2017.07.09.Sun

「伶美うらら」

      
  
    
「伶美うらら」(れいみ・うらら)は、日本の女優。元宝塚歌劇団宙組の娘役スター。
1990年5月30日生、大阪府大阪市、清水谷高校出身。
身長166cm。血液型B型。
所属事務所はエージェントオフィスタクト。
公式愛称は「ゆうり」。非公式は「幻の宙組トップ娘役」
  
==来歴==
2007年4月、宝塚音楽学校入学。
2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は29番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、宙組に配属。
同期には現月組トップ娘役愛希れいか水美舞斗柚香光月城かなと朝美絢礼真琴瀬央ゆりあ桜木みなと、OGに元星組トップ娘役妃海風、元宙組トップ娘役実咲凜音星乃あんりらがいる。
2011年、「クラシコ・イタリアーノ」で、新人公演初ヒロイン。
2012年、「ロバート・キャパ」(バウホール・日本青年館公演)で、バウ・東上初ヒロイン。続く大空ゆうひ・野々すみ花退団公演となる「華やかなりし日々」で、2度目の新公ヒロイン。
同年7月より、野々すみ花の後任として、池田泉州銀行イメージガールに就任。
同年、凰稀かなめ・実咲凜音大劇場お披露目となる「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、初の大役ユリアンに抜擢。少年役を演じるにあたり、髪をショートにして役作りに臨む。
同年、阪急すみれ会パンジー賞において、2012年度新人賞を受賞。
2013年、「風と共に去りぬ」で、スカーレットⅡを純矢ちとせと役替わりで演じ、新人公演ではメラニー(本役:実咲凜音)を演じる。
2014年、「翼ある人びと」(DC・日本青年館公演)で、自身最大の当たり役となるヒロインのクララ・シューマンを演じ、2度目の東上ヒロイン。続く「ベルサイユのばら-オスカル編-」で、3度目の新公ヒロイン。続く「SANCTUARY」(バウホール公演)で、2度目のバウヒロイン。続く凰稀かなめ退団公演となる「白夜の誓い」で、4度目の新公ヒロイン。本公演でも準ヒロインを務め、某娘1を押し退けてポスターにセンター写りする厚遇ぶりを見せつける。
2015年、朝夏まなと・実咲凜音大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、初演でトップ娘役・檀れいが演じた大役アムネリスに抜擢。
2016年、「バレンシアの熱い花」(全国ツアー)で、トップスター朝夏まなとの相手役としてヒロインを、ショー「HOT EYES!!」では星風まどかと共にヒロインを務める。
2017年11月19日、朝夏まなと退団公演となる「神々の土地/クラシカル ビジュー」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。退団公演では、トップ娘役不在という状況下でありながら、ヒロイン・イリナ役に抜擢され、最初で最後の大劇場ヒロインを演じた。
2018年6月より、エージェントオフィスタクト所属となり、芸能活動を再開。

 
==人物==
7歳上と12歳上の姉がいる3姉妹の末っ子。
幼稚園年中からスイミングを習い始める。
小学5年の夏休み、花組公演「ミケランジェロ/VIVA!」で宝塚初観劇。翌年の夏休みに再び観劇し、観劇後「宝塚コドモアテネ」の存在を知り、入学を決める。同じ学年には後に同期となる水美舞斗がいた。
公立の中学に進学し、アテネに加え、地元のバレエ、塾にも通い始める。
この頃からオシャレに目覚め、体育祭や音楽祭では「ちょっと男子、ちゃんとしてよね~~」のポジションを確立。
中学3年時、宝塚を初受験するも二次で不合格となる。試験会場では、アテネの先輩であった舞羽美海やバレエのお手本を務めていた愛月ひかるの美しさに圧倒される。
公立の高校に進学後、声楽教室にも通い始め、2度目の受験に臨む。面接では「昨年どうして落ちたと思いますか?」と聞かれ、「新曲視唱(楽譜を1度見ただけで歌う)ができなかったからです」と堂々と答え、失笑された。
芸名の由来は、「伶」の字は芸風の意味が込められていて、「うらら」はある瞬間に頭の中で生まれてからずっと大切に温めていた名前。どんな娘役になりたいか考えて、春の陽だまりのようなイメージに大人っぽさが加わった雰囲気が合うのではと考え、覚えやすい名前がいいと思って決めた。

 

  
==宝塚歌劇団時代の主な舞台==  
==初舞台==
2009年
4~5月、宙組「薔薇に降る雨」「Amour それは…」(宝塚大劇場)
 
==宙組時代==
6~7月、「薔薇に降る雨」「Amour それは…」(東京宝塚劇場)
11~2010年2月、「カサブランカ」
5~8月、「TRAFALGAR(トラファルガー)-ネルソン、その愛と奇跡-」「ファンキー・サンシャイン」
11~2011年1月、「誰がために鐘は鳴る」新人公演:ファニータ(本役:藤咲えり)
3月、「記者と皇帝」(日本青年館・バウホール)セーラ・キング
5~8月、「美しき生涯-石田三成 永遠(とわ)の愛と義-」「ルナロッサ-夜に惑う旅人-」新人公演:たつの(本役:すみれ乃麗)
10~12月、「クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-」「NICE GUY!!-その男、Yによる法則-」新人公演:ミーナ・プッティ(本役:野々すみ花) 新人公演初ヒロイン
2012年
1~2月、「ロバート・キャパ 魂の記録」(バウホール・日本青年館)ゲルダ・ポホライル バウ・東上初ヒロイン
4~7月、「華やかなりし日々」「クライマックス-Cry‐Max-」ローズマリー・ブラウン、新人公演:ジュディ・レイン(本役:野々すみ花) 新人公演ヒロイン
8~11月、「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」ユリアン、新人公演:アンネローゼ(本役:愛花ちさき)
2013年
1月、「逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース」(シアタードラマシティ・日本青年館)サラ・ミルブレット
3~6月、「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」ジェニファー、新人公演:エデ姫(本役:すみれ乃麗)
7~8月、「うたかたの恋」「Amour de 99!!-99年の愛-」(全国ツアー)ステファニー
9~12月、「風と共に去りぬ」メイベル/スカーレットⅡ ※純矢ちとせと役替わり、新人公演:メラニー・ハミルトン(本役:実咲凜音) 新人公演準ヒロイン
2014年
2~3月、「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」(シアタードラマシティ・日本青年館)クララ・シューマン 東上ヒロイン
5~7月、「ベルサイユのばら-オスカル編-」次女、新人公演:バラの淑女、ロザリー(本役:実咲凜音) 新人公演ヒロイン
9月、「SANCTUARY」(バウホール)マルグリット・ド・ヴァロア(マルゴ) バウヒロイン
11~2015年2月、「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」「PHOENIX宝塚!!-蘇る愛-」エグモント伯爵夫人(イザベル)、新人公演:ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク(本役:実咲凜音) 新人公演ヒロイン
4月、「New Wave!-宙-」(バウホール) バウヒロイン
6~8月、「王家に捧ぐ歌」アムネリス、新人公演:エジプトの戦士 大劇場準ヒロイン
10~11月、「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-」「シトラスの風Ⅲ」(全国ツアー)ルシル
2016年
1~3月、「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」「HOT EYES!!」エリザベス・ケアリー(ベス)、新人公演:市民、五月祭の女、酒場の女
5月、「ヴァンパイア・サクセション」(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)カーミラ
6月、「Bow Singing Workshop~宙~」(バウホール)
7~10月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」マダム・ヴォルフ
11~12月、「バレンシアの熱い花」「HOT EYES!!」(全国ツアー)イサベラ 全ツ初ヒロイン
2017年
2~4月、「王妃の館-Château de la Reine-」「VIVA! FESTA!」ディアナ
6月、「A Motion(エース モーション)」(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
8~11月、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」「クラシカル ビジュー」大公妃イリナ(イレーネ) 大劇場ヒロイン 退団公演
 
==出演イベント==
2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」~プレ・プレ・センテニアル~
2013年11月、悠未ひろディナーショー「Heroe」
2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
2015年5月、「王家に捧ぐ歌」前夜祭
2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」
  
==広告・CM出演==
2012~2017年、池田泉州銀行
 
==受賞歴==
2012年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
 
==宙のプリンセス伝説==
2011年、「クラシコ・イタリアーノ」ミーナ・プッティ
2012年、「華やかなりし日々」ジュディ・レイン
2013年、「風と共に去りぬ」メラニー・ハミルトン
2014年、「ベルサイユのばら-オスカル編-」ロザリー
2014年、「白夜の誓い-グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-」ソフィア・マグダレーナ・ア・ダンマルク
新公ヒロイン4回、新公準ヒロイン1回
       
2012年、「ロバート・キャパ 魂の記録」(バウホール・日本青年館)
2014年、「翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-」(DC・日本青年館)
2014年、「SANCTUARY(サンクチュアリ)」(バウホール)
2015年、「New Wave!-宙-」(バウホール)
2015年、「王家に捧ぐ歌」(大劇場)
2016年、「バレンシアの熱い花」(全国ツアー)
2017年、「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」(大劇場)
バウヒロイン3回、東上ヒロイン2回、全ツヒロイン1回、本公演準ヒロイン1回、本公演ヒロイン1回

  
==宝塚歌劇団退団後の主な活動==   
==舞台==
2018年
1月、「越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート」(梅田芸術劇場)
2月、リーディングアクト「愛にまつわる、いくつかの…」(紀尾井小ホール)
  
伶美うらら公式プロフィール
伶美うららインスタグラム
  
  
  
  
21:16 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2016.08.25.Thu

「伶美うらら VS 星風まどか」~娘1バトル最終章突入、最後に美女は勝つ?!~

   

 
 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
20:58 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2016.06.10.Fri

「マダムうららのコレクション」~見た目シシィと歌だけシシィのバトルは終わらない~

    

  
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
04:19 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2015.08.27.Thu

「伶美うらネリスを語る」~娘1バトルは終わらない~

   

  
   
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
19:10 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2014.08.16.Sat

「白夜の誓い」ポスターアップ

        

     
              凰稀かなめ(研15)×実咲凜音(研6)  
     
ときて
いよいよトップもサヨナラです。
    
凰稀かなめ退団公演にして
実咲凜音まさかの続投作(今んとこ)にして
朝夏まなと たった1作のみの2番手経験作
   
……
になるのかなと思うたけど
……  
      

   
      緒月遠麻(研15)×朝夏まなと(研13)×伶美うらら(研6)  
   
これさ……
  
 
19:03 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2014.06.25.Wed

伶美うらら ヒロイン続投!!

   

        

     
              愛月ひかる(研8)×伶美うらら(研6)   
         
うらら様の美貌が凄んげえことになっているっっ
     
何この美しさ
檀れいの再来
     
愛月ひかるバウ初主演なんてどうでもいい。
メインの全ツ実咲アントワネットなんて興味無くなった。
もうベルばらはよい。
       
これからは   
伶美うららの時代じゃっ
     
     
08:39 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2013.11.01.Fri

「翼ある人びと」ポスターアップ

      

  
            朝夏まなと(研12)×伶美うらら(研5)
 

 
「翼ある人びと—ブラームスとクララ・シューマン—」
若き日のヨハネス・ブラームスを主人公に、彼の才能を見出したシューマン、その妻で有名ピアニストのクララ、三人の出会いから別れまでを描く物語。
ある秋の日、デュッセルドルフに住むシューマン夫妻のもとに、一人の貧しい青年が訪ねて来る。
酒場のピアノ弾きをしていたというその青年が弾いてみせた自作のピアノ曲…
青年ブラームスの才能は、シューマンとクララを魅了し、彼自身の運命をも変えてゆく。
シューマンは青年を自宅に住まわせ教えを授けるが、ブラームスは美しいクララに惹かれてゆき…。
背徳の恋と師弟の愛情、音楽への同じ志。
三人の矛盾に満ちた関係に、破綻の時は近づいていた。
愛憎を越えて音楽に結ばれた三人の絆を通して、やがて芸術家として飛翔してゆく主人公の姿をドラマティックに描き出す。

ある秋の日、デュッセルドルフに住むシューマン一家のもとに、一人の貧しい青年が訪ねて来る。
青年を迎えたのは、作曲家のロベルト・シューマンと、その妻でピアニストのクララ
酒場のピアノ弾きをしていたというその青年は、夫婦に請われるがまま自作のモチーフを弾いてみせる。
青年は、若き日のヨハネス・ブラームス
彼の非凡な才能に気付いたロベルトとクララは、ヨハネスを自宅に住まわせて音楽を教え、世に出す手助けをしようと考える。
シューマン夫妻の思いに報いようとヨハネスも音楽活動に励んでいたが、次第に美しいクララに惹かれてゆき…。

 

 
ハイ
主な配役
ヨハネス・ブラームス/  朝夏まなと
ロベルト・シューマン/  緒月遠麻
クララ・シューマン/  伶美うらら
エミール・シューマン/  秋音光
(シューマン家の長男)
フェリックス・シューマン/  花菱りず
(シューマン家の次男)
ユリー・シューマン/  遥羽らら
(シューマン家の長女)
ベルタ/  鈴奈沙也
(シューマン家の料理女)
ヨーゼフ・ヨアヒム/  澄輝さやと
(名ヴァイオリニスト。シューマン家の友人)
ユリウス・グリム/  美月悠
(作曲家志望の青年。シューマン家の友人)
ルイーゼ・ヤーファ/  すみれ乃麗
(クララのピアノの生徒)
ルイーゼの夫/  松風輝
  
フランツ・リスト/  愛月ひかる
(ロマン派のピアニスト、作曲家。「ピアノの魔術師」の異名をもつ)
カロリーネ・フォン・ヴィトゲンシュタイン/  真みや涼子
(ヴィトゲンシュタイン侯爵夫人。リストの愛人) 
イーダ・フォン・ホーエンタール/  純矢ちとせ
(音楽界のご意見番。通称「伯爵夫人」)
オットー・ヴェーゼンドンク/  松風輝
(ジュネーブの銀行家。音楽の有力なパトロン)
マティルデ・ヴェーゼンドンク/  夢涼りあん
(ジュネーブの銀行家夫人)
ゼンフ氏/  風羽玲亜
(ライプツィヒの音楽出版社の社長)
レオノーラ・ゼンフ/  結乃かなり
(ライプツィヒの音楽出版社の社長夫人)
リヒャルト・ワーグナー/  春瀬央季
(ロマン派オペラの頂点に立つ作曲家。「楽劇王」と呼ばれる)
 
ベートーヴェン?/  凛城きら
(ベートーヴェン?)
ヴェラ/  花音舞
(ハンブルクの酒場の女将)
ヘルマン博士/  風羽玲亜
(ロベルトの主治医)
カタリーナ/  花里まな
(晩年のブラームスの家政婦)
  
  
  

宙組公演「翼ある人びと」
¥8,640 【送料無料!!】
  
01:30 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
2012.05.08.Tue

伶美うらら 池田銀行イメージガールに

   
宙組トップ娘役候補・伶美うららが、池田泉州銀行10代目イメージガールに。
 
  
  
歴代のイメージガールの流れからすると、陽月華→野々すみ花ときて、次期宙娘1の実咲凜音が選ばれるのが自然な気がするけど。
ま何でかは知らんけど、これでひとまず強力なバックがついたということで、うらら嬢、次期トップ娘役候補の1人として本格的に育成され始めるのか。
乞うご期待。
 
  
      
写真を見る限り、ジェンヌっぽくない現代的な美人顔って感じ。
長身やし釣り合う男役が見つけにくいかもだけど、最近はねね咲もちゃぴも…だし、トップ娘役の平均身長もグングン伸びていくのかね…
   
   
   
   
20:01 |  宙のプリンセス  |  EDIT  | 
 | TOP |