2017.03.07.Tue

「幕末太陽傳」ポスターアップ

  

  
               早霧佐平次(研17)×咲妃おそめ(研8)
 
ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」
1957年に封切られた、鬼才・川島雄三監督の代表作である映画「幕末太陽傳」。「居残り佐平次」を中心に、「品川心中」、「三枚起請」、「お見立て」他の古典落語を組み合わせ、実在した品川の遊廓・相模屋を舞台に起こる様々な人間模様を軽妙なタッチで描いた、日本映画史に燦然と輝く名作です。 幕末の品川宿。一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は、翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう。そして番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた。相模屋で攘夷の計画を練る高杉晋作らとも交友を深め、いつしか佐平次は、廓の人気者となるのだが…。生への活力が漲る中に憂いを漂わせる人情喜劇に、早霧せいなを中心とした雪組が挑みます。
時は幕末、文久二年。東海道五十三次の第一番目の親宿、品川宿でも名高い旅籠「相模屋」では、町人の佐平次が仲間を連れて豪勢に大尽遊びに興じていた。
お開きとなり仲間たちが去った後、気に入らない客の杢兵衛大尽を追い返した女郎のおそめがようやく部屋にやって来たにもかかわらず、佐平次はすぐに帰してしまう。
そして、翌朝、金は無く勘定を払う代わりに相模屋で働くと言い、主人の伝兵衛とその女房のお辰を丸め込み居残りを決め込むのだった。
胸を患い悪い咳をするようになっていた佐平次は、食べ物が美味しく海が近い品川でしばらく過ごそうと考え、はなから居残るつもりで相模屋にやって来ていたのだ。
同じ頃、女郎こはるの部屋では高杉晋作久坂玄瑞ら攘夷をうかがう長州藩の志士たちもまた、お代を払えずに相模屋に居座り続けていた。
そんな折、高杉は御殿山に建築中の異人館の焼き討ちを思い付く。
居残り稼業を始めた佐平次は、相模屋の若旦那で勘当寸前の徳三郎や、父親の借金の方に女郎にさせられそうな女中のおひさ、はたまた焼き討ち計画を進める高杉ら、相模屋にかかわる人たちが抱える難題に、持前の度胸と器量を武器に積極的にかかわっていく。
仏壇屋倉造とその息子に渡した起請文が衝突してしまったこはるの危機や、そのこはると犬猿の仲で板頭を争うおそめの大喧嘩、さらにはお金が無いことを嘆いたおそめが貸本屋の金造を道連れに心中を企てたことから起こったごたごたなどを上手く収めた佐平次。
すっかり頼りにされるようになった佐平次は、おそめに誘われ二人で荒神祭へと繰り出す――。

Show Spirit「Dramatic “S”!」
“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」。ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届け致します。 また、宝塚大劇場公演は第103期初舞台生のお披露目公演となります。
 
チギみゆ退団公演にして103期生初舞台お披露目公演にして次期娘1真彩希帆雪組生デビュー公演にして鳳翔大&香綾しずる&桃花ひな&星乃あんりら路線スター大量退団公演にして彩風咲奈3番手お披露目公演にして…話題詰めすぎや
   

  
ハイ…
 
 
関連記事
08:25 |  雪組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |