2017.11.08.Wed

「ポーの一族」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
02:58 |  花組公演  |  EDIT  | 
2017.09.07.Thu

「ハンナのお花屋さん」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
17:37 |  花組公演  |  EDIT  | 
2017.09.03.Sun

「はいからさんが通る」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
19:15 |  花組公演  |  EDIT  | 
2017.04.18.Tue

「邪馬台国の風」ポスターアップ

  

 
         明日海りお(研15)×仙名彩世(研10)
 
古代ロマン「邪馬台国の風」
数多くの小国が乱立し、絶えず争いが繰り広げられていた古代日本。
中でも倭国連合の中心となる邪馬台国は肥沃な領土を背景に勢力を拡大していたが、対立する狗奴国はその豊かな土地を手に入れようと、幾度となく戦を仕掛けてきていた。
幼い頃に両親を狗奴国の兵に殺されたタケヒコは、生き抜く為に闘う術を身に着けていく。
ある時、狗奴の兵に襲われていたマナという娘を助けたタケヒコは、神の声を聞くというマナから“私達は遠い昔に出逢い、もう一度めぐり逢うと誓った”と告げられる。
そして人々の平和な暮らしを守る為、巫女になるというマナの言葉を受け、タケヒコも邪馬台国の兵となりこの国に平和をもたらそうと決意するのだった。
やがて大巫女の位を受けたマナは、ヒミコという名を与えられ邪馬台国の女王となる。
手の届かぬ存在となったマナに思いを馳せるタケヒコ。
しかしある事件をきっかけに、二人は再び相見えることとなる…。
明日海りお×仙名彩世の新トップコンビを中心にお届けする、壮大な歴史ファンタジー。

古代日本。王が治める小さなクニが乱立する中、肥沃な領土を持つ邪馬台国が勢力を伸ばし、クニグニの連合の中心として台頭するが、それを妬む狗奴国が豊かな土地を求め、度々戦をしかけていた。
ある日、狗奴国との戦の最中、命からがら森へと逃れる少年の姿があった。
彼の名はタケヒコ。両親は既に殺され、彼もまた追っ手に命奪われようとしたその時、一人の渡来人に救われる。
棒一本で易々と敵を追い払ってみせた老人・李淵に、少年タケヒコは、生きるために自分も強くなりたいと教えを請うのだった。
以来、大陸伝来の武術や薬学の修行に励み、立派に成長したタケヒコ。
しかし李淵は、狗奴王ヒミコクが遣わした狗奴国の将クコチヒコの刃の前に倒れてしまう。
その頃、一人のムラ娘が邪馬台国へ向かっていた。
世の平安のため、巫女を連合国の女王に据えると決めたヤマタイ王の命で探し出された神の声を聞く娘…それがマナだった。
途中、クコチヒコの襲撃を受けるが、タケヒコがその命を救う。
マナから「私たちは遠い昔に出逢い、もう一度めぐり逢うと誓った」と告げられたタケヒコは、その不思議な様子と面差しに惹かれてゆく。
マナに触発され、自身は邪馬台国の兵となりクニの平和を守る決意をしたタケヒコ。
兵の長アシラに見込まれ、ツブラメフルドリイサカら手練れの兵士たちと狗奴の砦を撃った彼は、再び相対した敵将クコチヒコの名を深く胸に刻むのだった。
一方、大巫女の神託により、マナはヒミコという名を与えられ邪馬台国の女王に。
もはやタケヒコには手の届かない、遠い存在となった。
しかし、ヒミコの存在を疎む奴王ヨリヒクと亡きヤマタイ王の娘アケヒの陰謀により、タケヒコは期せずして再びマナと見えることになるが――。

レビュー・ファンタスティーク「Santé!!~最高級ワインをあなたに~」
「Santé!!」とは、フランス語で「乾杯!!」の意。世界各国で愛されるワイン。
まるでワインを楽しむように、個性豊かで美しく華やかな宝塚の舞台に酔いしれて欲しい…。
優雅で、気品溢れるワインのイメージは、まるで宝塚歌劇そのもの。
様々な夢や愛、ロマンが詰まった街パリを舞台に“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマにお届けする作品です。
明日海りおの新たな魅力に迫る、芳醇な香りと大人の雰囲気を放つレビュー。

 

 
センナさーーーーーーん
何でこんなことになっちゃったの ビジュアル酷すぎやん
 
みりあご、あ失礼みりゆき大劇場お披露目公演。
今から不作の予感しかしない… orz
 
ハイ…
主な配役
タケヒコ/ 明日海りお
(邪馬台国の戦士。幼いころ、狗奴国の兵に両親を殺された)
少年タケヒコ/ 華優希
李淵/ 高翔みず希
(魏の国からの渡来人。タケヒコの師匠)
  
狗奴王ヒミコク/ 星条海斗(専科)
(狗奴王。邪馬台国を手に入れようと狙う)
クコチヒコ/ 芹香斗亜
(狗奴国の将。邪馬台国に攻め入る)
イスルギ/ 飛龍つかさ
(狗奴国の兵士)
タタラ/ 亜蓮冬馬
(狗奴国の兵士)
スサリ/ 帆純まひろ
(狗奴国の兵士)
 
アシラ/ 鳳月杏
(邪馬台国の兵の長。タケヒコに戦士としての才能を見出す)
フルドリ/ 柚香光
(邪馬台国の兵士。ツブラメとは昔馴染み)
ツブラメ/ 水美舞斗
(邪馬台国の兵士。フルドリとは昔馴染み)
イサカ/ 城妃美伶
(邪馬台国の女兵士)
サザレ/ 矢吹世奈
(邪馬台国の兵士)
カムイ/ 綺城ひか理
(邪馬台国の兵士)
ユズリハ/ 優波慧
(邪馬台国の兵士)
イヤサコ/ 紅羽真希
(邪馬台国の兵士)
カリガネ/ 千幸あき
(邪馬台国の兵士)
イブキ/ 聖乃あすか
(邪馬台国の兵士)
コダマ/ 泉まいら
(邪馬台国の兵士)
クビキ/ 桜舞しおん
(邪馬台国の兵士)
将の君/ 碧宮るか
 
フルヒ/ 桜咲彩花
(村の娘)
ハナヒ/ 華雅りりか
(村の娘)
ウズメ/ 更紗那知
(村の娘)
トヨ/ 朝月希和
(村の娘)
カナ/ 春妃うらら
(村の娘)
村の歌い手/ 羽立光来
 
不弥王/ 航琉ひびき
(倭国連合の王)
末盧王/ 舞月なぎさ
(倭国連合の王)
投馬王/ 和海しょう
(倭国連合の王)
伊都王/ 夕霧らい
(倭国連合の王)
一支王/ 冴月瑠那
(倭国連合の王)
奴王ヨリヒク/ 瀬戸かずや
(倭国連合の王。倭国連合の盟主になる野望を持つ)
ヤマタイ王/ 羽立光来
アケヒ/ 花野じゅりあ
(ヤマタイ王の娘。マナに恨みを持ち、ヨリヒクとひそかに手を結ぶ)
カヌハ/ 梅咲衣舞
(アケヒの侍女)
ナシメ/ 天真みちる
(邪馬台国の臣)
 
マナ/ 仙名彩世
(神の声を聞くことができる巫女。後に邪馬台国の女王となる)
大巫女/ 美穂圭子(専科)
(マナにヒミコという名前を授け、大巫女の地位を譲る)
イヨ/ 音くり寿
(ヒミコの侍女)
ヒビカ/ 芽吹幸奈
(巫女)
チヌ/ 新菜かほ
(巫女)
サオト/ 白姫あかり
(巫女)
イズ/ 鞠花ゆめ
(巫女)
ヒイラギ/ 美花梨乃
(巫女)
イトセ/ 菜那くらら
(巫女)
ウツツ/ 紗愛せいら
(巫女)
カグラ/ 真鳳つぐみ
(巫女)
イサラギ/ 乙羽映見
(巫女)
/ 糸月雪羽・音くり寿・若草萌香 
 
 
 
       
花組公演「邪馬台国の風」  花組公演「邪馬台国の風」
¥10,800 Blu-ray     2017年合併号
            
03:02 |  花組公演  |  EDIT  | 
2017.02.13.Mon

「MY HERO」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
18:12 |  花組公演  |  EDIT  | 
2017.01.08.Sun

「EXCITER!!2017」ポスターアップ

    

 
                     明日海りお×仙名彩世
 
ミュージカル「仮面のロマネスク」~ラクロ作「危険な関係」より~
近代フランス心理小説の傑作でありながらも、そのスキャンダラスな題材ゆえに世間から長く異端視されたラクロの「危険な関係」を原作としたラブ・ストーリー。
1997年に高嶺ふぶき×花總まりにより初演、2012年には大空祐飛×野々すみ花により再演された名作ミュージカルです。
大好評を博した2016年の全国ツアー公演に引き続き、明日海りおが再びこの作品に挑みます。
動乱に揺れる1830年のフランス宮廷を舞台に、美貌の青年貴族ヴァルモンと若き未亡人メルトゥイユ侯爵夫人の冷徹で官能的な大人の恋の駆け引きを、重厚かつ華麗に描き出します。
なお、花組新トップコンビ明日海りお×仙名彩世のお披露目公演となります。

1830年――ナポレオン失脚後、再び王政が復活したフランス・パリ。
貴族達は目まぐるしく変動する政情に不安を抱きつつも、暫しの安逸を貪っていた。
そんな貴族たちが創り上げる社交界の中でひと際注目を集める美貌の貴公子・ヴァルモン子爵と、子爵のかつての恋人で若くして未亡人となったメルトゥイユ侯爵夫人は、ある時気紛れに恋のゲームを始める。
そこには、別れた今でも心の奥底で惹かれあう二人の想いが複雑に絡み合っていた。
事の発端は、ある春の夜のこと…。
メルトゥイユ邸のサロンには、今宵も煌びやかに着飾った貴族達が集まっていた。
ヴァルモンはそこで出会った、貞淑の誉れ高い貴婦人トゥールベル法院長夫人に興味を抱き、誘惑しようとする。
一方、メルトゥイユの従妹セシルは名家のジェルクール伯爵に望まれて婚約が整ったばかりだったが、純朴な青年ダンスニー男爵に心を奪われてしまう。
ダンスニーもまた、可憐なセシルに一目で惹かれるのだった。
かつてジェルクールに恋愛関係で苦い思いをさせられたヴァルモンとメルトゥイユ。
彼に報復するべく、メルトゥイユはヴァルモンにある誘いを持ち掛ける…。
互いに求めてやまない存在であるにも拘わらず、心に付けた仮面を外すことの出来ないヴァルモンとメルトゥイユ。
二人が始めた恋の駆け引きは、周囲の人々を巻き込み、思いもかけない事態を招くことになる――

スパークリング・ショー「EXCITER!!2017」
2009年と2010年にいずれも花組にて上演され大好評を博した作品の再演。
刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。
ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパイスでバラ色に輝く。
“音の革命”“美の革命”“男の革命”…。
愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。
この度の全国ツアーでは、2017年版「EXCITER!!」の魅力をお届け致します。

  

        
何とまぁ合わない組み合わせ…。
新生花組は、まさかのみりおビル×仙名マリア公爵夫人の組み合わせで再出発。
ありえねーーーーーーー!!!
みりおの趣味なのか花Pの意向なのか、どうでもいいけど、オカメ顔とロングロングアゴーがお好きなのねぇ…。。
そもそも全ツというものはよ、
普段なかなか大劇場までお越しになれないお客様に、宝塚に興味はあるけどまだ観劇したことの無いお客様に、より身近に感じていただくために各地廻って公演するわけじゃない
こないだ演ったばっかの演目を同じ組で殆ど同じメンツで廻してどうすんのよ
しかもこんな重厚な演目。初心者にはとっつきにくいでしょ。
だからみりお×まどかでベルばらでもロミジュリでも演っときゃよかったんだよ。
  
配役比較
  17年花全ツ  16年花全ツ
ジャン・ピエール・ヴァルモン子爵
(青年貴族)
明日海りお/明日海りお
アゾラン
(ヴァルモンの従者)
水美舞斗/優波慧
ローズモンド夫人
(ヴァルモンの伯母)
五峰亜季(専科)/五峰亜季(専科)
テチエンヌ夫人
(貴婦人。ローズモンド夫人の友人)
紗愛せいら/菜那くらら
テチエンヌ公爵
(貴族。テチエンヌ夫人の夫)
一之瀬航季/一之瀬航季
マリナ
(ローズモンド夫人の小間使い)
凜香百音/桜花りな
 
マリアンヌ・トゥールベル夫人
(貴婦人) 
桜咲彩花/仙名彩世
法院長
(トゥールベル夫人の夫)
高翔みず希/高翔みず希
ジュリー
(トゥールベル夫人の小間使い)
華優希/春妃うらら
 
フランソワーズ・メルトゥイユ侯爵夫人
(貴婦人)
仙名彩世/花乃まりあ
ベルロッシュ男爵
(メルトゥイユ夫人の現在の恋人)
帆純まひろ/矢吹世奈
ロベール
(メルトゥイユ家の執事)
夕霧らい/夕霧らい
ヴィクトワール
(メルトゥイユ家のメイド頭)
菜那くらら/芽吹幸奈
ジル
(メルトゥイユ家の召使い)
春妃うらら/華雅りりか
ジャン
(メルトゥイユ家の下僕) 
泉まいら/聖乃あすか
ルイ
(メルトゥイユ家の下僕)
飛龍つかさ/帆純まひろ
 
セシル・ブランシャール
(メルトゥイユ夫人の従妹)
城妃美伶/音くり寿   
ジェルクール伯爵
(セシルの婚約者)
瀬戸かずや/鳳月杏
フレネー
桜舞しおん/高峰潤
ラヴァル
芹尚英/芹尚英
ブランシャール夫人
(セシルの母)
白姫あかり/花野じゅりあ
ソフィ
(セシルの友人)
凛乃しづか/茉玲さや那
リーザ
(セシルの小間使い。ジュリーの友人)
雛リリカ/雛リリカ
   
フレデリーク・ダンスニー男爵
(青年貴族)
柚香光/芹香斗亜
ナヴァラン
(ダンスニーの友人)
愛乃一真/澄月菜音
ヴァレリー
(ダンスニーの友人)
紅羽真希/千幸あき
 
司祭ルブラン
航琉ひびき/航琉ひびき
 
ランベール伯爵
蒼宮るか/碧宮るか
ドラノワ夫人
(貴族)
更紗那知/美花梨乃
ジラルド夫人
(貴族)
新菜かほ/新菜かほ
ギョーム公爵
峰果とわ/和礼彩
シャイヨー夫人
(貴族)
咲乃深音/茉玲さや那
ヌーボー
(青年貴族)
侑輝大弥/翼杏寿
ドミニク
(貴族の令嬢)
凛乃しづか/凛乃しづか
貴族の娘
咲乃深音/夏葉ことり
カザレス
侑輝大弥/翼杏寿
クレア
三空凜花/
  
ガボット
(ブルジョア)
羽立光来/舞月なぎさ
ボヌール夫人
咲乃深音/茉玲さや那
市民
峰果とわ・新菜かほ・更紗那知・一之瀬航季・凛乃しづか・芹尚英・侑輝大弥/一之瀬航季・美花梨乃・新菜かほ・和礼彩・凛乃しづか・芹尚英・翼杏寿
 
ヴァルモンの影
帆純まひろ/矢吹世奈
メルトゥイユ夫人の影
更紗那知/春妃うらら
ラスト影ソロ
菜那くらら/芽吹幸奈
 
ハイ、辛口感想ぶっ込んでいきます。
  
  
  
           
17年全ツ版「仮面のロマネスク」  09年花組版「EXCITER!!」
¥8,640 【送料無料!!】      ライブCD
      
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
19:36 |  花組公演  |  EDIT  | 
2016.12.03.Sat

宝塚パーソナルカレンダー2017 IN 花組

        
       
         
2016年の花組を振り返る。
  
□梅芸・中日劇場公演「Ernest in Love」(2~3月)
 ・明日海りお×花乃まりあトップコンビお披露目公演の再演
 ・芹香&鳳月アルジャノン×城妃&音セシリイ謎の役替わり
 
□ドラマシティ・神奈川芸術劇場公演「For the people-リンカーン 自由を求めた男-」(2~3月)
 ・専科より轟悠主演×仙名彩世ヒロイン抜擢‼
 
☆第7回「マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ」(2月)
 ・華雅りりか&朝月希和ら出演
 
■「ME AND MY GIRL」(4~7月)
 ・ミーマイ8度目の再演
 ・明日海ビル×花乃サリー
 ・芹香&瀬戸ジョン卿×柚香&鳳月ジャッキー×水美&芹香ジェラルド×
   鳳&柚香パーチェスター×桜咲&仙名マリア公爵夫人役替わりしすぎや
 ・新公U波&綺城ビル初抜擢×城妃&音サリー初ヒロインWキャストに役替わり
 ・鳳真由 研12で退団
 
□バウホール公演「Bow Singing Workshop~花~」(8月)
 ・水美舞斗×柚香光×乙羽映見×朝月希和×綺城ひか理ら出演
  
○轟悠ディナーショー「Prelude of Yū」(9月)
 ・柚香光&乙羽映見ら出演
 
□全国ツアー公演「仮面のロマネスク/Melodia」(9月)
 ・明日海ヴァルモン×花乃メルトゥイユ夫人
 ・仙名トゥールベル夫人&音セシル抜擢
 ・仙名エトワール4度目の抜擢
 
□バウホール公演「アイラブアインシュタイン」(9月)
 ・まさかの瀬戸かずやバウ初主演×城妃美伶&桜咲彩花Wヒロイン
 
■「雪華抄/金色の砂漠」(11~12月)
 ・花乃まりあ電撃退団公演&エトワール
 ・専科より松本悠里特出
 ・新公主演 綺城ひか理×城妃美伶コンビ続投‼

☆「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」(12月)
・明日海×花乃×芹香×柚香×瀬戸×鳳月×水美×桜咲×仙名×華雅×朝月×城妃出演
 

      
●新人公演主演コンビ
 U波K&綺城ひか理×城妃美伶&音くり寿 (ミーマイ)
 綺城ひか理×城妃美伶  (金色の砂漠) 
  
●エトワール
 芽吹幸奈  (ミーマイ)
 仙名彩世  (Melodia全ツ)
 花乃まりあ (金色の砂漠)
  
●2016年末時点での花組の番手
  明日海りお (研14)
  花乃まりあ (研7) ~2/5
  芹香斗亜  (研10)
  柚香光   (研8)
  瀬戸かずや (研13)
  鳳月杏   (研11)
  水美舞斗  (研8)
  U波K(研7)・綺城ひか理(研6)
            
          
           
               
  「宝塚パーソナル卓上カレンダー2017」   「宝塚パーソナルカレンダー2017」
  明日海りお                 芹香斗亜
                      
06:27 |  花組公演  |  EDIT  | 
2016.09.28.Wed

「雪華抄/金色の砂漠」ポスターアップ

この記事はブロとものみ閲覧できます
07:31 |  花組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT