2019.03.06.Wed

歌劇3月号

 

 
歌劇3月号の表紙は、月組2番手スター・美弥るりか
通算3度目にして、これが最期の歌劇表紙。
トップと2番手のみが掲載を許される歌劇表紙。
トップにならず(なれず)に2番手のまま表紙卒業するのは、近年では彩吹真央以来か。。
   
カラーポート/真風涼帆&柚香光&瀬戸かずや&桜木みなと天彩峰里
こんな日には/  星風まどか
月組新トップコンビ特別対談/  珠城りょう×美園さくら
Danke schon!/  七海ひろき
サヨナラ袴ポート/  瀬稀ゆりと
マストアイテム!!/麻央侑希&水美舞斗&蓮つかさ&瑠風輝
TAKARAZUKAニュース
Back to…
                 
STAGE PHOTO
月組宝塚バウホール公演「アンナ・カレーニナ」
専科宝塚バウホール公演「パパ・アイ・ラブ・ユー」
星組宝塚大劇場新人公演「霧深きエルベのほとり」
    
STAGE INFORMATION
座談会「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」(月組宝塚大劇場公演)
てい談「PR×PRince」(雪組宝塚バウホール公演)
てい談「20世紀号に乗って」(雪組東急シアターオーブ公演)
楽屋取材「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~」(星組宝塚大劇場公演)
    
紅ゆずる退団発表記者会見
綺咲愛里退団発表記者会見
Talking to myself with…/  轟悠
MONTHLY MESSAGE
明日海りお&珠城りょう&望海風斗&紅ゆずる&真風涼帆
あの5(こ)ろ その5(こ)ろ/  明日海りお
Hits Now/  芹香斗亜
聞かせて!あーさ/  朝美絢
退団のご挨拶&主な舞台歴&七海ひろきを送る言葉/七海ひろき
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/水美舞斗&月城かなと永久輝せあ音波みのり&星風まどか
「組レポ。」/和海しょう&白雪さち花&早花まこ&漣レイラ&松風輝
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/  瀬稀ゆりと&華鳥礼良&天翔さくら
宮城野由美子さん、逝去
  
楽屋日記
草薙稀月 from 星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」
羽織夕夏 from 雪組「ファントム」
蘭世惠翔 from 月組「アンナ・カレーニナ」
澄風なぎ from 専科「パパ・アイ・ラブ・ユー」
彩路ゆりか from 月組「ON THE TOWN」
  
  
  
    
「歌劇2月号」  「歌劇1月号」
     
関連記事
22:26 |  歌劇  |  EDIT  | 
2019.03.12.Tue

「さゆみし、花男やめるってよ」

 
花組CASANOVAが無事ムラ千秋楽を迎え、恒例の千秋楽翌日に、花組トップスター・明日海りおの退団が発表に。
 
さゆみし、花男やめるってよ
 
次期娘1が発表になった時点で、もしかしてみりおは2020年まで在団するのかも…と思うていたけど、結局大方の予想通り、現娘1・仙名はんを見送って、1作のみ新しい相方と組んで退団へ、と。
 
    
 
泣くほどつらいか…
 
みりおは2003年初舞台の89期生
月組配属後、新公主演4回、バウ主演3回、東上主演1回を経て、月組トップ龍真咲の下で異例の準トップとなり、大劇場2作をトップと役替わり主演。
その後花組に異動し、ランとむの下で2番手(準トップ?)となり、花組トップスターに就任。
そこから5年…。
研12でトップ就任し、研17で退団。
大劇場では実に10作主演し、準トップ時代も入れると12作に。
任期は5年半越え。
花組の先輩・春野寿美礼をわずかに越え、近年のトップスターでは
・和央ようか(6年2ヶ月)
・柚希礼音 (6年)

に次ぐ長期政権を記録。
相手役は、月組時代の後輩・ランはなから始まり、かのまりセンナさーん!お華さまと何と4人も交代し、嫁取っ替え引っ替えしすぎでこれまた新記録樹立。
みりおは人気はあったのかもしれんが、演目と相手役に恵まれなかった印象だな…。
と言いつつ、9作連続大劇場稼働率100%越え達成て、スゲーな…
  
で恒例の次期トップスター予想。
ていうか何をどう考えても、柚カレー一択でしょう。
柚カレーも実力・人柄・いろいろ問題点が多いジェンヌではありますが、この先何年経験積ませてもそれらが向上するとはとても思えず…。
だったら早いとこトップにして、短期で人気をかっさらって次に繋いでくれたほうが本人的にも良いような…。
相手役は華優希たんで、はいからさんコンビの誕生、か。
 
そして、89期の明暗は続く。
七海の兄さんは3番手羽根背負って退団、月みやるりは悲劇の2番手斬り退団、宙せーこも次オーシャンズで退団、雪沙月愛奈あたりも次の大劇場で辞めそうな予感…。
路線で残ってるのは雪トップだいもんと専科カチャのみか。
だいもんは当面はトップ継続、カチャは意地でも辞めなそう…
この2人、次の雪大劇場で共演するけど、どうなるのか…。
ま89期から3人目のトップ誕生は、まず無いでしょうな。
 
そして気になる花組の新体制。
みりおが退団、アン鳳月が組替え、そして柚カレーがトップ就任するとして…
 柚香光   (研11)
 瀬戸かずや (研16)
 水美舞斗  (研11)
 U波K    (研10)
 綺城ひか理 (研9)
 飛龍つかさ (研8)
 帆純まひろ (研7)
 聖乃あすか (研6)
こんな並びに。
まさかのセトパンが2番手
まぁなったとしても正2番手じゃなく、次が昇格するまでの繋ぎの2番手になりそう…。
学年も上やしね。
そうすっとマイティ水美が柚カレー政権では、路線上の2番手か
次期星もこっさんトップ×瀬ウォッチ2番手で売り出しそうやし、いずれにしても95期の躍進から目が離せないっ
 
ハイ本日の結論。
2019年、89期はスター退団ラッシュ、95期はトップ就任ラッシュ。
  
さあて、次期VISAガールは誰になるんだろう…。
 
 
 
 
関連記事
23:25 |  花組生徒  |  EDIT  | 
2019.03.16.Sat

「鷹翔千空」

  
  
  
「鷹翔千空」(たかと・ちあき)は、宝塚歌劇団宙組の男役スター。
5月18日生、滋賀県草津市、県立東大津高校出身。
身長175cm。血液型A型。
公式愛称は「こってぃ」。非公式は「もう一人のこっさん」
  
2013年4月、宝塚音楽学校入学。
2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として首席入団。月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で初舞台。その後、宙組に配属。
同期には礼華はる彩音星凪縣千碧海さりお天紫珠李結愛かれん湖々さくら星蘭ひとみ、OGに優美せりならがいる。
同年9月、NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」に出演。
2016年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される。
同年、「エリザベート」新人公演で、大役ルドルフ(本役:澄輝さやと・蒼羽りく・桜木みなと)に抜擢。
2018年、真風涼帆・星風まどか大劇場お披露目となる「天(そら)は赤い河のほとり」で、新公初主演。
2019年、「オーシャンズ11」で2度目の新公主演。

    
幼い頃からバレエを習っていて、将来は舞台に立つ仕事をしたいと考えていた。
ヅカ初観劇は中学生の時で、2008年星組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」。舞台のエネルギーが2階席にまで届くのを感じ、「ここに入りたい」と強く思うようになる。3度目の受験で音校合格を果たした。
学生時代は新体操部に所属していた。
憧れの上級生は湖月わたる。

 
■初舞台
2015年
4~6月、月組「1789-バスティーユの恋人たち-」(宝塚大劇場のみ)
 
□宙組時代
8月、専科「オイディプス王」(バウホール)コロス
10~11月、「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-」「シトラスの風Ⅲ」(全国ツアー)
2016年
1~3月、「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」新公:五月祭の男、一座の男[ブルータス]「HOT EYES!!」
5月、「ヴァンパイア・サクセション」(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)
6月、「Bow Singing Workshop~宙~」(バウホール)
7~10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」新公:ルドルフ(本役:澄輝さやと・蒼羽りく・桜木みなと)
2017年
2~4月、「王妃の館-Château de la Reine-」新公:ルイ14世(本役:真風涼帆)「VIVA! FESTA!」
6月、「パーシャルタイムトラベル 時空の果てに」(バウホール)中世の男
8~11月、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」近衛騎兵将校、新公:フェリックス・ユスポフ(本役:真風涼帆)「クラシカルビジュー」
2018年
1月、「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム)ジェッツの男
3~6月、「天(そら)は赤い河のほとり」マッティワザ(少年時代)、ミタンニ兵、新公:カイル・ムルシリ(本役:真風涼帆)「シトラスの風-Sunrise-」 新人公演初主演
8月、「ハッスルメイツ!」(バウホール)
10~12月、「白鷺(しらさぎ)の城(しろ)」「異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-」新公:ペルジーノ(本役:澄輝さやと)
2019年
2~3月、「群盗-Die Räuber-」(シアタードラマシティ・日本青年館)ヴァールハイト
4~7月、「オーシャンズ11」ターク・モロイ、新公:ダニー・オーシャン(本役:真風涼帆) 新人公演主演
9月、「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」(バウホール)パーシー・グレイブス
11~2020年2月、「El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ-」九郎右衛門、新公:エリアス(本役:桜木みなと)「アクアヴィーテ(aquavitae)!!~生命の水~」
4月、「壮麗帝」(シアタードラマシティ)アフメト
6~8月、「アナスタシア」
 
☆出演イベント
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」(コーラス)
2018年2月、「宙組誕生20周年記念イベント」
2019年7月、「宝塚巴里祭2019」
 
☆TV出演
2015年9月、NHK「経世済民の男 小林一三」後編-宝塚歌劇団団員役
 
鷹翔千空 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
02:39 |  宙組生徒  |  EDIT  | 
2019.03.20.Wed

宝塚GRAPH4月号

  

  
グラフ4月号の表紙は、月組2番手スター・美弥るりかなう。
久々に来た、2番手の単独表紙。
今号はみやるりサヨナラ特集、ではなく、仙名さーん!のサヨナラ特集号なう。
   
IDEAL/  望海風斗
仙名彩世サヨナラ特集
STAGE HISTORY
サヨナラ対談/  仙名彩世×明日海りお
LAST PORTRAIT
ふらっと/  柚香光×鳳月杏
Salut!/  飛龍つかさ極美慎
Darling/  彩みちる
The Costume/  明日海りお&仙名彩世 from CASANOVA
ANOTHER STAGE/  花組「CASANOVA」
スター通信/明日海りお&珠城りょう&望海風斗&紅ゆずる&真風涼帆
SPECIAL PORTRAIT/  紅ゆずる
波瀾爆笑!?我が人生/  夢奈瑠音
トークDX/紅ゆずる×礼真琴 from 霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS
麗花咲く/  海乃美月
月組東京国際フォーラムホールC公演ルポ/レポーター晴音アキ
#InstaGRAPH/  彩風咲奈&綺城ひか理&瑠風輝星蘭ひとみ
TOPICS/  専科・凪七瑠海と月組生、「演劇人祭」に出演
TOPICS/  紅ゆずる退団発表記者会見
TOPICS/  綺咲愛里退団発表記者会見
       
STAGE
花組大劇場公演「CASANOVA」
宙組博多座公演「黒い瞳」「VIVA!FESTA! in HAKATA」
専科バウホール公演「パパ・アイ・ラブ・ユー」
星組新人公演「霧深きエルベのほとり」
   
     
    
       
「宝塚グラフ3月号」  「宝塚グラフ2月号」
   
関連記事
21:02 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2019.03.22.Fri

「アルジェの男」ポスターアップ

  

  
            礼真琴(研11)
   
ミュージカル・ロマン「アルジェの男」
作/柴田侑宏 演出/大野拓史
1974年に鳳蘭主演、1983年には峰さを理主演、2011年には霧矢大夢主演で上演された作品の再演。
第二次世界大戦前、フランス占領下にあったアルジェリアとパリを舞台に、孤児として育ちながら、大いなる野望を抱いて成功への道を駆け上がろうとする青年ジュリアンの生き様をドラマティックに描いた物語。
彼を愛する三人の女性達とのドラマを絡め、一人の青年の光と影を鮮やかに紡ぎ出す名作ミュージカルの再演に、ご期待ください。

第二次大戦前、アルジェリアがまだフランスの植民地であった頃。
総督府の置かれたアルジェの街に、一人の若者――ジュリアン・クレールがいた。
孤児として育ち、仲間たちと共に悪事に手を染めながら、暗くみじめな青春を送っていたジュリアンは、しかしその胸に大きな野望を抱いていた。
いつの日かアルジェの街を出てパリへ渡り、陽のあたる場所へ躍り出る――見果てぬ夢を鋭い眼差しに宿し、ジュリアンは泥にまみれた人生に決別するチャンスを窺っていた。
革命記念日の夜、ジュリアンは仲間のジャックから、ある賭けを持ちかけられる。
アルジェリア総督ボランジュ氏の懐から財布を抜き取ることが出来るか否か――腕に覚えのあるジュリアンは、恋人のサビーヌが止めるのも聞かず、危険な賭けに応じることを決める。
ところが翌日、ジュリアンは盗みに失敗し、ボランジュ氏に捕らえられてしまう。
警察に突き出される覚悟を決めるジュリアン。
しかし、ジュリアンの野望燃えさかる眼に見所を感じたボランジュ氏は、彼に正しい男の生き方を語って聞かせ、自分の許で働くよう説く。
氏の熱意に心を動かされたジュリアンは、自分の人生を彼にゆだねる決心をする。
ボランジュ氏の運転手として働き始めて2ヶ月後、総督交代に伴い、ジュリアンは氏に付いてパリへ渡ることになった。
サビーヌは寂しさを押し隠し、栄光への足がかりを掴んだジュリアンの背中をそっと押してやるのだった。
5年後のパリ――革命記念日を祝う夜会の席に、見違えるような青年紳士へと変貌を遂げたジュリアンの姿があった。
一心に勉学に励んだジュリアンは、いまやボランジュ氏の秘書官を務めるまでになっていた。
氏はジュリアンを娘のエリザベートと結婚させ、いずれは後継者にしようと考えていたが、気位の高いエリザベートは野心の炎を隠そうとしないジュリアンを敬遠し、心を閉ざしていた。
その夜、夜会の女主人で社交界に大きな影響力を持つシャルドンヌ公爵夫人は、ジュリアンの野心漲る瞳を見込み、盲目の姪アナ・ベルに女性としての幸せを与えてやって欲しいと切なる願いを語る。
アナ・ベルは両親を亡くし、下男のアンドレを供にひっそりと暮らしていた。
アナ・ベルと結婚してくれる男性が現れたなら、その人物の政界での将来を保証する――公爵夫人の言葉が、ジュリアンの胸に新たな野望の火を灯した。
ところが、栄光という名の階を登りつめんとしていたジュリアンに、思いがけない人物との再会が待っていた。
ジュリアンは仲間の若い紳士たちと共に訪れた下町のナイトクラブで、艶やかに舞う美しいダンサーに目を留める。
そのダンサーとは、アルジェに残した恋人サビーヌであった。
ジュリアンの後を追ってパリへ来たものの、自分の存在が出世の妨げになってはと、蔭ながら見守ってきたのだという。
サビーヌの思わぬ告白に動揺を隠せないジュリアンの前に、アルジェ時代の彼を知るもう一人の人物が現れる――。

スーパー・レビュー「ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~」
作・演出/中村暁
スペイン語で星々を意味するエストレージャス。
人々の心に輝きを届ける満天の星々を星組生にたとえ、”誰もが星のように光を与えることができる”というテーマのもと、星組のエストレージャスたちが、生き生きとした歌声や躍動感溢れるダンスをお届けする作品。
爽やかな高揚感を放つレビューにご期待ください。

  

 
というわけで、恒例となりつつある2番手の全ツ主演=プレトップお披露目となるのか…
集合日を前に早くも全配役が発表に。
ヒロインにはるこ、2番手に専科から愛さん投入の他に気になるメンツといえば…。
トリプルヒロインの1人・エリザベート
100期・まいまいが決定なう。
この役は、個人的にはコノヒトに演ってほしかった…。
圧倒的な美貌と醸し出されるお嬢様感が、絶対ハマると思うたんだけどなぁ。
芝居・歌共にかなりハードルは高めですが、まぁ振り分けで鎌足チームに入っちゃったので、実現不可に…。
ヒロイン2人目・アナ・ベル
99期・小桜ほのかなう。
これはまぁ納得。想定内。
新公ヒロ・エト経験者で芝居・雰囲気ともに問題無し
前回この役を演じた花陽みらが素ん晴らしかったので、それを越えられるか期待、大。
花陽は今でこそあんな になってしまったけれど、この当時はそんな面影も無く、立派な路線娘役だったのだ。
小桜ちゃんもどうか同じ道を歩まないように…
で、ヒロインのはるこ。
4年半前の全ツでは、こととスカーレットとメラニーという女役同士で向き合い、時を経て、今度は主演コンビとして再タッグ。
男役に比べて寿命の短い路線娘役の中で生き延び、研15で全ツヒロインゲット というのも遅咲きの彼女らしく、正に娘役のレジェンド。
若くてロリで成績上位でポスターモデルやっときゃいいってもんじゃねーんだぜ
ま若干、餞別臭も漂いますが…
その他配役で気になる点をあげると…
柚長の役名がポーラからマリアに変更に。
これは同じシャルドンヌ夫人の役だと思うんだけど…。
前回みりおが演じたアンリ・クローデルが居ない
よくよく調べてみたら、この役、前回月組W2番手だったみりおのために作られた役で、今回から復活するアンドレという役が、どうもアンリに該当するぽい…。
ま役の比重とかは変わるやろうけど、空手ボーイ、いい役貰うたな。
コチラコチラは残念ながら役つかず。
   
ハイ…
 
 
関連記事
21:18 |  星組公演  |  EDIT  | 
2019.03.26.Tue

瑠風輝、バウ初主演へ!!

 
宙組秋のバウ公演の演目が発表に。
 
リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド
演出はキムシン
 
メインの全ツは、「追憶のバルセロナ/NICE GUY!!-その男、Sによる法則-」。
2002年えまおゆう×紺野まひるトップコンビお披露目公演にして退団公演でもあった作品と、2011年ゆひすみ時代のショーがYからSになってスタンバイ。
 
でバウの方、気になる主演は…
コノカタ
  
やっぱりくるよね。
98期はすでにトップ娘役を1人輩出し、新公を卒業したばかりの期。
瑠風くん、新公主演はトータル4回経験済みで、月の御曹司と並ぶ推されメン。
バウ主演は男役ではアーリー・飛龍くんに続き3人目の抜擢。
ま飛龍くんは1期上の綺城ひか理とW主演(の上に特出筋肉ガールという訳の分からない扱い)なので、単独主演は実質2人めか。
どんな話か知らんが、まぁプロットを読むと、アメリカの大学に通う主人公ジョンが瑠風くんで、友人のパーシーが2番手で、その妹のキスミンがヒロインであるのは間違いなかろう。
 
で誰が演るかですね
 
まぁ…コノヒトコノヒトあたりだろうな。
 
宙組次のオーシャンズから愛さんが抜けてベネディクトが3番手昇格するとして、
真風(研14)→芹香(研13)→桜木(研11)→和希(研10)
黒期そらはバウ主演も経験したしオーシャンズの役付きもいいので、ここら辺りで実質4番手に昇格か。
でその下。
別格枠だった澄輝さやと・蒼羽りくが抜けるため、路線スター枠は
留依蒔世 (97期) 新公主演1回、Wエト1回
瑠風輝  (98期) 新公主演4回、バウ主演1回、エト2回(W・トリプル)
鷹翔千空 (101期) 新公主演2回
の並びに。
ここでも不遇の97期…
マキセルイは全ツチームに入るか、バウ組で2番手の役に甘んじるか、だな。
娘役ではせーこが抜けて、路線組は
ららネリス (98期)  新公ヒロ2回、東上ヒロ1回
ミネリーナ (100期) 新公ヒロ1回、バウヒロ1回、東上ヒロ1回、エト2回
あやや   (102期) 新公ヒロ2回
この3人で当面は廻す感じか。
まぁららと瑠風は同期だし、みねりはまどかと同期だし、あややはパリピだし…
 
花で100期お華たんがトップになり、星で102期ひっとんがトップになり(多分)、雪で102期道産子がバウヒロ演ってることを思えば、もう宙はあやや推しなんだろうなぁ…。
ま別によいが。
 
でもな、星全ツのヒロインはるこは研15なんだぜ
若けりゃいいってもんじゃねーんだよ
 
 
 
  
関連記事
23:24 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |