2022.12.29.Thu

宝塚パーソナルカレンダー2023 IN 花組

    
  
    
ハイ
2022年の花組を振り返る。
  
■「元禄バロックロック」「The Fascination(ザファシネイション)!」(1〜2月)
 ・柚香クロノスケ✖星風キラトップコンビお披露目東宝またも長期休演&無念の新公ナッシング
 ・水美舞斗まさかの2番手羽根ナッシング&永久輝せあと同格扱い非難轟々
 ・優波慧ようやく研12で待望退団歓喜!!
 ・咲乃深音初エトワール
   
・高翔みず希 専科へ 2/7〜
・美風舞良 新組長に昇格 2/7〜
・航琉ひびき 新副組長に就任 2/7〜
 
□梅田芸術劇場公演「TOP HAT」(3〜4月)
 ・柚香ジェリー✖星風デイル再演
 ・水美ホレス✖音マッジ✖帆純ベディーニ抜擢
  
□ドラマシティ・東京建物BrilliaHALL公演「冬霞(ふゆがすみ)の巴里」(3〜4月)
 ・永久輝オクターヴ東上初主演✖星空アンブル2度目東上ヒロイン
 ・愛蘭みこ大役抜擢
 
■「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」「Fashionable Empire」(6〜9月)
 ・水美ショパン待望2番手羽根&永久輝ジョルジュ3番手羽根デビュー格差
 ・飛龍つかさ(研11)&音くり寿(研9)無念✖若草萌香(研10)退団エトワール
 ・新公主演コンビ侑輝大弥✖星空美咲意外初抜擢
 ・組配属108期東宝〜花組生デビューもまたも初日延期に途中長期休演千秋楽のみ上演
 
□バウホール公演「殉情(じゅんじょう)」(10月)
 ・帆純佐助バウWS初主演✖ヒロイン朝葉春琴初抜擢
 
□全国ツアー公演「フィレンツェに燃える」「Fashionable Empire」(10〜11月)
 ・柚香アントニオ✖星風パメラ✖水美レオナルド✖星空アンジェラ名作再演
  ・咲乃深音2度めエトワール
 
□バウホール公演「殉情(じゅんじょう)」(10〜11月)
 ・一之瀬佐助バウWS初主演✖ヒロイン美羽春琴はいからさんコンビ再び
 
●新人公演主演コンビ
 希波らいと×美羽愛 (元禄バロックロック)
 侑輝大弥×星空美咲 (巡礼の年) ※ムラのみ
  
●エトワール
 咲乃深音 (The Fascination!)
 若草萌香 (Fashionable Empire)
 咲乃深音 (Fashionable Empire全ツ)
 
●2022年末時点での花組の番手
 柚香光   (研14)
 星風まどか (研9)
 水美舞斗  (研14) 〜4/27
 永久輝せあ (研12)
 聖乃あすか (研9)
 綺城ひか理 (研12) 2/13〜
 帆純まひろ(研10)・一之瀬航季(研9)
 侑輝大弥(研7)・希波らいと(研6)
   
   
   
             
「宝塚パーソナル卓上カレンダー」  「宝塚パーソナルカレンダー」
柚香光                水美舞斗
  
07:17 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.10.30.Sun

「殉情(じゅんじょう)」

この記事はブロとものみ閲覧できます
17:48 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.10.14.Fri

「フィレンツェに燃える/Fashionable Empire」

   

  
        柚香光×星風まどか
   
ミュージカル・ロマンス「フィレンツェに燃える」
作/柴田侑宏 演出/大野拓史
国家統一運動が起こり始めた1850年頃のイタリア、フィレンツェ。
侯爵家の長男で、聡明で高潔な貴公子アントニオは、酒場の歌姫から貴族の未亡人となったパメラと出会い、その想いの深い瞳に魅入られ恋に落ちる。
アントニオとは対照的に奔放な性格の侯爵家の次男レオナルドは、パメラが兄を破滅に導く悪女であると考え、二人を引き離す為に偽りの恋を仕掛けるのだが…。
1975年に雪組で上演され絶賛を博した『フィレンツェに燃える』。
愛の二面性をテーマに描かれた哀感溢れるミュージカル作品の初の再演に、柚香光を中心とした花組が挑みます。

フランス革命に端を発する激動の余波がヨーロッパ中に広がり、イタリアで国家統一運動の機運が高まり始めていた頃…。
フィレンツェの貴族、バルタザール侯爵家の長男アントニオは、常に家のことを第一に考える品行方正な青年だった。
対照的に次男のレオナルドは自由奔放な熱血漢で、巷の人々との付き合いを通じて国家統一運動への関心を抱くようになり、父であるバルタザール侯爵の不興を買っていた。
正反対の二人だったが、レオナルドは聡明でノーブルな兄を敬愛し、アントニオもまた弟の軽薄に見える言動の内に秘められた情熱と行動力を愛し、二人は強い兄弟愛で結ばれていた。
ある日、侯爵家の遠縁にあたる亡きクレメンティーナ公爵の妻パメラが、バルタザール侯爵に招かれてフィレンツェにやってくる。
元は酒場の歌姫で、親子ほど歳の離れた公爵の四度目の妻となって貴族の列に加わったパメラに、フィレンツェの貴族たちは冷ややかな視線を注ぐ。
しかしパメラが時折見せる血の吹きそうな眼に魅せられたアントニオは、自分を蔑む貴族たちに敢えて挑戦的な態度を取る彼女を支えようと心に決める。
長い屈辱の日々を一人で耐え続けてきたパメラは、そんなアントニオの優しさに安らぎを感じ、彼に惹かれていく。
アントニオからパメラとの結婚を考えていると打ち明けられたレオナルドは、パメラという女は兄がいる穢れのない世界に生きる人間ではないと猛反対するが、アントニオは聞く耳を持たない。
兄の純粋な愛情が破滅を招くことを恐れたレオナルドは、兄のために彼女を奪い取ろうとパメラに近づく。
アントニオを愛するようになっていたパメラだったが、自分の存在が彼の一生を台無しにしてしまうと悟り、レオナルドの誘いに乗ってアントニオに愛想尽かしをするのだった。
パメラとの恋に破れ傷つくアントニオを見るうちに、シュザンテ家のアンジェラは、実は彼を愛していたことに気づく。
また、レオナルドは兄を救うためにパメラに仕掛けた恋が、実は本物であったことを自覚するのだった。
一方、クレメンティーナ公爵の死にパメラが関係しているのではと疑念を抱く男がいた。
パメラの元恋人で憲兵隊将校のオテロ
彼はパメラを追ってフィレンツェにやってきていた。
それぞれの思いが交錯する中、五月のカーニバルが始まる…。

ショーグルーヴ「Fashionable Empire」
作・演出/稲葉太地
時代や流行の先端を行く洒落者達が集う“Empire(帝国)”を舞台に、時にクールに、時に熱いビートのうねりで人々を魅了する数々の場面で構成するスタイリッシュなショー作品。
花組トップスター・柚香光の持つ都会的で洗練された魅力に焦点を当てると共に、花組生達の多彩な輝きを様々なグルーヴに乗せて、極上のエンターテインメントをお届け致します。

     

   
ゆずまどお披露目以来1年ぶりの全ツ。
名作の再演でございます。
名作と銘打ってはいますが、初演があまりにも今は昔すぎて、映像すら残っていないということですから、これはもはや迷作の再演なのか名作の初演なのか大いに迷うところでございます。
     
2022年10月14〜17日(大阪・梅田芸術劇場)
10月21〜23日(神奈川県民ホール)
10月25日(長野・ホクト文化ホール)
10月26日(長野・サントミューゼ上田市交流文化芸術センター)
10月28〜30日(宮城・名取市文化会館)
11月1〜3日(愛知・名古屋市民会館大ホール)
での公演スケジュール。
 
専科から高翔元組長梨花元副組長出演。みとさんは芝居のみ。
裏はバウWSなので、路線スター陣はほとんど全ツ組に入りましたな。
海叶あさひ(研6)が全日程休演。
直近の星組全ツが諸々の不運に見舞われましたから、今回も代役やら、もしもの場合を想定して、いつも以上の対策を練って上演するのでせう。
   
ハイ
配役比較
 2022年全ツ版  1975年大劇場版
アントニオ
(バルタザール侯爵家の跡継ぎ)
柚香光汀夏子
レオナルド
(アントニオの弟)
水美舞斗/みさとけい・順みつき
レナート・パリアーノ伯爵
(アントニオの友人)
聖乃あすか/常花代
アンジェラ
(アントニオ、レオナルドの幼馴染)
星空美咲/沢かをり
ルチア
(アンジェラの姉)
春妃うらら/千花さち代
セレーナ
(アンジェラの妹)
愛蘭みこ/?
セルジオ
(アンジェラの弟)
――/真咲佳子
マルガレート・シュザンテ伯爵夫人
(アンジェラの母)
梨花ますみ(専科)/三鷹惠子
バネッサ
(シュザンテ伯爵家のメイド)
美遥あゆ/一本美樹
ビットリオ
(アントニオとレオナルドの従兄弟)
愛乃一真/鳳城ひろき・みさとけい
バルタザール侯爵
(アントニオとレオナルドの父)
高翔みず希(専科)/大路三千緒
マリア
(バルタザール侯爵家のメイド)
凛乃しづか/志都美咲
カルロ
(バルタザール侯爵家の老執事)
航琉ひびき/岸香織
ロベルト
(カルロの息子)
侑輝大弥/上條あきら
ジュゼッぺ
(ロベルトの仲間)
龍季澪/夏照子
レンツォ
(ロベルトの仲間)
翼杏寿/?
パオロ
(ロベルトの仲間)
美空真瑠/丘千明
  
パメラ・クレメンティーナ公爵夫人
(亡きクレメンティーナ公爵の妻)
星風まどか高宮紗千
マリエッタ
(パメラの小間使い)
七彩はづき/麻路まりこ
オテロ・ダミーコ
(国家統一運動を取り締まる憲兵隊長。パメラの元恋人)
永久輝せあ/麻実れい
マチルド
(オテロの愛人)
咲乃深音/麗美花
マンガーノ大佐
(憲兵隊総司令官)
和海しょう/?
ファルコ
(憲兵隊員)
泉まいら/?
エンニオ
(憲兵隊員)
和礼彩/?
    
ジーナ
(酒場の女主人)
華雅りりか/木花咲耶
マッダレーナ
(酒場の歌姫)
湖春ひめ花/矢代鴻
イザベル
(酒場の女。ロベルトの恋人)
都姫ここ/瑞穂まり
アリダ
(酒場の女)
七彩はづき/高ひづる
ミランダ
(酒場の女)
凛乃しづか/昇路みちる
マルタ
(酒場の女)
三空凜花/松方里佳
ディノ
(酒場の客)
涼葉まれ/?
ジロッティ
(酒場の客)
青騎司/?
ルイジ
(酒場の客)
遼美来/?
アルド
(酒場の客)
瀬七波いろ/?
  
コレッティ
(フィレンツェの貴族)
華雅りりか/瀬戸千尋
ラドバーニ
(フィレンツェの貴族)
春矢祐璃/麻樹こずえ
  
パリ
(街の男)
南音あきら/?
ザッフィ
(街の女)
湖華詩/?
   
淑女
湖春ひめ花・七彩はづき/
  
1975年、雪組で汀夏子×高宮沙千トップコンビにより大劇場初演。
  
  
  
        
花組全ツ「フィレンツェに燃える」  花組「Fashionable Empire」
¥9,900 Blu-ray         ライブCD
  
07:10 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.08.13.Sat

「巡礼の年/Fashionable Empire」

    

   
        柚香光×星風まどか
   
ミュージカル「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」
作・演出/生田大和
ピアノの魔術師と称され、19世紀初頭のヨーロッパで絶大な人気を博したピアニスト、フランツ・リスト。
超絶技巧に彩られた情熱的な演奏と、女性達を虜にしてやまない類まれな美貌でパリのサロンを席巻し、瞬く間に時代の寵児となった彼が追い求めたものとは…。
ハンガリー人である事を自認しながら、その生涯の中で母国語を話すことができなかったフランツ・リスト。
自身の本質的なアイデンティティである“リスト・フェレンツ”として生きる事をその胸の内で願いながら、一方でカリスマ性を秘めたスター“フランツ・リスト”であることを自ら欲し、そして周囲から求められ…その狭間で生きる人生に次第に葛藤を覚えていく。
自らの“魂”の居場所を探し、ヨーロッパ中を彷徨い続ける若き日の彼の姿を、運命の恋人マリー・ダグー伯爵夫人とのロマンスを中心に、最大の好敵手でもあるショパンとの友情を交えて描く。
自己とは、自分とは。
そして、自分らしく生きるとは何か?を問いかけるミュージカル作品。

1832年、パリ。
フランスは革命という動乱の時代を経てもなお、権力を握り続ける貴族と、台頭著しいブルジョワジーによって牛耳られていた。
毎夜開かれるサロンでは、享楽と所有欲に溺れる貴族がお抱えの芸術家たちに腕前を披露させ、芸術家たちは己の技と魅力で名を揚げるべくしのぎを削っている。
今宵、ル・ヴァイエ侯爵夫人邸サロンに集まった貴婦人たちのお目当ては、フランツ・リスト――。
類まれなる美貌と、ヴィルトォーゾ、すなわち超絶的な技巧を武器に、パリのサロンを席巻している若きピアニストである。
彼がサロンを訪ねるとなれば婦人たちが詰めかけ、炎のように情熱的な演奏は聴くものを夢中にさせるのだった。
誰もが羨む栄光の真っただ中にいるリスト。
しかしライバルであり同志でもあるフレデリック・ショパンは、人気が高まるにつれて本来の自分を見失っていくリストを案じていた。
ショパンは、リストにある批評を見せる。
ダニエル・ステルンというペンネームで書かれたその記事は、リストを礼賛するものではなく、彼が向き合うべき本質が書かれていた。
リストはダニエル・ステルンの正体を聞き出すと、すぐさまその人物、マリー・ダグー伯爵夫人のもとを訪れる。
マリー・ダグー伯爵夫人は社交界の花形と持て囃されていたが、夫のダグー伯爵との仲は冷え切っており、自らの存在意義を求めるかのように男性名を騙ってひそかに文筆活動をしていた。
社交界で本来の自分を偽って生きてきたマリーは、リストの中に同じ苦しみを見出したのだ。
魂の根底で理解し合える女性と巡り合えた喜びに打ち震えるリスト。
この街で求められているのは、本来の自分、“リスト・フェレンツ”ではなく、虚像のフランツ・リストなのだ――そう気づいたリストは、マリーの手を取って出奔する。
こうして二人の“巡礼の年”が始まった。
パリから遠く離れたスイスへ…ただのフェレンツとマリーとして生きる喜びを取り戻していく二人。
しかし幸せな日々は長く続かなかった…。

ショーグルーヴ「Fashionable Empire」
作・演出/稲葉太地
時代や流行の先端を行く洒落者達が集う“Empire(帝国)”を舞台に、時にクールに、時に熱いビートのうねりで人々を魅了する数々の場面で構成するスタイリッシュなショー作品。
花組トップスター・柚香光の持つ都会的で洗練された魅力に焦点を当てると共に、花組生達の多彩な輝きを様々なグルーヴに乗せて、極上のエンターテインメントをお届け致します。

    

   
れいまど大劇場2作目。
カレーはトップになってからの大劇場主演作が3作連続で延期やら途中休止やらに見舞われ、未だ全日程完走できたことがございません…
今作こそは4度目の正直なるか…てとこですが、もう初日と新公と千秋楽が上演できればそれで良いよ。それくらいの心境でおりませう。
続く5作目うたかたの再演も発表になり、まぁ再演物での退団はなさそうなので、このコンビ、まだまだ続きそうです。
 
2022年6月4日〜7月11日(宝塚大劇場)、7月30日〜9月4日(東京宝塚劇場)
での公演スケジュール。
   
専科から元組長・高翔みず希(研33)がご降臨。専科生として初仕事ですな。
そして退団者。
飛龍つかさ(研11)・若草萌香(研10)・音くり寿(研9)・芹尚英(研8)
前作と同じく4名。
ヤス
何があったんやおめ。98期やろ。男役10年越えて、いよいよこれからでないかい…
新公主演1回・バウW主演(正確にはメインキャスト)1回。別格路線ではあったけど、最近は牛五郎やらヤッさんやら暑苦しい3枚目系キャラがハマるたそ要員として重宝されてたのに、やっぱそういうの嫌だったのか…
でもおとめの好きだった役にどっちも書いてるから、別にそういう訳でも無さそうだな。当たり役に出会えて満足、思い残すことなし、てことなんでせうか。知らんけど。エトワールを演りたいって夢は叶わなかったね…。
音くり…。
まぁもう我慢できなかったんでしょう。このままどれだけ残ってもエリザ演れる日なんか来ないだろうし、下手すりゃゾフィー演らされて同期のまどかを苛め抜かなきゃならんなんて勘弁して頂戴的な。知らんけど。
前娘1在団時はまだサポート要員として必要だったけど、現娘1はもう自力で立てるしねぇ。学年が上がれば上がるほど濃い役が増えてきて女役への転向を迫られるしねぇ。実力無いのはダメ、でも実力有りすぎてもダメ。ほんと娘役って過酷な世界なのです。知らんけど。
芹尚英。退団公演なのに、ムラ公演途中6/28〜7/5を突如休演。代役当日は宇咲瞬が、6/30〜太凰旬が担当。ご苦労なこったです。
海叶あさひ(研6)が東宝全日程休演。それに伴い新公配役も変更に。
朝葉ことの琴美くらら(研6)も東宝初日から休演。琴美は8/17より復帰。
組配属された108期生も東京公演から花組生デビュー。
そして…
前作コノヒトに2番手羽根を背負わせず、コノヒトと同格扱いにして物議を醸した劇団。
今作ではまさかのマイティー2番手羽根デビュー!!!
とわきんぐが3番手羽根を背負い、劇団この2人にしっかりと格差つけてきました。
前作のあの騒ぎは何やったんや…??
単なるスポンサー対策だったのか、予め2人を同格扱いにして様子を見てからどちらを挙げるか決めたのか、アホなファンが抗議の手紙やらメールやら脅迫状やら送りつけた結果のお情け2番手羽根デビューとなったのか。
花組正2番手スターに就任できたこと自体は喜ばしいことやけど、それはつまりもう…先が長くないってことよね?!
 
そいえば新公初ヒロをゲットしたコノヒトがしれっとスチール初デビューしてるのにクリビツ
コノヒトコノヒトを差し置いて。まぁもう次期娘1確定なんでせうな。知らんけど。
  
そして…
  
  
09:53 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.03.24.Thu

「冬霞(ふゆがすみ)の巴里」

   

   
       永久輝せあ
  
Fantasmagorie「冬霞(ふゆがすみ)の巴里」
作・演出/指田珠子
時は19世紀末パリ、ベル・エポックと呼ばれる都市文化の華やかさとは裏腹に、汚職と貧困が蔓延り、一部の民衆の間には無政府主義の思想が浸透していた。
そんなパリの街へ、青年オクターヴが姉のアンブルと共に帰って来る。
二人の目的は、幼い頃、資産家の父を殺害した母と叔父達への復讐であった。
父の死後、母は叔父と再婚。
姉弟は田舎の寄宿学校を卒業した後、オクターヴは新聞記者に、アンブルは歌手となって暮らしていたが、祖父の葬儀を機にパリへ戻った。
怪しげな下宿に移り住む二人に、素性の分からない男ヴァランタンが近づいて来る。
やがて姉弟の企みは、異父弟ミッシェル、その許嫁エルミーヌをも巻き込んでゆく…。
古代ギリシアの作家アイスキュロスの悲劇作品三部作「オレステイア」をモチーフに、亡霊たち、忘れ去られた記憶、過去と現在、姉と弟の想いが交錯する。
復讐の女神達(エリーニュス)が見下ろすガラス屋根の下、復讐劇の幕が上がる…!

19世紀末のパリ。
ベル・エポックと呼ばれる都市文化の華やかさとは裏腹に、汚職と貧困が蔓延り、一部の民衆の間には無政府主義の思想が浸透していた――。
そんなパリの街へ、青年オクターヴが姉のアンブルと共に帰って来る。
二人の目的は、幼い頃に殺された資産家の父オーギュストの死の真相を探り、復讐を果たすこと――。
姉弟は、母クロエと父の弟ギョームが手を組んで父を亡き者にしたと確信していたが、証拠はなかった。
父の死後間もなくクロエはギョームと再婚し、二人の間にはミッシェルという息子も生まれた。
一方、オクターヴとアンブルは母と叔父への疑惑を胸に秘めたまま、田舎の寄宿学校へ入学、その後オクターヴは新聞記者に、アンブルは歌手となり自立した生活を送っていたが、祖父の葬儀を機にパリへ帰ってきたのだった。
オクターヴとアンブルは、実家のヴァレリー家へは戻らず、下町のうらぶれた下宿に住むことにする。
その下宿は、一風変わった住民達の溜まり場だった。
中でもヴァランタンという一際謎めいた男は、場違いに身なりの良いオクターヴに強い関心を示す…。
祖父の葬儀の日、一家は久し振りに顔を合わせる。
パリ警視庁長官だったギョームは今では警視総監に上り詰め、クロエは社交界の女王と謳われ華やかな生活を満喫していた。
ミッシェルは法学部の学生となり、恋人であるグランジュ家の令嬢、エルミーヌとの婚約が整っていた。
義姉兄との久し振りの再会を心から喜び、婚約者を紹介するミッシェル。
その屈託のない笑顔に、オクターヴとアンブルは自分達が父の死と共に失ったものを見せつけられたように感じる。
そして、父の死を忘れ何事もなかったかのように振る舞う母と叔父への復讐を改めて心に誓うのだった。
カフェ・コンセールで働きながら、父の殺害に関わった人物と接触する機会を待ち続けていたアンブルは、ついにその人物、父のかつての部下ブノワと出会う。
アンブルは美貌を武器に、今や大資産家となったブノワに近づく。
そんなアンブルを、オクターヴは複雑な心境で見詰めるのだった。
深い夜の闇に包まれていくパリの街で、救いを求める姉弟を、エリーニュス(復讐の女神達)が静かに見下ろしていた――。

    

    
とわきんぐ、待望の東上初主演
新公主演4回・バウ主演2回(内1回はW主演)を経て、雪から花へ組替え。
みりおの後任としてVISAガールに就任。スポンサーゲット。
そしてついに先の大劇場公演ではコノヒトの2番手羽根デビューに待ったをかけ、まさかの同格サイズの羽根で肩を並べるまでに…
恐るべしっっ不遇の97期出世頭よ。
ま悪いのはコノヒトではなく、全ては劇団(という名のスポンサー?)の意向てやつですが。
   
2022年3月25日〜4月2日(シアター・ドラマシティ)
4月8日〜14日(東京建物Brillia HALL)での公演スケジュール。
   
花組新組長・美風舞良お披露目公演。
で肝心のヒロインはというと…やはりコノヒトのようで。
研2のバウヒロ初抜擢から、怖っそろしい勢いで路線街道突っ走っていますが、肝心の新公ヒロはまだ未経験というのが何ともイレギュラー。
ちなみに公演初日は彼女の誕生日
専科から一樹千尋(研50)・紫門ゆりや(研18)が特出。
シモン機関は初の女役かね。
  
ハイ
主な配役
オクターヴ/  永久輝せあ
(新聞記者)
少年オクターヴ/  初音夢
アンブル/  星空美咲
(オクターヴの姉。カフェ・コンセールの歌手)
少女アンブル/  湖春ひめ花
イネス/  琴美くらら
(オクターヴの亡き姉)
オーギュスト/  和海しょう
(オクターヴの亡父。百貨店経営で財を成した実業家)
カジミール・ブノワ/  峰果とわ
(オーギュストのかつての部下)
クロエ/  紫門ゆりや(専科)
(オクターヴの母。オーギュストの死後、ギョームと再婚)
ギョーム/  飛龍つかさ
(オーギュストの弟。パリ警視総監)
ミッシェル/  希波らいと
(ギョームとクロエの息子。法学生)
エルミーヌ・グランジュ/  愛蘭みこ
(ミッシェルの婚約者。グランジュ家の令嬢)
フェロー男爵夫人/  春妃うらら
(クロエの昔からの友人)
フェロー男爵/  和礼彩
(呑気な男爵)
モーリス/  海叶あさひ
(オクターヴの記者仲間)
ルネ・フィリドール/  高峰潤
(アンブルの働くカフェ・コンセールの座長)
ムッシュ・ボヌール/  青騎司
(アンブルの求婚者)
  
サラ・ルナール/  美風舞良
(下宿の経営者)
ジャコブ爺/  一樹千尋(専科)
(下宿の住民。謎の老人)
ヴァランタン/  聖乃あすか
(下宿の住民。年齢も仕事も不明の怪しい男)
シルヴァン/  侑輝大弥
(下宿の住民。ヴァランタンに心酔する医学生)
シャルル/  美空真瑠
(下宿の住民。新聞売り少年)
アンヌ=マリー/  凛乃しづか
(下宿の住民。未亡人)
テレーズ/  朝葉ことの
(下宿の住民。踊り子)
バルテルミー/  紅羽真希
(下宿の住民。傘売り)
    
エリーニュス ティーシポネー/  咲乃深音
(復讐の女神)
エリーニュス メガイラ/  三空凜花
(復讐の女神)
エリーニュス アレークトー/  芹尚英
(復讐の女神)
 
元軍人/  夏希真斗
(ブルジョワの男)
花売り/  湖華詩
焼き栗売り/  鏡星珠
   
   
  
    
花組「冬霞の巴里」  花組「元禄バロックロック」
¥9,900 Blu-ray  ¥8,800 【送料無料!!】
    
09:12 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.03.22.Tue

花組版「TOP HAT」

   

  
      柚香光×星風まどか
   
ミュージカル「TOP HAT」
脚本・演出/齋藤吉正
フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースによるハリウッド黄金期のミュージカル映画を舞台化した「TOP HAT」は、2011年のイギリス国内ツアーでの初演以降、ロンドン・ウエストエンドでも600回以上上演され、ローレンス・オリヴィエ賞を3部門受賞するなど、世界中の観客を魅了してきたミュージカル作品です。
2015年の宙組による日本初演も好評を得た本作を、柚香光を中心とした花組にて再演致します。
心躍るダンスと音楽で綴る、小粋でロマンティックなラブストーリーをお楽しみください。
ブロードウェイで活躍するスターダンサーのジェリーは、公演の為訪れたロンドンのホテルでモデルのデイルと出会い一目惚れしてしまう。
デイルの心を射止めようと必死になるジェリーに、彼女も好意を抱き始める。
しかし、ふとした行き違いからデイルはジェリーのことを友人の夫であると勘違い。
誤解が誤解を生み、二人の恋は周囲を巻きこんだ大騒動へと発展していき…。

新作レビューに出演するため、ロンドンにやって来たジェリー・トラバースは、同じホテルに滞在していたデイル・トレモントに一目惚れ。
デイルもまた、陽気でチャーミングなジェリーに心を奪われていくが、ひょんなことからジェリーが友人マッジの夫ホレス・ハードウィックであると誤解してしまう。
そうとは知らないジェリーは、何とかデイルを振り向かせようと躍起になるが、デイルの誤解は新たな誤解を生み、やがて事態は周囲を巻き込んだ大騒動に…。
果たして、ジェリーとデイルの恋の行方は――?

     

   
2015年にまぁみりお披露目として上演された本作が、7年の時を経てカムバック。
前回、組配属されたばかりの最下級生研1として出演していたコノカタが、まさかの娘1となって再演に臨みます。
専科から輝月ゆうま氏登板。
カレー・マイティーと夢の95期競演が実現ですな。
花組新副組長・航琉ひびき氏お披露目公演。
桜月のあ(研7)・礼哉りおん(研5)が千秋楽日付で退団。
    
2022年3月21日〜4月6日(梅田芸術劇場)での公演スケジュール。
   
ハイ
配役比較
 2022年花組版  2015年宙組
ジェリー・トラバース
(ブロードウェイの人気スター)
柚香光朝夏まなと
モーリス
(ジェリーのアメリカでのマネージャー)
一之瀬航季/春瀬央季
ジョージ
(ジェリーの衣装係)
航琉ひびき/星吹彩翔
ホレス・ハードウィック
(英国人プロデューサー。ジェリーの友人)
水美舞斗/七海ひろき
ベイツ
(ホレスの付き人)
輝月ゆうま(専科)/寿つかさ
マッジ・ハードウィック
(ホレスの妻)
音くり寿/純矢ちとせ
   
デイル・トレモント
(ファッションモデル)
星風まどか実咲凜音
アルベルト・べディーニ
(イタリア人服飾デザイナー)
帆純まひろ/愛月ひかる
   
カルバート支配人
(ロンドンのホテル・エクセシオールの支配人)
春矢祐璃/美月悠
リチャード副支配人
(エクセシオールの副支配人)
羽立光来/星月梨旺
エリス
(エクセシオールのフロント係)
華雅りりか/大海亜呼
フローラ
(エクセシオール花店の店員)
糸月雪羽/瀬音リサ
シンプソン
(エクセシオール花店の店長)
舞月なぎさ/和希そら
ジョン
(運転手)
涼葉まれ/秋奈るい
サム
(運転手)
颯美汐紗/朝日奈蒼
御者
泉まいら/穂稀せり
ドアマン
南音あきら/朝央れん
ティリー
(メイド)
詩希すみれ/愛白もあ
ドナ
(メイド)
美羽愛/愛咲まりあ
リン
(メイド)
美里玲菜/真みや涼子
サラ
(メイド)
二葉ゆゆ/遥羽らら
アル
(ポーター)
涼香希南/美月悠
ジム
(ポーター)
太凰旬/星吹彩翔
ダン
(ポーター)
天城れいん/七生眞希
エド
(ポーター)
一之瀬航季/――
ラッキー
(ポーター)
愛乃一真/――
ヴィクトリア
(若い女)
桜月のあ/美桜エリナ
ダグラス
(若い男)
愛乃一真/澄風なぎ
アリス
(お金持ちの妻)
都姫ここ/彩花まり
ジョージ
(お金持ちの夫)
龍季澪/天玲美音
カーラ
(プリンスシアターで歌う女優)
若草萌香/花音舞
ケニー
(レビューの司会者)
翼杏寿/天玲美音
レビューガール(シンガー)
糸月雪羽・鈴美梛なつ紀・都姫ここ/桜音れい・彩花まり・瀬音リサ
  
コレッリ支配人
(ホテル・ベネチアの支配人)
航琉ひびき/星吹彩翔
ジャン
(ホテルのダンサー)
一之瀬航季/和希そら
リズ
(ホテルのダンサー)
華雅りりか/大海亜呼
アラン
(ホテルの歌手)
羽立光来/天玲美音
ロベルト
(ウェイター)
愛乃一真/美月悠
ジュゼッぺ
(ウェイター)
太凰旬/星月梨旺
クラウディオ
(ウェイター)
涼葉まれ/春瀬央季
パオロ
(ウェイター)
天城れいん/七生眞希
クラーラ
(メイド)
糸月雪羽/瀬音リサ
セレナ
(メイド)
鈴美梛なつ紀/桜音れい
ヴェラ
(メイド)
二葉ゆゆ/彩花まり
モニカ
(メイド)
都姫ここ/美桜エリナ
ソニア
(客の女)
若草萌香/花音舞
ルイス
(警察官)
舞月なぎさ/朝央れん
漁師
一之瀬航季/和希そら
  
リポーター
涼香希南・珀斗星来・二葉ゆゆ/朝日奈蒼・朝央れん・里咲しぐれ
メリー
(サッカレークラブの受付嬢)
鈴美梛なつ紀/桜音れい
   
2015年、宙組で朝夏まなと×実咲凜音トップコンビお披露目公演として、梅芸・赤坂ACTシアターで初演。
  
  
  
       
22年花組版「TOP HAT」  花組「The Fascination!」
¥9,900 Blu-ray     ライブCD
  
09:09 |  花組公演  |  EDIT  | 
2022.01.03.Mon

「元禄バロックロック/The Fascination!」

 

   
        柚香光×星風まどか
 
三井住友VISAカードシアター
忠臣蔵ファンタジー「元禄バロックロック」
作・演出/谷貴矢
花、咲き乱れる国際都市、エド。
そこには世界中から科学の粋が集められ、百花繚乱のバロック文化が形成されていた。
元赤穂藩藩士の優しく真面目な時計職人、クロノスケは、貧しいながらもエドで穏やかに暮らしていたが、ある日偶然にも時を戻せる時計を発明してしまい、人生が一変する。
時計を利用し博打で大儲け、大金を手にしてすっかり人が変わってしまったのだ。
我が世の春を謳歌するクロノスケであったが、女性関係だけは何故か時計が誤作動し、どうにも上手くいかない。
その様子を見ながら妖しく微笑む女性が一人。
彼女は自らをキラと名乗り、賭場の主であるという。
クロノスケは次第に彼女の美しさに溺れ、爛れた愛を紡いでいくのだった。
一方、クロノスケの元へ、元赤穂藩家老クラノスケが訪ねてくる。
コウズケノスケとの遺恨により切腹した主君、タクミノカミの仇を討つために協力してほしい、と頼みに来たのだ。
だがそこにいたのは、かつての誠実な姿からは見る影も無くなってしまったクロノスケだった。
時を巻き戻したいと嘆くクラノスケに、時計を握りしめ胸の奥が痛むクロノスケ。
だが、次の言葉で表情が一変する。
コウズケノスケには、キラと言う女の隠し子がいることを突き止めたと言うのだった……。
元禄時代に起きた実話をもとに、様々なフィクションを取り入れ紡がれてきた、忠臣蔵。
古来より普遍的に愛されているこの物語を、愛とファンタジー溢れる令和の宝塚歌劇として、エンタメ感たっぷりにお送りします。
クロノスケとキラ、二人の時がシンクロし、エドの中心で愛が煌めく。
バロックロックな世界で刻む、クロックロマネスク。
この公演は、演出家・谷貴矢の宝塚大劇場デビュー作となります。

花、咲き乱れる国際都市、エド。
長きにわたる戦国の世が終わり、平和が訪れて久しい、我々の知る日本とよく似たこの国では、海外の様々な最先端科学を取り入れ、百花繚乱のバロック文化が形成されていた。
幕府を筆頭に、市民たちもハイカラな南蛮文化に夢中で、時代を先取りした華やかな人々が街を行き交っている。
その一方、義や忠、武士道といったものは忘れ去られ、合理性の名の下に金や権力のみが重視される世界になっていた――。
もしも時を巻き戻せたら――そんな誰もが一度は夢見る願いを本当に叶えてしまった男がいた。
元赤穂藩士の時計職人クロノスケ……彼は時計研究に励む真面目な男だったが、ある日偶然にも時を戻せる時計の発明に成功したことから人生が一変する。
賭場に入り浸り、時を戻すいかさまで大儲け、クロノスケは人が変わったかのように我が世の春を謳歌するが、何故か女性を相手にすると時計が誤作動し、上手くいかない。
そんなクロノスケを見て、楽しそうに笑う一人の女性がいた。
賭場の主、キラである。
あなたは、私のことだけ見ていればいい――煌く笑顔でそう語り掛けるキラに、どういうわけだかクロノスケの心はざわめくのだった。
同じ頃、元赤穂藩士の家老クラノスケは、幕府で権勢をふるうコウズケノスケとの遺恨により切腹した主君タクミノカミの無念を晴らすため、仇討ちの計画を水面下で進めていた。
賭場でクロノスケと再会したクラノスケは協力を求めるが、忠義をふりかざして復讐に手を染めることが正義なのか、クロノスケは逡巡する。
そんなクロノスケに、クラノスケはコウズケノスケにキラという名の隠し子がいるという秘密を明かす……。
敵同士と知りながら、自分に近付き笑顔を向けるキラの本当の目的は何なのか……キラを目の前にすると、不思議と懐かしい日の記憶が蘇るような感覚にとらわれるのは一体なぜなのか……。
やがてクロノスケは、時計の針が刻んできた“本来の物語”を知ることになる――。

レビュー・アニバーサリー
「The Fascination(ザファシネイション)!」-花組誕生100周年そして未来へ-
作・演出/中村一徳
1921年、宝塚歌劇の公演数増加に伴い花組と月組が誕生し、初の花組公演が開催されました。
2021年は花組が誕生してちょうど100年。
そして、この公演では柚香光、星風まどかの花組新トップコンビが誕生致します。
新しい花組の始まりを、誕生100年と共に祝う華やかなショー作品『The Fascination!』。
“花”をテーマにした華やかなダンスシーンを中心に、花組の伝統を未来へとつないでいく、“魅力”溢れるダンシング・ステージをお楽しみください。

 

 
花組新トップコンビ・れいまどの大劇場お披露目公演。
プラス花組誕生100周年記念公演
をなぜに花組生え抜きのカレー・華たん・セトパンでなく、花に縁もゆかりもない宙組生え抜きの元娘1を迎えて祝うのか。
巷じゃエリザを演るなんて話もあったけど、蓋を開けてみれば何のことはない、ただのオリジナル演目やんけ
2021年11月6日〜12月13日(宝塚大劇場)、2022年1月2日〜2月6日(東京宝塚劇場)
花組5年ぶりの年またぎ公演。
今作から花組もようやく新公復活+組子全員での出演が可に。実に2年ぶり。
新たに組配属となった花組107期生研1もデビュー。
そして退団者。
鞠花ゆめ(92期)・真鳳つぐみ(95期)・U波K(96期)・雛リリカ(97期)ら4名。
鞠花姐さんの退団は正直惜しい!!前々作での好演も記憶に新しく、このまま残って管理職→専科コースを歩んでほしかった。
どうせエリザ演るなら、この人のゾフィーかリヒテンシュタインか死刑囚の母かルドヴィカかマダム・ヴォルフかブラックネル夫人かカルロッタかクィーン・ダイアナが観たかったよぉぉぉぉ
そして長らく待ち望んだコノカタもようやく退めてくださるということで…
ありがとうございますそして
文春推せないジェンヌランキング5位おめでとうございます
今公演をもって、高翔組長が研32にして専科に異動。
後任に美風副組長(研26)が組長昇格。
新副組長には航琉ひびき(研15)が就任。ついに93期から管理職が出る時代になったぜ。
静乃めぐみ(研1)が体調不良により11/11〜全日程休演。
瀬七波いろ(研1)も体調不良によりムラのみ全日程休演。東宝はショーと新公のみ休演。
 
そして…
 
 
15:19 |  花組公演  |  EDIT  | 
2021.11.30.Tue

宝塚パーソナルカレンダー2022 IN 花組

    
  
   
ハイ
2021年の花組を振り返る。
    
□東京国際フォーラム・梅田芸術劇場公演「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」(1〜2月)
 ・永久輝アイリーンまさかの女役
 
●水美舞斗スペシャルライブ「Aqua Bella!!」(1〜2月)
 ・謎の初DSようやく開催予定も無念のディナー中止スペシャルライブに
 ・帆純まひろ×侑輝大弥×朝葉ことの×二葉ゆゆ出演
 
□バウホール公演「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」(1〜2月)
 ・聖乃あすかバウ初主演×ヒロイン星空美咲まさかの研2抜擢
 
■「アウグストゥス-尊厳ある者-」「Cool Beast!!」(4〜7月)
 ・華優希まさかの&瀬戸かずや悪夢の2番手斬り再び退団公演
 ・セトパン最初で最期の2番手羽根デビュー
 ・永久輝せあ謎の初エトワール
 ・新公休止&下級生交互出演継続
 ・花組配属106期生デビュー
 ・緊急事態宣言で4/26〜ムラ千秋楽まさかの休止配信へ
 
・美風舞良 花組入り 5/11〜
 
●瀬戸かずやスペシャルライブ「Gracias!!」(5月)
 ・セトパンDSまさかのディナー中止スペシャルライブに
 ・冴月瑠那×和海しょう×優波慧×飛龍つかさ出演
 
●華優希スペシャルライブ「華詩集」(5月)
 ・娘1MSがまさかのディナー中止スペシャルライブに
 ・峰果とわ×帆純まひろ×一之瀬航季出演
 
・美風舞良 花組新副組長に就任 7/5〜
・星風まどか 花組入り 7/5〜
 
□KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演「銀ちゃんの恋」(8〜9月)
 ・水美銀ちゃん東上初主演×ヒロインまさかの星空小夏×飛龍ヤス
 ・美風舞良花組生デビュー
 
○轟悠スペシャルライブ「Soon Yū'll Go」(8〜9月)
 ・美空真瑠×湖華詩×湖春ひめ花出演
 
□全国ツアー公演「哀しみのコルドバ」「Cool Beast!!」(8〜9月)
 ・柚香エリオ×星風エバトップコンビお披露目全ツ×永久輝リカルド×音アンフェリータ
 ・羽立光来×鞠花ゆめまさかのWエトワール
 
■「元禄バロックロック」「The Fascination(ザファシネイション)!」(11〜12月)
 ・柚香光×星風まどかトップコンビ大劇場お披露目&花組誕生100周年記念公演
 ・水美まさかの2番手羽根無し&永久輝と同格羽根衝撃デビュー
 ・優波慧ようやく研12で待望退団歓喜!!
 ・新公主演コンビ希波らいと初抜擢✖美羽愛リベンジ初ヒロイン
 ・咲乃深音初エトワール抜擢
 ・花組配属107期生デビュー
  

   
●新人公演主演コンビ
 希波らいと×美羽愛 (元禄バロックロック)
  
●エトワール
 永久輝せあ (Cool Beast!!)
 羽立光来×鞠花ゆめ (Cool Beast!!全ツ)
 咲乃深音  (The Fascination!)
 
2021年花組、年明けはナイスワークから。
当初の梅芸のみから国際フォーラム公演を追加しての上演。
結果的にこれがれいはなのプレサヨナラ公演になってしまった。
2番手セトパンが公演の長を務めるという、ちょっと異例の公演。
れいはなに海外ミュージカルを宛てるな云々〜〜外野の声は無視して、これが意外にもれいはな史上最高傑作、華ちゃんにとってはメリーベル・紅緒さんに次ぐ当たり役になったのでは、と思うてしまった。
助演賞は間違いなく鞠花ゆめ氏に。
花組最上級生として、この人がゾフィーやマリア公爵夫人やカルロッタやクィーン・ダイアナをを演じる日もそう遠くないであろう。
華ちゃんの芝居には野々すみ花味を、鞠花ゆめ氏には出雲綾味を感じる。
  
水美くんの初DSは、コロナ影響によりディナー中止のスペシャルライブになってしまった。
でもまいちお全日程開催できたのでこれはこれで良かったのか。
   
裏ではほのか聖乃がバウホール初主演。
ヒロインに研2の星空美咲が大抜擢されてビックリ。
ちゃぴに激似でこれまたビックリ。
   
そしてれいはな解散公演となる「アウグストゥス/Cool Beast!!」。
セトパンが最初で最期の2番手羽根を背負い、名実ともに花組2番手として有終の美を飾る。
予定が、4月下旬から事態が一変。
緊急事態宣言により4/26〜ムラ千秋楽までの公演が突如として休止に。
ムラ千秋楽のみ無観客で上演し、それを配信するという形に切り替え。
トップの退団やお披露目ならまだしも、娘1と男2如きのサヨナラ公演でリスケジュールなんてしませんよ、と言わんばかりの劇団の強行姿勢。
セトパンDSと華ちゃんMSは恒例の食事提供無しのスペシャルライブになってしまった。
もうお客様を前にショーができただけでも良かったと思うべきなのかも。
はいからさん新公主演ができなかった一之瀬少尉が華ちゃんMSに出演。
本家の紅緒さん相手にパフォーマンス。
新公休止は何とも気の毒ではあったけれど、粋な計らいに拍手。
この公演までで一旦、下級生の交互出演や新公休止が解除に。
   
華ちゃん退団後は専科からまどかがスライド。宙から美風舞良が副組長に就任。新体制がスタート。
れいまどお披露目は全ツ「哀しみのコルドバ/Cool Beast!!」。
ひとこ永久輝が別箱初の2番手、音くりが準ヒロインをゲット。
  
裏では新2番手となった水美銀ちゃんがついに東上初主演をゲット。
飛龍ヤスは想定内として、ヒロインの星空小夏にはクリビツ。
新公ヒロ無しで、バウヒロ→いきなりの東上ヒロインゲット。
  
そしてれいまど大劇場お披露目「元禄バロックロック/The Fascination!」。
エリザじゃなかったんかーーーーーい!!
と、あちこちツッコミが入ったまさかのオリジナル演目。
花でエリザを演るのに華ちゃんじゃ厳しいからまどかを呼び寄せたのかと思いきや、全然違うやんけ。
花組100周年記念公演なら尚更、花組生え抜きのれいはなあきらが相応しいのに、何で花とも柚カレーとも縁が無い宙娘1を連れ込んでまで新コンビ結成しなきゃならなかったのか今もって意味フ。
初舞台が宝塚100周年の記念イヤーで、宙組20周年の記念イヤーに初の宙組生え抜き娘1になり、花組に異動して花組誕生100周年記念イヤーに花娘1として主演するまどか。
そして衝撃の2番手羽根ナッシング事件。
事前に東上主演を済ませ、パーソナルカレンダーもこうして発売され、誰もがマイティーが2番手羽根を背負ってパレードに登場すると信じて疑わなかったあの日…眼前に繰り広げられたのは、水美と永久輝がまさかの同格サイズの羽根を背負って現れる姿。
トップ以外羽根無しならまだしも、事前に散々期待させといて、一気に梯子をはずすというやり方。
スポンサー対策なのか?芝居やショー・プログラムなんかでは、いちおマイティーが2番手に近い扱いを受けてるけど、これはあまりにもひどい。
 
●2021年末時点での花組の番手
 柚香光   (研13)
 星風まどか (研8)
 水美舞斗  (研13)
 永久輝せあ (研11)
 聖乃あすか (研8)
 優波慧   (研12) 〜2/6
 飛龍つかさ(研10)・帆純まひろ(研9)
 一之瀬航季(研8)・希波らいと(研5)
   
花組2022年はれいまどお披露目東京公演から。
水美くんの悲劇と引き換えに、黒期のU波さんが辞めてくれるという朗報はありましたが…。
高翔組長の専科異動に伴い、あっという間に美風副組長が組長昇格予定。
新コンビ、新管理職の新体制でリスタートですな。
とりま来年は水美・永久輝のこのW2番手格の2人を劇団がどう処理するのか見ものです。
東上主演の決まった4番手格の聖乃。
まどちは女帝化するのか。
娘役では、星空美咲爆上げによって光の当たらなくなった都姫ここ・美羽愛の花娘2人を勝手に推していきたいと思っております。
  
  
  
             
「宝塚パーソナル卓上カレンダー」  「宝塚パーソナルカレンダー」
柚香光                水美舞斗
  
04:02 |  花組公演  |  EDIT  | 
BACK  | TOP |  NEXT