免許だが天才的な腕を持つ日本人の外科医)
月城かなと真矢みき安寿ミラ
ブラック・ジャックの影
一輝翔琉/初風緑/匠ひびき
如月恵
(ブラック・ジャックのかつての同僚)
海乃美月/森奈みはる/森奈みはる
ピノコ
(ブラック・ジャックの帰りを待つ少女)
美海そら/優花えり/麻希ゆい
 
アイリス
(英国情報部中尉)
海乃美月/森奈みはる/森奈みはる
スノードン卿
(英国情報部幹部)
凛城きら(専科)/未沙のえる/未沙のえる
秘書
清華蘭/一原けい/一原けい
  
ケイン
(国際的賭け屋)
風間柚乃/愛華みれ/真矢みき
ジョイ
(ケインの相棒)
礼華はる/匠ひびき/愛華みれ
ローラ
(ウエイトレスでジョイのガールフレンド)
花妃舞音/千紘れいか/月影瞳
リンゴー
(ローラが働くパブのバーテン)
空城ゆう/千波ゆう/千波ゆう
  
サザランド
(武器のブローカー)
光月るう/海峡ひろき/海峡ひろき
ジョアン
(サザランドの仲間)
天紫珠李/詩乃優花/詩乃優花
ボーディ
(サザランドの仲間)
朝霧真/天地ひかり/天地ひかり
  
ベリンダ
(医師)
結愛かれん/美月亜優/美月亜優
ヨランダ
(看護婦)
白河りり/渚あき/渚あき
       
ヴィクトリア女王
(南米のとある小国の女王)
麗泉里/町風佳奈/町風佳奈
エンリケ将軍
(軍事クーデターの首謀者)
春海ゆう/宝樹芽里/宝樹芽里
  
レポーター
(ニュースレポーター)
夢奈瑠音/香織ゆたか/紫吹淳
キャサリン・ヘイゲン
(記者)
清華蘭/――/――
リチャード・ヘイゲン
(記者)
――/大伴れいか/夏城令
  
コロス
蘭尚樹・一星慧・菜々野あり・羽音みか/――/――
   
1994年、花組で安寿ミラ×森奈みはるトップコンビにより大劇場初演。東京はトップ他12名がロンドン公演出演のため、2番手主演で配役変更。
   
   
  
             
22年月組全ツ「ブラック・ジャック」  月組「FULL SWING!」
\9,900 Blu-ray           ライブCD
      
関連記事
08:00 |  月組公演  |  EDIT  | 
2022.11.19.Sat

宝塚GRAPH12月号

    

   
2022年も数多のスターがグラフの表紙を飾りました。
柚香→潤・朝美→芹香→星風・水美→礼→月城→鳳月→朝月・桜木・和希→彩風→海乃・瀬央・永久輝→舞空・暁ときて、
ラスト12月号の表紙は我らが宙組トップスター・真風涼帆
  
今年はグラフ表紙の法則が大きく崩れ、トップと2番手以外に3番手枠までもが表紙に駆り出され、例年になく珍しい顔触れに。
トップ5人と2番手2人(鳳月・芹香)が単独表紙。
娘1(星風・舞空・潤)3名と水美・朝美・暁の2番手?3名がセットで2人写り。
娘1(海乃・朝月)2名と永久輝・和希・瀬央・桜木の3番手?4名がセットで3人写り。
  
ZUCASINO/  月城かなと
朝月希和サヨナラ特集
STAGE HISTORY
さよなら対談/  朝月希和×彩風咲奈
ラストインタビュー
Lumière/  星風まどか
EN-GRAPH/  水美舞斗
稽古場のあがた/  縣千
The Costume/  彩風咲奈&朝月希和 from 「蒼穹の昴」
星組全国ツアー公演ミニインタビュー/  礼真琴
雪組UPDATE
Skirt!Skirt!/  星娘
プチ・フルールXVII/きよら羽龍&詩ちづる&音彩唯&星空美咲&山吹ひばり
FROM STAGE/  柚香光
TOPICS/  真風涼帆 退団発表記者会見
TOPICS/  潤花 退団発表記者会見
絵ぇ日記/  朝美絢&瑠風輝&一之瀬航季&きよら羽龍
なるほどってぃ!鋭いまなざしで101期大解剖!/逆襲編
SPECIAL PORTRAIT/  鳳月杏
波瀾爆笑!?我が人生/  礼華はる
トークDX/  彩風咲奈×朝美絢 from 蒼穹の昴
月組どうぶつえん
PICK UP INTERVIEW/  千風カレン
      
STAGE
雪組大劇場公演「蒼穹の昴」
宙組新人公演「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」
月組東京新人公演「グレート・ギャツビー」
  
7年ぶりに返ってきた伝説の「プチ・フルール」。未来のトップ娘役候補をご紹介 前回のメンツはコチラ。その前だとこの4人。一番最後に紹介された最下級生は必ずトップになってます。
    
   
   
      
「宝塚グラフ11月号」  「宝塚グラフ10月号」
   
関連記事
07:58 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2022.11.21.Mon

「ELPIDIO(エルピディイオ)」

   

    
             鳳月杏
  
ミュージカル・ロマンティコ
「ELPIDIO(エルピディイオ)」〜希望という名の男〜
作・演出・振付/謝珠栄
植民地が次々と独立し、隆盛を極めたスペイン帝国が終焉を迎えた20世紀初頭のマドリード。
国の将来を憂える男達が集う酒場Camino(道)に、仲間たちからロレンシオと呼ばれる男の姿があった。
かつて死に直面しながらも命を取り留めた過去を持つ彼は、生きる意味を求め彷徨う中、この街へと辿りついたのだった。
ある夜、何者かに襲われたロレンシオが連行されたのは、軍の大佐でもあるアルバレス侯爵の館。
侯爵と瓜二つの顔を持つロレンシオは偽の身分証を所持していたことで脅され、替え玉となるよう迫られる。
ELPIDIOというペンネームで新聞に詩を投稿していた彼は、それを続けることを条件に替え玉となることを受け入れるが、侯爵の妻パトリシアに偽物と見破られてしまう。
侯爵と離婚協議中であったパトリシアは福祉活動に従事しており、同じ思想を抱くロレンシオと次第に惹かれ合い、二人は恋に落ちていく。
侯爵家の人々に見守られながら様々な事柄に向き合ううち、ロレンシオはようやく自らの使命を見出していき…。
弱者に寄り添うELPIDIOの詩に触発された人々が“希望”を胸に行動を始める中、この世に蔓延する嘘の在り方に対峙する偽侯爵ロレンシオは、スペインが抱える問題を如何に解決していくのか。
そして、彼の本当の名に込められた意味を見出すことが出来るのか。

20世紀初頭マドリード。
大航海時代には“太陽の沈まぬ国”といわれるほど隆盛を極めたスペイン帝国も、今や植民地は次々と独立、国内においても分裂が続き、かつての栄光は見る影もなくなっていた。
国の将来を憂える男達が集う酒場Camino(道)に、仲間達からロレンシオと呼ばれる男の姿があった。
死に直面しながらも命を取り留めた過去を持つ彼は、生きる意味を求めて彷徨ううちにこの街へと辿り着いたのだった。
ロレンシオは度重なる戦争や民族闘争、軍による弾圧によって市井の人々が抱える悲哀や憤り、孤独といった感情に寄り添うような詩を紡いでいる。
その詩は新聞社の編集者の目に留まり、Caminoの仲間達もまた、ロレンシオの素性を深く知らないながらも彼の詩に心揺さぶられていた。
ある夜、ロレンシオは何者かに襲われ、軍の大佐でもあるアルバレス侯爵の館に連れて行かれる。
アルバレス侯爵の秘書官ゴメスと執事アロンソの目的は、侯爵と瓜二つのロレンシオを、怪我をした侯爵の替え玉とすることだった。
偽の身分証を所持していたことで脅されたロレンシオは、ELPIDIOというペンネームで新聞社へ詩を投稿し続けることを条件に身代わりを引き受ける。
軍人としての立ち居振る舞いや剣術をはじめ、侯爵の話し方や癖を習得していくロレンシオ。
彼は、侯爵を知り尽くしているゴメス達も驚くほど巧妙に侯爵に成りすますが、侯爵の妻パトリシアには偽物だと見破られてしまう。
そもそも名家の出身で教養深いパトリシアは、成り上がり者で居丈高な侯爵とは反りが合わず離婚協議中だった。
女性の地位向上や恵まれない子供たちへの教育の重要さを熱心に語るパトリシアと、ロレンシオは意気投合し、次第に惹かれ合うようになる。
パトリシアの協力も得て偽侯爵の芝居を続けるうちに、自らの果たすべきことが明確になっていくロレンシオ。
巷では、ELPIDIOの詩に触発された人々が“希望”を胸に行動を始めていく。
ロレンシオは、スペインが抱える問題を如何に解決していくのか、そして、彼の本当の名に込められた意味を見出すことができるのか――。

  

   
れいうみ全ツの裏では、2番手ちなっさんが2度目の東上主演
からの…ヒロインは何とコノカタ
入団10年目にして3度目の東上ヒロイン也。
ポスターインは叶わなかったけど、ちゃんと波線上です。
てっきりヒロインはコノカタかと思うてましたが、お妃教育に一旦待ったがかかったんでせうか。
  
2022年11月21〜27日(KAAT神奈川芸術劇場)
12月3〜11日(シアター・ドラマシティ)での公演スケジュール。
  
前作から続いていわ姐が専科より登板。
新副組長白雪さち花のお披露目公演でもあります。
  
ハイ
主な配役
アルバレス侯爵/  鳳月杏
(軍の大佐)
パトリシア/  彩みちる
(アルバレス侯爵の妻)
ファティマ/  花時舞香
(アルバレス侯爵の愛人)
ゴメス/  輝月ゆうま(専科)
(アルバレス侯爵の秘書官)
アロンソ/  蓮つかさ
(アルバレス侯爵の執事)
ロメーロ大佐/  柊木絢斗
(アルバレス侯爵の同僚)
モンテス中尉/  大楠てら
()
   
ロレンシオ/  鳳月杏
(ELPIDIO。生きる意味を求めて彷徨い続けた末に、マドリードの酒場“Camino”に辿り着いた男)
マルコス/  千海華蘭
(“Camino”の主人)
ベニータ/  きよら羽龍
(マルコスの娘。ロレンシオに想いを寄せている)
セシリオ/  彩海せら
(ロレンシオを兄貴と慕う“Camino”の仲間)
ミゲル/  佳城葵
(“Camino”に集う仲間)
ブルーノ/  英かおと
(“Camino”に集う仲間)
ラファエル/  瑠皇りあ
(“Camino”に集う仲間)
フリオ/  和真あさ乃
(“Camino”に集う仲間)
カルメン/  妃純凛
(“Camino”に集う仲間)
アマンダ/  桃歌雪
(“Camino”に集う仲間)
グラシェラ/  天愛るりあ
(“Camino”に集う仲間)
エステル/  蘭世惠翔
(“Camino”に集う仲間)
マグダレーナ/  白雪さち花
(新聞社で働く女性)
  
フランシスコ/  彩音星凪
(労働組合員)
セサル/  真弘蓮
(労働組合員)
  
マラバ/  花時舞香
(少年)
   
ヒターナの女/  桃歌雪
   
   
   
  
月組「ELPIDIO」  月組「グレート・ギャツビー」
\9,900 Blu-ray  ライブCD
      
関連記事
18:33 |  月組公演  |  EDIT  | 
2022.11.25.Fri

「蒼穹の昴」

    

 
            彩風咲奈
     
グランド・ミュージカル「蒼穹の昴」
〜浅田次郎作「蒼穹の昴」(講談社文庫)より〜
脚本・演出/原田諒
19世紀末、清朝末期の中国・紫禁城を舞台に繰り広げられる浅田次郎の大ベストセラー小説「蒼穹の昴」の初の舞台化に、宝塚歌劇が壮大なスケールで挑みます。
「汝は学問を磨き知を広め、帝を扶翼し奉る重き宿命を負うておる」──。
梁家屯の地主の次男・梁文秀(リァン・ウェンシウ)は、韃靼の老占い師から受けた予言をふと頭に浮かべていた。
果たして自分にそのような才覚があるものなのか…。
程なくして熾烈な科挙の試験に首席で合格した文秀は、清国の政治の中枢へと否が応でもその身を置くこととなる。
光緒帝に仕え、改革派の俊英として名を馳せる文秀と、かつて義兄弟の契りを交わした極貧の少年がいた。
その名は李春児(リィ・チュンル)。
彼もまた、老占い師から告げられた「その手にあまねく財宝を手にするだろう」という言葉に夢を託し、妹・玲玲(リンリン)を故郷に残し都へ上る。
やがて宦官となった春児は、紫禁城に君臨する西太后の側近へと昇りつめてゆく。
落日の清国。
その分割を狙い、列強の西洋諸国が虎視眈々と迫る中、文秀たちは紫禁城に渦巻く権力への野望と憂国の熱き思いに翻弄されることになる。
人間の力をもってしても変えられぬ宿命などあってたまるものか──激動する時代の流れの中で懸命に、運命に抗い力強く生きる人間たちの勇気、そして希望。
文秀の鮮烈なまでの生きざまを主軸にし、宝塚歌劇版としてドラマティックに、華やかに描き出す超大作歴史ミュージカルにどうぞご期待ください。

「梁文秀。そなたは長じて紫禁城に登り、天子さまの傍らで天下の政を執ることとなろう。学問を琢き知識を博め、帝をお扶けする重き宿命ぞ」――。
19世紀末、清朝末期の中国・河北(かほく)。
村はずれの居酒屋で、飲んだくれて寝てしまった梁家屯(りょうかとん)の地主の次男・梁文秀(リァン ウェンシウ)は、まどろみながら聞いた言葉に目を覚ます。
韃靼(だったん)の老占い師・白太太(パイタイタイ)のいつもの声だ。
仲間たちから科挙の院試に合格したことを囃し立てられた文秀は、必ずや最終試験も突破してみせると心新たにする。
そんなところに、李春児(リィ チュンル)がやって来る。
文秀とは義兄弟の契りを交わした極貧の少年。
彼もまた、白太太から告げられた「その手にあまねく財宝を手にするだろう」という言葉に夢を託していた。
やがて、文秀は熾烈な科挙の最終試験に首席で合格する。
紫禁城に伺候した文秀は、第二等・順桂(シュン コイ)、第三等・王逸(ワン イー)と共に、光緒帝(こうしょてい)とそのおばで紫禁城一の権力を誇る西太后(せいたいごう)に対面した。
古式然とした紫禁城の中で、文秀は清国の現状を一瞬にして突き付けられた思いを味わう。
このままでは、この国は列強の餌食になってしまう…文秀たち若き俊英は、自らに課せられた使命を果たそうと誓い合うのだった。
しかし、そう簡単に光緒帝へと禅譲が行われるのか――。西太后と渡り合えるだけの絶対的な後ろ盾が皇帝に必要なのは明らかだった。
文秀たちの師である大学者・楊喜楨(よう きてい)は、天津総督である李鴻章(り こうしょう)将軍にその任を預けようと考えていた。
一方、文秀の試験に同行し北京にやって来たものの喧嘩をし、文秀と袂を分かってしまった春児は、夜の街をさまよい歩いていた。
そこで盲目の胡弓弾きに出会った春児は、自分が身を立てる道は宦官(かんがん)になる以外にないのではないかという思いに至る。
故郷に戻った文秀は、春児の妹・李玲玲(リィ リンリン)と出会う。
母親は亡くなり春児は宦官になったと玲玲から知らされた文秀は、玲玲を連れて北京に戻ることを決意する。
その時、白太太が現れ、またしても不思議なお告げを残して姿を消す。
「二人は不思議な糸で結ばれている」と…。

    
ー
  
さききわ大劇場3作目にて早くも解散公演。
さき嫁一足先に娘1の座を退きます。
まぁ高学年就任だったしね…イレギュラー人事だったしね…黒期だしね…パリピが育つまでの繋ぎだったんやろうしね…。
これといった代表作にも出合えず、別箱は公演が丸ごと無くなるという悲劇にも直面し、不遇ではあったけど、そもそも娘1の称号を手に入れられたんだからラッキーとするべきか。
まぁ終わり良ければ総て良し。
  
2022年10月1日〜11月7日(宝塚大劇場)、11月26日〜12月25日(東京宝塚劇場)
での公演スケジュール。
  
退団者は娘1(96期)の他、
千風カレン(90期)・コノヒト(100期)・花束ゆめ(103期)
娘役のみ4名が脱落。
次期娘1と同期のブーケさん…。
103期首席入団の雪組一筋。チギ田と誕生日が一緒で、直々にブーケちゃんと名付けられ、可愛がられていた模様。
が、下級生時代は一期上の陽キャラ推しが続き、なかなか目が出ず。
ようやく陽キャを宙に追い出したと思ったら、今度は同期で自分より成績下位のパリピが宙から乗り込んで来て、あっという間に後妻の座をゲット。
そりゃまやる気失くすわな。
 
お待たせ。今作からコノヒトが雪組生デビュー。
組配属された108期もようやく雪組生デビュー。
退団する千風副組長の後任には透真かずき(91期)が決定。
琴羽りり(研8)が初日〜10/6休演。代役はコノヒト
そして
この公演、専科から6人も助っ人が!!
京三紗・汝鳥伶(研52)・一樹千尋(研50)・夏美よう(研47)・悠真倫(研28)・凪七瑠海(研20)の面々。
平均年齢上げすぎでない?
こりゃ専科・雪組合同公演だな。
  
 

 
 
ハイ
主な配役
李春児/  朝美絢
(リィ チュンル。河北(かほく)・直隷(ちょくれい)省静海(チンハイ)県、梁家屯(りょうかとん)の貧しい農民の子)
李玲玲/  朝月希和
(リィ リンリン。春児の妹。両親を失い、文秀に助けられる)
梁文秀/  彩風咲奈
(リァン ウェンシウ。李春児の兄とは義兄弟の契りを交わした間柄。光緒十二年の科挙に首席で合格し進士となる)
順桂/  和希そら
(シュン コイ。満州旗人。光緒十二年の科挙で合格した進士)
王逸/  一禾あお
(ワン イー。光緒十二年の科挙で合格した進士。のちに李鴻章の幕僚となる)
林旭/  紀城ゆりや
(りん きょく。改革派の官吏。文秀たちの同志)
劉光第/  華世京
(りゅう こうだい。改革派の官吏。文秀たちの同志)
楊喜楨/  夏美よう(専科)
(よう きてい。光緒帝の学問の師でもある大学者。文秀たちの才覚を見出す。帝党の筆頭)
楊青筠/  華純沙那
(よう せいきん。楊喜楨の娘)
康有為/  奏乃はると
(カン ヨウウェイ。公羊学者。戊戌(ぼじゅつ)の変法の理論的指導者)
譚嗣同/  諏訪さき
(タン ストン。康有為の弟子。文秀たちと共に戊戌の変法に身を投じる)
   
光緒帝 載湉/  縣千
(こうしょてい ツァイテン。清朝第十一代皇帝。西太后の甥)
常蓮忠/  桜路薫
(じょう れんちゅう。九堂総管都領事の太監(宦官)。李蓮英とは同期の入廷。光緒帝に仕える)
蘭琴/  聖海由侑
(ラン チン。光緒帝に仕える宦官。春児の親友)
醇親王 奕譞/  叶ゆうり
(じゅんしんのう イーシュアン。満州皇族。咸豊帝(かんぽうてい)の末弟であり、光緒帝の実父)
恭親王 奕訢/  日和春磨
(きょうしんのう イーシン。満州皇族。咸豊帝の弟)
鎮国公 載沢/  咲城けい
(ちんこくこう ツァイヅォ。西洋かぶれの満州皇族。光緒帝のはとこ)
隆裕/  野々花ひまり
(ロン ユイ。西太后の姪で、光緒帝の皇后となる)
瑾妃/  沙羅アンナ
(きんぴ。光緒帝の側妃。珍妃の姉)
珍妃/  音彩唯
(ちんぴ。光緒帝の側妃。瑾妃の妹。光緒帝の愛を一身に受ける)
西太后 慈禧/  一樹千尋(専科)
(せいたいごう ツーシー。清朝第九代皇帝・咸豊帝の側室。咸豊帝の死後、三代に渡り政を行う晩清の女傑(じょけつ))
栄禄/  悠真倫(専科)
(えい ろく。満州旗人。汚職により都を追われていたが、内務府大臣として都に戻ってくる。西太后側近の権力者)
李蓮英/  透真かずき
(り れんえい。大総管太監(宦官)。栄禄の朋友で西太后の寵臣)
崔玉貴/  麻斗海伶
(さい ぎょくき。李蓮英配下の太監(宦官))
徳齢/  千風カレン
(とく れい。西太后に仕える女官。容齢の姉)
容齢/  羽織夕夏
(よう れい。西太后に仕える女官。徳齢の妹)
西太后付き女官
杏野このみ・愛すみれ・白峰ゆり・妃華ゆきの・希良々うみ・琴羽りり(有栖妃華)
  
白太太/  京三紗(専科)
(パイタイタイ。韃靼(だったん)の薩満(シャーマン)。星占いの秘術を持つ老女)
   
安徳海/  天月翼
(アン ドーハイ。李蓮英の前任の大総管。失脚ののち盲人となり、胡弓弾きとなって廃寺である富貴寺で暮らしている)
黒牡丹/  眞ノ宮るい
(ヘイムータン。かつて南府劇団に所属し、京劇の名優として西太后の寵を得ていたが、不治の病に罹り、紫禁城を去った)
周麻子/  真友月れあ
(ジョウ マアヅ。富貴寺で暮らす紫禁城を追われたかつての太監。料理の名人)
金八/  稀羽りんと
(チン パー。富貴寺で暮らす紫禁城を追われたかつての太監)
趙掌案的/  星加梨杏
(ちょう チャンアンダ。南府劇団の立役)
盧月鳳/  霧乃あさと
()
嵐秋/  藤影ゆら
()
      
李鴻章/  凪七瑠海(専科)
(り こうしょう。科挙出身の漢人将軍。内乱を平定し直隷総督となり、西太后の信頼を得て洋務運動を進める)
袁世凱/  真那春人
(えん せいがい。李鴻章の幕僚)
  
岡圭之介/  久城あす
(日本最大の発行部数を誇る「万朝報(よろずちょうほう)」の記者。北京に長く赴任している)
トーマス・バートン/  壮海はるま
(「ニューヨーク・タイムズ」の特派員)
ミセス・チャン/  夢白あや
(岡圭之介やトーマス・バートンたちと行動を共にする謎の美女)
     
伊藤博文/  汝鳥伶(専科)
(明治維新を成功させた元勲の一人。日本の初代内閣総理大臣)
柴五郎/  叶ゆうり
(日本公使館の駐在武官)
   
亭主/  汝鳥伶(専科)
家令/  奏乃はると
東安市場の男/  蒼波黎也
北洋軍将校/  眞ノ宮るい
        
   
   
      
雪組「蒼穹の昴」   雪組「蒼穹の昴」
\11,000 Blu-ray  2022年11月号
    
関連記事
23:27 |  雪組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |