2020.03.10.Tue

「ピガール狂騒曲」ポスターアップ

       

  
               珠城りょう
         
JAPAN TRADITIONAL REVUE
「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」
監修/坂東玉三郎 作・演出/植田紳爾
日本人の精神性の原点ともされる「雪月花」。
四季折々の自然の美しさ、そこから生まれる心情をテーマに紡ぎ上げる、宝塚歌劇ならではの日本物レビュー。
宝塚歌劇の伝統である洋楽での日本舞踊の魅力を、より多くの人々にお届け出来るよう、世界中で愛され続ける名曲を用いて構成致します。
また、この作品は、歌舞伎界のみならず様々な舞台で活躍を続ける坂東玉三郎氏が初めて宝塚歌劇の監修にあたります。

ミュージカル「ピガール狂騒曲~シェイクスピア原作「十二夜」より~」
作・演出/原田諒
1900年、パリ。モンマルトルの丘の麓に位置する歓楽街ピガール。
そこは多くの芸術家たちが集い、あまたの恋が生まれた場所でもあります。
シェイクスピア喜劇の最高傑作と言われる「十二夜」の世界を、ベル・エポック(輝かしき時代)と謳われた古き良き時代のパリ・ピガールに移し、当時活躍した実在の人物を巧みに織り交ぜ描き出すミュージカル。
舞台は、今もピガールに残るミュージック・ホール「ムーラン・ルージュ」。
まさに時代の象徴とも言えるこの場所に、偶然にも顔を揃える様々な秘密を背負った男女。
彼らの思いが幾重にも絡み合い繰り広げられる恋の駆け引き、恋の鞘当てが、明るく楽しく軽妙洒脱に、そしてロマンティックに展開する祝祭劇です。
彼らの恋の顛末と共に、ミュージック・ホールを彩る美しく豪華絢爛なレビューシーンも大きな見どころ。
春の公演ならではの煌びやかで華やかなムードを更に盛り上げます。
なお、この作品の宝塚大劇場公演は第106期生のお披露目公演となります。


    

 
たまさく大劇場3作目。
第106期生初舞台お披露目公演。
専科からミエコ劇団特別顧問、降臨。
 
ハイ
主な配役
ジャック/ヴィクトール/  珠城りょう
()
ガブリエル/  美園さくら
()
シャルル/  月城かなと
()
ミシェル/  光月るう
()
ヴァネッサ/  夏月都
()
フローレンス/  紫門ゆりや
()
ルイーズ/  白雪さち花
()
ロートレック/  千海華蘭
()
ウィリー/  鳳月杏
()
マルセル/  輝月ゆうま
()
エマ/  晴音アキ
()
セドリック/  春海ゆう
()
フィリップ/  夢奈瑠音
()
ギイ/  颯希有翔
()
イヴ/  蓮つかさ
()
ラ・グリュ/  海乃美月
()
エドモン/  佳城葵
()
花屋/  朝霧真
()
レオ/  暁千星
()
テオドール/  英かおと
()
新聞売り/  蘭尚樹
()
ボリス/  風間柚乃
()
イヴェット/  夏風季々
()
ミスタンゲット/  天紫珠李
()
ピエール/  礼華はる
()
ポール/  彩音星凪
()
サラ/  結愛かれん
()
グリーユ/  蘭世惠翔
()
アラン/  柊木絢斗
()
モーム/  白河りり
()
ヴィヴィアーヌ/  きよら羽龍
()
   
   
   
    
19:27 |  月組公演  |  EDIT  | 
2020.01.10.Fri

「赤と黒」ポスターアップ

         

          
          珠城りょう×美園さくら
 
ミュージカル・ロマン「赤と黒-原作スタンダール-」
脚本/柴田侑宏 演出/中村暁
フランスの文豪スタンダールの長編小説「赤と黒」を原作に、柴田侑宏が書き下ろしたドラマティックなミュージカル作品。
1975年月組・大滝子主演で「恋こそ我がいのち」(東京公演より「赤と黒」)として初演、1989年には月組・涼風真世主演のバウホール公演として改編を行い、2008年には星組・安蘭けい主演のシアター・ドラマシティ公演として再演され、いずれも好評を博しました。
ナポレオン失脚後の復古王政下のフランスを舞台に、恋と野望に彩られたジュリアン・ソレルの波瀾の人生を描いた物語が、月組トップコンビのために新たに追加されたフィナーレとともに、2年ぶりの名古屋での公演として、装い新たな御園座の舞台に鮮やかに甦ります。

ナポレオンが没し、再び王政復古となった頃のフランス――。
フランス東南部フランシュコンテ小都市ヴェリエールに貧しい製材業の息子として生まれたジュリアン・ソレルは、繊細な神経と聡明な資質と強い自尊心をそなえた美しい青年であった。
彼は立身出世をし、富と名声を手に入れる事を生涯の目的としていた。
崇拝するナポレオンのように、軍人として栄光の道を歩みたいと願うジュリアンだったが、ナポレオン没後、軍人になることはむずかしいことであった。
そこで聖職者となって栄達をはかるほかなかった彼は、司祭のシェランについてラテン語を学び、神学生になる準備をはじめた。
そのような彼に目を付けたのが町長のレナール氏であった。
レナール氏は助役のヴァルノ氏と何かにつけて競い合っていたが、息子達にラテン語を学ばせてヴァルノ氏に差をつけようとジュリアンを家庭教師として迎え入れたのであった。
このような時、ジュリアンの親友フーケは一緒に商売をしようと誘うが、上流階級への糸口を見つけたころのジュリアンがそれに応じる事はなかった。
町長には信心深い貞淑な妻が居た。
彼女は息子達の家庭教師にどの様な人が来るのかと心配していたが、現れたのは素朴で初々しい青年であった。
レナール夫人はジュリアンが彼女の周りの男達と違って孤高の青年だったので、彼に接するのは嬉しい事であった。
一方でジュリアンは外面とは裏腹に上流社会へのコンプレックスを持っていた。
そこで彼はナポレオンが敵に対するように、レナール夫人を征服する事が上流社会を征服することであると思い、彼女を誘惑する。
レナール夫人はそんなジュリアンに今まで経験した事のない胸のときめきを覚え、恋を知らずに結婚した自分が初めて恋をした事を悟るのであった。
ジュリアンの方も、彼女の情熱と美しさに次第に心奪われていく。
しかし、女中のエリザもまたジュリアンに恋をしていた。
彼女は夫人に頼み彼に自分の心を伝えてもらったりするが、彼と夫人の間を知った時、逆上してレナール氏の政敵ヴァルノ氏に密告する。
そしてレナール氏に二人の関係をしたためた匿名の手紙を渡すのであった。
レナール氏から、夫人とジュリアンの事を聞いたシェラン司祭はただちにジュリアンを呼び戻し、ブザンソンの神学校に彼を入れることにする。
ジュリアンはレナール夫人への思いを断ち切るために、又、新たな野心への再出発と一心に勉学に励んだ。
ところが神聖なる場所であるべき神学校でも派閥争いに巻き込まれ、ピラール校長と共に追われるようにパリへ出発する事となるのだった――。

 

 
ヅカ初の御園座での公演。
美園が御園座で、たまきんぐ凱旋公演。
   
ハイ
配役比較
 2020年月組版  2008年星組  1989年月組
ジュリアン・ソレル
(立身出世を夢見る野心家の青年。ナポレオンを敬愛している)
珠城りょう/安蘭けい/涼風真世
フーケ
(ジュリアンの友人。材木の仲買商)
月城かなと/柚希礼音/天海祐希
シェラン司祭
(ジュリアンのラテン語の教師)
颯希有翔/英真なおき/真樹ゆたか
  
レナール
(ヴェリエールの町長)
輝月ゆうま/立樹遥/未沙のえる
ヴァルノ
(ヴェリエールの助役)
千海華蘭/にしき愛/大和なつ希
レナール夫人
(レナール氏の貞淑な妻。名はルイーズ)
美園さくら/遠野あすか/朝凪鈴
アドルフ
(レナール夫妻の長男)
夏風季々/如月蓮/果林いずみ
ミリアム
(レナール夫妻の次男)
美海そら/花風みらい/美原志帆
スタニスラス
(レナール夫妻の三男)
白河りり/白妙なつ/
デルヴィール夫人
(レナール夫人の友人)
晴音アキ/琴まりえ/並樹かおり
エリザ
(レナール家の小間使い。ジュリアンを慕う)
きよら羽龍/稀鳥まりや/麻乃佳世
サン=ジャン
(レナール家の下男)
大楠てら/水輝涼/真代朋奈
 
ピラール神父
(ブザンソンにある神学校の校長)
夏美よう(専科)/磯野千尋(専科)/幸風イレネ
門番
(神学校の門番)
瑠皇りあ/美城れん/
フリレール副司教
蒼真せれん/美稀千種/
ラパン神父
空城ゆう/天霧真世/
  
ラ・モール侯爵
(パリの大貴族。マチルドの父)
一樹千尋(専科)/萬あきら(専科)/愛川麻貴
マチルド
(ラ・モール侯爵の令嬢。美しく高慢な娘)
天紫珠李/夢咲ねね/羽根知里
クロワズノフ侯爵
(宮廷一の貴公子。マチルドの婚約者)
蓮つかさ/和涼華/八汐祐希
ノルベール伯爵
(ラ・モール侯爵の息子。マチルドの兄)
夢奈瑠音/涼紫央/若央りさ
コラゾフ公爵
(ロシア貴族。ノルベール伯爵の友人)
月城かなと/柚希礼音/久世星佳
ラ・ジュマート男爵
(社交界の貴公子)
礼華はる/彩海早矢/真織由季
マリアンヌ
(ラ・モール家の小間使い)
羽音みか/純花まりい/時由布花
フェルヴァック元帥夫人
(マチルドの友人)
結愛かれん/華美ゆうか/朝吹南
ベルジュ夫人
(パリ社交界の貴婦人)
桃歌雪/毬乃ゆい/
サン・クレール夫人
(パリ社交界の貴婦人)
夏月都/星風エレナ/
ヴァランタン夫人
(パリ社交界の貴婦人)
香咲蘭/百花沙里
レストー夫人
きよら羽龍//
レストー伯爵
真弘蓮//
ナピエ大司教
周旺真広/紫蘭ますみ/
      
ケリュス男爵
大楠てら//
テリエ夫人
白河りり//
看守
甲海夏帆/天緒圭花/越はるき
 
エトワール
白河りり//
   
1975~76年、月組で大滝子主演により大劇場初演。
  1989年、月組で涼風真世×朝凪鈴コンビによりバウホールで再演。
  1990年、月組で涼風真世×朝凪鈴コンビにより日本青年館で再演。
  2008年、星組で安蘭けい×遠野あすかトップコンビによりDC・日本青年館・愛知厚生年金会館で再演。
  
   
   
       
2020年月組版「赤と黒」  2008年星組版「赤と黒」
¥9,900 Blu-ray     安蘭けい×遠野あすか
   
23:00 |  月組公演  |  EDIT  | 
2020.01.08.Wed

「出島小宇宙戦争」ポスターアップ

  

 
               鳳月杏(研14)
 
デジタル・マジカル・ミュージカル「出島小宇宙戦争」
作・演出/谷貴矢
長崎の出島に、外国人に紛れ宇宙人が忍び込んでいる―。
昨今の江戸の町では、そんな噂がまことしやかに飛び交っていた。
事態を無視できなくなった幕府は、宇宙のことに誰よりも詳しい天文方、カゲヤスに潜入調査を命じる。
樺太を探検し未知の文化との交流経験を持つ御庭番、リンゾウを伴って九州に乗り込んだカゲヤスであったが、そこで待っていたのは驚くべき光景であった。
長崎全体が、奇妙な幻想未来都市へと変貌を遂げていたのである。
出島で出会った女、タキの協力を得て調査を進めるカゲヤスは、この近代技術をもたらしたという謎の西洋人、シーボルトの正体を探っていく…。
誰が宇宙人で、誰がそうでないのか。
何がリアルで、何がそうでないのか。
混乱の中でカゲヤスは、ミクロでマクロなスペースオペラに巻き込まれていく。
パラレルワールドの出島を舞台にコメディタッチで描く、デジタル・マジカル・ミュージカル。

――我々のよく知る地球から、宇宙のちょうど真反対、よく似た星のよく似た国で。よく似た歴史を紡いできた人々が、パラレルワールドの出島で繰り広げる物語――。
昨今の江戸の町は、ある大事件の噂で持ち切りである。
長崎の出島に、外国人に混じって宇宙人が忍び込んでいる!というのだ。
この国の秘密を盗み、攻め込んでくるかもしれない…江戸の人々の間でまことしやかな噂が飛び交う事態を無視できなくなった幕府は、宇宙研究の第一人者であるカゲヤスに、出島への潜入捜査を命じる。
元は幕府の天文方であったカゲヤスは、宇宙に夢中になる余り公儀の金を使い込み、幕府御禁制の品々を外国から密かに仕入れていた罪で、今は大罪人として捕らえられていた。
そんなカゲヤスに頼らざるをえない国の一大事。
乗り気ではないカゲヤスだったが、宇宙人の狙いが自分の隠し持つ、師匠タダタカの日本地図だと聞き、樺太を探索し未知の文化との交流経験を持つ御庭番、リンゾウと共に一役買うこととなる。
今は亡き師匠、タダタカの地図。
それは日本の正確な海岸線を描いたもので、兄弟子であるリンゾウが測量した蝦夷地を書き加えれば、日本地図として完成する。
もしもこの地図が外国の、ましてや宇宙人の手に落ちることになれば外敵の侵略は免れない。
カゲヤスとリンゾウは出島へと急ぐ。
そこで彼らを待っていたのは、驚くべき光景であった。
町全体が奇妙な幻想未来都市へと変貌を遂げていたのである。
人々の熱狂的な支持を得ていたのは、西洋人、シーボルトだった。
瀕死の病人を魔法のごとく救い人々に新しい未来を与える彼は何者なのか。
捜査を進めるカゲヤスは、シーボルトの屋敷で元長崎の遊女だったという女、タキと出会う。
彼女もまた、カゲヤスの持つ地図を狙っていた。
タキが地図を手に入れたがる理由とは…誰が宇宙人で、誰がそうではないのか。
やがてタキの正体が明かされる中、リンゾウをはじめカゲヤスを取り巻く人々の思惑が入り乱れ……。

          

   
ちなっさん研14にして待望の東上初主演。
からの…東上ヒロイン何と4度めの海月姫…。
 
ハイ
主な配役
カゲヤス/  鳳月杏
(元、幕府の天文方。宇宙研究の第一人者。天文学者タダタカの弟子)
若かりしカゲヤス/  蘭尚樹
ヨシトキ/  朝陽つばさ
(カゲヤスの父)
タダタカ/  光月るう
(天文学者、カゲヤスの師匠。日本全国を測量し、正確な海岸線を地図に残す)
リンゾウ/  暁千星
(カゲヤスの幼馴染みで、天文学者。カゲヤスの兄弟子)
若かりしリンゾウ/  柊木絢斗
  
タキ/  海乃美月
(元、長崎の遊女)
ツクヨミ/  梨花ますみ(専科)
(月の女王)
アルテミス/  菜々野あり
(月の都の住人)
セレネ/  詩ちづる
(月の都の住人)
     
タダアキラ/  紫門ゆりや
(江戸、将軍家の老中)
ヌイノスケ/  英かおと
(老中、タダアキラに付き従う幕府の役人)
エドミ/  白雪さち花
(江戸の住人)
エドハル/  春海ゆう
(江戸の住人)
エドゾウ/  佳城葵
(江戸の住人)
  
シーボルト/  風間柚乃
(出島に住む西洋人。医学と薬学を専門とする学者)
ヘレーネ/  蘭世惠翔
(シーボルトに仕えるメイド)
チョウエイ/  彩音星凪
(シーボルトの右腕)
キサラギ/  一星慧
(出島の住人)
サツキ/  麗泉里
(出島の住人)
ムツキ/  桜奈あい
(出島の住人)
デジハル/  春海ゆう
(出島の住人)
デジミ/  白雪さち花
(出島の住人)
デジゾウ/  佳城葵
(出島の住人)
ハヅキ/  妃純凛
(出島の住人)
フミ/  清華蘭
(出島の住人)
ヤヨイ/  姫咲美礼
(出島の住人)
シワス/  朝陽つばさ
(出島の住人)
カンナ/  花時舞香
(出島の住人)
ウヅキ/  爽悠季
(出島の住人)
ナガツ/  毬矢ソナタ
(出島の住人)
シモ/  月乃だい亜
(出島の住人)
シゲカタ/  朝霧真
(長崎奉行)
シゲチヨ/  楓ゆき
(長崎奉行、シゲカタの妻)
  
  
  
           
月組「I AM FROM AUSTRIA」  月組「I AM FROM AUSTRIA」
¥8,800 【送料無料!!】     ライブCD
  
22:56 |  月組公演  |  EDIT  | 
2019.12.01.Sun

宝塚パーソナルカレンダー2020 IN 月組

 
  
 
ハイ2019年の月組を振り返る。
 
□東京国際フォーラム公演「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」(1月)
 ・珠城ゲイビー×美園アイヴィ トップコンビお披露目公演
 ・輝生かなで研6で無念の突如退団
 ・蓮つかさ女役&白雪さち花謎のトリプルヒロイン
 
□バウホール公演「Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)」(1月)
 ・美弥るりか異例の2番手バウ初主演×ヒロイン海乃美月
 
◎日本演劇協会創立70年記念「演劇人祭」(1月)
 ・暁千星×風間柚乃×彩音星凪×礼華はる×麗泉里×天紫珠李×結愛かれん×羽音みか外部出演
 
■「夢現無双-吉川英治原作『宮本武蔵 』より-」「クルンテープ 天使の都」(3~6月)
 ・珠城りょう×美園さくらトップコンビ大劇場お披露目公演
 ・美弥るりか研17で無念の2番手斬り退団&海乃美月まさかのショー休演&月城かなとも途中休演&代役再び風間柚乃に
 ・新公主演コンビ風間柚乃2回め×天紫珠李やっぱり初ヒロイン
 ・光月るう×夏月都コンビ謎の管理職エトワール
 
●美弥るりかディナーショー「Flame of Love」(4月)
 ・光月るう×響れおな×月城かなと×春海ゆう出演
 
・鳳月杏 月組入り 4/29~
 
●鳳月杏ディナーショー「NEXT ONE」(5月)
  
◯花組公演「恋するARENA」(6月)
 ・鳳月杏 謎の特別出演
 
☆「宝塚巴里祭2019」(7月)
 ・七城雅×詩ちづる研1早くもコーラス初仕事
 
□梅田芸術劇場公演「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」(7~8月)
 ・珠城ゲイビー×美園アイヴィ トップコンビお披露目公演の再演
 ・鳳月オジー月組再デビュー&夢奈×白雪×海乃トリプルヒロイン謎の役替わり
 
□日本青年館・ドラマシティ公演「チェ・ゲバラ」(7~8月)
 ・専科より理事ゲバラ降臨×天紫アレイダやっぱの東上初ヒロイン
 ・月城かなと無念の全日程休演により代役2番手再び風間カストロへ
 
・蘭世惠翔まさかの娘役転向 8/22~
 
■「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」(10~12月)
 ・月城かなと待望復帰&やはりの2番手羽根デビュー
 ・叶羽時めでたく研10で退団&蘭世惠翔娘役デビュー
 ・新公主演コンビ英かおと×白河りりコンビ初抜擢
 ・晴音アキ本公演単独初エトワール
 
☆第55回「宝塚舞踊会~祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)~」(10月)
 ・珠城りょう×美園さくら×千海華蘭×春海ゆう×白雪さち花出演&月城かなと休演
 

   
●新人公演主演コンビ
 風間柚乃×天紫珠李 (夢現無双)
 英かおと×白河りり (I AM FROM AUSTRIA)
 
●エトワール
 光月るう×夏月都 (クルンテープ)
 晴音アキ     (I AM FROM AUSTRIA)
 
●2019年末時点での月組の番手
  珠城りょう (研12)
  美園さくら (研7)
  月城かなと (研11)
  鳳月杏   (研14)
  暁千星   (研8)
  風間柚乃  (研6)
  紫門ゆりや(研15)・夢奈瑠音(研10)・蓮つかさ(研9)・英かおと(研7)
       
             
                  
             
「宝塚パーソナル卓上カレンダー」  「宝塚パーソナルカレンダー」
珠城りょう             月城かなと
      
21:28 |  月組公演  |  EDIT  | 
2019.08.23.Fri

「I AM FROM AUSTRIA」ポスターアップ

 

 
              珠城りょう×美園さくら
 
2人とも顔いじりすぎて、原型とどめてない…
 
日本オーストリア友好150周年記念UCCミュージカル
「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」
潤色・演出/齋藤吉正
「エリザベート」、「モーツァルト!」など数々の大ヒットミュージカルを生み出したウィーン劇場協会が、2017年9月にオーストリアそのものを題材として制作したミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」。
オーストリアの国民的シンガーソングライターであるラインハルト・フェンドリッヒが綴った名曲の数々と、「故郷」や「家族」をテーマとしながら、コメディー要素を散りばめつつ、華やかなレビュー満載の舞台は、オーストリア中に旋風を巻き起こし、2019年6月まで異例のロングランを果たした話題作です。
折しも日本とオーストリアが国交を樹立して150周年となる記念の年に、105周年を迎えた宝塚歌劇の「我が心の故郷」という郷愁とも重なるこの作品を、珠城りょう・美園さくらを中心とした月組により、日本初演致します。
舞台はウィーンにある老舗ホテル・エードラー。
跡継ぎであるジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。
そこへ、オペラ座舞踏会に出席する為に久々に帰国したオーストリア出身の人気ハリウッド女優エマ・カーターがお忍びでやってくる。
しかし従業員の一人が彼女の来訪をツイートした為、マスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまう。
ホテル側の不手際を詫びに、ジョージがエマの部屋へ訪ねると、ふとしたことから二人は意気投合するが…。
ホテルの御曹司として自らのなすべき事を模索するジョージ、世界的なスターでありながら自らを失うエマ、各々は惹かれあい、オーストリアの美しい街並みや自然の中で、自分の居場所を見つけていく。
オーストリアの第二の国歌とも称される主題歌「I AM FROM AUSTRIA」をはじめ、珠玉のナンバーに乗せて描かれる、心温まる舞台にご期待ください。

ウィーンにある老舗の四つ星ホテル、ホテル・エードラーでは、長年の悲願である五つ星達成をかけた大物ゲストを迎える準備が進められていた。
やってくるのはハリウッドで大成功を収め、世界的大女優となっているオーストリア出身の女優エマ・カーター
彼女のお忍びのウィーン滞在を最高のものにしようと、ホテル・エードラーの社長ロミー・エードラーが従業員たちに大号令をかけていた折も折、ホテルのフロント係のフェリックス・モーザーが、大女優来訪の興奮を抑えきれず、SNSに発信してしまったことから、ホテルにはライナー・ベルガーをはじめとしたゴシップ記者が詰めかけ、大混乱の様相を呈してしまう。
激怒したロミーからフェリックスを庇ったのは、ホテル・エードラ―の御曹司ジョージ・エードラーだった。
ジョージは伝統と格式を重んじるホテルを今の時代に合わせて改革するべきだと、様々なアイディアを持って経営に積極的に関わろうとしていたが、ホテルの品格を重んじる母ロミーとは度々意見が対立していて、自分が名乗り出ることでその場を収めようとしたのだ。
だが、エマとそのマネージャー・リチャード・ラッティンガーは怒り心頭に発し、五つ星どころかこのホテルにはひとつの星も相応しくないと断ずる。
息子の不始末を嘆くロミーをあくまでも慰める夫であり、ジョージの父であるヴォルフガング・エードラーは、だが密かに息子の改革の精神を応援していた。
スイートルームにどうにか落ち着いたエマは、別のホテルに移りたいとリチャードに訴えるが、リチャードはどうせウィーン滞在は短く、エマとアルゼンチン代表のサッカー選手でスーパースターのパブロ・ガルシアとの婚約披露が滞りなく行えればよいだけだと取り合わない。
無名の新人だった自分を大女優に育てあげてくれたリチャードに恩義は感じているものの、プライベートであるべき結婚までを宣伝効果としか考えない彼のやり方に不満を抱えていたエマの苛立ちは募るばかり。
そこへせめてもの謝罪にとホテル・エードラー名物のチョコレートトルテを手にしたジョージが訪ね、出会い頭にエマにトルテをぶつけてしまったことから、エマの怒りは爆発する。
だが、トルテを口にした途端エマはその味に感動し、語り合ううちに二人は意気投合。
ホテルから出られないエマを更に楽しませようと、ジョージはエマにホテルの様々な場所を案内するが、トルテを製造している特別冷凍室を見学していた最中、ホテルのコンシェルジュ・エルフィー・シュラットの勘違いで、二人は極寒の冷凍室に閉じ込められてしまい…。

 

 
たまさく大劇場2作目。
たまきちはトップになってからこれで大劇場6作目主演。
みやるり退団後は月はしばらく2番手ぼかすのかと思いきや…すんなり月城くん昇格、みたいね。
  

     
ハイ
主な配役
ジョージ・エードラー/  珠城りょう
(老舗ホテル・エードラーの御曹司)
ヴォルフガング・エードラー/  鳳月杏
(ジョージの父)
ヴォルフガングの影/  蘭尚樹
ロミー・エードラー/  海乃美月
(ジョージの母。ホテル・エードラ-の社長)
ロミーの影/  叶羽時
  
エマ・カーター/  美園さくら
(オーストリア出身のハリウッド女優)
リチャード・ラッティンガー/  月城かなと
(エマのマネージャー)
ヘルタ・ヴァルトフォーゲル/  夏月都
(エマの母)
パブロ・ガルシア/  暁千星
(エマの交際相手と噂されるアルゼンチン代表のサッカー選手)
   
エルフィー・シュラット/  光月るう
(ホテルのコンシェルジュ)
フェリックス・モーザー/  風間柚乃
(ホテルのフロント係)
アンナ/  叶羽時
(ホテルのフロント係)
ヴァルター/  夢奈瑠音
(ホテルのフロント係)
アメリア/  天紫珠李
(ホテルのフロント係)
ゲルト/  蓮つかさ
(ホテルのフロント係)
ガブリエラ/  結愛かれん
(ホテルのフロント係)
ハイジ/  桃歌雪
(ホテルのクリーニング部)
クララ/  夏風季々
(ホテルのクリーニング部)
マーチン/  春海ゆう
(ホテルのクリーニング部)
セルヴス/  蘭尚樹
(ホテルのクリーニング部)
シュティーグル/  きよら羽龍
(ホテルの製菓部) 
ヨハン/  英かおと
(ホテルのバーテン)
ミス・ツヴィックル/  白雪さち花
(旅行会社の社員)
  
ヤン/  朝霧真
(セレブ)
ハンネ/  麗泉里
(セレブ)
カール/  蒼真せれん
(セレブ)
ビアンカ/  清華蘭
(セレブ)
 
デニス/  紫門ゆりや
(警官①)
ナディヤ/  晴音アキ
(警官②)
カルラ/  陽海ありさ
(警官)
フリッツ/  彩音星凪
(警官)
  
ライナー・ベルガー/  輝月ゆうま
(ゴシップ記者)
ダニエル/  颯希有翔
(パパラッチ)
ヨハンナ/  楓ゆき
(パパラッチ)
エラ/  桜奈あい
(パパラッチ)
フーゴ/  佳城葵
(パパラッチ)
  
ホルガー/  千海華蘭
(ホームレス)
カミラ/  香咲蘭
(ホームレス)
アルバン/  周旺真広
(ホームレス)
クリスタ/  姫咲美礼
(ホームレス)
 
ダニエルJr./  礼華はる
(旅行者)  
ヴィクトリア/  妃純凛
(旅行者)
 
マイケル/  朝陽つばさ
(司会者)
ハンス/  空城ゆう
(オペラ座のスタッフ)
  
 
 
          
月組「I AM FROM AUSTRIA」   月組「I AM FROM AUSTRIA」
¥11,000 Blu-ray       2019年11月号
  
03:13 |  月組公演  |  EDIT  | 
2019.06.28.Fri

「チェ・ゲバラ」ポスターアップ

 

 
                 轟悠(研35)
 
ミュージカル「チェ・ゲバラ」
作・演出/原田諒
「20世紀で最も完璧な人間」とサルトルに言わしめた男、エルネスト・ゲバラ(通称チェ・ゲバラ)。
生涯一闘士としての生き方を選び、鋼のように強い意志と炎のような情熱を持った彼は、数々の伝説を残した革命家でありながら、人間愛を貫いた男でもあった。
没後50余年を経ても、その不屈の精神と高い理想は今なお色褪せることはない。
フィデル・カストロとの友情、妻アレイダとの愛、革命家仲間たちとの心のふれあいと軋轢──多彩な登場人物たちを織り交ぜながら、その誇り高くも激しく、清廉で理想に燃えた生き様をドラマティックに、そして鮮烈なまでに力強く描き出すミュージカル。
エルネスト・ゲバラはアルゼンチンの裕福な家庭に生まれながらも、ラテンアメリカの貧困を憂い、その原因となっている列強国による支配を打破すべく立ち上がる。
キューバのフィデル・カストロと志を同じくしたエルネストは共に戦い、キューバ革命を成功へと導く。
やがてキューバ政府の要職に就いたエルネストだが、自らの存在意義と国家のあり方に苦悩することになる。
「祖国か、死か!」――民族や国家を超えて、世界革命を追い求めた孤高の革命家の眼は、自らに課した次なる責務を見据えていた…。

1950年代、キューバ。民衆はアメリカ資本による植民地的支配のもと、アメリカ・マフィアと繋がり私腹を肥やすバティスタ大統領による独裁政権下での、過酷な労働と搾取の日々に喘いでいた。
そんな中、アルゼンチンの裕福な家庭に生まれ医師となりながら、キューバ同様強国の犠牲となり苦しんでいる人々の為に、自分が為すべきことは何かを探しながら南米大陸を放浪していた青年、エルネスト・ゲバラは滞在先のメキシコで、バティスタ政権打倒のクーデターに失敗し、メキシコに亡命後仲間と共に潜伏生活を送っていたフィデル・カストロと出会う。
強国支配から脱し人民に自由を取り戻したいとの、熱い志を持った二人の運命の邂逅は事態を大きく動かし、ゲリラ戦に備えた訓練をつんだ一行は、嵐の海をついてキューバに帰還。
政府軍の攻撃を受けいったんはシエラ・マエストラ山中で散り散りになったものの、ニューヨークタイムズのジャーナリスト、ハーバート・マシューズのインタビューに応じたフィデルがキューバに生還しているというスクープにより、民衆の政権打倒への希望に火がつき、エルネストとフィデルはトルキノ山頂で再会を果たす。
更に、反バティスタ政権の地下活動グループからの支援も広がり、単身軍資金を届けにきた大学生アレイダ・マルチら、同志を増やしていった反政府軍は、エルネストのたてた巧妙な戦術によって、遂に政府軍を倒し首都ハバナを制圧。
ここにキューバ革命が成就する。
首相に就任したフィデルと共に、政府の要職に就いたエルネストは、共に戦った日々の中で愛を育んだアレイダと結婚。
キューバを経済的にも自立した真の独立国家として発展させるべく奮闘するも、アメリカによる経済封鎖の前に、永遠の同志だと互いに信じていたフィデルとの想いにすれ違いが生じていき…。

  

 
男の中の男、トップオブトップ、いやアンタほんとに髭生えてんだろ。
芸歴35年を越えても理事の勢いは止まりません。
1年半ぶりの理事東上主演、今度は月組に降臨。
月組とのコラボはコレ以来、2年ぶりですな。
理事と原田君は4度目のタッグか、これで。
今回は出演予定だった月城くんが全休演、まさかの風間くんが2番手に繰り上がり、か。
そしてヒロインは…コノヒトかね。。
理事より身長高いけど…いいのか
 
ハイ
主な配役
エルネスト・ゲバラ/  轟悠
(アルゼンチン生まれの医師。フィデル・カストロの率いる反政府軍に加わり、キューバ革命を成し遂げる)
フィデル・カストロ/  風間柚乃
(ハバナの弁護士。バティスタによる軍事独裁政権に反旗を翻し、反政府軍を率いてキューバ革命を成功させる)
ラウル・カストロ/  真弘蓮
(反政府軍の一員。フィデル・カストロの弟)
フルヘンシオ・バティスタ/  光月るう
(かつて軍事クーデターで政権を奪取したキューバ大統領。アメリカとの強いつながりを持ち、独裁政権でキューバを支配する)
ルイス・ベルグネス/  礼華はる
(バティスタの護衛官)
マイヤー・ランスキー/  朝霧真
(ニューヨーク・マフィアの大物。ハバナのホテルやカジノの営業権を握り、キューバに新たなシンジケートを築こうとしている)
エンリケ・オルトゥスキ/  爽悠季
(ハバナに住む反バティスタ政権の地下活動グループのリーダー)
アレイダ・マルチ/  天紫珠李
(反バティスタ政権の地下活動グループに参加する大学生。のちにエルネストの妻となる)
ローラ/  叶羽時
(反バティスタ政権の地下活動に参加している女性)
エル・パトホ/  千海華蘭
(エルネストの友人。メキシコシティで写真撮影のアルバイトをしている)
ニコ・ロペス/  瑠皇りあ
(反政府軍の一員。エル・パトホの友人)
アルベルト・バヨ/  柊木絢斗
(スペイン内戦の生き残り。エルネストらにゲリラ戦を教える)
ミゲル/  蓮つかさ
(反政府軍の一員。レイナの兄)
レイナ/  晴音アキ
(ホテル・ナシオナルにあるキャバレー「パリジャン」のダンサー)
ラミロ・バルデス/  春海ゆう
(反政府軍の一員)
カミーロ・シエンフェゴス/  蒼真せれん
(反政府軍の一員)
フアン・アルメイダ・ボスケ/  遥稀れお
(反政府軍の一員)
ファウスティノ/  槙照斗
(反政府軍の一員)
ギレルモ・ガルシア/  輝月ゆうま
(マエストラ山中に住む農民)
イサベル・ガルシア/  香咲蘭
(ギレルモの妻)
エリセオ・ガルシア/  きよら羽龍
(ギレルモの弟)
    
アンドレス・セルニチ/  光月るう
(ボリビア政府軍大佐)
マリオ・テラン/  朝霧真
(ボリビア政府軍軍曹)
 
ハーバート・マシューズ/  佳城葵
(ニューヨーク・タイムズの記者)
ニキータ・フルシチョフ/  柊木絢斗
(ソ連書記長)
  
  
  
       
月組公演「チェ・ゲバラ」  月組公演「クルンテープ」
¥9,900 Blu-ray     ライブCD
   
00:26 |  月組公演  |  EDIT  | 
2019.06.20.Thu

「ON THE TOWN」梅芸版ポスターアップ

  

 
         珠城りょう×美園さくら
 
ブロードウェイ・ミュージカル「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」
潤色・演出/野口幸作
1944年初演のブロードウェイ・ミュージカル「ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)」は、レナード・バーンスタイン作曲による美しく独創的な音楽と、ジェローム・ロビンス振付による圧巻のダンスシーンで当時の観客を熱狂の渦に巻き込みました。
1949年にはジーン・ケリー主演による映画版「踊る大紐育」が公開され世界的に大ヒット。
2014年のブロードウェイ・リバイバル上演時にはトニー賞作品賞を含む4部門にノミネートされるなど大好評を博しました。
珠玉のナンバーで彩られたミュージカル史に残る名作を新演出・新振付による「宝塚歌劇バージョン」として再構築。
1月の東京国際フォーラム公演に引き続き、ブロードウェイ・ミュージカルの古典に現代的なエッセンスを織り交ぜたエネルギッシュで心躍る舞台をお届け致します。
24時間の上陸許可を得た海軍水兵のゲイビーは、仲間のオジー、チップと共にニューヨークの波止場に降り立つ。
初めての大都会に胸をときめかせるゲイビーは、地下鉄の中で“ミス・サブウェイ”のポスターに写る美女・アイヴィ・スミスに一目惚れしてしまう。
必ず彼女を探し出しデートをすると意気込む彼に、オジーとチップも協力を約束。
ニューヨーク観光をしながらアイヴィを探すうちに、オジーは人類学者のクレアと出会い、チップはタクシー運転手のヒルディに迫られ、たちまち大都会に恋の花が咲く。
しかし肝心のアイヴィがなかなか見つからない。
残り少ない時間の中で焦りを募らせるゲイビー。
果たして彼らの恋の行方は…。
朝には戦地へと旅立つ水兵達が繰り広げる束の間の恋と冒険を描く、若さと躍動感溢れるミュージカル・コメディーにご期待下さい。

1944年、ニューヨーク・夏――。早朝6時のブルックリン海軍造船所の海軍工廠のエントランス前では労働者たちと水兵たちが行き交っている。
そんな中、24時間の上陸許可を得た海軍水兵のゲイビーが、仲間のオジーチップと共に波止場に降り立つ。
初めての大都会に胸をときめかせるゲイビーたちは、チップが父に持たされたという地図を頼りに、街の観光へと繰り出す。
一日中、遊び尽くそうと心躍らせる3人。
彼らは、素敵な女性との出会いにも期待していた。
やがてゲイビーは、地下鉄の中で“ミス・サブウェイ”のポスターに写る美女“アイヴィ・スミス”に一目惚れしてしまう。
必ず彼女を探し出してデートをすると意気込むゲイビー。
オジーとチップは彼に協力することとなり、午後8時半の再会を約束する。
それぞれがアイヴィを探すうちに、チップはタクシー運転手のヒルディに迫られ、オジーは人類学者のクレアと出会い、たちまち大都会に恋の花が咲く。
しかし、肝心のアイヴィがなかなか見つからない。
残り少ない時間の中でゲイビーは焦りを募らせていくのだが…。
果たして、ゲイビー、そしてオジーとチップの恋の行方は――。

 

 
たまさくプレお披露目の再演 IN 梅芸。
今作より鳳月杏が月組カムバック、新理事となった英真なおき氏が専科よりご降臨、そしてトリプルヒロインの2役が謎の役替わり、なう。
 
ハイ
配役比較
 2019年梅芸版  2019年国際フォーラム版
ゲイビー
(ニューヨークに24時間の上陸許可を得た海軍水兵)
珠城りょう/珠城りょう
チップ
(海軍水兵。ゲイビーの友人)
暁千星/暁千星
オジー
(海軍水兵。ゲイビーの友人)
鳳月杏/風間柚乃
アンディー
(海軍水兵)
紫門ゆりや/紫門ゆりや
トム
(海軍水兵)
英かおと/輝生かなで
セシル
(海軍水兵)
大楠てら/大楠てら
チャーリー
(海軍水兵)
蘭尚樹/柊木絢斗
 
アイヴィ・スミス
(ミス・サブウェイに選ばれた娘)
美園さくら/美園さくら
マダム・ディリー
(アイヴィの歌唱指導の教師)
夏月都/夏月都
バレエ・ガール
桜奈あい/桜奈あい
バレエ・ボーイ
彩路ゆりか/彩路ゆりか
ダンサー・ガール
まのあ澪/まのあ澪
音楽家2
毬矢ソナタ/真弘蓮
 
警官1
(アイヴィのポスターを盗んだゲイビーを追う警官)
紫門ゆりや/紫門ゆりや
警官2
英かおと/輝生かなで
おばあちゃん
(ゲイビーが地下鉄で乗り合わせたおせっかいな老婆)
楓ゆき/玲実くれあ
フロッシー
(ゲイビーが地下鉄で乗り合わせた乗客)
妃純凛/妃純凛
フロッシーの友人
(ゲイビーが地下鉄で乗り合わせた乗客)
花時舞香/花時舞香
ビル・ポスター
(地下鉄会社の職員)
周旺真広/周旺真広
車掌
(地下鉄会社の職員)
空城ゆう/空城ゆう
アナウンサー
蘭世惠翔/千海華蘭
   
ヒルディ・エスターハージー
(タクシードライバー)
白雪さち花・夢奈瑠音白雪さち花
ルーシー・シュミーラー
(ヒルディのルームメイト)
海乃美月・白雪さち花/叶羽時
ウーパーマン
(ヒルディの上司)
朝陽つばさ/佳城葵
タクシーの乗客
姫咲美礼・菜々野あり/花時舞香・妃純凛
 
クレア・デ・ルーン
(人類学者)
夢奈瑠音・海乃美月蓮つかさ
ピットキン・ブリッジワーク
(裁判官。クレアの婚約者)
英真なおき(専科)/輝月ゆうま
ウォルド・フィグメント
(博物館の教授)
周旺真広/春海ゆう
    
DEMC
(ダイヤモンド・エディーズ・ナイトクラブのMC)
紫門ゆりや/紫門ゆりや
ダイアナ・ドリーム
(ダイヤモンド・エディーズ・ナイトクラブの大スター)
麗泉里/晴音アキ
ダイヤモンド・エディーズ・ガールS
結愛かれん/天紫珠李
ダイヤモンド・エディーズ・ガール
白河りり/
ウェイター
彩音星凪・一星慧・甲海夏帆/颯希有翔・彩音星凪・礼華はる・一星慧
  
CCMC
(クラブ・コンガ・クバーナのMC)
英かおと/輝生かなで
ドローレス・ドローレス
(クラブ・コンガ・クバーナの歌手)
桃歌雪/麗泉里
コンガ・クバーナ・ガールS
羽音みか/結愛かれん
  
夢の中のコニー・アイランドのMC
蘭世惠翔/千海華蘭
ラジャー・ビーミー
(コニー・アイランドのクラブの歌手)
颯希有翔/千海華蘭
コニーアイランドの客(男)
夏凪せいあ/
コニーアイランドの客(女)
咲彩いちご/
 
労働者
颯希有翔/颯希有翔
恋人女
陽海ありさ/陽海ありさ
恋人男(水兵)
彩路ゆりか/彩路ゆりか
女子高生
陽海ありさ/陽海ありさ
ネディックスの店員
蘭尚樹/朝陽つばさ
  
2019年、月組で珠城りょう×美園さくらトップコンビお披露目公演として東京国際フォーラムで初演。
 
 
 
        
月組公演「夢現無双」   月組公演「ON THE TOWN」
¥8,800 【送料無料!!】  ミュージカルナンバー
   
21:48 |  月組公演  |  EDIT  | 
2019.04.17.Wed

「月組新2番手は誰になるのか問題」

 
ハイどばどばどばっと月組関連ニュースが発表に。
 
まず次期大劇場公演メインキャストが発表に。
  
通常は波線上~~と呼ばれるトップコンビと2番手のみの配役が先に発表されるのやけど、今回は複数のメインキャストが先行発表。
注目はやはりここに
鳳月杏がランクインしている
ことであろう。
みやるり退団後、月組がどういう体制でいくのか、つまり新2番手は誰になるのかは誰もが気にする所だけど、少なくともこの発表の仕方を見る限り、
 
またボカすんかい
  
珠城(94期)→鳳月(92期)→月城(95期)→暁(98期)
トップから4番手まで、既に番手は確定してるんやろうけど、みやるりがまだ退団してない今、いきなりこの人が新2番手ですよってやっちゃうと、それはそれでアンチの矛先がその人に向かっちゃうし、
(てかそもそも2番手斬りなんかすんなよ)
とりま次の大劇場公演は2番手ボカシでいくつもりだな、この野郎
 
ただハッキリと分かるのは、
アン鳳月が確実に路線入りした
ということ。
かつての月組在籍時のような宇月・紫門・煌月・鳳月みたいな別格男役での扱いなら、わざわざメインキャスト入りすることはないでしょう。
 
となると、正式に2番手羽根背負った月組新2番手スターになるのか、コノヒトを昇格させたいけど、10年前のキムの悲劇もあるしで、とりま彼が歓迎ムードの中2番手羽根背負えるようになるまでの、繋ぎの2番手扱いになるのか。
そしてそれってファンは嬉しいのか
ちなつファンれいこファンみやるりファンも。
おっちゃんはそれが知りたい。
  
続いて、夏の梅芸と理事降臨公演の出演者振り分け。
  
オン・ザ・タウン」には専科から英真なおき氏ご出演。
ん、専科生が演るような役あったっけ…
こういう短期間での再演物の場合、トップコンビ以外は配役変えてくるのが普通なんやけど、今回はアーリー暁まで前回と同じ役。
そして風間くんの役をアン鳳月が。
これが実質プレ2番手デビューになるのか。
トリプルヒロインの残り2人は誰になるのか…。
さち花姐さんはそのまま、れんこんは外れたので、ここに海月姫が入るのか…
海月姫、怪我のため現在大劇場公演をショーのみ休演中。
裏の理事組に入れなかったのは、そのせいもあるのか。
あでも東上ヒロイン2回も演っちゃってるし、そもそもこっちの方が激しく踊るシーン多そうやな。。
 
で、その理事降臨組
オンザタウン再演の裏では、そろそろ月の御曹司に東上主演させるのかなと思いつつも、そうは問屋が卸さず、有難がられない理事の降臨です。
2番手に月城くん、3番手に風間くんあたりかな。
Wルキーニ てか理事も初代ルキーニ
今後の月の主戦力ですな。
で、ヒロインはまさかの…コノヒト
新公ヒロ終えたばかりやけど、早くも理事の御手付き
理事より背高いんだぜ、いいのか。
でもさすがにこの娘じゃ話になんないだろうし。
てか年齢差な 理事の妻役って…
でもいい役もらいそう。
 
いや~~読めん読めんよ、月組の人事。
 
 
 
  
22:29 |  月組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT