2019.11.05.Tue

歌劇11月号

  

  
歌劇11月号の表紙は、花組27代目トップスター・明日海りお
  
先月に続き、今号はみりおサヨナラ特集号
 
明日海りおサヨナラ特集
サヨナラポートレート
サヨナラてい談 明日海りお×高翔みず希×芽吹幸奈
Fairy dreams~永遠に解けない魔法の時~(舞台写真)
恋するMillion Days(サヨナラ追跡)
サヨナラ袴ポートレート
花組宝塚大劇場公演千秋楽
Adieu/  城妃美伶
サヨナラ袴ポートレート/  芽吹幸奈&白姫あかり
カラーポート/轟悠&珠城りょう&音波みのり永久輝せあ暁千星
こんな日には/  美園さくら
RUNWAY/  彩風咲奈&月城かなと
マストアイテム!!/  鳳月杏&瀬央ゆりあ帆純まひろ風間柚乃
TAKARAZUKAニュース
                    
STAGE PHOTO
宙組宝塚バウホール公演「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」
宙組全国ツアー公演「追憶のバルセロナ」「NICE GUY!!」
花組宝塚大劇場新人公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」
            
STAGE INFORMATION
座談会「El Japón(エル ハポン)-イスパニアのサムライ-」「アクアヴィーテ(aquavitae)!!」(宙組宝塚大劇場公演)
座談会「ロックオペラ モーツァルト」(星組梅田芸術劇場公演)
てい談「龍の宮(たつのみや)物語』(星組宝塚バウホール公演)
楽屋取材「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」(花組宝塚大劇場公演)
   
明日海りおサヨナラ特集
明日海りおサヨナラショー(花組宝塚大劇場公演千秋楽)
麗しき花香る月下の夢(退団のご挨拶&主な舞台歴&明日海りおを送る言葉)
退団のご挨拶&主な舞台歴/  城妃美伶&芽吹幸奈
Talking to myself with…/  轟悠
MONTHLY MESSAGE
明日海りお&珠城りょう&望海風斗&礼真琴&真風涼帆
聞かせて!しょう/  彩凪翔
新宙組生紹介(105期生)
山吹ひばり&愛未サラ&聖叶亜&美星帆那&大路りせ&葵祐稀&泉堂成&明希翔せい
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/  千幸あき&蓮つかさ&真地佑果&桃堂純&桜音れい
「組レポ。」/和海しょう&白雪さち花&早花まこ&漣レイラ&松風輝
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/陽雪アリス&愛彩めあり&白姫あかり&乙羽映見
Back to…
  
楽屋日記
南音あきら from 花組「A Fairy Tale/シャルム!」
澄華あまね&紘希柚葉 from 星組「GOD OF STARS/エクレールブリアン」
夢風咲也花 from 宙組「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」
有愛きい from 宙組「NICE GUY!!」
    
  
     
    
「歌劇10月号」  「歌劇9月号」
      
関連記事
21:42 |  歌劇  |  EDIT  | 
2019.11.11.Mon

「永久輝せあ」

      
0  
    
「永久輝せあ」(とわき・せあ)は、宝塚歌劇団花組の男役スター。
8月8日生、東京都世田谷区、白百合学園高校出身。
身長170cm。血液型A型。
公式愛称は「ひとこ」。非公式は「とわきんぐ」、「とわきち」、「現VISAガール」
   
2009年4月、宝塚音楽学校首席入学。
2011年3月、宝塚歌劇団に97期生として入団。入団時の成績は6番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台。
同期には蓮つかさ綺城ひか理留依蒔世春妃うらら海乃美月、OGに城妃美伶らがいる。
2012年2月、組廻りを経て雪組に配属。
2015年、早霧せいな・咲妃みゆ大劇場お披露目となる「ルパン三世」で、新人公演初主演。
同年、エアウィーヴのCMキャラクターに、月城かなと星南のぞみ有沙瞳らと起用される。
2016年、「るろうに剣心」で2度目の新公主演。
同年、「私立探偵ケイレブ・ハント」で3度目の新公主演。
続く2017年、「New Wave!-雪-」で、月城かなとと共にバウホール初W主演。続く早霧せいな・咲妃みゆ退団公演となる「幕末太陽傳」で、4度目の新公主演。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2016年度新人賞を受賞。
2019年、「PR×PRince」(バウホール公演)で、バウ単独初主演。
同年11月11日付で、雪組から花組へ組替え。
同年11月25日より、明日海りおの後任として三井住友カードVJAグループの新イメージキャラクターに就任。

 
初めて観たヅカ作品は、中3の時、同級生にDVDを借りて観た06年雪組版「ベルサイユのばら-オスカル偏-」。
学生時代はダンス部に所属していた。
憧れの上級生は美弥るりか。
新人公演では計5回、早霧せいなの役を演じた。

   

  
■初舞台
2011年
4~5月、星組「ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-」「めぐり会いは再び-My only shinin' star-」(宝塚大劇場のみ)
 
□組廻り
6~9月、花組「ファントム」団員男
11~2012年2月、星組「オーシャンズ11」
 
□雪組時代
3~5月、「ドン・カルロス」新公:デュアルテ(本役:煌羽レオ)「Shining Rhythm!」
7~8月、「フットルース」(梅田芸術劇場・博多座)
10~12月、「JIN-仁-」翔和輝衛門、新公:千吉(本役:夢乃聖夏)「GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-」
2013年
2月、「若き日の唄は忘れじ」北村「Shining Rhythm!-新たなる誕生-」(中日劇場)
4~7月、「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」小公子、新公:アラン(本役:彩風咲奈)
8~9月、「春雷」(バウホール)ヤン
11~2014年2月、「Shall we ダンス?」ダンサー(男)、新公:レオン(本役:彩風咲奈)「CONGRATULATIONS宝塚!!」
3~4月、「心中・恋の大和路」(シアタードラマシティ・日本青年館)庄介
6~8月、「一夢庵風流記 前田慶次」新公:奥村助右衛門(本役:早霧せいな)「My Dream TAKARAZUKA」
10~11月、「パルムの僧院-美しき愛の囚人-」(バウホール)クレサンジ公爵
2015年
1~3月、「ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-」バルナーヴ、新公:ルパン三世(本役:早霧せいな)「ファンシー・ガイ!」 新人公演初主演
5~6月、「アル・カポネ-スカーフェイスに秘められた真実-」(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)ベン・ヘクト
7~10月、「星逢一夜(ほしあいひとよ)」汐太、新公:源太(本役:望海風斗)「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」
11~12月、「哀しみのコルドバ」フェリーペ・マルティン「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」(全国ツアー)
2016年
2~5月、「るろうに剣心」剣心の影、池田小三郎、新公:緋村剣心(本役:早霧せいな) 新人公演主演
6~7月、「ドン・ジュアン」(KAAT神奈川芸術劇場・シアタードラマシティ)ラファエル
7月、「Bow Singing Workshop~雪~」(バウホール)
10~12月、「私立探偵ケイレブ・ハント」ライアン、新公:ケイレブ・ハント(本役:早霧せいな)「Greatest HITS!」 新人公演主演
2017年
2月、「New Wave!-雪-」(バウホール) バウW主演
4~7月、「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」倉造息子清七、代役:息子徳三郎(本役:彩風咲奈)、新公:居残り佐平次(本役:早霧せいな)「Dramatic “S”!」 新人公演主演
8~9月、「CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…」(日本青年館・シアタードラマシティ)シリル
11~2018年2月、「ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」フィリップ・ル・バ、新公:カミーユ・デムーラン(本役:沙央くらま)「SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」  
3~4月、「義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)」(バウホール)ヨリトモ
6~9月、「凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-」ローゼンフェルト「Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~」
11~2019年2月、「ファントム」セルジョ、若かりし頃のキャリエール
3~4月、「PR×PRince」(バウホール)ヴィクトル バウ主演
5~9月、「壬生義士伝」沖田総司「Music Revolution!」
10~11月、「はばたけ黄金の翼よ」ジュリオ・デル・カンポ「Music Revolution!」(全国ツアー)
 
□花組時代
2020年
1月、「DANCE OLYMPIA-Welcome to 2020-」(東京国際フォーラム)
4~6月、「はいからさんが通る」高屋敷要
     
☆出演イベント
2013年9月、早霧せいなディナーショー「SS」
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年5月、「凱旋門」前夜祭
2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、「タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-」
  
☆TV出演
2019年7月、CX「2019FNSうたの夏まつり」
  
☆広告・CM出演
2015年4~9月、エアウィ―ヴ
2019年11月~、三井住友カードVJAグループ
 
★受賞歴
2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度新人賞
   
永久輝せあ 公式プロフィール
   
   
   
     
関連記事
21:19 |  花組生徒  |  EDIT  | 
2019.11.13.Wed

「朝月希和」

      
  
    
「朝月希和」(あさづき・きわ)は、宝塚歌劇団花組の娘役スター。
1月6日生、東京都世田谷区、昭和女子大学附属昭和高校出身。
身長163cm。血液型B型。
公式愛称は「ひらめ」、「きわ」。非公式は「化粧美人」、「黒づきんちゃん」
  
2008年4月、宝塚音楽学校入学。
2010年3月、宝塚歌劇団に96期生として入団。入団時の成績は23番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台。その後、花組に配属。
同期には優波慧夢奈瑠音和希そら紫藤りゅう瀬戸花まり、OGに元花組トップ娘役花乃まりあ、元雪組トップ娘役咲妃みゆ、元星組トップ娘役綺咲愛里叶羽時夢華あみらがいる。
2013年、「愛と革命の詩」で新人公演初ヒロイン。
2015年、「新源氏物語」で2度目の新公ヒロイン。
2017年、「MY HERO」(赤坂ACTシアター・DC公演)で、音くり寿と共に東上初Wヒロイン。続く明日海りお・仙名彩世大劇場お披露目となるショー「Santé!!」で、同期の乙羽映見・更紗那知とトリプルエトワールに抜擢。
同年8月28日付で、花組から雪組へと組替え。
2019年11月11日付で、雪組から古巣の花組へ再び組替え。
2020年、「マスカレード・ホテル」(DC・日本青年館公演)で、東上単独初ヒロイン。

 
ヅカ初観劇は月組公演「螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ」。
学生時代はフルートに憧れ、吹奏楽部に所属していた。
将来の夢に迷った際、母に連れられヅカを観劇。自分もこの舞台で一緒に踊りたいと音校受験を決意。
憧れの上級生は実咲凜音と野々すみ花。
愛称の「ひらめ」は音校時代に同期から「魚顔だから」とつけられた。
 
  
■初舞台
2010年
4~5月、月組「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」(宝塚大劇場のみ)
 
□花組時代
7~10月、「麗しのサブリナ」「EXCITER!!」
2011年
2~4月、「愛のプレリュード」「Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-」
6~9月、「ファントム」団員女、新公:幼いエリック(本役:実咲凜音)
10~11月、「カナリア」(シアタードラマシティ・日本青年館)
2012年
1~3月、「復活-恋が終わり、愛が残った-」「カノン-Our Melody-」
5月、「近松・恋の道行」(バウホール・日本青年館)おせん
7~10月、「サン=テグジュペリ-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-」新公:ポーレット(本役:桜咲彩花)「CONGA(コンガ)!!」
11~12月、蘭寿とむコンサート「Streak of Light-一筋の光…-」(日本青年館・シアタードラマシティ)
2013年
2~5月、「オーシャンズ11」新公:エメラルド(3ジュエルズ)(本役:仙名彩世)
6月、「フォーエバー・ガーシュイン-五線譜に描く夢-」(バウホール)モーリン、Note
8~11月、「愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-」ユディット、新公:マッダレーナ・ド・コワニー(本役:蘭乃はな)「Mr. Swing!」 新人公演初ヒロイン
12月、「New Wave!-花-」(バウホール)
2014年
2~5月、「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」新公:セシリア・ブレーディ(本役:桜咲彩花)「TAKARAZUKA∞夢眩」 
6~7月、「ノクターン-遠い夏の日の記憶-」(バウホール)ソフィア 
8~11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」女官、新公:黒天使 
2015年
1月、「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」(シアタードラマシティ・日本青年館)湯女のきわ
3~6月、「カリスタの海に抱かれて」新公:イザベラ・ブリエンヌ(本役:仙名彩世)「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」
7~8月、「スターダム」(バウホール)ジェラルディン
10~12月、「新源氏物語」女三の宮、新公:藤壺の女御(本役:花乃まりあ)「Melodia-熱く美しき旋律-」 新人公演ヒロイン
2016年
4~7月、「ME AND MY GIRL」新公:ランベス・クイーン(本役:鳳月杏・水美舞斗)、夜の女(本役:新菜かほ) 
8月、「Bow Singing Workshop~花~」(バウホール)
9月、「アイラブアインシュタイン」(バウホール)ヨハン 
11~2017年2月、「雪華抄(せっかしょう)」「金色(こんじき)の砂漠」砂の女、新公:第二王女ビルマーヤ(本役:桜咲彩花)
3~4月、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)クロエ・スペンサー 東上Wヒロイン  
6~8月、「邪馬台国の風」トヨ「Santé!!~最高級ワインをあなたに~」 トリプルエトワール
 
□雪組時代
11~2018年2月、「ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」ガブリエル・ダントン「SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」
3~4月、「誠の群像-新選組流亡記-」明里「SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」(全国ツアー)
6~9月、「凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-」ルート・ゴールドベルク夫人「Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~」
11~2019年2月、「ファントム」ベラドーヴァ、レミー、マリアの影
3~4月、「20世紀号に乗って」(東急シアターオーブ)ヒラリー
5~9月、「壬生義士伝」みつ「Music Revolution!」
10~11月、「はばたけ黄金の翼よ」ロドミア・ルッカ「Music Revolution!」(全国ツアー)
 
□花組時代
2020年
1月、「マスカレード・ホテル」(シアタードラマシティ・日本青年館)山岸尚美 東上ヒロイン
4~6月、「はいからさんが通る」花乃屋吉次
    
☆出演イベント
2011年5月、壮一帆ディナーショー「Bright-ブライト-」
2011年11月、第51回「宝塚舞踊会」
2013年6~7月、「宝塚巴里祭2013-la chanson de paris 99-」
2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
2016年2月、第7回「マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ」
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年5月、「凱旋門」前夜祭
2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、「タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-」
 
☆TV出演
2014年1月、CX「SMAP×SMAP」スマ進ハイスクール
2019年7月、CX「2019FNSうたの夏まつり」
    
朝月希和 公式プロフィール
宝塚音楽学校96期裁判について
   
   
   
     
関連記事
22:04 |  花組生徒  |  EDIT  | 
2019.11.15.Fri

「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」ポスターアップ

       

           
             望海風斗×真彩希帆
 
ミュージカル
「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」
脚本・演出/小池修一郎
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は、1984年に公開された、セルジオ・レオーネ監督によるギャング映画。
凄まじい勢いで変貌を遂げる20世紀のアメリカ社会を背景に、主人公の少年期、青年期、初老期という3つの時間軸を交差させる緻密な構成、サスペンス的な要素も織り交ぜたドラマティックな展開が熱狂的ファンを生んだ傑作です。
数多のミュージカル作品を生み出してきた小池修一郎の脚本・演出により、確かな実力を備えた望海風斗を中心とした雪組が、この作品の世界初のミュージカル化に挑みます。
ニューヨークの貧民街で暮らす移民の少年達が、ギャングとして成りあがって行く過程で育む友情と絆、恋を中心に、その後の悲劇的顛末までをノスタルジックな情感で描き上げる、新たなミュージカル作品の誕生にご期待ください。

1920年代のアメリカ、ニューヨーク。
マンハッタン島東南の場末であるローワー・イーストサイドには、成功を夢見て新大陸アメリカに渡ったユダヤ移民が多く暮らしていたが、彼らにとってアメリカでの暮らしは苦しく、容易に陽の当たる場所に出ていけない現実が続いていた。
そんなユダヤ移民の子の一人であるヌードルスも、幼い頃から罪に手を染める以外に生きる術がなく、コックアイパッツィードミニクらと共に、酔っ払いの懐を狙って日銭を稼ぐ日々を送っていた。
そんなヌードルスが恋焦がれていたのは、仲間内では数少ない正業についているファット・モーの妹デボラで、女優になりユダヤで初めての皇后になってみせると夢見るデボラは、なんとしてもこの場所から抜け出し成功者に、皇帝になろうとの野心を抱くヌードルスにとって、共に大望を抱く者としての共感と、夢の象徴のような存在だった。
ある日、いつものように街角で、往来の男から高価な懐中時計を掠め取ったヌードルスたちだったが、警官に見とがめられ、あわや逮捕されかかる。
その窮地を咄嗟の機転で救ったのが、この町に越してきたばかりだというマックスだった。
意気投合した彼らは、マックスの大胆な計画で、禁酒法時代真っただ中のアメリカ社会を逆手に取り、密造酒の運び屋として一気に裏社会での活路を広げていく。
だが、そのことが同じ仕事で儲けていたバグジーの恨みを買い、ついに衝突した彼らの争いからドミニクがバグジーに殺され、激昂したヌードルスはバグジーと共に止めに入った警官も刺殺してしまう。
少年鑑別所から刑務所へと送られたヌードルスが刑期を務めている間に、1929年ウォール街の株大暴落から、狂騒の20年代はあっけなく終わりを告げる。
この間にも、仲間たちは結束を緩めず、酒の密売で大儲けをしたマックスは、スピークイージー(潜り酒場)を経営する暗黒街の顔役の一人となり、店の歌姫キャロルを恋人に、更に野心を膨らませていた。
ようやく刑期を終え、そんな彼らに迎えられたヌードルスはデボラと再会。
今や、マンハッタンの最上階にある劇場でショースターとして活躍しているデボラは、幼い頃に夢見たように真っ当な道で皇帝と皇后になろうと、ヌードルスにマックスたちの仕事に関わらないで欲しいと願うが、自分の帰りを待っていてくれた仲間たちを裏切ることなど、ヌードルスにできるはずもなかった。
やがて「アポカリプス(黙示録)の四騎士」と呼ばれるようになったヌードルスたちは、次々と危険な仕事に手を染め、全米運送者組合に属するジミーの依頼を受けて、労働争議に介入するなどして、大金を手にしていく。
その過程で、ヌードルスはこの資金を元手に真っ当なビジネスをはじめるから、自分の皇后になって欲しいとデボラに乞うが…。

 

 
ダイキホ大劇場5作目、イケコと初タッグ。
アーサ久々の女役。  
  
ハイ
主な配役
<1922年・ニューヨーク>
デイヴィッド・ヌードルス・アーロンソン望海風斗
(ローワー・イーストサイド出身。ユダヤ系移民の子として生まれ、ギャングとして成りあがっていく)
デボラ/  真彩希帆
(ローワー・イーストサイド出身。ブロードウェイ、ハリウッドで活躍する女優を目指す)
ファット・モー/  橘幸
(デボラの兄)
マックス/  彩風咲奈
(ヌードルスの幼馴染)
コックアイ/  真那春人
(ヌードルスの幼馴染)
パッツィー/  縣千
(ヌードルスの幼馴染)
ドミニク/  彩海せら
(ヌードルスの幼馴染)
バグジー/  諏訪さき
(ヌードルス達を敵対視するギャング)
シュワルツ/  真地佑果
(ヌードルス達に窃盗に遭う)
アシモフ/  天月翼
(警官)
   
シュタイン/  舞咲りん
(バレエ教師)
ニック/  綾凰華
(バレエ教室のピアノ伴奏)
ペギー/  愛すみれ
(バレエ教室の生徒)
タチアナ/  野々花ひまり
(バレエ教室の生徒)
ナタリー/  希良々うみ
(バレエ教室の生徒)
ドリス/  羽織夕夏
(バレエ教室の生徒)
エミリー/  潤花
(バレエ教室の生徒)
バーバラ/  花束ゆめ
(バレエ教室の生徒)
  
<1930~1933年・ニューヨーク他>
ヌードルス/  望海風斗
(少年時代に服役した暗い過去を持つ)
コックアイ/  真那春人
(ヌードルスの幼馴染。ギャング仲間)
パッツィー/  縣千
(ヌードルスの幼馴染。ギャング仲間)
マックス/  彩風咲奈
(ヌードルスの幼馴染。暗黒街の若き顔役の一人)
キャロル/  朝美絢
(潜り酒場、クラブ・インフェルノのショースター)
ファット・モー/  橘幸
(クラブ・インフェルノの支配人。デボラの兄)
ペギー/  愛すみれ
(かつてのバレエ教室の生徒。ガールズの差配役)
タチアナ/  野々花ひまり
(ガールズ)
ナタリー/  希良々うみ
(ガールズ)
ドリス/  羽織夕夏
(ガールズ)
エミリー/  潤花
(ガールズ)
バーバラ/  花束ゆめ
(ガールズ)
  
デボラ/  真彩希帆
(ブロードウェイのミュージカルスター)
ニック/  綾凰華
(作曲家。デボラの仕事仲間)
Angel/  笙乃茅桜
(デボラ主演舞台のキャスト)
サム/  煌羽レオ
(ハリウッドのプロデューサー)
司会者/  千風カレン
ベティ/  星南のぞみ
(新人女優)
 
ジミー/  彩凪翔
(全米運送者組合に属する労働者)
社長/  透真かずき
(トラック操車会社を経営する会社社長)
アン/  千風カレン
(社長秘書)
専務/  真地佑果
チャン・ラオ/  天月翼
 
フランキー/  桜路薫
(イタリアン・マフィア。マノルディ一家のボス)
ミッキー/  叶ゆうり
(フランキーの手下)
ダニー/  諏訪さき
(フランキーの手下)
トニー/  眞ノ宮るい
(フランキーの手下)
ジョー/  叶ゆうり
(フランキーの仕事仲間)
宝石店店主/  久城あす
(デトロイトの宝石店店主)
ジュリー/  杏野このみ
(宝石店店主の妻)
アイエロ警部/  真地佑果
(ニューヨーク市警察の警部)
 
ハバナの女S/  沙月愛奈
(ハバナ祭りのパフォーマー)
エヴァ/  彩みちる
(マイアミでヌードルスと知り合う女性)
  
<1958年・ニューヨーク>
ヌードルス/  望海風斗
(名前を変え、別人として生きている)
デボラ/  真彩希帆
(一線を退いたハリウッド女優)
ファット・モー/  奏乃はると
(ローワー・イーストサイドでダイナーを営むヌードルスの幼馴染。デボラの兄)
ジミー/  彩凪翔
(全米運送者組合に属する労働者)
  
ベイリー長官
(商務長官)
執事/  透真かずき
(ベイリー邸の執事)
院長/  早花まこ・妃華ゆきの
(ベイリー財団サナトリウムの院長)
キャロル/  朝美絢
(かつてのクラブ・インフェルノのショースター)
  
   
  
              
雪組「ワンスアポンアタイムインアメリカ」 雪組「ワンスアポンアタイムインアメリカ」
¥11,000 Blu-ray    2020年2月号
         
関連記事
23:27 |  雪組公演  |  EDIT  | 
2019.11.17.Sun

「2020年宝塚スターカレンダー」発売

        

   
「2020年宝塚スターカレンダー」
2020年版スタカレの表紙は、昨年に引き続き娘役2人、
花組新トップ娘役・華優希×星組新トップ娘役・舞空瞳
      
気になる各スターの掲載月は…
 
表紙/  華優希 ×舞空瞳
1月/  真風涼帆
2月/  礼真琴
3月/  真彩希帆
4月/  柚香光
5月/  愛月ひかる ×美園さくら
6月/  轟悠
7月/  瀬戸かずや ×星風まどか
8月/  望海風斗
9月/  月城かなと
10月/  芹香斗亜
11月/  彩風咲奈
12月/  珠城りょう
 
こんな感じに。
昨年と大幅に入れ替わり、
明日海・仙名・美弥・紅・綺咲の退団者5名が消えて、
華・瀬戸・月城・舞空・愛月の昇格組5名がランクイン。
      
組ごと分別は…
専科 → 轟悠
花組柚香光華優希瀬戸かずや
月組 → 珠城りょう・美園さくら月城かなと
雪組 → 望海風斗・真彩希帆・彩風咲奈
星組礼真琴舞空瞳愛月ひかる
宙組 → 真風涼帆・星風まどか・芹香斗亜
  
掲載月を見てみると…
やはり変化がありそうなのは雪。
ダイキホとりあえず来年2作目で解散確定、か。
彩風くん掲載月の11月がトップお披露目公演になるのでせう。
逆に変化が無さそうなのが月。
たまさく今年も連投します
月城くん掲載月の9月あたりに…もしかすると2番手全ツ主演あるかも…。
  
   
   
           
「宝塚卓上カレンダー2020」  「宝塚ステージカレンダー2020」
         
関連記事
23:47 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2019.11.19.Tue

「2020年宝塚卓上カレンダー」発売

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
19:14 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2019.11.21.Thu

宝塚GRAPH12月号

   

   
グラフ12月号の表紙は、次期花組トップスター・柚香光×月組トップ娘役・美園さくら
        
IDEAL/  礼真琴
poupé/  星風まどか
ふらっと/  月城かなと×暁千星
Salut!/  綾凰華聖乃あすか
Darling/  潤花夢白あや
ANOTHER STAGE/  月組「I AM FROM AUSTRIA」
ようこそ!宙組デパートへ
BEYOND/  水美舞斗桜木みなと
麗花咲く/  華優希
宙組全国ツアー公演ルポ/  レポーター七生眞希
#InstaGRAPH/  芹香斗亜&永久輝せあ海乃美月飛龍つかさ
ツーと言えばカーなのサ逆襲編
SPECIAL PORTRAIT/  月城かなと
波瀾爆笑!?我が人生/  留依蒔世
TOPICS/雪組大劇場公演「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」制作発表会
TOPICS/  明日海りおラストデイ in 宝塚
PICK UP INTERVIEW/  叶羽時
To The Future/  都姫ここ
            
STAGE
月組大劇場公演「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」
雪組全国ツアー公演「はばたけ黄金の翼よ」「Music Revolution!」
雪組KAAT神奈川芸術劇場公演「ハリウッド・ゴシップ」
美穂圭子サロンコンサート「Dramatic Rose!!~あなたがいたから~」
花組新人公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」
     
グラフ2019年版の表紙を飾ったスター達は…
真風→理事→芹香・仙名→美弥→礼・真彩→望海→月城・星風→彩風・綺咲→珠城→紅→明日海→柚香・美園となり、
並び変えると
轟・明日海・仙名・柚香・珠城・美園・美弥・月城・望海・真彩・彩風・紅・綺咲・礼・真風・星風・芹香の17名が登場。
華たんだけ登板できず…。
    
  
     
      
「宝塚グラフ11月号」  「宝塚グラフ10月号」
   
関連記事
21:39 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2019.11.23.Sat

「2020年宝塚ステージカレンダー」発売

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
15:05 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT