2020.02.29.Sat

「壮麗帝」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
22:53 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2020.02.27.Thu

「FLYING SAPA」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
21:34 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.09.28.Sat

「El Japón(エルハポン)」ポスターアップ

 

 
              真風涼帆
 
宝塚ミュージカル・ロマン「El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ-」
作・演出/大野拓史
スペイン南部の町コリア・デル・リオに「サムライの末裔」を自認する「ハポン(日本)」姓の人々がいる。
なぜ遠い異国の地に日本の侍の伝説が残ったのか…。
慶長遣欧使節団として派遣された仙台藩士を主人公に、その侍らしい心情や異文化との出会いを色濃く描きあげる、ヒロイックで快活な娯楽作品。
慶長18年、仙台藩が派遣した慶長遣欧使節団の中に、夢想願流剣術の名手・蒲田治道の姿があった。
約一年の航海を経て使節団は目的地のスペイン(イスパニア)に到着するが、国王フェリペ3世との交渉が膠着し、港町セビリアの郊外にあるコリア・デル・リオで無為な日々を過ごすこととなる。
ある時、奴隷として農場に売られ脱走した日本人少女を助け出した治道は、匿う場所を探して宿屋を営む女性カタリナと知り合う。
近隣の大農場主から邪な欲望を抱かれながら、どんな脅しにも屈しないカタリナの凜とした姿に、治道はかつて心惹かれた女性の面影を見出していく。
やがて任務を果たした使節団は帰国することとなるが、出航の迫る中、治道のもとにカタリナが攫われたとの報せが入り…。

慶長18年(1613年)、仙台藩主伊達政宗は、イスパニアとの通商を求め支倉常長率いる慶長遣欧使節団を派遣しようとしていた。
その出立を祝して鬼剣舞の一団が勇壮な舞を披露している最中、数人があろうことか政宗に斬りかかるが、夢想願流剣術の名手で、政宗の護衛役・蒲田治道が狼藉者を鮮やかに斬り捨て、政宗は難を逃れる。
だが、首謀者である男の顔が明らかになった途端、治道は剣を納めてしまう。
男は和賀一族の生き残りで、政宗の命により和賀家に出仕していた治道がかつて愛した女性・藤乃の弟・藤九郎だったのだ。
和賀家が一揆を起こした際、政宗に呼び戻され、必ず戻ると誓った約束が果たせぬまま、和賀家一族がはかない最期を迎えたことを終生の悔いとする治道には、例え主君の命を狙った大罪人であろうと、藤九郎を手にかけることなど到底できなかった。
治道の苦しい胸のうちを察した政宗は、「二つ荷物を預ける」と支倉に命じ、治道と藤九郎を処分することなく、遣欧使節団の船に乗せ、一年余の長い航海へと送り出す。
それから一年、使節団はようやくイスパニアに到着し、国王フェリペ3世の王宮に迎えられたものの、実質的に国政を動かしている寵臣・レルマ公爵の、仙台藩と通商を結ぶことを得策ではないとの考えから、ローマ法王への謁見を勧められ、体よく城外に追いやられてしまう。
支倉がローマへと旅立ったあと、一行は郊外の修道院で無為の日々を送っていた。
その間にも治道の命を狙っていた藤九郎に、治道はいつでも命をやっていいと示すが、使節団幹部格の西九郎は、治道が和賀家に戻ろうとしたのを止めたのは自分で、その後悔の為に治道がどれほど苦しみ続けているかを語り聞かせ、藤九郎に翻意を促す。
そんなある夜治道は、コリア・デル・リオの町で追っ手から逃げて来た日本人の少女・はるに助けを求められる。
奴隷として農場に売られ過酷な労働を強いられていたはるを助けようと、多勢に無勢の中奮闘する治道だったが、突然加勢してきた、銃や短剣など様々な武器を纏う男アレハンドロの機転で難を逃れる。
はるは、隠れていた同じ立場の日本の少女たちを呼び寄せ、治道はその人数の多さに驚く。
少女たちは、フェリペ3世の改宗イスラム教徒追放政策により、多くの農園が働き手を失い困窮する中、禁止されている海外からの奴隷を導入して冨を得て、この地域を牛耳っているドン・フェルディナンドの農場で働かされていたのだ。
アレハンドロの勧めで一行は、女主人カタリナが営む宿屋に身を寄せる。
カタリナは結婚式の前日に婚約者を殺され、それをドン・フェルディナンドの策略だと察していたものの、確たる証拠がなく、一人宿屋を守りながらドン・フェルディナンドの秋波を拒絶し続けていた。
その為、何かといやがらせを受ける宿屋には、アレハンドロ以外に宿泊する者はいなかった。
そんな状態の宿屋に大勢の日本人女性たちを預ける形になった治道は、せめて宿代の一部にと自身の刀を持参する。
だがカタリナは、刀は武士の魂だと聞いている、夫も剣士だったからよくわかる、と話し、少女たちの宿代の代わりに剣を教えて欲しいと治道に乞う。
愛した人をなす術なく惨殺された後悔を抱え続けるカタリナは、次の困難が振りかかった時にこそ、戦う力を得たいと欲していたのだ。
共に愛する人を失った悲しみを胸の奥に抱え続けていた治道とカタリナ。
遠い異国に生を受けた二人は、互いの存在に、心の琴線に触れるものを感じるが、一方、フェリペ3世が掲げた悪政「貴族爵位の売却」に乗じ、ドン・フェルディナンドは息子のエリアスに爵位を得ることに成功。
土地を治める貴族が宿屋の経営権を許可する立場であることを利用して、カタリナを追い詰める。
日本の少女達を含めた宿屋を守る為、カタリナが身を捨ててドン・フェルディナンドの元に向かったことを知った治道は、折から通商交渉が失敗に終わり、日本に帰国することを余儀なくされた使節団から離れ、イスパニアに骨を埋める決意でカタリナ救出に向かうが…。

ショー・トゥー・クール「アクアヴィーテ(aquavitae)!!~生命の水~」
作・演出/藤井大介
香り高く、味わい深い、大人の飲み物ウイスキーをテーマに構成するショー作品。
個性的なウイスキーからイメージした数々の場面において、スタイリッシュでクールな格好良さを持つトップスター真風涼帆を中心とした宙組メンバーの多彩な魅力をお届け致します。

 

 
まかまど大劇場4作目。
来年は宙組大劇場公演が1作のみやし、まかまど政権まだまだ続くんやろか…。
 
 

 
  
ハイ
主な配役
蒲田治道(かまたはるみち)/  真風涼帆
(伊達政宗の家臣。夢想願流剣術の名手。政宗が派遣した慶長遣欧使節団の一員としてイスパニア(スペイン)に渡る)
伊達政宗/  美月悠
(仙台藩の初代藩主)
只野作十郎/  七生眞希
(伊達政宗の小姓)
藤九郎(とうくろう)/  和希そら
(和賀一族の生き残り)
藤乃(ふじの)/  遥羽らら
(和賀一族の娘。藤九郎の姉)
稗貫三郎/  澄風なぎ
(稗貫家の生き残り)
支倉常長(はせくらつねなが)/  寿つかさ
(慶長遣欧使節団を率いた仙台藩士)
西九郎(にしくろう)/  瑠風輝
(仙台藩士)
内藤半十郎/  松風輝
(仙台藩士)
内蔵丞/  秋音光
(仙台藩士)
久次/  秋奈るい
(仙台藩士)
主殿/  優希しおん
(仙台藩士)
金蔵/  愛海ひかる
(仙台藩士)
九郎右衛門/  鷹翔千空
(仙台藩士)
吉内/  風色日向
(仙台藩士)
ソテロ神父/  実羚淳
(イスパニア出身のフランシスコ会宣教師)
  
カタリナ/  星風まどか
(イスパニア(スペイン)、コリア・デル・リオの街道に面した宿屋の女主人)
ミゲル/  星月梨旺
(カタリナの宿屋で働く料理人)
ロベルタ/  花音舞
(カタリナの宿屋で働く女性。ミゲルの妻)
ドン・フェルディナンド/  英真なおき(専科)
(大農場主)
エリアス/  桜木みなと
(ドン・フェルディナンドの息子)
用心棒ペドロ/  穂稀せり
(ドン・フェルディナンドに雇われている傭兵)
用心棒セリオ/  若翔りつ
(ドン・フェルディナンドに雇われている傭兵)
用心棒パブロ/  希峰かなた
(ドン・フェルディナンドに雇われている傭兵)
はる/  天彩峰里
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
すて/  花菱りず
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
きく/  里咲しぐれ
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
とら/  小春乃さよ
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
とめ/  天瀬はつひ
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
せつ/  水音志保
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
しず/  夢白あや
(ドン・フェルディナンドの農場に売られた日本人奴隷)
 
アレハンドロ/  芹香斗亜
(流れ者の剣士)
踊り子パメラ/  花宮沙羅
(コリオ・デル・リオの繁華街にある、酒場の踊り子)
  
フェリペ3世/  星吹彩翔
(イスパニア国王)
王妃マルガレーテ/  美風舞良
(フェリペ3世の妃)
王女マウリシア/  愛咲まりあ
(フェリペ3世とマルガレーテの娘)
レルマ公爵/  凛城きら
(王フェリペ3世の寵臣(バリード))
ウセダ公爵/  春瀬央季
(レルマ公爵の息子)
バランシャ伯爵夫人/  桜音れい
(レルマ公爵の娘)
女官ビアンカ/  瀬戸花まり
(スペイン王宮の女官)
道化ニコラ/  綾瀬あきな
(宮廷道化師)
道化セバスティアン/  留依蒔世
(宮廷道化師)
トレド大司教/  水香依千
(スペインのカトリック教会の首座)
         
   
             
       
宙組公演「エルハポン」  宙組公演「エルハポン」
¥11,000 Blu-ray    2019年12月号
   
19:34 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.08.03.Sat

「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」ポスターアップ

  

 
              瑠風輝(研8)
 
バウ・ロマンス「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」
-F・スコット・フィッツジェラルド作「The Diamond as Big as the Ritz」より-
脚本・演出/木村信司
「華麗なるギャツビー」の著者で20世紀のアメリカを代表する小説家の一人、F・スコット・フィッツジェラルド。
彼が残した数多くの短編小説の中でも、異彩を放つ「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」は、富がもたらす熱狂、狂乱を主題とした壮大な夢物語です。
そこに主人公の恋を織り込み、宝塚歌劇ならではのロマン溢れる作品としてお届け致します。
アメリカの大学に通うジョンは、ある時友人のパーシーに誘われ彼の実家を訪ねることとなる。
そこは贅を尽くした黄金の楽園のような場所だった。
巨大なダイヤモンドの原石の中に建てられた豪華な館の中で、パーシーの妹キスミンと出会い、恋におちるジョン。
しかし次第に楽園の秘密が明らかとなり…。

アメリカの大学、セント・マイダス校では、恒例の学生公演が上演されている。
華やかに歌い踊る学生達の中心にいるのは、ジョン・T・アンガー
活力に溢れ、誰の目にも魅力的に映る彼は、仲間達から絶大な人気を得ていた。
ジョンの親友で公演の出資者でもあるパーシーも、彼に強い憧れを抱く一人である。
終演後ジョンは、公演の成功も君の寄付があってこそだとパーシーに感謝する。
そして、この国では資本がなくては何ひとつ始められないと話すのだった。
そんなジョンにパーシーは、お金の価値について実体験をもとに語り合おうと、自分の故郷へ遊びに来るよう誘う。
ジョンは喜んでパーシーの申し出を受け、夏の休暇を彼の実家で過ごすことにする。
ジョンが訪れたパーシーの実家。
そこは贅を尽くした黄金の楽園のような場所だった。
その邸は巨大なダイヤモンドの原石の中に建てられているという。
パーシー一家の歓待は、ジョンを驚かせることばかり。
この世のものではない場所で、彼は夢の中をさまよっているような気分になるのだった。
翌朝、庭園に迷い込んだジョンは、パーシーの妹キスミンに出会い恋に落ちる。
世間と関わりを持たず過ごしているというキスミン。
ジョンはジャズという音楽の名前さえ知らない彼女にダンスを教える。
キスミンと過ごすひとときは彼の心を浮き立たせるのだった。
だが、ジョンの気持ちを察したパーシーは、キスミンとの仲を快くは思わなかった。
この楽園を維持するためには、きれいごとだけでは済まないのだ。
やがてジョンは、パーシーにある場所へと案内される。
そこはダイヤモンドで囲まれた牢獄だった。
パーシーの不可解な話に困惑するジョン…。
そして次第に、黄金の楽園の秘密が明らかとなっていく――。

   

   
瑠風輝×夢白あや、バウ初主演公演
 
主な配役
ジョン・T・アンガー/  瑠風輝
(アメリカの大学、セント・マイダス校に通う青年)
パーシー・グレイブス/  鷹翔千空
(ジョンと同じ大学に通う青年。ジョンに強い憧れを抱いている)
キスミン/  夢白あや
(ジョンの友人であるパーシーの妹)
ポピー/  瀬戸花まり
(キスミンに仕える踊り子)
リリー/  花菱りず
(キスミンに仕える踊り子)
デイジー/  小春乃さよ
(キスミンに仕える踊り子)
アレキサンドル(アレックス)/  悠真倫(専科)
(巨大なダイヤモンドの原石の中に建てられた、豪華な館の主。パーシーの父)
クレメンタイン(クレイ)/  美風舞良
(アレキサンドルの妻、パーシーの母)
トム/  松風輝
(館の召使い)
ジム/  実羚淳
(館の召使い)
サム/  水香依千
(館の召使い)
楽園の男/  希峰かなた
(ジョンをもてなす館に住んでいる男)
エドウィン/  希峰かなた
(館の牢獄に囚われている飛行士)
ニール/  若翔りつ
(館の牢獄に囚われている飛行士)
アイリーン/  栞菜ひまり
(館の牢獄に囚われている飛行士)
アラン/  愛海ひかる
(館の牢獄に囚われている飛行士)
ヴァージル/  真名瀬みら
(館の牢獄に囚われている飛行士)
ユージン/  亜音有星
(館の牢獄に囚われている飛行士)
サリー/  花宮沙羅
(館の牢獄に囚われている飛行士)
  
リチャード/  若翔りつ
(男子生徒)
スコット/  雪輝れんや
(男子生徒)
サミュエル/  凰海るの
(男子生徒)
ジョージ/  なつ颯都
(男子生徒)
ボブ/  梓唯央
(男子生徒)
ジュディ/  夢風咲也花
(女子生徒)
ベティ/  花宮沙羅
(女子生徒)
ドリイ/  楓姫るる
(女子生徒)
ミリイ/  舞こころ
(女子生徒)
エリイ/  栞菜ひまり
(女子生徒)
  
  
  
           
19年宙組版「オーシャンズ11」  19年宙組版「オーシャンズ11」
¥8,800 【送料無料!!】     ライブCD
      
17:51 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.07.26.Fri

「追憶のバルセロナ」ポスターアップ

  

 
           真風涼帆×星風まどか
 
ミュージカル・ロマン「追憶のバルセロナ」
作・演出/正塚晴彦
2002年に絵麻緒ゆうと紺野まひるを中心とした雪組によって上演された作品の再演。
時は19世紀のスペイン。バルセロナの貴族の嫡子フランシスコは、宣戦布告してきたフランス軍に立ち向かうべく、親友のアントニオと共に戦場へと向かう。
激しい戦闘の末、フランシスコは瀕死の重傷を負うが、旅芸人一座の娘イサベルの献身的な介抱によって一命を取り留める。
一座と行動を共にしながらも、フランス軍に占領された祖国の現状を憂うフランシスコは、カーニバルの賑わいにまぎれバルセロナへと潜入。
そこで彼が目にしたのは、いまやフランスの協力者となったアントニオと、彼の妻となったかつての許嫁セシリアの姿だった…。
祖国の誇りを取り戻すため立ち上がる青年の、愛と戦いの物語。

1800年代スペイン。バルセロナの街がカーニバルで賑わう頃、フランスがスペインに宣戦布告をする。
その知らせを受けた有力貴族アウストリア家の長男・フランシスコは、祖国を守るという使命感に燃え、婚約者のセシリアに別れを告げると、親友のアントニオと共に勇んで戦場へと向かう。
だがスペイン軍の必死の抗戦も虚しく、フランス軍はピレネー山脈を越え、フランシスコは重傷を負ってしまう。
瀕死の状態で倒れていたところをロマの青年・ロベルトに助けられたフランシスコは、ロマの娘・イサベルの懸命な看病によって長い昏睡状態から目覚めるが、以前の記憶を全く失っていた。
過去を失いながらも、次第にロマ達の生を謳歌する自由な暮らしに馴染んでいったフランシスコは、ある日、酒場でフランス兵に絡まれた女達を助けようとするが、戦場の悪夢に襲われ、恐怖のあまり動けなくなってしまう。
しかし、再び戻って来たフランス兵がイサベルを襲うのを目にしたフランシスコは、覚醒したかのように剣を手に兵隊達を鮮やかに倒していく。
それを機に、フランシスコの記憶が戻り始める…。
一方、フランス軍の捕虜となっていたアントニオは、フランス軍に協力し、幽閉中の貴族達の説得役を引き受けることによってその身の保証を得ていた。
だが、フランシスコの父レオポルドは、誇りにかけてフランスには屈しないという強固な姿勢を崩さず、遂には処刑を免れなくなってしまう。
フランシスコは完全に記憶を取り戻した――。彼に思いを寄せるようになっていたイサベルはフランシスコの素性を知り、自分達から遠ざかっていく淋しさを感じるが、彼を無事に故郷へ返すため、カーニバルに乗じて一緒にバルセロナへ入ろうと提案する。
カーニバルの当日。フランシスコが戦地に向かってから1年の月日が経っていた。
ロマ達の伝説の英雄“黒い旋風”に扮し仮面をつけてバルセロナのカーニバルに紛れ込んだフランシスコは、セシリアと再会する。
だがセシリアは、フランシスコは戦死したと思い込み、既にアントニオの妻となっていた…。
敬愛する父と、フランスの支配下で苦しむすべてのスペイン国民の無念を晴らす為に、そして自分自身が真直ぐに顔を上げて生きていく為に、占領軍に立ち向かう事を決意したフランシスコ。
彼はロベルト達と共に“黒い旋風”となり、次々にフランス軍を襲い始める――。

ショー・アトラクト「NICE GUY!!‐その男、Sによる法則‐」
作・演出/藤井大介
「ナイスガイ」をキーワードに「男の美学」を追求したこの作品は、2011年に大空祐飛を中心とした宙組によって初演。
“その男、S”とは真風涼帆のことであり、シャープな格好良さ、大人の男の優しさなど、真風涼帆を中心とした宙組の魅力を余すところなくお届けする、華やかでダイナミックなショー作品です。

 

 
まかまど初の全ツ。
まさかの華妃まいあ千秋楽付での退団…。
まだ新公1回チャンスがあったはずだけど、もう見切り付けたんですかね…。
ほんま99期はアノヒトもコノヒトも不遇やのう…。
 
ハイ
配役比較
 2019年宙組版  2002年雪組
フランシスコ・アウストリア
(カタルーニャ貴族・アウストリア家の一人息子)
真風涼帆/絵麻緒ゆう
レオポルド・アウストリア
(フランシスコの父)
美月悠/美郷真也
テレサ
(フランシスコの母)
花音舞/灯奈美
アントニオ・ヒメネス
(フランシスコの親友)
芹香斗亜/成瀬こうき(専科)
セシリア・オリバレス
(フランシスコの婚約者)
華妃まいあ/白羽ゆり
オリバレス男爵
(セシリアの父)
秋奈るい/すがた香
ルクレツィア
(セシリアの母)
綾瀬あきな/美穂圭子
フェイホオ
(アウストリア家の使用人)
和希そら/音月桂
 
アズナワール
(フランス軍司令官)
星吹彩翔/飛鳥裕
ジャン・クリストフ
(フランス軍大尉)
凛城きら/貴城けい
イアーゴー
(クリストフの部下)
寿つかさ/未沙のえる(専科)
 
イサベル
(ロマの娘)
星風まどか/紺野まひる
ロベルト
(ロマのリーダー的存在)
桜木みなと/朝海ひかる
ミゲル
(ロマの親方)
留依蒔世/風早優
エンセナダ
(ロマの男)
秋音光/未来優希
フェルナンド
(ロマの男)
惟吹優羽/壮一帆
アルバラード
(ロマの男)
琥南まこと/立樹遥
アンジェロ
(ロマの男)
湖風珀/天勢いづる
バトロ
(ロマの男)
琉稀みうさ/水純花音
グラシアン
(ロマの男)
真白悠希/牧勢海
メンドーサ
(ロマの男)
――/聖れい
エスメラレダ
(ロマの女)
花音舞/森央かずみ
ビアンカ
(ロマの女)
天瀬はつひ/愛耀子
アンジェリカ
(ロマの女)
遥羽らら/五峰亜季
マリエッタ
(ロマの女)
綾瀬あきな/汐夏ゆりさ
カーラ
(ロマの女)
桜音れい/澪うらら
クレメンティナ
(ロマの女)
愛咲まりあ/天咲毬愛
ガブリエラ
(ロマの女)
里咲しぐれ/麻樹ゆめみ
ロザリンド
(ロマの女)
天彩峰里/有沙美帆
 
ロジェ
(フランス兵)
澄風なぎ/悠なお輝
ロベール
(フランス兵)
風色日向/天希かおり
フィリップ
(フランス兵)
七生眞希/風美佳希
モレノ
(店の主人)
穂稀せり/麻愛めぐる
 
2002年、雪組で絵麻緒ゆう×紺野まひるトップコンビ大劇場お披露目にして退団公演として初演。
  ショーは2011年、宙組で大空祐飛×野々すみ花大劇場5作目として初演。
 
 
 
           
19年宙組版「追憶のバルセロナ」  11年宙組版「NICE GUY!」
¥9,900 Blu-ray         ライブCD
 
03:53 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.03.26.Tue

瑠風輝、バウ初主演へ!!

 
宙組秋のバウ公演の演目が発表に。
 
リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド
演出はキムシン
 
メインの全ツは、「追憶のバルセロナ/NICE GUY!!-その男、Sによる法則-」。
2002年えまおゆう×紺野まひるトップコンビお披露目公演にして退団公演でもあった作品と、2011年ゆひすみ時代のショーがYからSになってスタンバイ。
 
でバウの方、気になる主演は…
コノカタ
  
やっぱりくるよね。
98期はすでにトップ娘役を1人輩出し、新公を卒業したばかりの期。
瑠風くん、新公主演はトータル4回経験済みで、月の御曹司と並ぶ推されメン。
バウ主演は男役ではアーリー・飛龍くんに続き3人目の抜擢。
ま飛龍くんは1期上の綺城ひか理とW主演(の上に特出筋肉ガールという訳の分からない扱い)なので、単独主演は実質2人めか。
どんな話か知らんが、まぁプロットを読むと、アメリカの大学に通う主人公ジョンが瑠風くんで、友人のパーシーが2番手で、その妹のキスミンがヒロインであるのは間違いなかろう。
 
で誰が演るかですね
 
まぁ…コノヒトコノヒトあたりだろうな。
 
宙組次のオーシャンズから愛さんが抜けてベネディクトが3番手昇格するとして、
真風(研14)→芹香(研13)→桜木(研11)→和希(研10)
黒期そらはバウ主演も経験したしオーシャンズの役付きもいいので、ここら辺りで実質4番手に昇格か。
でその下。
別格枠だった澄輝さやと・蒼羽りくが抜けるため、路線スター枠は
留依蒔世 (97期) 新公主演1回、Wエト1回
瑠風輝  (98期) 新公主演4回、バウ主演1回、エト2回(W・トリプル)
鷹翔千空 (101期) 新公主演2回
の並びに。
ここでも不遇の97期…
マキセルイは全ツチームに入るか、バウ組で2番手の役に甘んじるか、だな。
娘役ではせーこが抜けて、路線組は
ららネリス (98期)  新公ヒロ2回、東上ヒロ1回
ミネリーナ (100期) 新公ヒロ1回、バウヒロ1回、東上ヒロ1回、エト2回
あやや   (102期) 新公ヒロ2回
この3人で当面は廻す感じか。
まぁららと瑠風は同期だし、みねりはまどかと同期だし、あややはパリピだし…
 
花で100期お華たんがトップになり、星で102期ひっとんがトップになり(多分)、雪で102期道産子がバウヒロ演ってることを思えば、もう宙はあやや推しなんだろうなぁ…。
ま別によいが。
 
でもな、星全ツのヒロインはるこは研15なんだぜ
若けりゃいいってもんじゃねーんだよ
 
 
 
  
23:24 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.01.17.Thu

「オーシャンズ11」ポスターアップ

  

 
              真風涼帆
 
ミュージカル「オーシャンズ11」
脚本・演出/小池修一郎
ラスベガスにあるカジノホテルを舞台に、11人の男達がホテル王を出し抜き金庫破りに挑むハリウッド映画「オーシャンズ11」。
2011年の星組公演において、宝塚歌劇がこの作品を世界で初めてミュージカル化、2013年には花組で再演され、共に大好評を博したロマンチックで痛快なエンターテインメント大作です。
2011年の新人公演で主人公ダニー・オーシャンを演じた真風涼帆、親友ラスティーを演じた芹香斗亜が、この度の宙組公演において満を持して同役に挑戦。
ヒロインのテスには、星風まどかが挑み、若きディーヴァを演じます。
クールでダンディーな男達が勢揃いして活躍するアクション・ミュージカルの傑作が、熱い再演希望の声にお応えし、更にパワーアップした姿で宝塚歌劇の舞台に甦ります。
なお、宝塚大劇場公演は第105期初舞台生のお披露目公演となります。

服役中の天才詐欺師、ダニー・オーシャンが晴れて仮釈放となるその日――ダニーの妻テスの弁護士が離婚届を手に面会に訪れた。
テスはラスヴェガスのホテル王、テリー・ベネディクトが新たに建設するホテルのショースターに抜擢され、デビューまでに犯罪歴のあるダニーとは別れる気だという。
おまけにテスはベネディクトの新しい恋人だとも噂されていた。
今でもテスを愛するダニーは衝撃を受けつつも、ある壮大な計画を思い描く。
刑務所を出たダニーが向かった先…そこは運命を変える街、ラスヴェガス――。
ベネディクトはテスの前ではその本性を隠していたが、冷酷非道な手段でラスヴェガスを牛耳る“本物の悪党”だった。
ラスヴェガスのクラブで昔馴染のラスティー・ライアンと落ち合ったダニーは、ベネディクトにひと泡吹かせるための計画を打ち明ける。
それは、ベネディクトが経営するホテルPARADISOの金庫を破ることだった。
PARADISOの金庫には、ベネディクトが経営する全てのカジノの収益金が集まることになっている。
その額、ひと晩で1億5000万ドル――。
セキュリティは並大抵ではなく、様々な分野のエキスパートの協力が不可欠だった。
ダニーとラスティーは、早速、仲間集めに奔走する。
経営するカジノをベネディクトに潰されたルーベン・ティシュコフ、老舗ホテルで開催予定だったマジックショーをベネディクトが経営するホテルの横やりで潰された元一流マジシャンのバシャー・ター、雑技団一のテクニックを誇るヨーヨーの達人のイエン、イカサマがばれてラスヴェガスを追われたディーラーのフランク・カットン、ハッキングでは右に出る者のいないリヴィングストン・デル、映像を加工してバーチャルな世界を創り出すバージルタークのモロイ兄弟、元カリスマ詐欺師のソール・ブルーム…その道のプロたちがダニーの誘いに乗った。
伝説のスリの息子という肩書を重荷に感じているライナス・コールドウェルも、父を超えたい一心で協力を決意する。
こうして、それぞれに並はずれた技術を持つ11人が揃った――。

   

 
オーシャンズ6年ぶりの再演。
初演の新公で友人役を演じた2人が、時を経て再タッグ。
注目のベネディクト役は…やはりずん桜木。
次期3番手確定、か。
専科へ戦力外通告となった愛さんの立ち位置や…いかに。
 

  
ハイ
配役比較
 19年版  13年版  11年
ダニー・オーシャン
(天才詐欺師)
真風涼帆/蘭寿とむ/柚希礼音
テス・オーシャン
(ダニーの妻。今はベネディクトの恋人)
星風まどか/蘭乃はな/夢咲ねね
5年前のテス
夢白あや /春妃うらら・華雅りりか/早乙女わかば
ニック・スタイン
(テスの弁護士)
凛城きら/紫峰七海/英真なおき
テリー・ベネディクト
(ラスヴェガスのホテル王)
桜木みなと/望海風斗/紅ゆずる
ベス
(ベネディクトの秘書)
愛白もあ/華耀きらり/優香りこ
ディック
(ベネディクトのボディガード)
真名瀬みら/和海しょう/麻央侑希
ボブ
(ベネディクトのボディガード)
希峰かなた/真輝いづみ/芹香斗亜
ブルーザー
(ベネディクトのボディガード)
若翔りつ/天真みちる/汐月しゅう
チャールズ
(不動産を扱うベネディクトホテル・チェーンの顧問弁護士)
星月梨旺/彩城レア/碧海りま
 
ラスティー・ライアン
(ダニーの昔馴染み)
芹香斗亜/北翔海莉(専科)/涼紫央
ポーラ
(ラスティーの恋人。リカルドの孫娘)
遥羽らら/華雅りりか・花野じゅりあ/音波みのり
リカルド
(クラブ「エル・チョクロ」のオーナー)
松風輝/高翔みず希/英真なおき
テレサ
(リカルドの娘。ポーラの母)
花音舞/梅咲衣舞/万里柚美
ジョー
(「エル・チョクロ」のバーテン)
七生眞希/日高大地/朝都まお
 
ルーベン・ティシュコフ
(元カジノのオーナー)
凛城きら/紫峰七海/美城れん
フランク・カットン
(ディーラー)
澄輝さやと/瀬戸かずや/夢乃聖夏
リヴィングストン・デル
(ハッカー)
瑠風輝/鳳真由/美弥るりか
バージル・モロイ
(バーチャルな世界を創り出す映像加工のプロ)
優希しおん/水美舞斗/如月蓮
ターク・モロイ
(バージルの弟。兄と同じ技術を持つ)
鷹翔千空 /柚香光/天寿光希
バシャー・ター
(マジシャン)
蒼羽りく/春風弥里/壱城あずさ
イエン
(ヨーヨーの達人)
秋音光/華形ひかる/鶴美舞夕
ソール・ブルーム
(元カリスマ詐欺師)
寿つかさ/悠真倫/未沙のえる(専科)
ライナス・コールドウェル
(伝説のスリと謳われたジミーの息子)
和希そら/芹香斗亜/真風涼帆
 
ハリー・ウッズ
(NPO団体EVER GREENの委員長)
星吹彩翔/夕霧らい/美稀千種
アン・ウッズ
(夫のハリーと共に、緑地再生を推進するNPO団体「EVER GREEN PROJECT」を主宰する)
美風舞良/初姫さあや/毬乃ゆい
   
クィーン・ダイアナ
(ラスヴェガスのマジック・ショースター)
純矢ちとせ/桜一花/白華れみ
ハロルド
(ショーの演出家)
春瀬央季/航琉ひびき/真月咲
エディ
(ショーの振付家)
実羚淳/冴月瑠那/海隼人
テーラー
(PARADISOの支配人)
美月悠/月央和沙/大輝真琴
マイク
(ラスヴェガスのMC)
留依蒔世/大河凜/礼真琴
ルビー
(3ジュエルズ。ラスヴェガスの歌手)
瀬戸花まり/芽吹幸奈/花愛瑞穂
サファイア
(3ジュエルズ。ラスヴェガスの歌手)
華妃まいあ/菜那くらら/音花ゆり
エメラルド
(3ジュエルズ。ラスヴェガスの歌手)
天彩峰里/仙名彩世/白妙なつ
ドロシー
(生贄)
綾瀬あきな/新菜かほ/紫りら
 
記者
秋奈るい・穂稀せり・天瀬はつひ・小春乃さよ/
羽立光来・神房佳希・桜咲彩花・桜帆ゆかり・華雅りりか/
輝咲玲央・千寿はる・稀鳥まりや
刑事
秋奈るい/羽立光来/輝咲玲央
ボーイ
湖風珀/綺城ひか理/瀬央ゆりあ
ソムリエ
亜音有星/優波慧/十碧れいや
バッキー・ブキャナン
水香依千/羽立光来/千寿はる
     
エトワール
花宮沙羅/華形ひかる/涼紫央
    
2011年、星組で柚希礼音×夢咲ねねトップコンビにより初演。
  2013年、花組で蘭寿とむ×蘭乃はなトップコンビにより再演。
 
 
 
          
19年宙組版「オーシャンズ11」  19年宙組版「オーシャンズ11」
¥11,000 Blu-ray       2019年5月号
   
01:12 |  宙組公演  |  EDIT  | 
2019.01.03.Thu

「群盗」ポスターアップ

  

 
              芹香斗亜
 
ミュージカル
「群盗-Die Räuber-」-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-
脚本・演出/小柳奈穂子
「群盗」は1781年にシラーの戯曲処女作として出版され、翌年に舞台化された作品。
18世紀ドイツの文学運動シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)の代表作で、ヴェルディ作曲によるオペラ化や、日本でも幾度も翻案されるなど後世に様々な影響を与えた名作です。
自由と法の対立という現代にも通じるテーマ性を持ったこの作品を、宝塚歌劇版では愛と青春の物語としてドラマティックかつロマンティックに描き上げます。
18世紀のドイツ。貴族から金品を奪い、貧しい人々を救う群盗の一団が暗躍していた。
その首領カールは実はモール伯爵の嫡子であったが、自分の地位と恋人アマーリアを狙う義弟の策略により、留学中に父から理不尽に勘当されたことで人生に絶望し、仲間に祭り上げられるまま義賊の首領となったのだった。
一同は封建制度の残るドイツで自由と理想を求めて立ち上がる。
だが、それは引き返せない破滅への道でもあった…。

18世紀のドイツ。父モール伯爵の治める領地で、病弱な母シャルロッテ、従姉妹アマーリアと共に穏やかに暮らしていた嫡男カールの元に、ある日、母親を亡くした異母弟フランツが引き取られてくる。
モール伯爵がほとんど気まぐれのようにひと時情けをかけた女性との間に生まれたフランツは、父である伯爵にも、爵位と領地を当然のように継承するカールにも複雑な想いを抱いていたが、カールは屈託なくフランツを弟として受け入れ、共に剣を学び、競い合って成長していく。
やがて更に広い世界を見たいと望む青年に成長したカールは、父の反対をものともせず、ライプツィヒの大学へと赴く。
カールに淡い恋心を抱いていたアマーリアは、「どうしても困ることがあったらそれを売って帰ってくればいい」と涙を隠して母の形見の指輪をカールに手渡すが、まだ見ぬ未来への希望に胸膨らませるカールは、彼女の真の想いに気づかないまま旅立っていく。
そればかりでなく、カールは自分の大学進学を後押ししてくれたアマーリアの父であり、足に障害を持つ叔父ヘルマンが、爵位と領地を狙いフランツと結託して自分を敢えて故郷から遠ざけたことを知る由もなかった。
新たな世界に足を踏み入れたカールは、ブルジョアジーの子息である学友たち、シュヴァイツァーラツマンシュフテレロルラーらの自由を求める思想に触れ、意見を闘わすうちに、貴族の嫡男でありながらも啓蒙主義者たちの国政参加を主張する論文を大学に提出するに至る。
だが、この論文は当然認められるはずもなく、反体制派と目されてしまったカールの元に、彼の学生生活の現状を知った父から事実上の勘当を言い渡す手紙が届く。
絶望するカールだったが、学友たちと夜な夜な繰り出していた酒場で旧知の仲となっていたシュピーゲルベルクに「これでお前は貴族でなくなった代わりに、それ以外の何にでもなれる本当の自由を得たんだ」と煽られ、その言葉のままに、富める者から奪い、貧しい民たちに分け与える義賊集団、正義の為の犯罪者、善意の盗賊の群れ「群盗」となることを決意。
学友たち、シュピーゲルベルク、その恋人リーベ、リーベの弟グリムらと共に、盗賊行為を働き民衆に金品をばら撒く。
その血気盛んな行動により、「群盗」はたちまちにして反体制派の英雄に祭り上げられていく。
だが、「群盗」の首領=カールが貴族の嫡男だと公表されるや否や、裏切られたと思った民衆は一転してカールと「群盗」たちを敵視するようになり、軍隊と民衆双方から追われる身となった「群盗」たちは、ボヘミアの森の奥深くに辛うじて逃げ延びる。
そんな四面楚歌の彼らの元に仲間に加えてくれとモール領の青年コジンスキーがやってくる。
父モール伯爵亡きあと、フランツとヘルマンが過酷な重税を課し領民を苦しめていること、更に、そもそも自分の勘当は二人の謀り事による偽りだったと知ったカールは、囚われの身同然だというアマーリアを救い出す為、危険を冒して故郷に戻る決意をするが、それはカールを密かに愛していたリーベの心に重い楔を打つ行為となり…。

   

 
キキ芹香2度目、宙組生としては初の東上主演。
そして新公初ヒロ、バウ初ヒロ、エト2度目、からの東上初ヒロインゲットなミネーリアなう
 
ハイ
主な配役
カール/  芹香斗亜
(ドイツ、フランケン地方の領主、モール伯爵の嫡男。「群盗」の首領となる)
カール(少年)/  碧咲伊織
モール伯爵/  凛城きら
(伯爵家の当主でカールの父親)
シャルロッテ/  はる香心
(カールの母親)
アマーリア/  天彩峰里
(カールの従姉妹)
アマーリア(少女)/  陽雪アリス
ヘルマン/  希峰かなた
(モール伯爵の弟でアマーリアの父親)
フランツ/  瑠風輝
(カールの異母弟)
フランツ(少年)/  真白悠希
ズーゼル/  花音舞
(カールの乳母)
モーゼル牧師/  風輝駿
オイゲン公/  水香依千
(貴族でカールの後見人)
コジンスキー/  風色日向
(モール領内の村長の息子)
                 
シュフテレ/  雪輝れんや
(カールの学友で群盗の一員)
ラツマン/  愛海ひかる
(カールの学友で群盗の一員)
シュヴァイツァー/  穂稀せり
(カールの学友で群盗の一員)
ロルラー/  なつ颯都
(カールの学友で群盗の一員)
リーベ/  華妃まいあ
(ライプツィヒの酒場の娘で群盗の一員)
シュピーゲルベルク/  秋奈るい
(リーベの恋人で群盗の一員)
グリム/  湖々さくら
(リーベの弟)
フロイデ/  愛咲まりあ
(ライプツィヒの酒場の女主人。リーベとグリムの母親)
ヴァールハイト/  鷹翔千空
(ライプツィヒの役人)
 
監督員/  風色日向
ヴァルター/  輝ゆう
御者/  琉稀みうさ
グーテ/  有愛きい・愛彩めあり・舞こころ・栞菜ひまり
ベーゼ/  琉稀みうさ
   
   
    
     
宙組公演「群盗」   宙組公演「異人たちのルネサンス」
¥9,900 Blu-ray  ¥8,800 【送料無料!!】
   
21:21 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT