admin

宝塚パーソナルカレンダー2017 IN 専科

  
     
          
2016年の専科を振り返る。
 
■宙組公演「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!! 」(1~3月)
 ・美穂圭子&沙央くらま出演

■月組公演「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」東京公演(1~2月)
 ・星条海斗出演&エトワール

□星組公演「鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-」(1月)
 ・一樹千尋出演

□花組公演「Ernest in Love」(2~3月)
 ・悠真倫出演

■雪組公演「るろうに剣心」(2~5月)
 ・夏美よう&美城れん出演

□花組公演「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」(2~3月)
 ・轟悠主演&英真なおき出演

■星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER! 」(3~6月)
 ・汝鳥伶(芝居のみ)&星条海斗出演

□宙組公演「ヴァンパイア・サクセション 」(5月)
 ・京三紗&華形ひかる出演

□宙組公演「王家に捧ぐ歌」(5月)
 ・一樹千尋&箙かおる出演

■月組公演「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-/Forever LOVE!!」(6~9月)
 ・沙央くらま出演&エトワール

□雪組公演「ドン・ジュアン」(6~7月)
 ・英真なおき&美穂圭子出演

□星組公演「One Voice」(7月)
 ・夏美よう&美城れん出演

■宙組公演「エリザベート-愛と死の輪舞-」(7~10月)
 ・悠真倫出演

☆第31回「イゾラベッラ サロンコンサート」(7月)
 ・鈴奈沙也主演&研27で退団

■星組公演「桜華に舞え/ロマンス‼」(8~11月)
 ・夏美よう(芝居のみ)&美城れん研19で退団

●轟悠ディナーショー「Prelude of Yū」(9月)

□花組公演「仮面のロマネスク」(9月)
 ・五峰亜季出演

・飛鳥裕&凪七瑠海 専科入り 9/5~

□花組公演「アイラブアインシュタイン」(9月)
 ・英真なおき出演

□月組公演「FALSTAFF~ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ~ 」(10月)
 ・星条海斗主演&汝鳥伶出演

●凪七瑠海ディナーショー「Evolution!」(11月)

■花組公演「雪華抄/金色の砂漠」(11~12月)
 ・松本悠里(雪華抄のみ)&英真なおき(金色の砂漠のみ)出演

□宙組公演「双頭の鷲」(11~12月)
 ・轟悠主演

◎「エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート」(12月)
 ・飛鳥裕×京三紗×五峰亜季×美穂圭子ら外部出演

☆「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」(12月)
 ・轟×華形×星条×沙央×凪七出演
        
●2016年末時点での専科生
  松本悠里  (研60)
  轟悠    (研32)
  汝鳥伶   (研46)   
  一樹千尋  (研44)  
  箙かおる  (研42)
  飛鳥裕   (研41)  
  夏美よう  (研41)   
  英真なおき (研35) 
  悠真倫   (研22)     
  華形ひかる (研18) 
  星条海斗  (研17)
  沙央くらま (研16)
  凪七瑠海  (研14)
      
  京三紗   (研46)  
  五峰亜季  (研31) 
  美穂圭子  (研28)
   
   
   
               
  「宝塚パーソナルカレンダー2017」   「宝塚パーソナル卓上カレンダー2017」
  轟悠                  轟悠
                
| 専科 | EDIT |

鈴奈沙也 退団~問われる専科女役の在り方~

    
     
               
専科 退団者のお知らせ
 
哀し~~い。何この発表。
専科生なのに、専科生としての仕事何もしないまま退団て
チョット悲しすぎるわ。
 
研27だから定年じゃないでしょ。
だとしたら何よ
 
どうも専科生というのは、
一年間出演実績が無いと退団勧告を受ける」のだとか…
ほんまかオイ。
 
体調不良だとか怪我だとか年齢的にK年期とか…
ま考えられなくもないけど、
今回に限って言えば、
これは明らかに劇団からの肩叩き
という名の戦力外通告=自主退団、になるのでしょう。
実力のある娘役さんだと思うてたけど。
 
そもそもなぜに鈴奈姐さん、こんな干される事態になったのか
星組から宙組へ、そして宙組副組長に就任。
そっから専科へ異動。
以降丸2年、大運動会等のイベントを除いて各組への出演実績はゼロ。
専科生というのは
他の組子のように自動的に公演スケジュールが決まり振り分けられるのでなく、
組のPなり演出家なりから呼ばれないと出演できないようだ。
つまり
どっからもお呼びがかからなかったと…。
 
専科の女役は理事の松本悠里(研60!!)を除くと…
京 三紗  (研46)
五峰亜季 (研31)
美穂圭子 (研28)
鈴奈沙也 (研27)

この4人のみ。
と言っても実質的に専科女役の看板を背負ってるのは
美穂圭子1人だと言っていいだろう。
何で彼女があらゆる公演に多用されるのか知らんが、
とにもかくにも歌姫として、各組大中小公演に引っ張りだこ。
結果的に他の専科生(時には組子)の活躍の場を奪ってしまう形になる。
そしても一つ。
専科男役・悠真倫(研22)やこれから専科入りする凪七瑠海(研14)など、
男役でありながらも女役や老け役を違和感なくこなせるスターが増えてきたこと。
ヅカは男役至上主義だし、人気も男役の方が圧倒的なので、
どうせ起用するなら男役に女役演ってもらった方がありがたい。
その考え方ゆえにますます専科女役の活躍の場が狭まる…。
専科移ってからだって、
「Ernest in Love」のブラックネル夫人とか
「相続人の肖像」のロザムンドとか
いくらでも演じられる役あったでしょうに~~
  
最後に鈴奈元副組長、お願いがあります。
古巣宙組のエリザベートで、
今回うらら様がマダム・ヴォルフを演じるんです。
そうです、星組・宙組初演版で2回貴女演じてますよね。
動画で観るとケッコー微妙だったんですが、
ぜひイゾラベッラコンサート付で退団する前に
うらら様に歌唱指導してやってください。
彼女の今後がかかってるんです。
おねげーします。
  
  
  
  
| 専科 | EDIT |

宝塚パーソナルカレンダー2016 IN 専科

  
     
 
2015年の専科を振り返る。
         
■宙組公演「白夜の誓い」東京公演(1~2月)
 ・汝鳥伶出演
    
□花組公演「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」(1月)
 ・北翔海莉主演&夏美よう出演
   
□花組公演「Ernest in Love」(1月)
 ・悠真倫出演
    
□月組公演「バンディート」(1~2月)
 ・一樹千尋出演
    
■星組公演「黒豹の如く」(2~5月)
 ・英真なおき出演
   
□月組公演「風と共に去りぬ」(2~3月)
 ・轟悠&美城れん&華形ひかる出演
    
●沙央くらまディナーショー「SORRISO」(2~3月)
   
■花組公演「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」(3~6月)
 ・美穂圭子出演
 
●北翔海莉ビルボードライブ「Music パレット」(3~4月)
  
■月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」(4~7月)
 ・美城れん&沙央くらま出演
  
□雪組公演「星影の人/ファンシー・ガイ!」(5月)
 ・華形ひかる出演&エトワール
   
□雪組公演「アル・カポネ」(5月)
 ・夏美よう出演
   
・北翔海莉 星組へ 5/11~
   
■宙組公演「王家に捧ぐ歌」(6~8月)
 ・一樹千尋&箙かおる出演
    
□星組公演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(6~7月)
 ・夏美よう&悠真倫出演
  
●轟悠ビルボードライブ「Eternal Way with YU」(6~7月)
  
□花組公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-/宝塚幻想曲」(7・8月)
 ・汝鳥伶(芝居のみ)&美穂圭子出演
   
■雪組公演「星逢一夜/La Esmeralda 」(7~10月)
 ・英真なおき出演
  
・星条海斗専科入り 7/27~
  
□専科公演「オイディプス王 」(8月)
 ・轟オイディプス×凪七イオカステ
 ・華形ひかる&飛鳥裕&夏美よう&悠真倫&沙央くらま&憧花ゆりの&光月るうら出演
     
■星組公演「ガイズ&ドールズ」(8~11月)
 ・美城れん出演
   
●星条海斗ディナーショー「Flügel」(8月)
   
☆第53回「宝塚舞踊会」(9月)
 ・松本悠里&轟悠&箙かおる&京三紗&五峰亜季出演
  
■花組公演「新源氏物語」(10~12月)
 ・京三紗&汝鳥伶出演
    
□宙組公演「相続人の肖像」(10月)
 ・悠真倫出演
   
■月組公演「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」(11~2月)
 ・星条海斗出演&エトワール
    
□雪組公演「銀二貫」(11月)
 ・英真なおき&華形ひかる出演
   
☆「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」(12月)
 ・轟悠&華形ひかる&星条海斗&沙央くらま出演
   
●2015年末時点での専科
  松本悠里  (研59)
  轟悠    (研31)
  汝鳥伶   (研45)   
  一樹千尋  (研43)  
  箙かおる  (研41)  
  夏美よう  (研40)   
  英真なおき (研34) 
  悠真倫   (研21)   
  美城れん  (研18)  
  華形ひかる (研17) 
  星条海斗  (研16)
  沙央くらま (研15)
      
  京三紗   (研45)  
  五峰亜季  (研30) 
  美穂圭子  (研27) 
  鈴奈沙也  (研26)
      
      
        
     
  「宝塚パーソナルカレンダー2016」   「宝塚パーソナル卓上カレンダー2016」
  轟悠                  轟悠
                
| 専科 | EDIT |

「オイディプス王」ポスターアップ

     

         
                       轟オイディプス王(研31)
      
ギリシャ悲劇「オイディプス王」
~ソフォクレス原作「オイディプス王」より~
古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソフォクレスが紀元前に書いた戯曲「オイディプス王」は、
そのテーマの普遍性と、サスペンス的要素溢れた緻密な構成ゆえに、ギリシャ悲劇の中でも最高傑作として知られ、
時代を超えて上演されています。
この傑作を、轟悠と専科を中心とした実力派メンバーで、宝塚ならではの演出を加えた
新たな「オイディプス王」として上演いたします。

古代ギリシャ・コリントスの王子オイディプスは、
自ら授かった「父を殺し、母を娶(めと)るであろう」との予言の実現を避けるため放浪の旅に出て、
テーバイ国で怪物スフィンクスを追い払い、請われてテーバイ国の王となる。
前王の妃イオカステを妻に迎え幸せな日々を送るが、数年後に国を襲った疫病災厄から国を救うため、神託を乞い、
「前王ライオスを殺した犯人を罰せよ」とのお告げに従ってライオス殺しの犯人を探る。
その謎を解くうちに、悲劇的な真実が明らかになっていく…。

 

   
理事…顔が怖いです
  
出演者は理事を始め、
夏美よう(研40)・悠真倫(研21)・華形ひかる(研17)・沙央くらま(研15)らベテラン専科陣に、
月組から
飛鳥裕(研40)・憧花ゆりの(研16)・光月るう(研14)・凪七瑠海(研13)らをプラス。
 
注目のヒロイン・イオカステを演じるのは…
  
  
続きを読む…
| 専科 | EDIT |

宝塚パーソナルカレンダー2015 IN 専科

         
     
                  
2014年の専科を振り返る。
  
ヅカ100周年の今年は、記念式典やら運動会やらと専科生が登場する機会も多く、
実は貴重な1年だったのでは。  
     
■星組公演「眠らない男・ナポレオン」(1~3月)
 ・一樹千尋&英真なおき&美穂圭子&北翔海莉出演しすぎ
        
□月組公演「風と共に去りぬ」(1月)
 ・轟悠&汝鳥伶出演
      
□宙組公演「ロバート・キャパ 魂の記録」(2月)
 ・京三紗出演
        
□雪組公演「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」(3月)
 ・夏美よう出演
                  
□雪組公演「心中・恋の大和路」(3~4月)
 ・汝鳥伶&五峰亜季出演
        
■月組公演「宝塚をどり」(3~6月)
 ・松本悠里出演
               
☆宝塚歌劇100周年 夢の祭典「時を奏でるスミレの花たち」(4月)
        
・美城れん専科入り 4/7~
    
■宙組公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」(5~7月)
 ・汝鳥伶&一原けい出演
 ・一原けい定年退団
       
●北翔海莉ディナーショー「Music パレット」(5月)
   
・悠真倫専科入り 5/12~
  
□専科公演「第二章」(5月)
 ・轟悠×夢咲ねね×英真なおき×早乙女わかばで再演
         
□星組公演「かもめ」(5~6月)
 ・美城れん出演
       
■雪組公演「一夢庵風流記 前田慶次」(6~8月)
 ・一樹千尋&夏美よう出演
     
□花組公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(6月)
 ・英真なおき出演
 
□花組公演「ノクターン」(6~7月)
 ・五峰亜季&悠真倫出演
            
・華形ひかる専科入り 7/6~
 
□月組公演「宝塚をどり」(7~8月)
 ・松本悠里出演
   
■星組公演「The Lost Glory」(7~10月)
 ・轟悠主演&美城れん出演
   
・鈴奈沙也専科入り 7/28~
 
■花組公演「エリザベート-愛と死の輪舞-」(8~11月)
 ・悠真倫&北翔海莉出演
   
□宙組公演「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」(8~9月)
 ・英真なおき出演
   
☆「宝塚歌劇100周年記念 大運動会」(10月)
  
□雪組公演「伯爵令嬢」(10月)
 ・夏美よう&美穂圭子出演
  
□雪組公演「パルムの僧院」(10~11月)
 ・一樹千尋出演
        
●轟悠ディナーショー「Yū! Just in Time」(11月)
   
■宙組公演「白夜の誓い」(11~12月)
 ・汝鳥伶出演
   
□星組公演「風と共に去りぬ」(11~12月)
 ・美城れん&華形ひかる出演
    
□星組公演「アルカサル~王城~」(12月)
 ・一樹千尋出演
    
☆「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」(12月)
 ・轟悠&北翔海莉&華形ひかる出演
  
・沙央くらま専科入り 12/28~
 
今年は一原けいが定年退団、
美城れん・悠真倫・華形ひかる・鈴奈沙也・沙央くらまの5名が専科入り。
 
何より懸念されていた北翔氏の今後が、
ここにきてまさかの電撃星トップ就任。
残る華形・沙央は当面は2・3番手要因か。

今年公演に一番多く出演したのは、もち轟理事
ではなく、汝鳥伶&一樹千尋&英真なおきの3名(4公演)。
汝鳥&一樹のお二方、どう計算しても実年齢60オーバーしてそうですが、
どうか無理などなされぬように…。
 
●2014年末時点での専科
  松本悠里  (研58)
  轟悠    (研30)
  汝鳥伶   (研44)
  一樹千尋  (研42)
  箙かおる  (研40)
  夏美よう  (研39)
  英真なおき (研33)
  悠真倫   (研20)
  北翔海莉  (研17) 5/11~星組
  美城れん  (研17)
  華形ひかる (研16)
  沙央くらま (研14)
   
  京三紗   (研44)
  五峰亜季  (研29)
  美穂圭子  (研26)
  鈴奈沙也  (研25)
   
    
    
                 
  「宝塚パーソナル卓上カレンダー2015」   「宝塚パーソナルカレンダー2015」
  轟悠                    北翔海莉
  
| 専科 | EDIT |

春日野八千代 写真集発売

   
劇団名誉理事
   
草創期の宝塚歌劇団に入団し、
戦前・戦中・戦後を通じて幾多の夢とロマンを紡いできた
春日野八千代
“白薔薇のプリンス”と謳われた舞台姿のスチール写真、
「歌劇」「宝塚グラフ」に掲載された魅力溢れるポートレート、
秘蔵プライベートフォトなど、
春日野八千代の美しい写真を収めた珠玉の写真集。

 
だってよ。
  
  
  
            
  「宝塚歌劇 華麗なる100年」   「追悼 春日野八千代」
                  -永遠の白バラのプリンスに捧ぐ
     
| 専科 | EDIT |

「第二章」ポスターアップ

    

  
  

 
             轟 悠×夢咲ねね×英真なおき×早乙女わかば
  
トップコンビが分かれて活動というのも珍しい…。
   
   
    
  4/4~4/6 全公演ノーカット収録               4/4 18時公演ノーカット収録
  宝塚歌劇100周年 夢の祭典          宝塚歌劇100周年 夢の祭典
  「時を奏でるスミレの花たち」DVD-BOX   「時を奏でるスミレの花たちⅠ」
   
| 専科 | EDIT |