花邪馬台国稽古中。月博多座明日千秋楽!雪幕末公演中。星スカピン東京公演中。宙梅芸・バウ稽古中。


  
さて
いつまで経っても発表されないなと思うていた
来年月組のラインアップがようやく発表に。
 
注目すべきはやはりたまきち全ツ初主演か。
  
全国ツアーというのは通常
トップスターかトップ就任の近い2番手が主演するものと相場が決まっとるので、
今回の異例の人事は確かに衝撃的。。
  
今年に入って各組で次々と2番手3番手が誕生し
序列がハッキリしていく中で、
さすがに月組だけいつまでも
2番手不在状態では誤魔化し切れなくなってきたか。。
 
つまりこれって、
「珠城りょう(研8) 2番手就任のお知らせ」
みたいなもんでしょ  
 
たまきちは次の大劇場公演「舞音」終了後、
2番手スターになってる可能性が高い。
 
そうなると嫌でも気になる
凪七瑠海・美弥るりか(研13)の今後。
このブログでも再三触れてきたけど、
組替えか退団か専科入りか転向か。
凪七の場合、もう性転換しか残された道は無いだろう。
今からでも女役に転向すれば、トップになれる可能性はあるかもだし、
大湖せしる・純矢ちとせポジ狙いで充分イケる。
みやるりは、正直これがもう劇団からの肩叩きなのだと思って、
潔く退団した方がいいかもしれない。
女役は無理だし組替えしようにも今の番手じゃ受け入れ先が無いし、
専科には先に月組から星条海斗・沙央くらまが異動してるし。
(これだって結局はたまきち格上げのためやしね)
もう涼紫央・悠未ひろ・未涼亜希パターンを踏襲するしか…。
 

現トップコンビが来年退団するとしたら、後任は誰に
 
去年惜しくもトップ当選を逃した
タメ口紅子(研14)が流れてくる可能性は高い。
が、
今このタイミングでの全ツ主演の意味や
月組の歴代スターの変遷から鑑みるに、
たまきち研9でトップ就任!
というのも、あながちありえない話では無いような…。
     
「舞音」で2番手デビューし、2番手お披露目で全ツを廻り、
来年大劇場公演で現トップがサヨナラ→2番手2作でトップ就任。
とかさ…。 
  
うーむ読めんぞ
月組の今後の人事。
 
 
 
 
関連記事

歌劇10月号

category: 歌劇  

   
歌劇最新号
 
歌劇10月号の表紙は、
今年誰よりも早く2番手デビューを果たした
花組芹香キキ惟光(研9)が初登場
 
今月の内容は…
 
カラーポート/  明日海りお&龍真咲&咲妃みゆ&望海風斗&美弥るりか
TAKARAZUKAニュース
宝塚写真館
                   
STAGE PHOTO
星組宝塚大劇場公演「ガイズ&ドールズ」
花組台湾公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲」
専科宝塚バウホール公演「オイディプス王」
月組宝塚バウホール公演「A-EN」朝美絢主演版
月組シアター・ドラマシティ公演「DRAGON NIGHT!!」
                  
STAGE INFORMATION
座談会「新源氏物語」「Melodia-熱く美しき旋律-」(花組宝塚大劇場公演)
対談「相続人の肖像」(宙組宝塚バウホール公演)
インタビュー「メランコリック・ジゴロ/シトラスの風Ⅲ」(宙組全国ツアー公演)
楽屋取材「ガイズ&ドールズ」(星組宝塚大劇場公演)
             
ザッツranKING!~1番はだ~れ?~
Talking to myself with photo/  轟悠
Toy to Story/  早霧せいな
TURNING POINT”S”tage/  珠城りょう
花組第二回台湾公演レポート/  レポーター瀬戸かずや
新花組生紹介/  101期生
えと文/  桜咲彩花&貴千碧&央雅光希&夏樹れい&瀬音リサ
「組レポ。」/  鳳真由&紫門ゆりや&早花まこ&如月蓮&花音舞
陽月華の今月の華
退団ご挨拶/  此花いの莉&雛月乙葉&透水さらさ&悠斗イリヤ&花瑛ちほ
                    
楽屋日記
天路そら from 星組「ガイズ&ドールズ」 
和希そら from 宙組「王家に捧ぐ歌」
姫咲美礼 from 専科「オイディプス王」
佳城葵 from 月組「A-EN」朝美版
蒼真せれん from 月組「DRAGON NIGHT!!」

だってよん。
 
 
 
      
  「歌劇9月号」   「歌劇8月号」
      
関連記事

              
早えーもんで、今年ももうこの季節。
2016年版宝塚カレンダー、本日発売
            

                       
 愛希れいか 2年続けて表紙
アノカタもきっと喜んでいることだろう…。
                       
来年度の掲載メンバーは…
                       
 表紙  月組  愛希れいか
 1月  月組  龍真咲
 2月  宙組  真風涼帆
 3月  星組  妃海風   花組 花乃まりあ  雪組 咲妃みゆ
 4月  雪組  早霧せいな
 5月  花組  芹香斗亜
 6月  専科  轟悠
 7月  宙組  実咲凜音
 8月  宙組  朝夏まなと
 9月  星組  北翔海莉
10月  雪組  望海風斗
11月  星組  紅ゆずる
12月  花組  明日海りお
                       
計15名。
うち芹香・妃海・真風の3名が初登場。
 
毎年言うてることやけど、
今年(来年か)はいつにも増して娘役の扱い酷くねーか
 
任期の長くなってきた愛希と実咲が単独ページ、
残り3人はまとめて1ページにぶっこむって…。
ま別に贔屓の娘役じゃないからいいけどさ
 
専科 → 轟悠
花組 → 明日海りお・花乃まりあ・芹香斗亜
月組 → 龍真咲・愛希れいか
雪組 → 早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗
星組 → 北翔海莉・妃海風・紅ゆずる
宙組 → 朝夏まなと・実咲凜音・真風涼帆
      
        
               
              
  「宝塚ステージカレンダー2016」   「宝塚卓上カレンダー2016」
                  
関連記事

                      
「宝塚スターカレンダー」に続いて、
2016年版宝塚卓上カレンダーも発売
                                  

              
去年に引き続き、
若手男役スターのみで構成。
                       
気になるメンツは…
                       
 表紙      コラボ
 1月  雪組  彩凪翔
 2月  月組  宇月颯・紫門ゆりや・煌月爽矢・朝美絢暁千星
 3月  宙組  澄輝さやと・凛城きら・蒼羽りく・桜木みなと・和希そら
 4月  花組  柚香光
 5月  星組  天寿光希・十碧れいや・麻央侑希
 6月  雪組  月城かなと
 7月  花組  瀬戸かずや・鳳真由・鳳月杏・水美舞斗
 8月  雪組  彩風咲奈
 9月  月組  珠城りょう
10月  宙組  愛月ひかる
11月  雪組  香綾しずる・真那春人・永久輝せあ
12月  星組  礼真琴
                       
研4から研12まで計27名。
 
鳳翔大・蓮城まこと・壱城あずさが姿を消し、
水美舞斗・朝美絢・暁千星・永久輝せあ・和希そらが初登場。
月城かなとが初単独ページに。
                       
つまり
劇団が今後 していきたいのは、
                         
   柚香 光
   珠城りょう
   彩凪 翔・彩風咲奈・月城かなと
   礼 真琴
   愛月ひかる
                          
こゆことやね。
   
彩凪だけチト微妙だが。
                       
                       
                       
            
  「宝塚スターカレンダー2016」   「宝塚ステージカレンダー2016」
                  
関連記事

   
グラフ最新号
 
本日発売
 
グラフ11月号の表紙は、両手に花
宙組2番手スター・真風涼帆(研10)が、
星組トップ娘役・妃海 風(研7)&雪組トップ娘役・咲妃みゆ(研6)を従えて登場。
     
ハイ今月の内容は…  
   
THE COSTUME/  北翔海莉&妃海風 from ガイズ&ドールズ
STUDY/  明日海りお
Another Stage/  雪組「星逢一夜/La Esmeralda」
Match/  朝夏まなと×実咲凜音
星組 北翔海莉に聞く!
FEVER/  凪七瑠海&七海ひろき
花組台湾公演ルポ/  レポーター華雅りりか
芸談/  蓮城まこと&瀬戸かずや
chou chou/  城妃美伶海乃美月
CARNIVAL/  永久輝せあ
×94~人生 笑いの方程式~/  風馬翔×珠城りょう
GRAPHOO!検索/  望海風斗&鳳月杏&伶美うらら&暁千星
トークDX/  北翔海莉×紅ゆずる from 星組ガイズ&ドールズ
波瀾爆笑!? 我が人生/  蒼羽りく
Pick Up! Interview/  星吹彩翔&晴音アキ
スペシャルポート/  芹香斗亜
 
STAGE
星組大劇場公演「ガイズ&ドールズ」
月組梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演「DRAGON NIGHT!!」
専科バウホール公演「オイディプス王」
星条海斗ディナーショー「Flügel」
星組新人公演「ガイズ&ドールズ」
    
だってよ。
                             
    
          
         
  「宝塚グラフ10月号」   「宝塚グラフ9月号」
          
関連記事

        

 
                   早霧エリオ(研15)×咲妃エバ(研6)
   
ミュージカル・ロマン「哀しみのコルドバ」
1985年に峰さを理主演により星組で、その後も1995年に安寿ミラ
2009年に真飛聖主演により花組で上演された名作の再演。
舞台は19世紀末のスペイン、花形闘牛士として栄光の人生を歩んでいたエリオは、
ある夜会で初恋の女性エバと再会したことから人生の歯車を狂わせることとなり…。
全てを捨てて、愛に生きようとする恋人達の美しくも哀しい姿を、珠玉の名曲に乗せてドラマティックに描き出します。

1890年代、スペインの首都マドリード――。
エリオは花形闘牛士として賞賛を受け、闘牛の師、アントンの娘であるアンフェリータとの婚約も整い、
栄光の人生を歩んでいた。
しかし、ある夜会でかつての恋人、エバと再会したことから、人生の歯車を狂わせることになる。
今では実業家ロメロの愛人となったエバだったが、
エリオはエバに対する募る想いを抑えることができず、二人は運命の恋に身を委ねる。
そんな二人の仲を知り、激しい嫉妬に駆られたロメロは、エバへの愛と自身の誇りを懸けエリオに決闘を申し込む。
ロメロの申し出を受けたエリオは、結果がどうなろうと二人の思い出の教会で待っていて欲しいとエバに告げるのだった。
そして、試合当日の早朝、エリオはロメロとの決闘に挑むのだが――。

バイレ・ロマンティコ「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」
どこまでも続くエメラルドの海をバックに繰り広げられる、情熱の愛と夢の数々を描いたラテン・ショー。
早霧せいなが体現する“情熱”をテーマに、極彩色に彩られたロマンティックなステージをお届けします。

    

   
1985年、星組で峰さを理×南風舞×湖条れいかコンビにより初演。
1995年、花組で安寿ミラ×森奈みはるトップコンビのサヨナラ公演として再演。
2009年、花組で真飛聖×桜乃彩音トップコンビで全ツ再演。
2015年、チギみゆコンビでまた全ツ再演。
      
ハイ恒例の…
配役比較
                      15年雪組  09年花組  95年花組  85年星組
エリオ・サルバドール/             早霧せいな/真飛聖/安寿ミラ/峰さを理
(スペイン一の闘牛士)   
エバ・シルベストル/              咲妃みゆ/桜乃彩音/森奈みはる/湖条れいか
(エリオの若き日の恋人で現在はリカルドの愛人)
リカルド・ロメロ/               望海風斗/大空祐飛/真矢みき/新城まゆみ   
(マドリードの少壮実業家でエバのパトロン)
アンフェリータ・ナバロ/            星乃あんり/桜一花/純名里沙/南風舞
(アントンの娘でエリオの婚約者)
        
アントン・ナバロ/               蓮城まこと/夏美よう/海峡ひろき/洋ゆり
(エリオの師匠)
マリア/                    梨花ますみ/京三紗(専科)/藤京子(専科)/睦千賀(専科)
(エリオの母)
ソニア/                    星南のぞみ/白華れみ/渚あき/葦川牧
(エリオの妹)
  
ビセント・ロペス/               彩風咲奈/愛音羽麗/愛華みれ/日向薫
(闘牛士でアントンの弟子)
アルバロ/                   彩凪翔/未涼亜希/宝樹芽里/光城ひろみ   
(闘牛士でアントンの弟子)
バシリオ/                   真那春人/朝夏まなと/初風緑/夏美よう
(闘牛士でアントンの弟子) 
ぺぺ/                     桜路薫/扇めぐみ/匠ひびき/一樹千尋
(闘牛士でアントンの弟子)
パコ/                     天月翼/望海風斗/香織ゆたか/三城礼
(闘牛士でアントンの弟子)
マリオ/                    陽向春輝/鳳真由/伊織直加/隼れん   
(闘牛士でアントンの弟子)
マノレッテ/                  透真かずき/夕霧らい/夏城令/あづみれいか   
(闘牛士でアントンの弟子)
ルシオ/                    縣千/祐澄しゅん/貴月あゆむ/綾羽絽美   
(闘牛士でアントンの弟子)
アルフォンソ/                 橘幸/冴月瑠那/千波ゆう/   
(闘牛士志望者)
ゴンザーロ/                  鳳華はるな/夏城らんか/春野寿美礼/   
(闘牛士志望者)
            
パウラ/                    千風カレン/絵莉千晶/町風佳奈/藤京子
(エバの母)
リサ/                     沙月愛奈/聖花まい/美月亜優/矢代鴻(専科)
(エバの友人)
    
フェリーペ・マルティン/            永久輝せあ/真野すがた/紫吹淳/紫苑ゆう
(ロメロの甥)
ロベルト/                   橘幸/天真みちる/真丘奈央/泉つかさ
(ロメロ邸執事)
         
セバスチャン伯爵/               鳳翔大/眉月鳳/未沙のえる/萬あきら
(マドリードの司法長官)
メリッサ/                   大湖せしる/華耀きらり/詩乃優花/紫城いずみ
(セバスチャン伯爵の妻)
 
ガルドス/                   朝風れい/紫陽レネ/天地ひかり/   
(マドリードの男)
サパテール/                  央雅光希/冴月瑠那/四季香/   
(マドリードの男)
メングス/                   鳳華はるな/夏城らんか/真由華れお/   
(マドリードの男)
ガブリエル夫人/                笙乃茅桜/華月由舞/夢乃千琴/   
(マドリードの女)
エルビラ夫人/                 妃華ゆきの/天宮菜生/一原けい/風間イリヤ   
(マドリードの女)
ディアス夫人/                 蒼井美樹/瞳ゆゆ/翔つかさ/   
(マドリードの女)
アルマダ夫人/                 水沙瑠流/白姫あかり/九重遥/   
(マドリードの女)
グラシア/                   白峰ゆり/花蝶しほ/朝倉葵/   
(マドリードの令嬢)
ポンシア/                   羽織夕夏/月野姫花/南しずか/   
(マドリードの令嬢)
アメリア/                   桜庭舞/遼かぐら/鈴懸三由岐/   
(マドリードの令嬢)
   
ロぺ/                     日和春磨/天真みちる/亜衣雅/   
(コルドバの男)
アデーラ/                   水沙瑠流/白姫あかり/白帆まり/   
(コルドバの女)
フリア/                    羽織夕夏/月野姫花/二葉かれん/   
(コルドバの女)
リタ/                     笙乃茅桜/初花美咲/妃宮玲子/   
(コルドバの娘←ソニアの友人)
ドローレス/                  白峰ゆり/花蝶しほ/麻希ゆい/   
(コルドバの娘←ソニアの友人)
ラウラ/                    妃華ゆきの/天宮菜生/彩ひろみ/   
(コルドバの娘)
マルタ/                    蒼井美樹/瞳ゆゆ/萌水せりか/   
(コルドバの娘)
メリーナ/                   華蓮エミリ/菜那くらら/桜木絵美/   
(コルドバの娘)
ローサ/                    桜庭舞/遼かぐら/みずき愛/   
(コルドバの娘)
ペピータ/                   琴羽りり/桜咲彩花/千紘れいか/   
(コルドバの娘) 
ブランカ/                   羽織夕夏/白姫あかり/幸美杏奈/   
(コルドバの娘)
           
マルーカ/                   早花まこ/華月由舞/大伴れいか/コイツ
(コルドバの怪しげなジプシー)
アンドロ/                   朝風れい/
(ジプシーの男)
チコ/                     央雅光希/
(ジプシーの男)
  
個人的に
アンフェリータを誰が演るのか注目してたけど、結局、星乃あんりに。
歌で勝負!みたいな役所やけど大丈夫やろか…。
まそれを言うたらトップも同じか。。
注目の彩彩対決。
前回の博多座公演では比較的重要な役所を均等に振り分けられてたけど、
今回は彩風咲奈永久輝せあが美味しい役をゲット!
彩風は早霧の友人で、鳳翔大演じる司法長官の妻・大湖せしるに手を出し、駆け落ちする役。
永久輝は、早霧に婚約破棄され傷ついた星乃にそっと愛を告げる役。 
彩凪は彩風と同じ闘牛士の役だけど、何か見せ場あったっけ……?
        
う~む劇団、
ハッキリと格差つけてきましたな。
  
  
  
             
  雪組公演「哀しみのコルドバ」    雪組公演「La Esmeralda」
  ¥8,640  【送料無料!!】   ライブCD
                              
関連記事

             

         
8月8日から16日まで、
台湾・台北国家戯劇院で行われた
第2回宝塚歌劇団台湾公演」を収めた写真集。
普段見られないサイドからのショットも含む舞台写真、
カメラルポ、稽古場スナップ、
明日海りお・花乃まりあ・芹香斗亜・柚香光の台湾で撮影したポートレート、
全出演者へのアンケート、
スタッフの公演日誌等、
台湾公演の模様を余すところなく伝える一冊です。

  
だってよ。
   
   
         
             
  「ベルサイユのばら大事典」   「池田理代子の世界」
      
関連記事

09  « 2015_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本日のお客様

ヅカオタのバイブル


「宝塚おとめ 2017年度版」
¥1,620  【送料無料!!】


「TAKARAZUKA REVUE 2016」
¥2,000  【送料無料!!】

プロフィール

高等遊民

Author:高等遊民
清くも
正しくも
美しくもなく…

本日の売れ筋

最新作 続々入荷!!


花組公演「雪華抄/金色の砂漠」
<明日海りお×花乃まりあ>
¥10,800  【送料無料!!】


月組公演「アーサー王伝説」
<珠城りょう×愛希れいか>
¥8,640  【送料無料!!】


雪組公演「私立探偵ケイレブ・ハント」
<早霧せいな×咲妃みゆ>
¥10,800  【送料無料!!】


星組公演 「オーム・シャンティ・オーム」
<紅ゆずる×綺咲愛里>
¥8,640  【送料無料!!】


宙組公演「王妃の館」
<朝夏まなと×実咲凜音>
¥10,800  【送料無料!!】

ル・サンク


花組公演「金色の砂漠」
¥1,000  2016年12月号


月組公演「グランドホテル」
¥1,000  2017年合併号


雪組公演「幕末太陽傳」
¥1,000  2017年5月号


星組公演「スカーレット ピンパーネル」
¥1,000  2017年4月号


宙組公演「王妃の館」
¥1,000  2017年3月号


「タカラヅカスペシャル2016」
¥1,000  特別編集号

丸窓の春景色

スター特集本


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.6 彩風咲奈

¥1,800  【送料無料!!】


愛希れいか・実咲凜音PHOTO BOOK
「Deux Princesses」

¥2,200  【送料無料!!】


早霧せいな写真集「Alter ego」
¥3,600  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.5 愛月ひかる

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.4 礼真琴

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.3 柚香光

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.2 珠城りょう

¥1,800  【送料無料!!】


「宝塚ファーストフォトブック」
 vol.1 芹香斗亜

¥1,800  【送料無料!!】

灯が消えるまで

ザ・タカラヅカ


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  花組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  月組特集


「ザ・タカラヅカⅦ」
¥2,300  雪組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  星組特集


「ザ・タカラヅカVI」
¥2,263  宙組特集

全国のお天気


グラフ&歌劇 最新号


「宝塚GRAPH6月号」
¥720  5/20発売


「宝塚GRAPH5月号」
¥720  4/20発売


「歌劇5月号」
¥720  5/2発売


「歌劇4月号」
¥720  4/5発売

只今のお客様




page
top