2017.03.05.Sun

歌劇3月号

  

   
歌劇3月号の表紙は、間もなく大劇場お披露目スタート、
そうさ星組トップスター・紅もうすぐパーシー、研16になりました。
 
さあて今月の内容は…
 
星組新トップスター紅ゆずる特集
星組新トップコンビ対談 紅ゆずる×綺咲愛里
紅ゆずるに贈る言葉
カラーポート/早霧せいな&芹香斗亜&沙央くらま&彩凪翔&有沙瞳
Sparkling TIME/  朝美絢×桜木みなと
OTOMEの深層/  凪七瑠海&望海風斗&瀬戸かずや&彩風咲奈
お洋服拝見!/  十碧れいや&華雅りりか&久城あす&実羚淳
TAKARAZUKAニュース
宝塚写真館
                    
STAGE PHOTO
宙組宝塚大劇場公演「王妃の館」「VIVA! FESTA!」
星組宝塚バウホール公演「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」
雪組中日劇場公演「星逢一夜」「Greatest HITS!」
月組宝塚大劇場新人公演「グランドホテル」
         
STAGE INFORMATION
座談会「スカーレット ピンパーネル」(星組宝塚大劇場公演)
インタビュー「仮面のロマネスク/EXCITER!!2017」(花組全国ツアー公演)
座談会「MY HERO」(花組TBS赤坂ACTシアター公演)
楽屋取材「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」(月組宝塚大劇場公演)
 
花乃まりあ花組東京宝塚劇場公演千秋楽
Talking to myself with…/  轟悠
ザッツranKING!~1番はだ~れ?~
タカラジェンヌ一芸紹介!/透真かずき&大輝真琴&愛月ひかる&叶羽時
ワールドワイド オブ タカラヅカ
えと文/  柚香光&朝美絢&星乃あんり&礼真琴&伶美うらら
「組レポ。」/菜那くらら&貴澄隼人&早花まこ&如月蓮&花音舞
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/  貴千碧&咲希あかね&煌海ルイセ&美里夢乃
    
楽屋日記
暁千星 from 月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」
真名瀬みら from 宙組「王妃の館」
隼玲央 from 星組「燃ゆる風」
鳳華はるな from 雪組「Greatest HITS!」
  
紅子がたまきちのことを、たまきっつぁんと呼び始めたぞww
  
  
  
    
「歌劇2月号」  「歌劇1月号」
      
関連記事
08:21 |  歌劇  |  EDIT  | 
2017.03.07.Tue

「幕末太陽傳」ポスターアップ

  

  
             早霧佐平次(研17)×咲妃おそめ(研8)
 
ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」
1957年に封切られた、鬼才・川島雄三監督の代表作である映画「幕末太陽傳」。
「居残り佐平次」を中心に、「品川心中」、「三枚起請」、「お見立て」他の古典落語を組み合わせ、実在した品川の遊廓・相模屋を舞台に起こる様々な人間模様を軽妙なタッチで描いた、日本映画史に燦然と輝く名作です。
幕末の品川宿。
一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は、翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう。
そして番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた。
相模屋で攘夷の計画を練る高杉晋作らとも交友を深め、いつしか佐平次は、廓の人気者となるのだが…。
生への活力が漲る中に憂いを漂わせる人情喜劇に、早霧せいなを中心とした雪組が挑みます。

時は幕末、文久二年。
東海道五十三次の第一番目の親宿、品川宿でも名高い旅籠「相模屋」では、町人の佐平次が仲間を連れて豪勢に大尽遊びに興じていた。
お開きとなり仲間たちが去った後、気に入らない客の杢兵衛大尽を追い返した女郎のおそめがようやく部屋にやって来たにもかかわらず、佐平次はすぐに帰してしまう。
そして、翌朝、金は無く勘定を払う代わりに相模屋で働くと言い、主人の伝兵衛とその女房のお辰を丸め込み居残りを決め込むのだった。
胸を患い悪い咳をするようになっていた佐平次は、食べ物が美味しく海が近い品川でしばらく過ごそうと考え、はなから居残るつもりで相模屋にやって来ていたのだ。
同じ頃、女郎こはるの部屋では高杉晋作久坂玄瑞ら攘夷をうかがう長州藩の志士たちもまた、お代を払えずに相模屋に居座り続けていた。
そんな折、高杉は御殿山に建築中の異人館の焼き討ちを思い付く。
居残り稼業を始めた佐平次は、相模屋の若旦那で勘当寸前の徳三郎や、父親の借金の方に女郎にさせられそうな女中のおひさ、はたまた焼き討ち計画を進める高杉ら、相模屋にかかわる人たちが抱える難題に、持前の度胸と器量を武器に積極的にかかわっていく。
仏壇屋倉造とその息子に渡した起請文が衝突してしまったこはるの危機や、そのこはると犬猿の仲で板頭を争うおそめの大喧嘩、さらにはお金が無いことを嘆いたおそめが貸本屋の金造を道連れに心中を企てたことから起こったごたごたなどを上手く収めた佐平次。
すっかり頼りにされるようになった佐平次は、おそめに誘われ二人で荒神祭へと繰り出す――。

Show Spirit「Dramatic “S”!」
“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」。
ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届け致します。
また、宝塚大劇場公演は第103期初舞台生のお披露目公演となります。

    

 
チギみゆ退団公演にして103期生初舞台お披露目公演にして次期娘1真彩希帆雪組生デビュー公演にして鳳翔大&香綾しずる&桃花ひな&星乃あんりら路線スター大量退団公演にして彩風咲奈3番手お披露目公演にして…話題詰めすぎや
   
  

  
  
ハイ…
  
  
関連記事
08:25 |  雪組公演  |  EDIT  | 
2017.03.09.Thu

「真彩希帆」

    
 
  
「真彩希帆」(まあや・きほ)は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。雪組トップ娘役。
7月7日生、埼玉県蕨市、関東国際高校出身。
身長164cm。血液型A型。
公式愛称は「きぃちゃん」、「まあや」、「なっちゃん」。非公式は「まーやきぃ」、「トミーズ雅の嫁」、「歌えるブサカワ」
  
==来歴==
2010年4月、宝塚音楽学校入学。
2012年3月、宝塚歌劇団に98期生として入団。入団時の成績は11番。宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台。
同期には飛龍つかさ暁千星綾凰華天華えま瑠風輝星南のぞみ有沙瞳華雪りら遥羽らら、OGにゆかりの小雪らがいる。
組廻り中からカゲコーラスに起用されるなど高い歌唱力を持ち、2013年2月に組廻りを経て花組に配属。
同年、最下級生として出演した明日海りおディナーショーで、明日海と「エメ」をデュエット。
2014年、明日海りお大劇場お披露目となる「エリザベート」新人公演で、マダム・ヴォルフ(本役:大河凜)を演じ、迫力ある歌唱を披露する。
同年11月17日付で、花組から星組へ組替え。
2015年、北翔海莉・妃海風大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」新人公演で、大役アデレイド(本役:礼真琴)に抜擢。
2016年、「鈴蘭(ル・ミュゲ)」で、バウホール初ヒロイン。
同年、「こうもり」で、新人公演初ヒロイン。
同年、「阪急すみれ会パンジー賞」において、2016年度新人賞を受賞。
2017年、「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」で、2度目のバウヒロイン。
同年1月24日付で、星組から雪組へ組替え。
同年、早霧せいな・咲妃みゆ退団公演となる「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で雪組生デビューを果たし、ショーでは初のエトワールを務める。
同年7月24日付で、望海風斗の相手役として雪組トップ娘役に就任し、「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」(全国ツアー)で、トップコンビお披露目。

 
==人物==
5人姉妹の4人目。
小学2年の時、子供ミュージカルを観たことがきっかけで、市民ミュージカルの劇団に所属。
小学4年の時、雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で宝塚を初観劇し、衝撃を受ける。それ以降、宝塚の男役に憧れ、本物の男を目指すために、日々男として生きるための研究を重ねるようになる。
中学へ入学し、子供ミュージカルでは男役を演じていた。部活は美術部に所属。女子からは絶大な人気を誇り、学園祭で「学ランを着てほしい」とせがまれ、女子をはべらせて校内を闊歩していた。
中学3年になり、宝塚受験のための教室に通い始める。
1度目の受験は男役志望で受験するが、身長があまりにも足りずに不合格を直感。その後、高校へ進学し、娘役になる決心をし、唐突にイメチェンを図る。髪を伸ばし、カチューシャをし、おしとやかで口数少なくし、中学時代を知らない同級生から「カチューシャちゃん」とあだ名をつけられる。今度は男子から熱烈アプローチを受けるようになるが、宝塚に入りたい一心で一切寄せ付けず、2度目の受験に娘役志望で挑む。
受験当日、控室の真ん中で受験曲を歌うと受かるというジンクスを聞いていたため、他の生徒の居る前で松島音頭を熱唱。歌の先生からのアドバイスで自作の紙芝居を持参し、本番では試験官の前で振り付きで歌った。
憧れの上級生は白城あやか。
芸名の由来は、お世話になった人から一字もらい、自分の真実を彩り、希望の帆を掲げて進むという意味を込めた。
 
 
==まーやきぃ伝説==
初舞台を宙組で踏み、組廻りで月組に出演し、花組に配属後、星組、雪組と異動を経たことで、研6にして5組全組への出演を果たす。
またトップの退団・お披露目公演に居合わせることが多く、これまでに初舞台(大空ゆうひ×野々すみ花退団公演)、組廻り(月組新体制お披露目公演)、花組時代(蘭寿とむ・蘭乃はな退団公演、明日海りおトップお披露目公演)、星組時代(柚希礼音×夢咲ねね退団公演、北翔海莉×妃海風お披露目公演&退団公演)、雪組時代(早霧せいな×咲妃みゆ退団公演)と、研6にして10人のトップを見送り、5人のトップお披露目に参加した異例の経歴を持つスゴツヨ娘役。

 
==初舞台==
2012年
4月~5月、宙組「華やかなりし日々/クライマックス-Cry-Max-」(宝塚大劇場のみ)
 
==組廻り==
6月~9月、月組「ロミオとジュリエット」カゲコーラス
11月~2013年2月、星組「宝塚ジャポニズム~序破急~/めぐり会いは再び2nd~Star Bride~/Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)」カゲソロ
 
==花組時代==
6月、「フォーエバー・ガーシュイン-五線譜に描く夢-」(バウホール)マーガレット、Note
8月~11月、「愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!」新人公演:ユディット(本役:朝月希和)
2014年
2月~5月、「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA∞夢眩」新人公演:エドナ・スミス(本役:仙名彩世)
6月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(中日劇場)小公女
8月~11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」美容師、新人公演:マダム・ヴォルフ(本役:大河凜)、妻
 
==星組時代==
2015年
2月~5月、「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-」セブンシーズ、新人公演:アルヴィラ(本役:妃海風)
6月~7月、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)シェリル・アン
8月~11月、「ガイズ&ドールズ」街の女、新人公演:アデレイド(本役:礼真琴)
2016年
1月、「鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-」(バウホール)エマ バウ初ヒロイン
3月~6月、「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!」イレーネ、新人公演:アデーレ(本役:妃海風) 新人公演初ヒロイン
7月、「歌声をひとつに…One Voice」(バウホール)
8月~11月、「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-/ロマンス!!(Romance)」愛奈姫、新人公演:竹下ヒサ(本役:綺咲愛里)
2017年
1月、「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」(バウホール)いね バウヒロイン
  
==雪組時代==
4月~7月、「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」女中おひさ、新人公演:芸者豆奴(本役:笙乃茅桜)、女郎おさだ(本役:妃華ゆきの) 初エトワール
  
==雪組トップ娘役時代==
8月~9月、「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」(全国ツアー)シャロン・カザティ トップお披露目公演
11月~2018年2月、「ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」マリー=アンヌ、新人公演:鳥売り(本役:華蓮エミリ) 大劇場トップお披露目公演
3月~4月、「誠の群像-新選組流亡記-/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」(全国ツアー)お小夜 
6月~9月、「凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~」ジョアン・マヅー
11月~2019年2月、「ファントム」
 
==出演イベント==
2013年11月、明日海りおディナーショー「ASUMIC ADVANCE」
2014年7月、「宝塚巴里祭2014」
2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」コーラス
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」コーラス
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
2017年10月、第54回「宝塚舞踊会」
2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年5月、「凱旋門」前夜祭
 
== 受賞歴 ==
2016年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
  
真彩希帆 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
18:19 |  雪組生徒  |  EDIT  | 
2017.03.15.Wed

「野々花ひまり」

  
  
  
「野々花ひまり」(ののか・ひまり)は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。
1月18日生、福岡県福岡市、中村学園女子高校出身。
身長163cm。血液型O型。
公式愛称は「ひまり」、「かほ」。非公式は「おのののか」、「さくららの同期」
  
==来歴==
2011年4月、宝塚音楽学校入学。
2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は17番。雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
同期には美園さくら彩みちる小桜ほのか、OGに苫篠ひとみ舞雛かのんらがいる。
2014年2月、組廻りを経て雪組に配属。
2017年、早霧せいな・咲妃みゆ退団公演となる「幕末太陽傳」で、新人公演初ヒロイン。

 
==人物==
宝塚初観劇は95期生の音楽学校の文化祭。その後、宝塚大劇場で宙組「薔薇に降る雨/Amour それは…」を観劇。
学生時代は部活動には入らず、毎日バレエやピアノ、英語に水泳にと違う習い事に通っていた。
好きな花は太陽に向かって咲くヒマワリ。将来にまっすぐ向かって行けるように、そして野原に咲く花の可憐さも忘れないようにという思いで芸名を決めた。
憧れの上級生は野々すみ花と望海風斗。
元雪組娘役の星乃あんりは同郷で出身校の先輩にあたる。
 
  
==初舞台==
2013年
4月~5月、雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」(宝塚大劇場のみ)
  
==組廻り==
11月~2014年2月、雪組「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS宝塚!!」
 
==雪組配属後==
6月~8月、「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」新人公演:かめ(本役:白峰ゆり)
10月、「伯爵令嬢-ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-」(日生劇場)べべ
2015年
1月~3月、「ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-/ファンシー・ガイ!」新人公演:ルイ・シャルル(本役:彩みちる)
5月、「星影の人-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!」(博多座)玉葉
7月~10月、「星逢一夜(ほしあいひとよ)/La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」新人公演:雲太(本役:笙乃茅桜)
11月、「銀二貫-梅が枝の花かんざし-」(バウホール)
2016年
2月~5月、「るろうに剣心」新人公演:三条燕(本役:星南のぞみ)
6月~7月、「ドン・ジュアン」(KAAT神奈川芸術劇場・シアタードラマシティ)少年ドン・ジュアン
7月、「Bow Singing Workshop~雪~」(バウホール)
10月~12月、「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」新人公演:コートニー(本役:早花まこ)
2017年
2月、「New Wave!-雪-」(バウホール)
4月~7月、「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!」新人公演:女郎おそめ(本役:咲妃みゆ) 新人公演初ヒロイン
8月~9月、「CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…」(日本青年館・シアタードラマシティ)ヴェロニカ
11月~2018年2月、「ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」シャルロット・ロベスピエール、新人公演:リュシル・デムーラン(本役:彩みちる)
3月~4月、「義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)」(バウホール)マサコ
6月~9月、「凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-/Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~」花売り娘
 
==出演イベント==
2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年5月、「凱旋門」前夜祭
         
野々花ひまり 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
23:38 |  雪組生徒  |  EDIT  | 
2017.03.21.Tue

宝塚GRAPH4月号

 

 
グラフ4月号の表紙は…
花組トップスター・明日海ヴァルモン子爵、研15になりました。
 
はい今月の内容は…
  
星組新トップ 紅ゆずる特集
実咲凜音サヨナラ特集
ステージヒストリー
サヨナラ対談/ 実咲凜音×朝夏まなと
ポートレート
ANYTHING/  美弥るりか
flourish/  咲妃みゆ
days/  桜木みなと
永久輝せあ、お稽古中。
The Costume/朝夏まなと&実咲凜音 from 王妃の館/VIVA! FESTA!
ANOTHER STAGE/月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」
イマコレ!!!/  天寿光希&千海華蘭&愛月ひかる&彩みちる
東京国際フォーラム公演ルポ/  レポーター漣レイラ
スペシャルポート/  轟悠
波瀾爆笑!? 我が人生/  海乃美月
トークDX/珠城りょう×美弥るりか from 月組「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」
TOPICS/雪組大劇場公演「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」制作発表会
TOPICS/星組大劇場公演「スカーレット ピンパーネル」制作発表会
TOPICS/  花乃まりあラストデイ in 東京
TOPICS/月組博多座公演「長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」記者懇親会
いざ躍進!/  七海ひろき
そらかずきのかずかずの記録/和希そら×春海ゆう
こちら!稽古場
To The Future/  風間柚乃
FROM STAGE/  早霧せいな
                
STAGE
宙組大劇場公演「王妃の館」「VIVA! FESTA!」
雪組中日劇場公演「星逢一夜」「Greatest HITS!」
雪組バウホール公演「New Wave!-雪-」
月組新人公演「グランドホテル」
 
だそうな。
 
 
 
      
「宝塚グラフ3月号」  「宝塚グラフ2月号」
          
関連記事
03:51 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2017.03.29.Wed

「長崎しぐれ坂」ポスターアップ

 

 
            轟悠(研33)×珠城りょう(研10)
 
宝塚ミュージカル・ロマン
「長崎しぐれ坂」~榎本滋民作「江戸無宿」より~
轟悠×湖月わたる×檀れいによって、2005年に星組で上演され好評を博した作品の再演。
幼馴染の三人の男女が、まったく違う境遇となって再会したことから起こる愛憎劇を、江戸末期の異国情緒あふれる長崎を舞台に展開致します。
神田祭りや精霊流しなどの舞踊場面を織り交ぜ、華やかさの中に哀愁のある世界を描き出す作品を、2005年の初演と同じく専科轟悠、そして月組珠城りょう×愛希れいかを中心にお届け致します。

江戸時代末期。寛永の頃より鎖国を守る徳川政権において、長崎だけは唯一外国に交易の窓を開いていた。
中でも広大な敷地を有する唐人屋敷は、名目上は長崎奉行所の取締まり下に置かれていたが、実際は“異国"としてみなされ、どんな兇状持ちが中にいようとも長崎奉行は手出し出来ない治外法権の地であった。
この唐人屋敷で、かつて江戸・神田明神の氏子であった伊佐次卯之助おしまの三人が再会を果たす。
だが二十年にも及ぶ歳月は三人の境遇を大きく変えてしまっていた…。
伊佐次は、江戸の大名屋敷を荒らし回って幾人をも殺めた末に唐人屋敷に逃げ込み、今は唐人達に匿われて生活している。
その伊佐次を追うのが、長崎奉行所の下っ端・卯之助。
幼馴染の伊佐次を自らの手で捕らえようと長崎に辿り着き、唐人屋敷に日参している。
そしておしま…家の没落と共に芸者に身を落とし、大商人である旦那に連れられ長崎へやって来ている。
どこかで何かを掛け違えたかのような人生を歩む三人だが、兄弟のように過ごした幼き日々の思い出は、今もそれぞれの心で輝き続けていた。
再会を機に、郷愁を募らせていく伊佐次とおしま。
江戸に帰って、もう一度やり直そう――おしまの訴えは伊佐次の胸に深く刺さるが、伊佐次にとって唐人屋敷の囲いを一歩でも出ることは、すなわち死を意味する。
海の向こうの江戸を見つめ、葛藤する伊佐次。
そんな伊佐次の心の揺らぎを卯之助が見逃しはしなかった…。
伊佐次、卯之助、そして、おしま――二十年の時を経て再会した幼馴染三人の運命が、長崎の地で交錯する…。

モン・パリ誕生90周年レヴューロマン「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
日本初のレヴュー「モン・パリ」誕生から90周年を記念して、優美な華やかさの中に迫力あるダンス場面を織り交ぜて繰り広げるレヴューロマン。
地球全体を軸にして回る回転木馬(カルーセル)に命が宿り、まるで輪舞曲(ロンド)を踊るように世界中どこまでも果てしなく駆け出して行く様をイメージ。
日本を出発しパリに着くまでを描いた「モン・パリ」に対し、パリから出発して宝塚を目指す世界巡りの形式で、バラエティ豊かな数々の場面をお届け致します。
珠城りょうを中心とした、フレッシュでパワフルな新生月組の魅力満載のレヴュー作品です。

 

 
ハイ
配役比較
  2017年版  2005年
伊佐次
(江戸無宿)
轟悠(専科)/轟悠(専科)
伊佐次(幼年時代)
蘭世惠翔/鶴美舞夕
卯之助
(下っ引き。伊佐次の幼馴染)
珠城りょう/湖月わたる
卯之助(幼年時代)
柊木絢斗/麻尋しゅん
らしゃ
(伊佐次の子分。江戸無宿)
暁千星/安蘭けい
さそり
(伊佐次の子分。豊後無宿)
紫門ゆりや/真飛聖
らっこ
(伊佐次の子分。尾張無宿)
春海ゆう/涼紫央
あんぺ
(伊佐次の子分。土佐無宿)
風間柚乃/柚希礼音
李花
(伊佐次の女)
憧花ゆりの/万里柚美
 
おしま
(芸者。伊佐次の幼馴染)
愛希れいか/檀れい
おしま(幼年時代)
結愛かれん/妃咲せあら
和泉屋庄兵衛
(堺の商人。おしまを囲う)
綾月せり/立ともみ(専科)
お吉
(丸山肥前屋の仲居)
美園さくら/しのぶ紫
 
水牛
(唐人屋敷の居酒屋の亭主)
華形ひかる(専科)/英真なおき
玉蘭
(水牛の女房)
玲実くれあ/朝峰ひかり
芳蓮
(水牛の娘)
早乙女わかば/白羽ゆり
柳麗
(芳蓮の友人)
結愛かれん/陽月華
桃羽
(芳蓮の友人)
麗泉里/琴まりえ
柳花
(芳蓮の友人)
楓ゆき/百花沙里
 
舘岡
(新任の長崎奉行所の同心)
朝美絢/立樹遥
旗野
(長崎奉行所の同心)
朝霧真/紫蘭ますみ
鈴木
(長崎奉行所の同心)
蒼矢朋季/嶺恵斗
佐藤
(長崎奉行所の同心)
輝生かなで/にしき愛 
石浜
(長崎奉行所の同心)
周旺真広/綺華れい
同心
一星慧・大楠てら/
ぼら
(長崎奉行所の探り番)
千海華蘭/高央りお
乙名
輝城みつる・優ひかる/
 
唐目利
蒼瀬侑季/
唐人
甲海夏帆・礼華はる/
内通辞
朝陽つばさ/
 
花魁
/松本悠里(専科)
禿
/仙堂花歩
精霊流しの女
美園さくら/
  
鳶頭
轟悠(専科)珠城りょう
芸者
愛希れいか
玉持ち
華形ひかる(専科)/
 
2005年、星組で轟悠(専科)×湖月わたる×檀れいコンビにより大劇場初演。檀れいの退団公演。
 
 
 
        
月組公演「長崎しぐれ坂」  月組公演「カルーセル輪舞曲」
¥8,640 【送料無料!!】  ライブCD
         
関連記事
03:21 |  月組公演  |  EDIT  | 
2017.03.31.Fri

「小桜ほのか」

  
  
 
「小桜ほのか」(こざくら・ほのか)は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。
5月6日生、東京都豊島区、日本女子大学附属高校出身。
身長162cm。血液型O型。
公式愛称は「ほのか」、「あいちゃん」。非公式は「ほのかりん」、「さくららの同期」
  
==来歴==
2011年4月、宝塚音楽学校入学。
2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は5番。雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台。
同期には美園さくら野々花ひまり彩みちる、OGに苫篠ひとみ舞雛かのんらがいる。
2014年2月、組廻りを経て星組に配属。
2016年、北翔海莉・妃海風退団公演となる「桜華に舞え」で、新人公演初ヒロイン。
2017年、紅ゆずる・綺咲愛里大劇場お披露目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、初のエトワールに抜擢。

 
==人物==
宝塚初観劇は2006年花組「ファントム」。きらきらしたオペラ座の世界と美しい音楽に憧れ、宝塚受験を決意。
学生時代は囲碁部に所属。祖父の家にあった碁盤と碁石に憧れて入部し、学校への行き帰りの電車の中でも定石の本を読むような変わった子だった。
憧れの上級生は桜乃彩音と妃海風。
 
  
==初舞台==
2013年
4月~5月、雪組「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」(宝塚大劇場のみ)
  
==組廻り==
11月~2014年2月、雪組「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS宝塚!!」
  
==星組配属後==
7月~10月、「The Lost Glory-美しき幻影-/パッショネイト宝塚!」
11月~12月、「風と共に去りぬ」(全国ツアー)令嬢
2015年
2月~5月、「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-」新人公演:サラ(本役:真衣ひなの)、セブンシーズ(本役:真彩希帆)
6月~7月、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)
8月~11月、「ガイズ&ドールズ」新人公演:ミミ(本役:綺咲愛里)
2016年
1月、「LOVE&DREAM-I. Sings Disney/II. Sings TAKARAZUKA-」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
3月~6月、「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!」フローラ、新人公演:イーダ(本役:綺咲愛里)
8月~11月、「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-/ロマンス!!(Romance)」太郎、新人公演:大谷吹優(本役:妃海風) 新人公演初ヒロイン
2017年
1月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(東京国際フォーラム)プリティ
3月~6月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」サリー、民衆、新人公演:マリー・グロショルツ(本役:有沙瞳) 初エトワール
7月~8月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(梅田芸術劇場)プリティ
9月~12月、「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」エヴァ、新人公演:レーニ・リーフェンシュタール(本役:音波みのり)
2018年
2月、「ドクトル・ジバゴ」(シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター)トーニャ
4月~7月、「ANOTHER WORLD/Killer Rouge(キラールージュ)」菊奴、新人公演:初音(本役:有沙瞳)
    
==出演イベント==
2014年10月、「演劇人祭 特別篇」(外部出演)
2015年11月、第6回「マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ」
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」(コーラス)
2016年7月、「宝塚巴里祭2016」
     
小桜ほのか 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
15:46 |  星組生徒  |  EDIT  | 
 | TOP |