2016.06.04.Sat

歌劇 6月号

       

      
歌劇6月号の表紙は、
花組2番手スター・芹香ジョン卿&ジェラルド(研10) IN 役替わり。
  
今月の内容は…
     
カラーポート/  轟悠&澄輝さやと&鳳月杏&彩凪翔
コンビdeプロデュース/  早霧せいな×咲妃みゆ&妃海風×北翔海莉
十輝いりすサヨナラ特集
THE THEATER GUIDE Vol.5&6
Takarazukaニュース
宝塚写真館
                 
STAGE PHOTO
花組宝塚大劇場公演「ME AND MY GIRL」「ME AND MY GIRL」役替わり
宙組博多座公演「王家に捧ぐ歌」
宙組シアター・ドラマシティ公演「ヴァンパイア・サクセション」
星組宝塚大劇場新人公演「こうもり」
 
STAGE INFORMATION
座談会「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」「Forever LOVE!!」(月組宝塚大劇場公演)
座談会「ローマの休日」(雪組中日劇場公演)
対談「ドン・ジュアン」(雪組KAAT神奈川芸術劇場公演)
楽屋取材「ME AND MY GIRL」(花組宝塚大劇場公演)
  
北翔海莉&妃海風退団発表記者会見
Talking to myself with…/  轟悠
ザッツranKING!~1番はだ~れ?~
THE 男役/  北翔海莉×瀬央ゆりあ
ふりかえって!○○時代/  礼真琴
トキメキの時はいつまでも…/  十輝いりす
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/  航琉ひびき&咲希あかね&真那春人&紫月音寧&星吹彩翔
「組レポ。」/  鳳真由&貴澄隼人&早花まこ&如月蓮&花音舞
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/  妃白ゆあ&真衣ひなの&凰羽みらい
              
楽屋日記
彩葉玲央 from 星組「こうもり/THE ENTERTAINER!」
糸月雪羽 from 花組「ME AND MY GIRL」
彩月つくし from 雪組「るろうに剣心」
小春乃さよ from 宙組「王家に捧ぐ歌」
朝日奈蒼 from 宙組「ヴァンパイア・サクセション」
    
座談会「Forever LOVE!!」より、早くも月組次公演エトが
  沙央くらま・真愛涼歌・晴音アキに決定したとの発表がっ
  真愛嬢、「A-EN」で初めてこんな歌える人だったんだと知ってクリビツしたなぁ…。
  おとめの演りたい役に「エトワール」て書いてるから、最期に念願叶って良かったのう。
  
  
  
      
  「歌劇5月号」   「歌劇4月号」
         
関連記事
23:41 |  歌劇  |  EDIT  | 
2016.06.08.Wed

宙組版「エリザベート」ポスターアップ

  

  
           朝夏トート(研15)×実咲エリザベート(研8)
 
ミュージカル「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」
「エリザベート」は1992年にオーストリアのウィーンで初演、98年までロングランされた後、ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツでも上演された人気ミュージカルです。
稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた少女エリザベートが、オーストリア皇后となったことから辿る数奇な運命を、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)という抽象的な役を配して描いた独創的なストーリーと、美しい旋律で彩られたナンバーで綴った高い音楽性を持つミュージカル「エリザベート」。
宝塚歌劇団では1996年に、世界各地での上演に先駆け日本初演。
主役をトートに置き換え、独自の演出・振付・装置・衣装により上演した宝塚版は、各方面より高い評価を頂戴し、お客様から絶大な支持を得ました。
1996年の雪組初演後、同年星組、1998年宙組、2002年花組、2005年月組、2007年雪組、2009年月組、2014年花組と再演を重ね、上演回数899回、観客動員数216万人を誇る、宝塚歌劇を代表する作品となりました。
この度の宙組公演では、トート役を宙組トップスター朝夏まなと、エリザベート役を宙組トップ娘役実咲凜音、フランツ・ヨーゼフ役を真風涼帆、ルキーニ役を愛月ひかる、ルドルフ役を澄輝さやと×蒼羽りく×桜木みなとが役替わりで演じます。
日本初演から20周年を迎えた2016年、朝夏まなとを中心とした宙組が、宝塚歌劇が誇る名作「エリザベート」に、新たな1ページを刻みます。

オーストリー=ハンガリー帝国の皇妃エリザベート暗殺事件から100年あまり――。
煉獄の裁判所では今もなお、実行犯ルイジ・ルキーニの裁判が続いている。
皇后本人が死を望んだのだ――エリザベート殺害の理由を問われ、そう答えるルキーニ。
彼は死した者たちの魂を呼び起こし、エリザベートが辿った数奇な運命について証言させる。
エリザベートは何を求め、何を愛したのか?
その答えを知る証人として、深い闇の中から黄泉の世界に君臨する帝王トートが現れる。
皇后への愛を認めたトートは、エリザベートへの“偉大なる愛”について語りはじめるのだった…。
1853年、15歳のエリザベートは、常識やしきたりに捉われない父マックスの自由な生き方に憧れを抱き、きままに少女時代を過ごしていた。
ある日、綱渡りに挑戦しようとしたエリザベートは、足を滑らせてロープから落下し、意識不明の重体に陥ってしまう。
生と死の狭間を彷徨うエリザベートを冥界の入り口で迎えたのは、黄泉の帝王トートであった。
死の口づけをしようとしたその時…トートは生命力あふれる瞳で真っ直ぐに自分を見つめるエリザベートに心を奪われてしまう。
初めて知る“愛”に、心を震わすトート。
エリザベート自身が“死”を求めるまで、どこまでも追い続けよう――その決意を胸に、トートはエリザベートを元の世界へと帰すのだった。
死が人を愛し、人が死を愛することなど果たしてあり得るのか?
“愛と死の輪舞”が、ここに始まる――

          

   
朝夏トートのビジュアル酷すぎ…
初日までに改善求ム。
何か最近ポスターのクオリティー落ちてない
   
さて、今回のシシィさんはどんだけ続投すれば気が済むのやら…。
月娘1もそうやけど、ふさわしい任期・辞め時ってのを自覚してもらいたい。
ランはなだってこれで退めたんだぞ。
まどうせ本人の意思じゃ無く劇団の意向て奴なんでしょうが。
 
新公シシィ、星風まどか来たなぁ。
本公演少年ルド・新公エリザの組み合わせは、09月組版の羽桜しずく以来か。
もうよい、お前は星に嫁に行けばいい!
片や路線の片割れ・遥羽ららは、本公演女官・新公ヘレネと何か格下げ感が否めない…。
星風が少年ルドなら遥羽マデでもよかったやろ。遥羽の方がいちお上級生なんやし。
そういうとこ劇団容赦しないよね。
で肝心要のうらら様の配役につきましては…
外野があれこれうるさいので、コッチに新しくアップしますねん。
 

     
ハイで…
  
    
関連記事
11:53 |  エリザ  |  EDIT  | 
2016.06.10.Fri

「マダムうららのコレクション」~見た目シシィと歌だけシシィのバトルは終わらない~

    

  
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
04:19 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2016.06.20.Mon

宝塚GRAPH7月号

         

      
グラフ7月号の表紙は、
ただいま地元で公演中・雪組2番手スター・望海ジュアン(研14)&次期3番手はこれで確定 彩風カルロ(研10)のお2人。
 
今月の内容は…
 
SIDE SHOT SELECTION/星組「こうもり/THE ENTERTAINER!」
Another Stage/  花組「ME AND MY GIRL」
PLACE/  龍真咲
MATCH/  明日海りお×芹香斗亜
サヨナラポート/  鳳真由
龍真咲のココイチ!!
ふわり/  妃海風
副音声/  紅ゆずる
月組赤坂ACTシアター公演、シアター・ドラマシティ公演ルポ/レポーター白雪さち花
プリンセス ア・ラ・モード×宝塚GRAPH後編
星風まどか×伶美うらら星乃あんり×星南のぞみ音波みのり×綺咲愛里城妃美伶朝月希和海乃美月×早乙女わかば
こちら!稽古場
Rhythm/  瀬央ゆりあ
From Stage/  早霧せいな
きわめる/  天寿光希
セウォッチ!!95/  瀬央ゆりあ×輝月ゆうま
with じぇんぬ/紫門ゆりや&久城あす&礼真琴&伶美うらら
TOPICS/宙組大劇場公演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」制作発表会
To The Future/  遥斗勇帆&聖乃あすか
トークDX/  明日海りお×芹香斗亜×柚香光 from ミーマイ
波瀾爆笑!? 我が人生/  月城かなと
TOPICS/  北翔海莉&妃海風 退団発表記者会見
スペシャルポート/  真風涼帆
                              
STAGE
花組大劇場公演「ME AND MY GIRL」
花組大劇場公演役替わり「ME AND MY GIRL」
宙組博多座公演「王家に捧ぐ歌」~役替中心~
宙組シアター・ドラマシティ公演「ヴァンパイア・サクセション」
 
プリンセス ア・ラ・モード×宝塚GRAPH後編は要チェキ!
  グラフとタカラヅカ・スカイ・ステージがコラボし、娘役が心に描くヒロイン像を、写真家らの手により作り上げていく番組からの特別ショット!!
  伶美トゥーランドット×星風タマル IN 鳳凰伝
  星乃シルヴィア×星南リゼット IN めぐり会いは再び
  音波ナターシャ×綺咲ジューン IN ヴァレンチノ
  朝月黒天使×城妃黒天使 IN エリザ
  早乙女マチルド×海乃レナール夫人 IN 赤と黒

  う、美しす…
     
   
    
      
「宝塚グラフ6月号」  「宝塚グラフ5月号」
          
関連記事
22:47 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2016.06.22.Wed

「綺咲愛里」

      
  
    
「綺咲愛里」(きさき・あいり)は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。星組トップ娘役。
10月30日生、兵庫県川西市、県立宝塚北高校出身。
身長163cm。血液型A型。
公式愛称は「あーちゃん」。非公式は「黒期あいり」、「ヒガシマル」、「アイリーン」、「キャバ嬢顔」
  
==来歴==
2008年4月、宝塚音楽学校入学。
2010年3月、宝塚歌劇団に96期生として入団。入団時の成績は17番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台。その後、星組に配属。
同期には優波慧夢奈瑠音紫藤りゅう和希そら叶羽時朝月希和、OGに元花組トップ娘役花乃まりあ、元雪組トップ娘役咲妃みゆ則松亜海らがいる。
2012年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール公演)で、早くも主演・紅ゆずるの妻役に抜擢。
同年、ショー「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演で、早乙女わかばらと共にヒロインパート(本役:夢咲ねね)の一部を担う。
2014年、「太陽王」(東急シアターオーブ公演)で、妃海風と共に東上初Wヒロイン。続く「The Lost Glory」で、新人公演初ヒロイン。
2015年、柚希礼音・夢咲ねね退団公演となる「黒豹の如く」で、2度目の新公ヒロイン。続く「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・DC公演)で、東上単独初ヒロイン。続く北翔海莉・妃海風大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」で、3作連続で新公ヒロイン。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2014年度新人賞を受賞。
2016年より、ヒガシマル醤油のイメージキャラクターに就任。
同年11月21日付で、紅ゆずるの相手役として、星組トップ娘役に就任。年末の「タカラヅカスペシャル2016」が、トップコンビとしての初仕事となる。
2017年、初舞台作品の再演となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、大劇場トップお披露目を果たす。
同年、「阪急すみれ会パンジー賞」において、2017年度娘役賞を受賞。
2018年、自身初となる第3回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に出演。

 
==人物==
3歳下の弟と7歳下の妹がいる。
幼稚園の頃よりピアノとバレエを習い始める。
地元の中学へ入学し、合唱コンクールで3年間ピアノ伴奏を担当していた。
中3の進路相談で、担任の教師から演劇科のある学校を勧められる。
そのまま宝塚市にある公立高校演劇科に進学。駅から遠いが、演劇科は身体作りのためバス通学禁止で、始発で登校し、発声などクラス40人で団結して頑張っていた。
体育祭の応援合戦ではアクロバティックなダンスで1位をとる。
その頃、課外授業で初めて生で演劇を観る。
ある日ピアノの先生から宝塚受験を勧められる。宝塚を全く知らず、どうせ受かるわけないし…と、母とダメ元で音楽学校の願書を提出。その後、宙組「黎明の風/Passion 愛の旅」で宝塚初観劇。
春休み中も新入生歓迎のレッスンに明け暮れるクラスメイトに断り、音楽学校の一次試験に臨む。電車ではクラスメイトと顔を合わせそうになり、慌てて気配を消す。
試験会場ではあまりの次元の違いに驚愕し、二次試験はひたすら周りの見よう見まねでついていった。
合格発表当日、TVに映るということを知らなかったため、母と前の方に居てしまい、ニュース映像でガンガン流されてしまう。
結果、同級生から連絡の嵐を受ける羽目に。
その時点でも宝塚についての知識が乏しく、てっきり音楽学校と高校生活とを両立できるものと思い込んでいた。
妹は花組娘役の美里玲菜。
 
  
==初舞台==
2010年
4~5月、月組「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」(宝塚大劇場のみ)新人公演:民衆
 
==星組時代==
7~8月、「ロミオとジュリエット」(梅田芸術劇場・博多座)
10~12月、「宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-」「愛と青春の旅だち」
2011年
4~7月、「ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-」「めぐり会いは再び-My only shinin' star-」新人公演:ボーロ(本役:音波みのり)
8~9月、「ランスロット」(バウホール)幼グウィネビア
11~2012年2月、「オーシャンズ11」
3月、「天使のはしご」(日本青年館・バウホール)リディア
5~8月、「ダンサ セレナータ」「Celebrity-セレブリティ-」カロリーナ、新人公演:リタ(本役:早乙女わかば)
9月、「ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-」(バウホール・日本青年館)ヴィクトワール・ファージョン
11~2013年2月、「宝塚ジャポニズム~序破急~」「めぐり会いは再び2nd~Star Bride~」新人公演:レオニード(本役:音波みのり)「Étoile de TAKARAZUKA(エトワールドタカラヅカ)」プティットアミ、新人公演:ゴールドアリエス(本役:夢咲ねね)、ヴァルゴファムA(本役:音波みのり)
3~4月、「南太平洋」(シアタードラマシティ・日本青年館)リアット
5~8月、「ロミオとジュリエット」キャピュレット(女)、新人公演:モンタギュー(女)
9~10月、柚希礼音スペシャル・ライブ「REON!!Ⅱ」(東京国際フォーラム・博多座)
2014年
1~3月、「眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯(はて)に-」マリー・ルイーズ、新人公演:テレーズ(本役:音花ゆり) 
5~6月、「太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~」(東急シアターオーブ)マリー 東上Wヒロイン
7~10月、「The Lost Glory-美しき幻影-」「パッショネイト宝塚!」ミラベル、新人公演:ディアナ・キャンベル(本役:夢咲ねね) 新人公演初ヒロイン
11月、柚希礼音スーパー・リサイタル「REON in BUDOKAN~LEGEND~」(日本武道館)
12月、「アルカサル~王城~」(バウホール)ブランシュ姫
2015年
2~5月、「黒豹(くろひょう)の如(ごと)く」「Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-」モニカ、新人公演:カテリーナ・デ・ラミレス(本役:夢咲ねね) 新人公演ヒロイン
6~7月、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)ブレンダ・ストロング 東上ヒロイン
8~11月、「ガイズ&ドールズ」ミミ、新人公演:サラ・ブラウン(本役:妃海風) 新人公演ヒロイン
2016年
1月、「LOVE&DREAM-I.Sings Disney/II.Sings TAKARAZUKA-」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
3~6月、「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…」「THE ENTERTAINER!」イーダ、新人公演:レブロフ伯爵夫人(本役:万里柚美)
6月、「Bow Singing Workshop~星~」(バウホール)
8~11月、「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-」「ロマンス!!(Romance)」竹下ヒサ、新人公演:大給夫人(本役:万里柚美)
 
==星組トップ娘役時代==
2017年
1月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(東京国際フォーラム)シャンティプリヤ(シャンティ)、サンディ トップお披露目公演
3~6月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」マルグリット・サン・ジュスト 大劇場トップお披露目公演
7~8月、「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(梅田芸術劇場)シャンティプリヤ(シャンティ)、サンディ
9~12月、「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」ジル・クライン
2018年
2月、「うたかたの恋」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケドタカラヅカ)」(中日劇場)マリー・ヴェッツェラ
4~7月、「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge(キラールージュ)」お澄
8~11月、「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge(キラールージュ)/星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)」(梅田芸術劇場・日本青年館・國家兩廳院國家戯劇院・高雄市文化中心至徳堂)丹翡
2019年
1~3月、「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS~エストレージャス,星たち~」
    
==出演イベント==
2011年1~2月、TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY「DREAM TRAIL~宝塚伝説~」(外部出演)
2011年7月、轟悠ディナーショー「Rendez-Vous~今宵きみと~」
2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」~プレ・プレ・センテニアル~(コーラス)
2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
2017年10月、第54回「宝塚舞踊会」
2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!」
 
==広告出演==
2016年~、ヒガシマル醤油
 
== 受賞歴 ==
2015年、「宝塚歌劇団年度賞」2014年度新人賞
2017年、「阪急すみれ会パンジー賞」娘役賞 
  
綺咲愛里 公式プロフィール
宝塚音楽学校96期裁判について
   
   
   
     
関連記事
19:27 |  星組生徒  |  EDIT  | 
2016.06.24.Fri

「One Voice」ポスターアップ

    

 
                  北翔海莉(研19)
 
歌声をひとつに…「One Voice
一人の歌声が心を震わせ、それらが重なりあってハーモニーを作り出すと、素晴らしい世界が生まれる…。
多彩な輝きを放つ北翔海莉の歌声に焦点を当て、その魅力を引き出すと共に、選抜メンバーが各々の歌声を披露するVOCAL中心のステージ。

    

  
大劇場公演が終わって休む間も無く、星組は4分割。
みちセブこれがプレサヨナラ公演。
トップコンビがバウ主演とはめずらしい…。
専科から特出の夏美よう・美城れんはそのまま次のサヨナラ公演にも連投。
次期トップのタメ口女率いるグループは宝塚巴里祭参戦。
壱城あずさは単独でコンサート。
ヒガシマル含む残りはバウ・ワークショップへ。
あれ、万里組長は何処へ…
     
      
      
       
星組公演「One Voice」   星組公演「THE ENTERTAINER!」
¥8,640 【送料無料!!】  ライブCD
      
関連記事
00:19 |  星組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |