2022.09.04.Sun

「若草萌香」

  
  
   
「若草萌香」(わかくさ・もえか)は、元宝塚歌劇団花組の娘役。
11月4日生、奈良県生駒市、大阪女学院高校出身。
身長162cm。血液型A型。
公式愛称は「リリ」、「でぃでぃ」、「りさねえ」。非公式は「牛みたい」
  
2011年4月、宝塚音楽学校入学。
2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は9番。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台。
同期には帆純まひろ英かおと諏訪さき彩みちる野々花ひまり小桜ほのか、OGに元月組トップ娘役美園さくら桜良花嵐天瀬はつひらがいる。
2014年2月、組廻りを経て花組に配属。
2018年のショー「BEAUTIFUL GARDEN」で、天真みちると初Wエトワール。
2022年9月4日、「巡礼の年/Fashionable Empire」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。退団公演で初単独エトワール。

  
新人公演では計5回、芽吹幸奈の役を演じた。
 
●宝塚歌劇団時代の主な活動
■初舞台
2013年
4〜5月、雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」(宝塚大劇場のみ)
 
□組廻り
8〜11月、花組「愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-」「Mr. Swing!」
  
□花組時代
2014年
6月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(中日劇場)女官長
8〜11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」娼婦、新公:美容師(本役:真彩希帆)
2015年
1月、「Ernest in Love」(東京国際フォーラム)メイド、農民
3〜6月、「カリスタの海に抱かれて」新公:ナディア(本役:桜咲彩花)「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」
7〜8月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」(梅田芸術劇場・台北国家戯劇院)
10〜12月、「新源氏物語」新公:王命婦(本役:芽吹幸奈)「Melodia-熱く美しき旋律-」
2016年
2〜3月、「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)市民
4〜7月、「ME AND MY GIRL」新公:アナスタシア・ブラウン夫人(本役:芽吹幸奈)
8月、「Bow Singing Workshop〜花〜」(バウホール)
9月、「アイラブアインシュタイン」(バウホール)
11〜2017年2月、「雪華抄(せっかしょう)」「金色(こんじき)の砂漠」新公:奴隷ルババ(本役:鞠花ゆめ)
3〜4月、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ)マリー・パーカー、ダイアナ・ジョンソン
6〜8月、「邪馬台国の風」娘、新公:サオト(本役:白姫あかり)、ハナヒ(本役:華雅りりか)「Santé!!」
10月、「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館)女学生
2018年
1〜3月、「ポーの一族」バラの巫女、新公:ブラヴァツキー(本役:芽吹幸奈)
5月、「Senhor CRUZEIRO(セニョールクルゼイロ)!」(バウホール)フランシスカ
7〜10月、「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」新公:ゆき(本役:芽吹幸奈)「BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」 Wエトワール
11〜12月、「蘭陵王(らんりょうおう)‐美しすぎる武将-」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)蘭妃
2019年
2〜4月、「CASANOVA」新公:シルビア・バレッチ(本役:芽吹幸奈)、カーニヴァルの女
6〜7月、「花より男子」(TBS赤坂ACTシアター)鮎原えりか
6月、「恋スルARENA」(横浜アリーナ) ※6/26のみ特出
8〜11月、「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」老婦人、同級生、新公:謎の老婆(本役:美花梨乃)「シャルム!」
2020年
1月、「マスカレード・ホテル」(ドラマシティ・日本青年館)比嘉巡査
7〜11月、「はいからさんが通る」舞踏会の歌手
2021年
1〜2月、「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)ドッティ
4〜7月、「アウグストゥス-尊厳ある者-」アイラス「Cool Beast!!」
8〜9月、「哀しみのコルドバ」アルマダ夫人、ドローレス、ラチェ「Cool Beast!!」(全国ツアー)
11〜2022年2月、「元禄バロックロック」アズサ「The Fascination(ザファシネイション)!」
3〜4月、「TOP HAT」(梅田芸術劇場)カーラ、客の女(ソニア)
6〜9月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」クーベルタン夫人「Fashionable Empire」 退団公演、エトワール
   
☆出演イベント
2014年12月、タカラヅカスペシャル2014「Thank you for 100 years」(コーラス)
2016年4月、「ME AND MY GIRL」前夜祭
 
●宝塚歌劇団退団後の主な活動
  
若草萌香ツイッター
若草萌香インスタグラム
  
  
     
   
関連記事
07:50 |  OG  |  EDIT  | 
2022.09.06.Tue

「華 優希」

   
  
     
「華 優希」(はな・ゆうき)は、女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役。
1993年11月13日生、京都府京都市、立命館高校出身。
身長161cm。血液型A型。
所属事務所はイー・コンセプト。
公式愛称は「はなちゃん」、「のぞみ」。非公式は「きゃわいいは正義!!」
  
2012年4月、宝塚音楽学校入学。
2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は23番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集100!!」で初舞台。
同期には現花組トップ娘役星風まどか聖乃あすか一之瀬航季風間柚乃極美慎桃歌雪希良々うみ天彩峰里、OGに音くり寿羽織夕夏桜庭舞らがいる。
2015年2月、組廻りを経て花組に配属。
2017年、明日海りお・仙名彩世大劇場お披露目となる「邪馬台国の風」で、新人公演初ヒロイン。続く「はいからさんが通る」(DC・日本青年館公演)で、東上初ヒロイン。当たり役・花村紅緒。後に相手役となる柚香光と初タッグ。
続く2018年の「ポーの一族」で実質ヒロインのメリーベル。
同年の全ツショー「EXCITER!!2018」で、舞空瞳とWヒロイン。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2017年度新人賞。
続く2019年、仙名彩世退団公演となる「CASANOVA」で、2度目新公ヒロイン。
同年4月29日付で、仙名彩世の後任として花組トップ娘役に就任。明日海りおの4代目パートナーとして、横アリ「恋スルARENA」でみりはなお披露目。続く「A Fairy Tale/シャルム!」をもって明日海が退団し、柚香光を2代目パートナーに。
2020年、自身初の東上ヒロイン作の再演となる「はいからさんが通る」で、れいはな大劇場お披露目。も、無念の長期休演。
2021年7月4日、「アウグストゥス/Cool Beast!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を早期退団。ムラ千秋楽は悲劇の無観客開催。
同年の「マドモアゼル・モーツァルト」(東京建物BrilliaHALL公演)で退団後初舞台。みりはな再共演。
2022年1月よりイー・コンセプト所属。本格再始動なう。

 
学生時代は吹奏楽部に所属。ピアノを習っていたことと音楽の授業が好きだったことから入部した。
ヅカ初観劇は2011年雪組「ロミオとジュリエット」。観劇後に震えるほど感動し、全ての悩みが吹き飛んでしまうような幸せを感じ、自分もその幸せを届ける側になりたいと強く願い、音校受験を決意。
憧れの上級生は七海ひろき仙名彩世

 
●宝塚歌劇団時代の主な活動
■初舞台
2014年
3〜6月、月組「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌-」「TAKARAZUKA花詩集100!!」
 
□組廻り
11〜2015年2月、宙組「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」
 
□花組時代
3〜6月、「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」
7〜8月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」(梅田芸術劇場・台北国家戯劇院)
10〜12月、「新源氏物語」新公:あきつ(本役:音くり寿)「Melodia-熱く美しき旋律-」
2016年
4〜7月、「ME AND MY GIRL」
9月、「アイラブアインシュタイン」(バウホール)
11〜2017年2月、「雪華抄(せっかしょう)」「金色(こんじき)の砂漠」アムダリヤ(回想)、新公:ギィ(幼少)(本役:明日海りお)、後宮の女ハディーシャ(本役:春妃うらら)
3〜4月、「仮面のロマネスク」ジュリー「EXCITER!!2017」(全国ツアー)
6〜8月、「邪馬台国の風」少年タケヒコ、新公:マナ(本役:仙名彩世)「Santé!!」 新人公演初ヒロイン
10月、「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館)花村紅緒 東上初ヒロイン
2018年
1〜3月、「ポーの一族」メリーベル、新公:マルグリット・ヘッセン(本役:華雅りりか)、ホテルのメイド(本役:舞空瞳)
5月、「あかねさす紫の花」鵜野皇女「Santé!!」(博多座)
7〜10月、「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」小平、新公:福(本役:桜咲彩花)「BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」
11〜12月、「メランコリック・ジゴロ」ティーナ「EXCITER!!2018」(全国ツアー)
2019年
2〜4月、「CASANOVA」セラフィーナ、新公:ベアトリーチェ(本役:仙名彩世) 新人公演ヒロイン
 
■花組トップ娘役時代
6月、「恋スルARENA」(横浜アリーナ) トップお披露目公演
8〜11月、「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」シャーロット・ウィールドン「シャルム!」 大劇場トップお披露目公演
2020年
1月、「DANCE OLYMPIA」(東京国際フォーラム)ブリーセーイス、ブリーゼ
7〜11月、「はいからさんが通る」花村紅緒
2021年
1〜2月、「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)ビリー・ベンディックス
4〜7月、「アウグストゥス-尊厳ある者-」ポンペイア「Cool Beast!!」 退団公演
 
☆出演イベント
2016年4月、「ME AND MY GIRL」前夜祭
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
2021年5月、華優希スペシャルライブ「華詩集」
 
★受賞歴
2018年、「宝塚歌劇団年度賞」2017年度新人賞
 
●宝塚歌劇団退団後の主な活動
■舞台
2021年
10月、「マドモアゼル・モーツァルト」(東京建物BrilliaHALL)コンスタンツェ
2023年
2月、「キングダム」(帝国劇場)河了貂 ※川島海荷とWキャスト
 
■ドラマ
2022年
3月、「ドクターホワイト」(CX)8話-東堂絵馬
5月、「パンドラの果実 科学犯罪捜査ファイル」(NTV)第3話-安田弥生
  
華優希オフィシャルサイト
華優希 公式プロフィール
華優希ツイッター
華優希インスタグラム
  
  
     
   
関連記事
19:31 |  OG  |  EDIT  | 
2022.09.06.Tue

歌劇9月号

  

   
歌劇9月号の表紙は、宙組トップスター・真風涼帆
     
カラーポートレート/  礼真琴&永久輝せあ&暁千星&天彩峰里
Radiant/  水美舞斗
シアターthe☆歌劇/  蓮つかさ&聖乃あすか&風色日向&夢白あや
Back to…
   
STAGE PHOTO
月組宝塚大劇場公演「グレート・ギャツビー」
雪組梅田芸術劇場公演「ODYSSEY-The Age of Discovery-」
雪組シアター・ドラマシティ公演「心中・恋の大和路』
星組東京宝塚劇場新人公演「めぐり会いは再びnext generation」
            
STAGE INFORMATION
座談会「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」「Capricciosa!!」(宙組宝塚大劇場公演)
対談「ベアタ・ベアトリクス」(星組宝塚バウホール公演)
インタビュー「モンテ・クリスト伯/Gran Cantante!!」(星組全国ツアー公演)
         
短波長波
みなさんのこと、知りタイガ〜
柚香光&月城かなと&彩風咲奈&礼真琴&真風涼帆
アプローチ/  星風まどか
POWER!!!!!/  凪七瑠海&和希そら
ウォッチザフォース宙組
愛未サラ&山吹ひばり&泉堂成&美星帆那&大路りせ&葵祐稀&聖叶亜&明希翔せい
新宙組生紹介(108期)
梨恋あやめ&花恋こまち&愛城美紗&華楽逸聖&輝珠ななせ&海玖里粋&志凪咲杜&朝比奈天
Back to…特別編〜楽屋取材より〜
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/高峰潤&蘭尚樹&希良々うみ&澪乃桜季&小春乃さよ
「組レポ。」/羽立光来&白雪さち花&愛すみれ&綺城ひか理&紫藤りゅう
陽月華の今月の華
つぼ/  早花まこ
    
楽屋日記
光莉あん from 星組「めぐり会いは再びng」
愛空みなみ from 雪組「心中・恋の大和路」
月瀬陽 from 雪組「ODYSSEY」
    
   
  
    
「歌劇8月号」  「歌劇7月号」
      
関連記事
19:34 |  歌劇  |  EDIT  | 
2022.09.08.Thu

「ベアタ・ベアトリクス」

 

  
          極美慎(研9)
 
ミュージカル「ベアタ・ベアトリクス」
作・演出/熊倉飛鳥
19世紀半ば、イギリス。
ロイヤル・アカデミーの画学生ロセッティは、アカデミーで神童と呼ばれるエヴァレット、同級生のウィルと共に、それまでの古い美術観を打ち破るべく、プレ・ラファエライト・ブラザーフッド(前ラファエル兄弟団)を名乗り創作活動を始める。
詩人のダンテを崇拝し、その著書「新生」に登場する理想の女性“ベアトリーチェ”を求めるロセッティは、帽子屋で働く娘リジーと恋に落ち、彼女の姿を描き始める。
彼らの活動はアカデミーの反発を受けながらも軌道に乗り始めるが、エヴァレットがリジーをモデルに描いた傑作「オフィーリア」によって歯車が狂い出す。
リジーこそが自分にとっての“ベアトリーチェ”だと信じていたロセッティだったが、圧倒的な画力で彼女の姿を描き切ったエヴァレットに嫉妬し、リジーとの関係にも溝が生まれてしまう。
ある時、芝居小屋の女優ジェインに魅了されたロセッティは、彼女にモデルを依頼。
その絵が高く評価されたことで、ロセッティは次第にジェインに夢中になってゆく。
画家であり詩人でもあるロセッティの人間味溢れる波乱の人生に迫り、彼の代表作「ベアタ・ベアトリクス」が生み出されるまでの愛憎渦巻く人間模様を描きあげた挑戦的なミュージカル作品。
なお本作は、演出家・熊倉飛鳥の宝塚バウホールデビュー作となります。

19世紀半ば、イギリス・ロンドン。
ロイヤル・アカデミーの画学生ロセッティは、それまでの因習にとらわれた美術観を打ち破るべく、アカデミー内で神童と名高いエヴァレット、親友のウィルをはじめ、志を同じくする者らと共に“プレ・ラファエライト・ブラザーフッド(前ラファエル兄弟団)”を名乗り、創作活動を始める。
時を同じくして、ロセッティは帽子屋で働く娘リジーと偶然の出会いから恋に落ち、彼女の姿を描くようになる。
詩人ダンテを崇拝し、その著書「新生」に登場する理想の女性”ベアトリーチェ”を求めていたロセッティにとってリジーはまさに“ベアトリーチェ”であり、彼女もまた彼の支えになりたいと思う。
希望に満ち溢れる二人は、ロセッティの夢への道を一緒に歩もうと誓うのだった。
兄弟団の活動は、アカデミーの反発を受けながらも軌道に乗り始めるが、エヴァレットがリジーをモデルに描いた傑作、「オフィーリア」によって運命の歯車が狂い出す――。
リジーこそが自分にとっての“ベアトリーチェ”だと信じていたロセッティだったが、圧倒的な画力で彼女の姿を描き切ったエヴァレットに嫉妬し、やがて兄弟団は解散、リジーとの関係にも溝が生まれてしまう。
ロセッティは失意の中、オックスフォードに移り、絵の仕事を細々と続けていた。
そんなある日、街で評判の芝居小屋の女優ジェインに魅了されたロセッティは、彼女をモデルに再び創作活動に没頭し始める。
ジェインの姿を描いた絵は高く評価され、ロセッティは次第に彼女自身に夢中になってゆき…。
「ベアタ・ベアトリクス」――この世でもっとも美しいベアトリーチェ。
仲間と決裂し、愛を失い、夢に破れ…ロセッティは、この作品をいかにして生み出してゆくこととなるのか――。

 

  
100期で誰よりも早く新公主演の座を射止めた出世頭・きわみしん(ハクビシンと同じイントネーション)、待望のバウ初主演
バウ主演は同期のコノヒトコノヒトに続いて3人目
同期の2人は組内での立場も花4番手・月3番手と出世してるので、きわみしんの今後も気になるところ…。
星では現在、絶賛番手ぼかしセール中なので、
当面は瀬央・暁綺城・天華極美
路線上の3番手、といったところか。
コノヒト…新公主演3回も続けて演ったのに、同期首席の童顔男子が組替えしてきて2番手候補な上、2期下にもバウ主演を決められてしまい…あゝ無情。
   
2022年9月8日〜19日(宝塚バウホール)
での上演スケジュール。
今回、上は95期研14から下は107期研2まで、総勢30名が出演。
公演の長がトップと同期のひろ香祐。もうそんな学年になったのね…。
麻丘乃愛(研5)が今公演をもって退団。
  
で今回、ヒロインにはバウ初出演にして初ヒロインとなるコノヒトがキターーーーーーーーーーーーーーーーっっっ
ちゃんと公式でも波線上扱いなんですな。
現状はコノヒトに次ぐ星娘3的なポジにいるこざほ。今後どうなるのか期待。と一抹の不安…。
   
ハイ
主な配役
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ/  極美慎
(ロイヤル・アカデミーの画学生。“プレ・ラファエライト・ブラザーフッド”の中心人物)
少年ロセッティ/  藍羽ひより
リジー・ジダル/  小桜ほのか
(帽子屋で働く娘。ロセッティの恋人)
ガブリエーレ・ロセッティ/  朝水りょう
(ロセッティの父。文学者)
クリスティーナ・ロセッティ/  麻丘乃愛
(ロセッティの妹)
ウィリアム・モリス/  大希颯
(ロセッティの弟子)
ウィリアム・ホルマン・ハント(ウィル)/  碧海さりお
(ロイヤル・アカデミーの画学生。ロセッティの友人)
ジョン・エヴァレット・ミレイ/  天飛華音
(ロイヤル・アカデミーで神童と評される画学生)
チャールズ・イーストレイク/  朱紫令真
(ロイヤル・アカデミーの教授)
エリザベス・イーストレイク/  七星美妃
(チャールズ・イーストレイクの妻)
マーティン・アーサー・シー/  颯香凜
(ロイヤル・アカデミーの会長)
   
ジェイムズ・コリンソン/  煌えりせ
(“プレ・ラファエライト・ブラザーフッド”の一員)
トーマス・ウールナー/  碧音斗和
(“プレ・ラファエライト・ブラザーフッド”の一員)
フレデリック・ジョージ・スティーブンス(フレッド)/世晴あさ
(“プレ・ラファエライト・ブラザーフッド”の一員)
  
ジョン・ラスキン/  ひろ香祐
(気鋭の評論家)
エフィ―・ラスキン/  瑠璃花夏
(ジョン・ラスキンの妻)
  
ジェイン・バーデン/  水乃ゆり
(オックスフォードの芝居小屋の女優)
  
マーガレット/  澪乃桜季
(酒場の女主人)
ケアリー/  羽玲有華
()
ダンテの幻影/  奏碧タケル
ベアトリーチェの幻影/  星咲希
    
  
  

星組「めぐり会いは再びng」
¥8,800 【送料無料!!】
  
関連記事
01:05 |  星組公演  |  EDIT  | 
2022.09.08.Thu

「小桜ほのか」

  
  
   
「小桜ほのか」(こざくら・ほのか)は、宝塚歌劇団星組の娘役。
5月6日生、東京都豊島区、日本女子大学附属高校出身。
身長162cm。血液型O型。
公式愛称は「ほのか」、「あいこ」、「のんちゃん」。非公式は「こざほ」
  
2011年4月、宝塚音楽学校入学。
2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は5番。雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
同期には帆純まひろ英かおと諏訪さき彩みちる野々花ひまり、OGに元月組トップ娘役美園さくら若草萌香桜良花嵐天瀬はつひらがいる。
2014年2月、組廻りを経て星組に配属。
2016年、北翔海莉・妃海風退団公演となる「桜華に舞え」で、新人公演初ヒロイン。
2017年、紅ゆずる・綺咲愛里大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、初エトワール。
2018年の「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」(梅芸・日本青年館・台湾公演)を、怪我のため全日程休演。
2019年の全ツ「アルジェの男」で、トリプルヒロインの1人アナ・ベル。
2020年の「シラノ・ド・ベルジュラック」(赤坂ACTシアター・DC公演)で、専科顧問の轟悠の相手役を務め、東上初ヒロイン。予定も、無念の東上ナッシング。
続く2021年の「ロミオとジュリエット」で2度目エトワール。
2022年の「ザ・ジェントル・ライアー」(バウホール・神奈川芸術劇場公演)で、再びトリプルヒロインの1人。も、無念のバウ公演ナッシング。
同年の「ベアタ・ベアトリクス」で、バウ初出演にして初ヒロイン。

 
ヅカ初観劇は2006年花組「ファントム」。きらきらしたオペラ座の世界と美しい音楽に憧れ、音校受験を決意。
学生時代は囲碁部に所属。祖父の家にあった碁盤と碁石に憧れて入部し、学校の行き帰りの電車の中でも定石の本を読むような変わった子だった。
憧れの上級生は桜乃彩音妃海風

  
■初舞台
2013年
4〜5月、雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」(宝塚大劇場のみ)
  
□組廻り
11〜2014年2月、雪組「Shall we ダンス?」「CONGRATULATIONS宝塚!!」
  
□星組時代
7〜10月、「The Lost Glory-美しき幻影-」「パッショネイト宝塚!」
11〜12月、「風と共に去りぬ」(全国ツアー)令嬢
2015年
2〜5月、「黒豹(くろひょう)の如(ごと)く」新公:サラ(本役:真衣ひなの)、セブンシーズ(本役:真彩希帆)「Dear DIAMOND!!」
6〜7月、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ)
8〜11月、「ガイズ&ドールズ」新公:ミミ(本役:綺咲愛里)
2016年
1月、「LOVE&DREAM」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
3〜6月、「こうもり」フローラ、新公:イーダ(本役:綺咲愛里)「THE ENTERTAINER!」
8〜11月、「桜華に舞え」太郎、新公:大谷吹優(本役:妃海風)「ロマンス!!(Romance)」 新人公演初ヒロイン
2017年
1月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(東京国際フォーラム)プリティ
3〜6月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」サリー、民衆、新公:マリー・グロショルツ(本役:有沙瞳) 初エトワール
7〜8月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(梅田芸術劇場)プリティ
9〜12月、「ベルリン、わが愛」エヴァ、新公:レーニ・リーフェンシュタール(本役:音波みのり)「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」
2018年
2月、「ドクトル・ジバゴ」(ドラマシティ・TBS赤坂ACTシアター)アントーニナ・アレクサンドロヴナ・グロメコ(トーニャ)
4〜7月、「ANOTHER WORLD」菊奴、新公:初音(本役:有沙瞳)「Killer Rouge(キラールージュ)」
8〜11月、「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge(キラールージュ)/星秀☆煌紅」(梅田芸術劇場・日本青年館・國家兩廳院國家戯劇院・高雄市文化中心至徳堂)
2019年
1〜3月、「霧深きエルベのほとり」エッダ、新公:マインラート夫人(本役:白妙なつ)「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」
5月、「アルジェの男」アナ・ベル「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」(全国ツアー)
7〜10月、「GOD OF STARS-食聖-」AI、新公:タン・ヤン(本役:有沙瞳)「Éclair Brillant(エクレールブリアン)」
11〜12月、「ロックオペラ モーツァルト」(梅田芸術劇場・東京建物Brillia HALL)アロイジア・ウェーバー
2020年
2〜3月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」瑛琳「Ray-星の光線-」(宝塚大劇場)
7〜9月、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」瑛琳「Ray-星の光線-」(東京宝塚劇場)
6〜7月、「シラノ・ド・ベルジュラック」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ)ロクサアヌ(マグドレエヌ・ロパン) 東上初ヒロイン
12月、「シラノ・ド・ベルジュラック」(ドラマシティ)ロクサアヌ(マグドレエヌ・ロパン) DCヒロイン
2021年
2〜5月、「ロミオとジュリエット」 エトワール
7月、「婆娑羅(ばさら)の玄孫(やしゃご)」(ドラマシティ・プレイハウス)麗々
9〜12月、「柳生忍法帖」お千絵「モアー・ダンディズム!」
2022年
2月、「ザ・ジェントル・ライアー〜英国的、紳士と淑女のゲーム〜」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)ガートルード・チルターン
4〜7月、「めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-」ジュディス「Gran Cantante(グランカンタンテ)!!」
9月、「ベアタ・ベアトリクス」(バウホール)リジー・シダル バウ初ヒロイン
11〜2023年2月、「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」ガンベダオバ「JAGUAR BEAT-ジャガービート-」
3〜4月、「Le Rouge et le Noir〜赤と黒〜」(ドラマシティ・日本青年館)ヴァルノ夫人
6〜8月、「1789-バスティーユの恋人たち-」
    
☆出演イベント
2014年10月、「演劇人祭 特別篇」(外部出演)
2015年11月、第6回「マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ」
2015年12月、タカラヅカスペシャル2015「New Century,Next Dream」(コーラス)
2016年7月、「宝塚巴里祭2016」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
2021年11月、愛月ひかるディナーショー「All for LOVE」
     
小桜ほのか 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
14:41 |  星組生徒  |  EDIT  | 
2022.09.10.Sat

「風間柚乃」

   
  
      
「風間柚乃」(かざま・ゆの)は、宝塚歌劇団月組の男役スター。
5月1日生、東京都品川区、青山学院高等部出身。
身長169cm。血液型B型。
公式愛称は「おだちん」、「ゆの」、「かざま」。非公式は「月組3番手」
  
2012年4月、宝塚音楽学校入学。
2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は9番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集100!!」で初舞台。
同期には現花組トップ娘役星風まどか聖乃あすか一之瀬航季極美慎桃歌雪希良々うみ天彩峰里、OGに元花組トップ娘役華優希音くり寿羽織夕夏桜庭舞らがいる。
同年、組廻り中の宙組「白夜の誓い」で早くも役付き。
2015年2月、組廻りを経て月組に配属。
2017年、珠城りょう・愛希れいか大劇場お披露目となる「グランドホテル」新人公演で、初演時にトップスター涼風真世が演じたオットー(本役:美弥るりか)。
2018年の「カンパニー」で新公初主演。
同年、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」で、ルドルフ役替わり。新公で大役ルキーニ(本役:月城かなと)。美弥フランツ休演時には本公演でも代役ルキーニ。
同年、阪急すみれ会パンジー賞の2018年度新人賞。
2019年、珠城りょう・美園さくら大劇場お披露目となる「夢現無双」で、2度目新公主演。宮本武蔵。月城かなと休演時には再び代役。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2018年度新人賞。
2021年の「LOVE AND ALL THAT JAZZ」でバウホール初主演。
同年10月より、珠城りょうの後任として聖乃あすか縣千極美慎風色日向らとダイキン「うるさらX」のCMキャラクター。
2022年、月城かなと・海乃美月大劇場お披露目となるショー「FULL SWING!」で、きよら羽龍白河りりと初トリプルエトワール。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2021年度アーティスト賞。

 
父はプロゴルファーの小達敏昭。伯母は夏目雅子、義伯母は田中好子
母の影響でヅカにひかれ、小6で宝塚入りを意識。
中2からバレエを始め、両親にヅカ志望を告げた。
ヅカ初観劇は、2007年月組「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」。
憧れの上級生は瀬奈じゅん

  
■初舞台
2014年
3〜6月、月組「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌-」「TAKARAZUKA花詩集100!!」
  
□組廻り
11〜2015年2月、宙組「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」王宮の侍従「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」
  
□月組時代
4〜7月、「1789-バスティーユの恋人たち-」
8〜9月、「A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION」(バウホール)ダニエル・オーギュスト
11〜2016年2月、「舞音-MANON-」新公:タン(本役:蓮つかさ)「GOLDEN JAZZ」
6〜9月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」忠三郎、新公:弥助(本役:貴澄隼人)「Forever LOVE!!」
10月、「FALSTAFF」(バウホール)エイブラハム、イングランド兵、仮面の男
10〜11月、「Bow Singing Workshop〜月〜」(バウホール)
2017年
1〜3月、「グランドホテル」地階の労働者、新公:オットー・クリンゲライン(本役:美弥るりか)「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
5月、「長崎しぐれ坂」あんぺ「カルーセル輪舞曲(ロンド)」(博多座)
7〜10月、「All for One」ジョルジュ、新公:ベルナルド(本役:月城かなと)
12月、「Arkadia-アルカディア-」(バウホール)カミーユ
2018年
2〜5月、「カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」舞台監督、新公:青柳誠二(本役:珠城りょう)「BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」 新人公演初主演
6〜7月、「THE LAST PARTY〜S.Fitzgerald's last day〜」(日本青年館・ドラマシティ)KAZAMA、公園の学生、記者
8〜11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」シュテファン・カロリィ ※蓮つかさと役替わり/ルドルフ ※暁千星と役替わり、新公・代役:ルイジ・ルキーニ(本役:月城かなと)
2019年
1月、「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」(東京国際フォーラム)オジー
3〜6月、「夢現無双」辻風黄平、代役:本位田又八(本役:月城かなと)、新公:新免武蔵(本役:珠城りょう)「クルンテープ 天使の都」 新人公演主演
7〜8月、「チェ・ゲバラ」(日本青年館・ドラマシティ)フィデル・カストロ
10〜12月、「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」フェリックス・モーザー、新公:エルフィー・シュラット(本役:光月るう)
2020年
2月、「出島小宇宙戦争」(ドラマシティ・東京建物Brillia HALL)シーボルト
9〜2021年1月、「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」ボリス・デュポン、新公:シャルル・ジドレール(本役:月城かなと)
2月、「ダル・レークの恋」(TBS赤坂ACTシアター)クリスナ
3月、「ダル・レークの恋」(ドラマシティ)ペペル、ヒンドゥーの神
5〜8月、「桜嵐記(おうらんき)」足利尊氏、新公:ある老年の男(本役:光月るう)「Dream Chaser」
10月、「LOVE AND ALL THAT JAZZ」(バウホール)ルーカス・ボルクマン バウ初主演
2022年
1〜3月、「今夜、ロマンス劇場で」山中伸太郎「FULL SWING!」 トリプルエトワール
5月、「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・ドラマシティ)リカルド
7〜10月、「グレート・ギャツビー」ニック・キャラウェイ
11〜12月、「ブラック・ジャック 危険な賭け」ケイン「FULL SWING!」(全国ツアー)
2023年
2〜4月、「応天の門」藤原基経「Deep Sea-海神たちのカルナバル-」
6月、「Death Takes a Holiday」(東急シアターオーブ)
 
☆出演イベント
2014年4月、宝塚歌劇100周年夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」(ドンブラココーラス)
2019年1月、「演劇人祭」(外部出演)
 
☆CM出演
2021年10月〜、ダイキン「うるさらX」
 
★受賞歴
2018年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
2019年、「宝塚歌劇団年度賞」2018年度新人賞
2022年、「宝塚歌劇団年度賞」2021年度アーティスト賞
      
風間柚乃 公式プロフィール
  
  
  

「宝塚1stフォトブック2022-2023」
風間柚乃
     
関連記事
00:14 |  月組生徒  |  EDIT  | 
2022.09.10.Sat

「一乃 凜」

   
 
    
「一乃 凜」(いちの・りん)は、宝塚歌劇団月組の娘役。
5月2日生、神奈川県横浜市、森村学園高等部出身。
身長160cm。血液型不明。
公式愛称は「ちの」、「しの」、「いちのり」。非公式は「歌唱専科」
  
2018年4月、宝塚音楽学校入学。
2020年3月、宝塚歌劇団に106期生として入団。入団時の成績は8番。月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」で初舞台。その後、月組に配属。
同期には華世京花妃舞音華純紗那らがいる。
2022年、月城かなと・海乃美月大劇場お披露目となる「今夜、ロマンス劇場で/FULL SWING!」を、怪我のため全日程休演。ショーのカゲソロは録音出演。
同年の「グレート・ギャツビー」で研3にして大劇場初エトワール。

  
■初舞台
2020年
9〜11月、月組「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」(宝塚大劇場)
 
□月組時代
11〜2021年1月、「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」(東京宝塚劇場) ※B日程のみ
5〜8月、「桜嵐記(おうらんき)」楠木正儀(少年)、新公:百姓の女(本役:天愛るりあ)、南朝の女房「Dream Chaser」
10月、「LOVE AND ALL THAT JAZZ」(バウホール)ドロシー、パリジェンヌ
2022年
1〜3月、「今夜、ロマンス劇場で」新公:栄子(本役:白河りり)「FULL SWING!」カゲソロ
5月、「Rain on Neptune」(舞浜アンフィシアター)アクアマリン
7〜8月、「グレート・ギャツビー」(宝塚大劇場)新公:ジャッキー(本役:妃純凛)
9〜10月、「グレート・ギャツビー」(東京宝塚劇場)新公:ジャッキー(本役:妃純凛)
11〜12月、「ELPIDIO(エルピディイオ)」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)
2023年
2〜4月、「応天の門」阿呼、新公:若き日の高子(本役:蘭世惠翔)「Deep Sea-海神たちのカルナバル-」
   
☆出演イベント
2023年6月、鳳月杏ディナーショー「Gemini」
  
一乃凜 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
00:19 |  月組生徒  |  EDIT  | 
2022.09.10.Sat

「天紫珠李」

   
 
     
「天紫珠李」(あまし・じゅり)は、宝塚歌劇団月組の娘役。
1月10日生、東京都世田谷区、玉川聖学院出身。
身長166cm。血液型A型。
公式愛称は「じゅり」。非公式は「ちゃぴの二番煎じ」、「進撃の巨人」
  
2013年4月、宝塚音楽学校入学。
2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として次席入団。月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で男役として初舞台。その後、月組に配属。
同期には彩音星凪礼華はる縣千碧海さりお鷹翔千空咲乃深音結愛かれん湖々さくら水音志保、OGに優美せりな星蘭ひとみらがいる。
次席入団の割に役に恵まれない時期が続いたが、2017年12月25日付で、男役から娘役へ転向。それに伴い、公式身長もちゃっかり3㎝マイナス。
2018年のバウホール公演「愛聖女」で、主演・愛希れいかの実質相手役。続く愛希れいか退団公演となる「エリザベート」で、マデレーネ。
2019年、珠城りょう・美園さくら大劇場お披露目となる「夢現無双」で、新人公演初ヒロイン。お通。続く「チェ・ゲバラ」(日本青年館・DC公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、東上初ヒロイン。
2021年の「幽霊刑事」でバウ初ヒロイン。トップ珠城りょうの相手役。
同年、阪急すみれ会パンジー賞の2021年度新人賞。
2022年の「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・DC公演)で、2度目東上ヒロイン。

    
ヅカ初観劇は3歳の時で、祖母に連れられて観た1999年雪組版「ノバ・ボサ・ノバ/再会」。幼いながら夢中で観たことを覚えている。
小6からクラシックバレエのレッスンを積み、高校生の時に柚希礼音の舞台姿に憧れて音校受験を決意した。
中学では家庭科部に所属。高校では当時憧れていた海外ドラマの影響でチアリーディング部に所属していた。

 
■初舞台
2015年
4〜6月、月組「1789-バスティーユの恋人たち-」(宝塚大劇場)
 
□月組男役時代
6〜7月、「1789-バスティーユの恋人たち-」(東京宝塚劇場)
8〜9月、「A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION」(バウホール)ジュリアン
11〜2016年2月、「舞音-MANON-」水の精霊、新公:モーリス・デュラン(本役:輝生かなで)「GOLDEN JAZZ」
6〜9月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」新公:佐々成政(本役:輝城みつる)「Forever LOVE!!」
10月、「FALSTAFF」(バウホール)
10〜11月、「Bow Singing Workshop〜月〜」(バウホール)
2017年
1〜3月、「グランドホテル」新公:ベルボーイ、バーテンダー(本役:佳城葵)「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
4〜5月、「瑠璃色の刻(とき)」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター)侍従
7〜10月、「All for One」新公:ジョルジュ(本役:風間柚乃)
 
□月組娘役時代
2018年
2〜5月、「カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」新公:有明紗良(本役:早乙女わかば)「BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」プリン
7月、「愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-」(バウホール)パメラ・シュヴァリー
8〜11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」マデレーネ(黒天使)、新公:ヘレネ(本役:叶羽時)
2019年
1月、「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」(東京国際フォーラム)ダイヤモンド・エディーズ・ガールS
3〜6月、「夢現無双」白い烏、小茶、新公:お通(本役:美園さくら)「クルンテープ 天使の都」 新人公演初ヒロイン
7〜8月、「チェ・ゲバラ」(日本青年館・ドラマシティ)アレイダ・マルチ 東上初ヒロイン
10〜12月、「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」アメリア、新公:ヘルタ・ヴァルトフォーゲル(本役:夏月都)、製菓部女(本役:佳城葵)
2020年
2月、「赤と黒」(御園座)マチルド
9〜2021年1月、「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」ミスタンゲット(ミス)
3月、「幽霊刑事(デカ)〜サヨナラする、その前に〜」(バウホール)森須磨子 バウ初ヒロイン
5〜8月、「桜嵐記(おうらんき)」中宮顕子、光明天皇、新公:ある老年の女(本役:夏月都)「Dream Chaser」
10〜11月、「川霧の橋」お組「Dream Chaser-新たな夢へ-」(博多座)
2022年
1〜3月、「今夜、ロマンス劇場で」吉川天音、雨霧、新公:ディアナ(本役:晴音アキ)「FULL SWING!」
5月、「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・ドラマシティ)イサベラ 東上ヒロイン
7〜10月、「グレート・ギャツビー」マートル・ウィルソン
11〜12月、「ブラック・ジャック 危険な賭け」ジョアン「FULL SWING!」(全国ツアー)
2023年
2〜4月、「応天の門」藤原高子「Deep Sea-海神たちのカルナバル-」
6月、「月の燈影(ほかげ)」(バウホール)
 
☆出演イベント
2017年11〜12月、宇月颯ミュージック・パフォーマンス「MOON SKIP」
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年1月、「演劇人祭」(外部出演)
 
★受賞歴
2021年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
  
天紫珠李 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
00:19 |  月組生徒  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT