2014.04.04.Fri

宝塚歌劇100年史「虹の橋 渡りつづけて」

    
     
        
本日発売!
舞台編」と「人物編」の2冊同時創刊。
          
宝塚歌劇誕生から現在までの全生徒、全作品を網羅、
写真と共にその華麗なる歴史を振り返る100年史。
劇場ごとの公演歴と並行して、
各組ごとの公演歴を辿ることでより深い歴史認識を目標に編纂。
歴代スターの一覧表や歴代スタッフの詳細、
「歌劇」、「宝塚GRAPH」をはじめとした出版物の全表紙を掲載。
「舞台編」と「人物編」の二冊で、宝塚歌劇のすべてを集約。

        
だとよ。
        
        
        
          
  「虹の橋 渡りつづけて」   「虹の橋 渡りつづけて」
  舞台編            人物編
        
関連記事
14:36 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2014.04.06.Sun

歌劇 4月号

       
歌劇最新号
           
TAKARAZUKA REVUE 100th Anniversary!!
        
ということで、
ヅカ100周年記念特別号の表紙はもちろんこの方・
轟 悠氏です。
        
今号は内容が盛り沢山になっておりまして…
        
集合ポート/  轟悠&蘭寿とむ&壮一帆&柚希礼音&凰稀かなめ&龍真咲
カラーポート/  轟悠&蘭寿とむ&龍真咲&壮一帆&柚希礼音&凰稀かなめ
娘役集合ポート/  夢咲ねね&愛加あゆ&蘭乃はな&愛希れいか&実咲凜音
男役スナップ/北翔海莉&未涼亜希&華形ひかる&十輝いりす&星条海斗&緒月遠麻&
       沙央くらま&早霧せいな&夢乃聖夏&紅ゆずる&朝夏まなと&蓮水ゆうや&
       望海風斗&明日海りお&凪七瑠海&美弥るりか&七海ひろき&
       彩凪翔&真風涼帆&芹香斗亜&彩風咲奈&珠城りょう
お洋服拝見!/  夏樹れい&月城かなと&朝月希和海乃美月
TAKARAZUKAニュース
巻末ステージフォト/  柚希礼音 from ナポレオン
                    
STAGE PHOTO
花組宝塚大劇場公演「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」「TAKARAZUKA∞夢眩」
宙組シアター・ドラマシティ公演「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」
宙組中日劇場公演「ロバート・キャパ 魂の記録」「シトラスの風Ⅱ」
花組宝塚大劇場新人公演「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」
               
宝塚歌劇100周年に寄せて 特別寄稿
雪組次期トップスター、トップ娘役決定
宝の園 夢を紡いで100周年
永遠の夢… <卒業生からの寄稿>
蘭乃はな 退団発表  
          
STAGE INFORMATION
楽屋取材「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA∞夢眩」(花組宝塚大劇場公演)
        
100マスでGO! Centennial 振ってみる!?/  出題者・柚希礼音
Talking to myself with photo/  轟悠
過去10年の各組男役トップスター
100th Anniversary 特別集合ショット
          轟悠&蘭寿とむ&壮一帆&柚希礼音&凰稀かなめ&龍真咲
特別対談-夢ひらく-/  花柳壽輔×轟悠
宝塚・今昔物語
100周年 組長に聞く~五色煌めき タカラヅカ~
          高翔みず希&飛鳥裕&梨花ますみ&万里柚美&寿つかさ
ふるさとマップ
宝塚音楽学校文化祭
私的空間/  蘭寿とむ
私の100点満点!/  早霧せいな&美弥るりか
えと文/  芹香斗亜&鳳月杏&彩凪翔&天寿光希&すみれ乃麗
陽月華の今月の華
「組レポ。」/  鳳真由&琴音和葉&早花まこ&壱城あずさ&純矢ちとせ
宝塚歌劇団新生徒ご紹介
           
楽屋日記
美蘭レンナ&千幸あき&碧宮るか&真彩希帆
        from 花組「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA∞夢眩」
城妃美伶&天華えま from 星組「ナポレオン」
七生眞希 from 宙組「翼ある人びと」
留美絢 from 宙組「ロバート・キャパ/シトラスの風Ⅱ」
        
増税の影響を受けまして、歌劇・グラフは今月から720円に値上がり
  他の関連書籍も微妙に値段が変わっておりますので、ご注意をっっ。
        
        
        
      
  「歌劇3月号」   「歌劇2月号」
       
関連記事
21:59 |  歌劇  |  EDIT  | 
2014.04.14.Mon

「伶美うらら」

      
  
     
「伶美うらら」(れいみ・うらら)は、元宝塚歌劇団宙組の娘役スター。
5月30日生、大阪府大阪市、清水谷高校出身。
身長164.5cm。血液型B型。
公式愛称は「ゆうり」。非公式は「うらら様」、「幻の宙組トップ娘役」、「顔面偏差値75」、「ヅカの菜々緒」、「宙のプリンセス」、「宙組ビジュアルクイーン」、「歌がのう…」他多数
  
==来歴==
2007年4月、宝塚音楽学校入学。
2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は29番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、宙組に配属。
同期には現月組トップ娘役愛希れいか柚香光水美舞斗月城かなと朝美絢礼真琴瀬央ゆりあ桜木みなと、OGに元宙組トップ娘役実咲凜音、元星組トップ娘役妃海風星乃あんりらがいる。
2011年、「クラシコ・イタリアーノ」で、新人公演初ヒロイン。
2012年、「ロバート・キャパ」(バウホール・日本青年館公演)で、凰稀かなめの相手役に抜擢され、バウ・東上公演初ヒロイン。
同年7月、野々すみ花の後任として、池田泉州銀行イメージガールに就任。
同年、凰稀かなめ・実咲凜音大劇場お披露目となる「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、本公演初の大役ユリアンに抜擢。少年役を演じるにあたり、髪をショートにして役作りに臨む。
2013年、「風と共に去りぬ」では、スカーレットⅡを純矢ちとせと役替わりで務め、新人公演ではメラニーを演じる。
2014年、「翼ある人びと」(DC・日本青年館公演)では、自身最大の当たり役となるヒロインのクララ・シューマン、2度目のバウヒロインとなる「SANCTUARY」では美貌の王妃マルゴと、実在の人物を続けて演じる。
同年、凰稀かなめ退団公演となる「白夜の誓い」新人公演で4度目のヒロイン。本公演でも準ヒロインを務め、ポスターにも掲載される異例の厚遇ぶりを見せる。
2015年、朝夏まなと・実咲凜音大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」では、初演でトップ娘役・檀れいが演じた大役アムネリスに抜擢。
2016年、「バレンシアの熱い花」(全国ツアー)では、朝夏まなとの相手役としてヒロインを、ショー「HOT EYES!!」では、星風まどかと共にヒロインを務める。
2017年、朝夏まなと退団公演となる「神々の土地/クラシカル ビジュー」では、トップ娘役不在という状況下で、再び次期宙組トップ娘役となる星風まどかとWヒロインに抜擢。
同年11月19日、同公演東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

 
==人物==
7歳上と12歳上の姉がいる3姉妹の末っ子。
幼稚園年中からスイミングを習い始める。
小学5年の夏休み、花組公演「ミケランジェロ/VIVA!」で宝塚初観劇。翌年の夏休みに再び観劇し、観劇後「宝塚コドモアテネ」の存在を知り、入学を決める。同じ学年には後に同期となる水美舞斗がいた。
公立の中学に進学し、アテネに加え、地元のバレエ、塾にも通い始める。
この頃からオシャレに目覚め、体育祭や音楽祭では「ちょっと男子、ちゃんとしてよね~~」のポジションを確立。
中学3年時、宝塚を初受験するも二次で不合格となる。試験会場では、アテネの先輩であった舞羽美海やバレエのお手本を務めていた愛月ひかるの美しさに圧倒される。
公立の高校に進学後、声楽教室にも通い始め、2度目の受験に臨む。面接では「昨年どうして落ちたと思いますか?」と聞かれ、「新曲視唱(楽譜を1度見ただけで歌う)ができなかったからです」と堂々と答え、失笑された。
芸名の由来は、「伶」の字は芸風の意味が込められていて、「うらら」はある瞬間に頭の中で生まれてからずっと大切に温めていた名前。どんな娘役になりたいか考えて、春の陽だまりのようなイメージに大人っぽさが加わった雰囲気が合うのではと考え、覚えやすい名前がいいと思って決めた。
 
  
==初舞台==
2009年
4月~5月、宙組「薔薇に降る雨/Amour それは…」(宝塚大劇場)
 
==宙組時代==
6月~7月、「薔薇に降る雨/Amour それは…」(東京宝塚劇場)
11月~2010年2月、「カサブランカ」
5月~8月、「TRAFALGAR(トラファルガー)-ネルソン、その愛と奇跡-/ファンキー・サンシャイン」
11月~2011年1月、「誰がために鐘は鳴る」新人公演:ファニータ(本役:藤咲えり)
3月、「記者と皇帝」(日本青年館・バウホール)セーラ・キング
5月~8月、「美しき生涯-石田三成 永遠(とわ)の愛と義-/ルナロッサ-夜に惑う旅人-」新人公演:たつの(本役:すみれ乃麗)
10月~12月、「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-/NICE GUY!!-その男、Yによる法則-」新人公演:ミーナ・プッティ(本役:野々すみ花) 新人公演初ヒロイン
2012年
1月~2月、「ロバート・キャパ 魂の記録」(バウホール・日本青年館)ゲルダ・ポホライル(ゲルダ・タロー) バウ・東上初ヒロイン
4月~7月、「華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-」ローズマリー・ブラウン、新人公演:ジュディ・レイン(本役:野々すみ花) 新人公演ヒロイン
8月~11月、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」ユリアン、新人公演:アンネローゼ(本役:愛花ちさき)
2013年
1月、「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」(シアタードラマシティ・日本青年館)サラ・ミルブレット
3月~6月、「モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!-99年の愛-」ジェニファー、新人公演:エデ姫(本役:すみれ乃麗)
7月~8月、「うたかたの恋/Amour de 99!!-99年の愛-」(全国ツアー)ステファニー
9月~12月、「風と共に去りぬ」スカーレットⅡ/メイベル(純矢ちとせと役替わり)、新人公演:メラニー・ハミルトン(本役:実咲凜音) 新人公演準ヒロイン
2014年
2月~3月、「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」(シアタードラマシティ・日本青年館)クララ・シューマン ヒロイン
5月~7月、「ベルサイユのばら-オスカル編-」次女、新人公演:ロザリー(本役:実咲凜音) 新人公演ヒロイン
9月、「SANCTUARY」(バウホール)マルグリット・ド・ヴァロア バウヒロイン
11月~2015年2月、「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」エグモント伯爵夫人(イザベル)、新人公演:ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク(本役:実咲凜音) 新人公演ヒロイン
4月、「New Wave!-宙-」(バウホール) バウヒロイン
6月~8月、「王家に捧ぐ歌」アムネリス、新人公演:エジプトの戦士 本公演準ヒロイン
10月~11月、「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-/シトラスの風Ⅲ」(全国ツアー)ルシル
2016年
1月~3月、「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!」ベス
5月、「ヴァンパイア・サクセション」(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)カーミラ
6月、「Bow Singing Workshop~宙~」(バウホール)
7月~10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」マダム・ヴォルフ
11月~12月、「バレンシアの熱い花/HOT EYES!!」(全国ツアー)イサベラ 全ツ初ヒロイン
2017年
2月~4月、「王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!」ディアナ
6月、「A Motion(エース モーション)」(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
8月~11月、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー」大公妃イリナ(イレーネ) 本公演ヒロイン 退団公演
 
==出演イベント==
2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」~プレ・プレ・センテニアル~
2013年11月、悠未ひろディナーショー「Heroe」
2014年10月、「宝塚歌劇100周年記念 大運動会」
2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
  
==広告・CM出演==
2012年~2017年、池田泉州銀行
 
==受賞歴==
2012年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
 
==宙のプリンセス伝説==
2011年、「クラシコ・イタリアーノ」ミーナ・プッティ
2012年、「華やかなりし日々」ジュディ・レイン
2013年、「風と共に去りぬ」メラニー・ハミルトン
2014年、「ベルサイユのばら-オスカル編-」ロザリー
2014年、「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク
新公ヒロイン4回、新公準ヒロイン1回、計5回
       
2012年、「ロバート・キャパ 魂の記録」(バウホール・日本青年館)
2014年、「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」(DC・日本青年館)
2014年、「SANCTUARY(サンクチュアリ)」(バウホール)
2015年、「New Wave!-宙-」(バウホール)
2015年、「王家に捧ぐ歌」(大劇場)
2016年、「バレンシアの熱い花」(全国ツアー)
2017年、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」(大劇場)
バウ・東上ヒロイン1回、DC・東上ヒロイン1回、バウヒロイン2回、本公演準ヒロイン1回、全ツヒロイン1回、本公演Wヒロイン1回、計7回

  
   
   
  
関連記事
21:16 |  OG  |  EDIT  | 
2014.04.18.Fri

「宝塚おとめ 2014年度版」

       

        
ハイきました、
宝塚おとめ2014年度版の登場です
        
今年度の表紙は宙組トップスター・凰稀かなめ(研15)。
        
専科・花組・月組・雪組・星組・宙組 そして研究科1年の生徒まで、
その年の宝塚歌劇団全生徒を網羅。
誕生日から出身地、出身校はもちろん、初舞台、好きだった役など、
ファンが気になるタカラジェンヌのプロフィールを紹介します。
50音別・組別で探すことができます。

        
だってよ。 
         
        
         
           
  「宝塚おとめ2013年度版」   「宝塚おとめ2012年度版」
          
関連記事
06:52 |  バックナンバー  |  EDIT  | 
2014.04.20.Sun

宝塚GRAPH 5月号

       
グラフ最新号
        
グラフ5月号の表紙は
ただいま退団公演真っ最中、花組トップスター・蘭寿とむ
        
ハイその内容は…
        
蘭寿とむサヨナラ特集
100周年スペシャル対談/  壮一帆×朝海ひかる
Another Stage/月組「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集100!!」
Prism-プリズム-/  愛加あゆ
スター組曲/  柚希礼音&夢咲ねね
TOPICS/  宙組大劇場公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」制作発表会
とことん/  緒月遠麻&望海風斗
お題のある写真展/  紅ゆずる&煌月爽矢&蒼羽りく&仙名彩世
Café de MAXIM 93/  真輝いづみ×輝城みつる
第100期初舞台生特集
トークDX/蘭寿とむ×明日海りお from 花組「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA∞夢眩」
波瀾爆笑!? 我が人生/  瀬戸かずや
PICK UP!/  花組・蘭寿とむ
TOPICS/  蘭寿とむ ラストデイ in 宝塚
TOPICS/  蘭乃はな 退団発表記者会見
Pick Up! Interview/  風馬翔&礼真琴
To The Future/  蓮つかさ&真彩希帆
スペシャルポート/  蘭寿とむ
              
STAGE
雪組全国ツアー公演「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」
花組新人公演「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」
        
今号の注目は何と言うても蘭寿とむサヨナラ特集!!
  「ステージヒストリー」「サヨナラ座談会(蘭寿とむ×悠真倫&桜一花&華形ひかる)」
  「蘭寿とむラストインタビュー」要チェキ!!
        
        
        
        
  「宝塚グラフ4月号」   「宝塚グラフ3月号」
       
関連記事
20:40 |  宝塚GRAPH  |  EDIT  | 
2014.04.22.Tue

「THE KINGDOM」ポスターアップ

          

        
              凪七瑠海(研12)×美弥るりか(研12)
         

     
13年月組公演「ルパン-ARSÈNE LUPIN-」のスピンオフ作品。
        
仮タイトルがそのまま正式タイトルに。
        
なことより
ヒロインは誰になるのか。
知りたいのはそこだけ。
        
何と
花陽みら、早乙女わかば、海乃美月、紫乃小雪と
路線どころは全員こっち入りました。
        
まぁ
早乙女と海乃の一騎打ちかなぁ…。

     
         
どっちもカワイイ
         
選べない
         
         
         
     
関連記事
13:08 |  月のマーメイド  |  EDIT  | 
 | TOP |