花邪馬台国稽古中。月博多座明日千秋楽!雪幕末公演中。星スカピン東京公演中。宙梅芸・バウ稽古中。

歌劇 6月号

category: 歌劇  

       

      
歌劇6月号の表紙は、
花組2番手スター・芹香ジョン卿&ジェラルド(研10) IN 役替わり。
  
今月の内容は…
     
カラーポート/  轟悠&澄輝さやと&鳳月杏&彩凪翔
コンビdeプロデュース/  早霧せいな×咲妃みゆ&妃海風×北翔海莉
十輝いりすサヨナラ特集
THE THEATER GUIDE Vol.5&6
Takarazukaニュース
宝塚写真館
                 
STAGE PHOTO
花組宝塚大劇場公演「ME AND MY GIRL」「ME AND MY GIRL」役替わり
宙組博多座公演「王家に捧ぐ歌」
宙組シアター・ドラマシティ公演「ヴァンパイア・サクセション」
星組宝塚大劇場新人公演「こうもり」
 
STAGE INFORMATION
座談会「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」「Forever LOVE!!」(月組宝塚大劇場公演)
座談会「ローマの休日」(雪組中日劇場公演)
対談「ドン・ジュアン」(雪組KAAT神奈川芸術劇場公演)
楽屋取材「ME AND MY GIRL」(花組宝塚大劇場公演)
  
北翔海莉&妃海風退団発表記者会見
Talking to myself with…/  轟悠
ザッツranKING!~1番はだ~れ?~
THE 男役/  北翔海莉×瀬央ゆりあ
ふりかえって!○○時代/  礼真琴
トキメキの時はいつまでも…/  十輝いりす
ワールドワイドオブタカラヅカ
えと文/  航琉ひびき&咲希あかね&真那春人&紫月音寧&星吹彩翔
「組レポ。」/  鳳真由&貴澄隼人&早花まこ&如月蓮&花音舞
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/  妃白ゆあ&真衣ひなの&凰羽みらい
              
楽屋日記
彩葉玲央 from 星組「こうもり/THE ENTERTAINER!」
糸月雪羽 from 花組「ME AND MY GIRL」
彩月つくし from 雪組「るろうに剣心」
小春乃さよ from 宙組「王家に捧ぐ歌」
朝日奈蒼 from 宙組「ヴァンパイア・サクセション」
    
座談会「Forever LOVE!!」より、早くも月組次公演エトが
  沙央くらま・真愛涼歌・晴音アキに決定したとの発表がっ
  真愛嬢、「A-EN」で初めてこんな歌える人だったんだと知ってクリビツしたなぁ…。
  おとめの演りたい役に「エトワール」て書いてるから、最期に念願叶って良かったのう。
  
  
  
      
  「歌劇5月号」   「歌劇4月号」
         
関連記事

  

  
                 朝夏トート(研15)×実咲エリザベート(研8)
 
ミュージカル「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」
「エリザベート」は1992年にオーストリアのウィーンで初演、98年までロングランされた後、
ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツでも上演された人気ミュージカルです。
稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた少女エリザベートが、
オーストリア皇后となったことから辿る数奇な運命を、
彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)という抽象的な役を配して描いた独創的なストーリーと、
美しい旋律で彩られたナンバーで綴った高い音楽性を持つミュージカル「エリザベート」。
ヅカでは1996年に、世界各地での上演に先駆け日本初演。
主役をトートに置き換え、独自の演出・振付・装置・衣装により上演したヅカ版は、
各方面より高い評価を頂戴し、お客様から絶大な支持を得ました。
96年の雪組初演後、同年星組、98年宙組、02年花組、05年月組、07年雪組、09年月組、14年花組と再演を重ね、
上演回数899回、観客動員数216万人を誇る、宝塚歌劇を代表する作品となりました。
この度の宙組公演では、トート役を宙組トップスター朝夏まなと、エリザベート役を宙組トップ娘役実咲凜音
フランツ役を真風涼帆、ルキーニ役を愛月ひかる
ルドルフ役を澄輝さやと×蒼羽りく×桜木みなとが役替わりで演じます。
日本初演から20周年を迎えた2016年、
朝夏トートを中心とした宙組が、ヅカが誇る名作「エリザベート」に、新たな1ページを刻みます。

オーストリー=ハンガリー帝国の皇妃エリザベート暗殺事件から100年あまり――。
煉獄の裁判所では今もなお、実行犯ルイジ・ルキーニの裁判が続いている。
皇后本人が死を望んだのだ――エリザベート殺害の理由を問われ、そう答えるルキーニ。
彼は死した者たちの魂を呼び起こし、エリザベートが辿った数奇な運命について証言させる。
エリザベートは何を求め、何を愛したのか?
その答えを知る証人として、深い闇の中から黄泉の世界に君臨する帝王トートが現れる。
皇后への愛を認めたトートは、エリザベートへの“偉大なる愛”について語りはじめるのだった…。
1853年、15歳のエリザベートは、常識やしきたりに捉われない父マックスの自由な生き方に憧れを抱き、
きままに少女時代を過ごしていた。
ある日、綱渡りに挑戦しようとしたエリザベートは、足を滑らせてロープから落下し、意識不明の重体に陥ってしまう。
生と死の狭間を彷徨うエリザベートを冥界の入り口で迎えたのは、黄泉の帝王トートであった。
死の口づけをしようとしたその時…
トートは生命力あふれる瞳で真っ直ぐに自分を見つめるエリザベートに心を奪われてしまう。
初めて知る“愛”に、心を震わすトート。エリザベート自身が“死”を求めるまで、どこまでも追い続けよう――
その決意を胸に、トートはエリザベートを元の世界へと帰すのだった。
死が人を愛し、人が死を愛することなど果たしてあり得るのか?“愛と死の輪舞”が、ここに始まる――

          

   
朝夏トートのビジュアル酷すぎ…
初日までに改善求ム。
 
何か最近ポスターのクオリティー落ちてない
言っちゃなんだが、エリザに関して言えば、
まだコッチの方が観劇意欲はそそられる…。 
     
で恒例の…
  
    
関連記事

 
さて…
何よりも気がかりだった伶美うらら様の配役 IN エリザが
マダム・ヴォルフに決まりまして…。
  
ま、ま、ままま、マダム・ヴォルフぅぅぅ?!!
 
   
        
スターレイかヘレネかぎりぎりマデレーネに滑り込みかと予想してたけど、
予想の遥か斜め上をいく発表。
ココでは書かなかったけど、
でも実はちょっとあるかなとも思うてたのよねん。
あの歌、キーがかなり低めで男役が配されることも多く、
しかも皆アレンジして歌うから、
例え音外そうと歌詞が飛ぼうと最悪声が引っくり返ろうとw
「今回はそういう役作りなんです」と強引に押し通せば
何とか成立しそうな…w
ビジュアルが「娘」では無くもう完全「女」役のうらら様には確かにうってつけか。
マダム・ヴォルフはご覧の通り、
 

  
呼び声と共に登場し、
でーんと一場面かっさらっていけばいいだけなので、
そういう意味でも
歌じゃなくビジュアルで今回は強烈なインパクト残せそう。
にしても… 
この98宙組版観たら、怖いものなんて無くなるねw
マダム・ヴォルフが元宙組副組長現専科の鈴奈沙也(当時研9!)で、
マデレーネはあの真琴つばさの同期でヅカの久本雅美と呼ばれた
伝説の夏河ゆら氏(当時研14!!)
どっちもババアじゃねーかよww
しかも何で娼館の女主人よりマデレーネが年喰ってんの…
伝説の宙組公演、最凶の組み合わせだなオイ。
この後出てくるシシィが花總まりだってことすら忘れてた。
  
結局うらら様が…
「ヴァンパイア・サクセション」で
あんなド派手な衣装着せられてたのも、
バウ・ワークショップで
やたら低音響かせて歌ってたのも、
すべてはこの役作りのためだったと…。
そして
これはつまり
今後のうらら様の方向性として…
もうトップ候補ではなく、
せーこに続く別格枠ビジュアル路線にシフトチェンジ、ということか。
トップにするには実力が~~で、
脇に回ると華がありすぎて目立ってしまい、
最終的に目指すは、大湖せしる的ポジションか。
男役出身じゃないけど、それくらいの貫録と押し出しの強さがあり、
存在感と美貌は娘1や若手路線娘を軽く凌駕するので、
セクシー系やマダム系の専門役者となり、
時々若手主演のバウ公演とかで年上のヒロイン演ったりする的な。
「伶美うららの正しい使い方」としては、
劇団今回間違っていないような気もするが…。
   
でもトップになってほしいですっ!!
     
      
         
                
関連記事

         

      
グラフ7月号の表紙は、
ただいま地元で公演中・雪組2番手スター・望海ジュアン(研14)と、
次期3番手はこれで確定 彩風カルロ(研10)のお2人。
 
今月の内容は…
 
SIDE SHOT SELECTION/  星組「こうもり/THE ENTERTAINER!」
Another Stage/  花組「ME AND MY GIRL」
PLACE/  龍真咲
MATCH/  明日海りお×芹香斗亜
サヨナラポート/  鳳真由
龍真咲のココイチ!!
ふわり/  妃海風
副音声/  紅ゆずる
月組赤坂ACTシアター公演、シアター・ドラマシティ公演ルポ/レポーター白雪さち花
プリンセス ア・ラ・モード×宝塚GRAPH後編星風まどか×伶美うらら星乃あんり×星南のぞみ
            音波みのり×綺咲愛里城妃美伶朝月希和海乃美月×早乙女わかば
こちら!稽古場
Rhythm/  瀬央ゆりあ
From Stage/  早霧せいな
きわめる/  天寿光希
セウォッチ!!95/  瀬央ゆりあ×輝月ゆうま
with じぇんぬ/  紫門ゆりや&久城あす&礼真琴&伶美うらら
TOPICS/  宙組大劇場公演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」制作発表会
To The Future/  遥斗勇帆&聖乃あすか
トークDX/  明日海りお×芹香斗亜×柚香光 from ミーマイ
波瀾爆笑!? 我が人生/  月城かなと
TOPICS/  北翔海莉&妃海風 退団発表記者会見
スペシャルポート/  真風涼帆
                              
STAGE
花組大劇場公演「ME AND MY GIRL」
花組大劇場公演役替わり「ME AND MY GIRL」
宙組博多座公演「王家に捧ぐ歌」~役替中心~
宙組シアター・ドラマシティ公演「ヴァンパイア・サクセション」
 
プリンセス ア・ラ・モード×宝塚GRAPH後編は要チェキ!
  グラフとタカラヅカ・スカイ・ステージがコラボし、
  娘役が心に描くヒロイン像を、写真家らの手により作り上げていく番組からの特別ショット!!
  伶美トゥーランドット×星風タマル IN 鳳凰伝
  星乃シルヴィア×星南リゼット IN めぐり会いは再び
  音波ナターシャ×綺咲ジューン IN ヴァレンチノ
  朝月黒天使×城妃黒天使 IN エリザ
  早乙女マチルド×海乃レナール夫人 IN 赤と黒

     
   
    
        
  「宝塚グラフ6月号」   「宝塚グラフ5月号」
          
関連記事

    

 
                         北翔海莉(研19)
 
歌声をひとつに…
One Voice
一人の歌声が心を震わせ、それらが重なりあってハーモニーを作り出すと、素晴らしい世界が生まれる…。
多彩な輝きを放つ北翔海莉の歌声に焦点を当て、その魅力を引き出すと共に、
選抜メンバーが各々の歌声を披露するVOCAL中心のステージ。

    

  
大劇場公演が終わって休む間も無く、星組は4分割。
みちセブこれがプレサヨナラ公演。
トップコンビがバウ主演とはめずらしい…。
専科から特出の夏美よう・美城れんはそのまま次のサヨナラ公演にも連投。
次期トップのタメ口女率いるグループは宝塚巴里祭参戦。
壱城あずさは単独でコンサート。
ヒガシマル含む残りはバウ・ワークショップへ。
あれ、万里組長は何処へ…
     
      
      
             
  星組公演「One Voice」       星組公演「THE ENTERTAINER!」
  ¥8,640  【送料無料!!】   ライブCD
      
関連記事

    
     
               
専科 退団者のお知らせ
 
哀し~~い。何この発表。
専科生なのに、専科生としての仕事何もしないまま退団て
チョット悲しすぎるわ。
 
研27だから定年じゃないでしょ。
だとしたら何よ
 
どうも専科生というのは、
一年間出演実績が無いと退団勧告を受ける」のだとか…
ほんまかオイ。
 
体調不良だとか怪我だとか年齢的にK年期とか…
ま考えられなくもないけど、
今回に限って言えば、
これは明らかに劇団からの肩叩き
という名の戦力外通告=自主退団、になるのでしょう。
実力のある娘役さんだと思うてたけど。
 
そもそもなぜに鈴奈姐さん、こんな干される事態になったのか
星組から宙組へ、そして宙組副組長に就任。
そっから専科へ異動。
以降丸2年、大運動会等のイベントを除いて各組への出演実績はゼロ。
専科生というのは
他の組子のように自動的に公演スケジュールが決まり振り分けられるのでなく、
組のPなり演出家なりから呼ばれないと出演できないようだ。
つまり
どっからもお呼びがかからなかったと…。
 
専科の女役は理事の松本悠里(研60!!)を除くと…
京 三紗  (研46)
五峰亜季 (研31)
美穂圭子 (研28)
鈴奈沙也 (研27)

この4人のみ。
と言っても実質的に専科女役の看板を背負ってるのは
美穂圭子1人だと言っていいだろう。
何で彼女があらゆる公演に多用されるのか知らんが、
とにもかくにも歌姫として、各組大中小公演に引っ張りだこ。
結果的に他の専科生(時には組子)の活躍の場を奪ってしまう形になる。
そしても一つ。
専科男役・悠真倫(研22)やこれから専科入りする凪七瑠海(研14)など、
男役でありながらも女役や老け役を違和感なくこなせるスターが増えてきたこと。
ヅカは男役至上主義だし、人気も男役の方が圧倒的なので、
どうせ起用するなら男役に女役演ってもらった方がありがたい。
その考え方ゆえにますます専科女役の活躍の場が狭まる…。
専科移ってからだって、
「Ernest in Love」のブラックネル夫人とか
「相続人の肖像」のロザムンドとか
いくらでも演じられる役あったでしょうに~~
  
最後に鈴奈元副組長、お願いがあります。
古巣宙組のエリザベートで、
今回うらら様がマダム・ヴォルフを演じるんです。
そうです、星組・宙組初演版で2回貴女演じてますよね。
動画で観るとケッコー微妙だったんですが、
ぜひイゾラベッラコンサート付で退団する前に
うらら様に歌唱指導してやってください。
彼女の今後がかかってるんです。
おねげーします。
  
  
  
  
関連記事

05  « 2016_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

本日のお客様

ヅカオタのバイブル


「宝塚おとめ 2017年度版」
¥1,620  【送料無料!!】


「TAKARAZUKA REVUE 2016」
¥2,000  【送料無料!!】

プロフィール

高等遊民

Author:高等遊民
清くも
正しくも
美しくもなく…

本日の売れ筋

最新作 続々入荷!!


花組公演「雪華抄/金色の砂漠」
<明日海りお×花乃まりあ>
¥10,800  【送料無料!!】


月組公演「アーサー王伝説」
<珠城りょう×愛希れいか>
¥8,640  【送料無料!!】


雪組公演「私立探偵ケイレブ・ハント」
<早霧せいな×咲妃みゆ>
¥10,800  【送料無料!!】


星組公演 「オーム・シャンティ・オーム」
<紅ゆずる×綺咲愛里>
¥8,640  【送料無料!!】


宙組公演「王妃の館」
<朝夏まなと×実咲凜音>
¥10,800  【送料無料!!】

ル・サンク


花組公演「金色の砂漠」
¥1,000  2016年12月号


月組公演「グランドホテル」
¥1,000  2017年合併号


雪組公演「幕末太陽傳」
¥1,000  2017年5月号


星組公演「スカーレット ピンパーネル」
¥1,000  2017年4月号


宙組公演「王妃の館」
¥1,000  2017年3月号


「タカラヅカスペシャル2016」
¥1,000  特別編集号

丸窓の春景色

スター特集本


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.6 彩風咲奈

¥1,800  【送料無料!!】


愛希れいか・実咲凜音PHOTO BOOK
「Deux Princesses」

¥2,200  【送料無料!!】


早霧せいな写真集「Alter ego」
¥3,600  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.5 愛月ひかる

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.4 礼真琴

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.3 柚香光

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.2 珠城りょう

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.1 芹香斗亜

¥1,800  【送料無料!!】

灯が消えるまで

ザ・タカラヅカ


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  花組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  月組特集


「ザ・タカラヅカⅦ」
¥2,300  雪組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  星組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  宙組特集

全国のお天気


グラフ&歌劇 最新号


「宝塚GRAPH6月号」
¥720  5/20発売


「宝塚GRAPH5月号」
¥720  4/20発売


「歌劇5月号」
¥720  5/2発売


「歌劇4月号」
¥720  4/5発売

只今のお客様




page
top