2023.02.03.Fri

「海辺のストルーエンセ」

    

    
           朝美絢
 
ミュージカル・フォレルスケット「海辺のストルーエンセ」
作・演出/指田珠子
北海とバルト海に囲まれた潮騒響く国、女神フレイヤが住まう所…
18世紀中葉、若き王クリスチャン7世が治めるデンマーク王国。
大北方戦争後の中立政策によって、人々が平和な時代を謳歌していた頃。
小さな町医者ヨハン・ストルーエンセは、啓蒙思想に傾倒し、保守的な医療現場を改革しようと奮闘していた。
新しい考えを広め、いつか大きな世界で活躍したいという野心を抱くヨハンは、その美貌と賢さ、エレガントな立ち振る舞いを武器に、専属医として王達に近づく。
そこで目にしたものは、享楽に耽る王クリスチャン、無能な王を放任し国政を牛耳る宮廷官僚達、我が息子を王位に就かせようとするクリスチャンの継母ユリアーネとその一派、そして異国に慣れず王と不仲の王妃マチルデ。
宮廷は「病」に満ちていた。
国政を握り、世直しを行うチャンスとばかり、「治療」を開始するヨハンだったが、次第に孤独な王妃に惹かれていく。
果たして2人の、そしてデンマークの向かう先は…。


 

   
寒そう…
  
さきあやお披露目の裏では、あーさ2度目の凱旋&東上主演。
ヒロインはバウヒロすっ飛ばしてコノヒトかな。
  
2023年2月3〜12日(KAAT神奈川芸術劇場)
2月24日〜3月2日(シアター・ドラマシティ)
での公演スケジュール。
  
ハイ
主な配役
ヨハン・ストルーエンセ/  朝美絢
()
カロリーネ・マチルデ/  音彩唯
()
ゾフィア・ドロテア/  白峰ゆり
(カロリーネの曾祖母)
クリスチャン7世/  縣千
()
ユリアーネ・マリーエ/  愛すみれ
(王太后)
フレゼリク/  星沢ありさ
(王太子)
フレゼリク/  風立にき
(国王の義弟)
ルイーセ/  美影くらら
(前王妃)
ベルンストッフ/  奏乃はると
(宰相)
ランツァウ伯爵/  真那春人
(元将校)
ホルク/  日和春磨
(侍従長)
ホルスタイン伯爵夫人/  妃華ゆきの
(女官)
ビューロー男爵夫人/  天咲礼愛
(女官)
テレーサ/  瑞季せれな
(ビューロー男爵夫人の娘)
ゲーラー夫人/  麻花すわん
(女官)
エリザベート・フォン・エイベン/  華純沙那
(侍女)
  
ヘンリック/  一禾あお
(役者)
スサンナ/  白峰ゆり
(役者)
イェルク/  壮海はるま
(役者)
ヒルガ/  莉奈くるみ
(役者)
ミラ/  千早真央
(役者)
ディドリック/  霧乃あさと
(役者)
グルベア/  叶ゆうり
(神学者)
イーネヴォルト・フォン・ブラント/  諏訪さき
()
フリードリヒ2世/  一禾あお
()
アグネッテ/  涼花美雨
(女将)
フィロゾーホフ/  稀羽りんと
(ロシア公使)
オッテ/  風雅奏
(店主)
ベルンストッフ・アンドレアス・ピーター/  紀城ゆりや
(官吏)
ハンス/  月瀬陽
(庭師見習い)
召使い/  白綺華
男爵/  苑利香輝
  
  
   
         
雪組公演「蒼穹の昴」  雪組公演「蒼穹の昴」
¥8,800 【送料無料!!】       ライブCD
   
関連記事
06:14 |  雪組公演  |  EDIT  | 
2023.02.03.Fri

歌劇2月号

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
04:53 |  歌劇  |  EDIT  | 
2023.02.03.Fri

「縣 千」

  
  
      
「縣 千」(あがた・せん)は、宝塚歌劇団雪組の男役スター。
2月10日生、京都府宇治市、府立莵道高校出身。
身長172cm。血液型O型。
公式愛称は「あがた」。非公式は「雪組4番手」
  
2013年4月、宝塚音楽学校入学。
2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として入団。入団時の成績は4番。月組公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で初舞台。その後、雪組に配属。
同期には礼華はる彩音星凪碧海さりお鷹翔千空咲乃深音天紫珠李湖々さくら水音志保、OGに結愛かれん優美せりな星蘭ひとみらがいる。
2018年の「凱旋門」で新人公演初主演。
2021年、彩風咲奈・朝月希和大劇場お披露目となる「CITY HUNTER」で2度目新公主演。冴羽獠。本公演では海坊主。
同年10月より、珠城りょうの後任として聖乃あすか風間柚乃極美慎風色日向らとダイキン「うるさらX」のCMキャラクター。
続く2022年の「Sweet Little Rock 'n' Roll」でバウホール初主演。続く「夢介千両みやげ」で3度目新公主演。同公演をもって、研8にして異例の新公卒業。
同年、宝塚歌劇団年度賞の2021年度新人賞。

  
4歳からクラシックバレエを習っていて、教室の先輩に瀬奈じゅん主演の「Ernest in Love」のDVDを観せてもらったことがきっかけでヅカを知る。
ヅカ初観劇は宙組「TRAFALGAR/ファンキー・サンシャイン」。
音校受験を決意し、高1からジャズダンスやタップ、声楽なども勉強し始め、最初で最後と決めた1回のみの受験で合格を果たした。
芸名は本名から「千」と、思い出深い地元の「あがた祭り」からとった。
憧れの上級生は瀬奈じゅん

  
■初舞台
2015年
4〜6月、月組「1789-バスティーユの恋人たち-」(宝塚大劇場のみ)
 
□雪組時代
7〜10月、「星逢一夜(ほしあいひとよ)」新公:汐太(青年)(本役:永久輝せあ)「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」
11〜12月、「哀しみのコルドバ」ルシオ「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」(全国ツアー)
2016年
2〜5月、「るろうに剣心」清里明良、新公:四乃森蒼紫(本役:月城かなと)
6〜7月、「ドン・ジュアン」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)マルセロ
7月、「Bow Singing Workshop〜雪〜」(バウホール)
10〜12月、「私立探偵ケイレブ・ハント」トレバー、新公:カズノ・ハマー(本役:彩風咲奈)「Greatest HITS!」
2017年
2月、「New Wave!-雪-」(バウホール)
4〜7月、「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」ガエン者玄平、代役:倉造息子清七(本役:永久輝せあ)、新公:高杉晋作(本役:望海風斗)「Dramatic “S”!」
8〜9月、「CAPTAIN NEMO」(日本青年館・ドラマシティ)ヘディン
11〜2018年2月、「ひかりふる路(みち)〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」フランソワ・アンリオ、新公:フィリップ・ル・バ(本役:永久輝せあ)「SUPER VOYAGER!」
3〜4月、「義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)」(バウホール)ヤスヒラ
6〜9月、「凱旋門」ヴィーゼンホーフ、新公:ラヴィック(本役:轟悠)「Gato Bonito!!」 新人公演初主演
11〜2019年2月、「ファントム」従者、新公:ジェラルド・キャリエール(本役:彩風咲奈)
3〜4月、「20世紀号に乗って」(東急シアターオーブ)マックス・ジェイコブス
5〜9月、「壬生義士伝」池波六三郎、新公:土方歳三(本役:彩凪翔)「Music Revolution!」
10月、「ハリウッド・ゴシップ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)ラリー
2020年
1〜2月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」(宝塚大劇場)パッツィー、新公:マックス(本役:彩風咲奈)
2〜3月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」(東京宝塚劇場)パッツィー、新公:マックス(本役:彩風咲奈)
8〜9月、「炎のボレロ」フラミンゴ「Music Revolution!-New Spirit-」(梅田芸術劇場)
10月、凪七瑠海コンサート「パッション・ダムール-愛の夢-」(バウホール)
2021年
1〜4月、「fff-フォルティッシッシモ-」テレマン「シルクロード〜盗賊と宝石〜」
5〜6月、「ほんものの魔法使」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)モプシー
8〜11月、「CITY HUNTER」海坊主(伊集院隼人)、新公:冴羽獠(本役:彩風咲奈)「Fire Fever!」 新人公演主演
2022年
1月、「Sweet Little Rock 'n' Roll」(バウホール)ビリー バウ初主演
3〜6月、「夢介千両みやげ」金の字、新公:夢介(本役:彩風咲奈)「Sensational!」 新人公演主演
7〜8月、「ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-」(梅田芸術劇場)
10〜12月、「蒼穹の昴」光緒帝 載湉
2023年
2〜3月、「海辺のストルーエンセ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)クリスチャン7世
4〜7月、「ライラックの夢路」「ジュエル・ド・パリ!!」
 
☆出演イベント
2019年7月、「宝塚巴里祭2019」
2022年11月、朝月希和ミュージック・サロン「La Lumière〜朝の月のように〜」
 
☆CM出演
2021年10月〜、ダイキン「うるさらX」
   
★受賞歴
2022年、「宝塚歌劇団年度賞」2021年度新人賞
  
縣千 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
04:52 |  雪組生徒  |  EDIT  | 
2023.02.03.Fri

「朝美 絢」

      
  
     
「朝美 絢」(あさみ・じゅん)は、宝塚歌劇団雪組の男役。雪組2番手スター。
11月6日生、神奈川県鎌倉市、清泉女学院出身。
身長169cm。血液型O型。
公式愛称は「あーさ」、「J」。非公式は「お前にマジ」
  
2007年4月、宝塚音楽学校に首席入学。
2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は24番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、月組に配属。
同期には現花組トップスター柚香光、現月組トップスター月城かなと、現星組トップスター礼真琴瀬央ゆりあ桜木みなと水美舞斗、OGに元月組トップ娘役愛希れいか、元星組トップ娘役妃海風、元宙組トップ娘役実咲凜音星乃あんり伶美うらららがいる。
2014年のショー「TAKARAZUKA花詩集100!!」新人公演で、珠城りょうらと主演パートの一部。
同年の「PUCK」で新公初主演。
2015年のバウ・ワークショップ「A-EN ARTHUR VERSION」で、バウホール初主演。続く「舞音」で2度目新公主演。同公演をもって新公卒業。
2016年、阪急すみれ会パンジー賞の2016年度新人賞。
2017年5月31日付で、月組から雪組へ組替え。
2018年の「義経妖狐夢幻桜」でバウ単独初主演。
2020年、宝塚歌劇団年度賞の2019年度努力賞。
2021年の「ほんものの魔法使」(バウ・神奈川芸術劇場公演)で、東上初主演。地元・神奈川で凱旋公演。続く彩風咲奈朝月希和大劇場お披露目となるショー「Fire Fever!」で待望2番手羽根デビュー。新生雪組2番手昇格。
2022年、宝塚歌劇団年度賞の2021年度努力賞。
2023年の「海辺のストルーエンセ」(神奈川芸術劇場・DC公演)で2度目東上主演。

 
幼い頃からクラシックバレエを習い、発表会が大好きだった。
小学生の時、祖母と母がTVで録画したものを見せてくれたのがヅカとの出会い。ヅカ初観劇は月組「螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ」。
中3で音校を初受験するも、一次で不合格。そのまま高校へ進学し、翌年の受験は見送る。翌年に改めて決意し、2度目の受験で見事合格を果たす。
憧れの俳優・小栗旬と芸名の名付け親が同じで、名前の一部に「旬」が入るだけでなく、舞台姿の参考にもしている。
新人公演では計4回、珠城りょうの役を演じた。

      
■初舞台
2009年
4〜5月、宙組「薔薇に降る雨」「Amour それは…」(宝塚大劇場のみ)
 
□月組時代
10〜12月、「ラストプレイ」「Heat on Beat!(ヒートオンビート)」
2010年
2月、「HAMLET!!」(バウホール・日本青年館)シルヴィアス
4〜7月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」新公:ハル(本役:珠城りょう)
9〜11月、「ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-」新公:ヒスニ(本役:珠城りょう)「Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)」
2011年
3〜5月、「バラの国の王子」新公:家臣(シカ)(本役:光月るう)「ONE」
7〜10月、「アルジェの男」新公:アルマン(本役:珠城りょう)「Dance Romanesque(ダンスロマネスク)」
11〜12月、「我が愛は山の彼方に」「Dance Romanesque」(全国ツアー)
2012年
2〜4月、「エドワード8世」新公:スチュワート・メンジース(本役:珠城りょう)「Misty Station」
6〜9月、「ロミオとジュリエット」新公:マーキューシオ(本役:美弥るりか)
10〜11月、「愛するには短すぎる」「Heat on Beat!(ヒートオンビート)」(全国ツアー)
2013年
1〜3月、「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」新公:ロセロワ(本役:煌月爽矢・鳳月杏)
5月、「月雲(つきぐも)の皇子(みこ)」(バウホール)大長谷皇子
7〜10月、「ルパン-ARSÈNE LUPIN-」新公:ヘアフォール伯爵(美弥るりか)「Fantastic Energy!」
11〜12月、「THE MERRY WIDOW」(ドラマシティ・日本青年館)チボー
12月、「月雲(つきぐも)の皇子(みこ)」(天王洲銀河劇場)大長谷皇子
2014年
1月、「New Wave!-月-」(バウホール)
3〜6月、「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌-」新公:ナイジェル(本役:凪七瑠海)「TAKARAZUKA花詩集100!!」新公:花の紳士A(本役:星条海斗、美弥るりか)、蘭の王・ブラックローズS(本役:龍真咲)
7〜8月、「宝塚をどり」「明日への指針-センチュリー号の航海日誌-」カール六等航海士、マドロス「TAKARAZUKA花詩集100!!」(博多座)
9〜12月、「PUCK(パック)」ピッコロ、新公:パック(本役:龍真咲)「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」 新人公演初主演
2015年
1〜2月、「Bandito(バンディート)-義賊サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」(バウホール・日本青年館)ガスパレ・ピショッタ
4〜7月、「1789-バスティーユの恋人たち-」ロワゼル、新公:シャルル・ド・アルトワ伯爵(本役:美弥るりか)
8〜9月、「A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION」(バウホール)アーサー・キャメロン バウWS主演
11〜2016年2月、「舞音-MANON-」カオ、新公:シャルル・ド・デュラン(本役:龍真咲)「GOLDEN JAZZ」 新人公演主演
3〜4月、龍真咲コンサート「Voice」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ)J
6〜9月、「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」妻木、森蘭丸「Forever LOVE!!」
10〜11月、「アーサー王伝説」(文京シビックホール・ドラマシティ)ランスロット
2017年
1〜3月、「グランドホテル」エリック・リトナウアー/ラファエラ・オッタニオ ※暁千星と役替わり「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
5月、「長崎しぐれ坂」舘岡「カルーセル輪舞曲(ロンド)」(博多座)
  
□雪組時代
8〜9月、「CAPTAIN NEMO」(日本青年館・ドラマシティ)ラヴロック少佐
11〜2018年2月、「ひかりふる路(みち)〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト「SUPER VOYAGER!」
3〜4月、「義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)」(バウホール)ヨシツネ バウ単独初主演
6〜9月、「凱旋門」ハイメ・アルヴァレス「Gato Bonito!!」
11〜2019年2月、「ファントム」アラン・ショレ/フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵 ※彩凪翔と役替わり
3〜4月、「20世紀号に乗って」(東急シアターオーブ)オーエン・オマリー
5〜9月、「壬生義士伝」斎藤一「Music Revolution!」
10〜11月、「はばたけ黄金の翼よ」ファルコ・ルッカ「Music Revolution!」(全国ツアー)
2020年
1〜3月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」キャロル
8〜9月、「炎のボレロ」ジェラール・クレマン「Music Revolution!-New Spirit-」(梅田芸術劇場)
2021年
1〜4月、「fff-フォルティッシッシモ-」ゲルハルト・ヴェーゲラー「シルクロード〜盗賊と宝石〜」
5〜6月、「ほんものの魔法使」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)アダム 東上初主演
8〜11月、「CITY HUNTER」ミック・エンジェル「Fire Fever!」
2022年
1月、「ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-」(東京国際フォーラム)アポロン
3〜6月、「夢介千両みやげ」伊勢屋総太郎「Sensational!」
7〜8月、「ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-」(梅田芸術劇場)アポロン
10〜12月、「蒼穹の昴」李春児
2023年
2〜3月、「海辺のストルーエンセ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)ヨハン・ストルーエンセ 東上主演
4〜7月、「ライラックの夢路」「ジュエル・ド・パリ!!」
   
☆出演イベント
2011年1月、龍真咲ディナーショー「Hot Fairy」
2015年12月、タカラヅカスペシャル2015「New Century,Next Dream」
2016年7月、龍真咲ディナーショー「Goodbye Fairy」
2016年12月、タカラヅカスペシャル2016「Music Succession to Next」
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年5月、「凱旋門」前夜祭
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
2022年10月、第56回「宝塚舞踊会」
   
☆TV出演
2012年9月、TBS「オールスター感謝祭秋」
2017年3月、CX「2017FNSうたの春まつり」
2019年7月、CX「2019FNSうたの夏まつり」
 
★受賞歴
2016年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
2020年、「宝塚歌劇団年度賞」2019年度努力賞
2022年、「宝塚歌劇団年度賞」2021年度努力賞
  
朝美絢 公式プロフィール
   
   
   

「宝塚1stフォトブック2019」
朝美絢
  
関連記事
04:52 |  雪組生徒  |  EDIT  | 
2023.02.03.Fri

「音彩 唯」

   
 
  
「音彩 唯」(ねいろ・ゆい)は、宝塚歌劇団雪組の娘役。
12月18日生、兵庫県神戸市、神戸海星女子学院中学出身。
身長162cm。血液型O型。
公式愛称は「はばまい」、「ばぁ」、「メロディー」。非公式は「ハーフ女子」
  
2017年4月、宝塚音楽学校入学。
2019年3月、宝塚歌劇団に105期生として首席入団。宙組公演「オーシャンズ11」で初舞台。その後、雪組に配属。
同期には七城雅星空美咲詩ちづる山吹ひばりらがいる。
2020年、阪急阪神の初詣ポスターモデル。
2021年、彩風咲奈・朝月希和大劇場お披露目となる「CITY HUNTER」で、新人公演初ヒロイン。槇村香。
2022年の梅芸公演「ODYSSEY」で、専科美穂圭子の不在時に代役パート。続く朝月希和退団公演となる「蒼穹の昴」で、2度目新公ヒロイン。
続く2023年の「海辺のストルーエンセ」(神奈川芸術劇場・DC公演)で、東上初ヒロイン。

  
父がアメリカ人。
初めて観たヅカ作品は2015年月組「舞音/GOLDEN JAZZ」。
学生時代は卓球部に所属していた。
歌や踊りが好きで、将来何か表現することを職業にできないかと考えていたため、周りからの勧めもあり、音校受験を決意。
憧れの上級生は愛希れいか

 
■初舞台
2019年
4〜5月、宙組「オーシャンズ11」(宝塚大劇場のみ)
   
□雪組時代
2020年
1〜3月、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンスアポンアタイムインアメリカ)」
8〜9月、「炎のボレロ」フラスキータ「Music Revolution!-New Spirit-」(梅田芸術劇場)
2021年
1〜4月、「fff-フォルティッシッシモ-」「シルクロード〜盗賊と宝石〜」 ※B日程のみ
6月、「ヴェネチアの紋章」ラウドミア「ル・ポァゾン 愛の媚薬-Again-」(全国ツアー)
8〜11月、「CITY HUNTER」新公:槇村香(本役:朝月希和)「Fire Fever!」 新人公演初ヒロイン
2022年
1月、「Sweet Little Rock 'n' Roll」(バウホール)メアリー
3〜6月、「夢介千両みやげ」新公:お鶴(本役:花束ゆめ)「Sensational!」
7〜8月、「ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-」(梅田芸術劇場)
10〜12月、「蒼穹の昴」珍妃、新公:李玲玲(本役:朝月希和) 新人公演ヒロイン
2023年
2〜3月、「海辺のストルーエンセ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ)カロリーネ・マチルデ 東上初ヒロイン
4〜7月、「ライラックの夢路」「ジュエル・ド・パリ!!」
 
☆出演イベント
2020年10月、彩凪翔1Day Special LIVE「Sho-W!」(配信のみ)
    
音彩唯 公式プロフィール
  
  
   
     
関連記事
04:52 |  雪組生徒  |  EDIT  | 
2023.01.30.Mon

「都姫ここ」

     
  
   
「都姫ここ」(みやひめ・ここ)は、宝塚歌劇団花組の娘役。
2月17日生、岡山県岡山市、山陽女子高校出身。
身長161cm。血液型O型。
公式愛称は「ことか」、「ここにゃん」。非公式は「ここにゃんどうして…」
  
2016年4月、宝塚音楽学校入学。
2018年3月、宝塚歌劇団に104期生として入団。入団時の成績は7番。星組公演「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」で初舞台。その後、花組に配属。
同期には愛蘭みこ美羽愛きよら羽龍咲彩いちごらがいる。
2019年、明日海りお・華優希大劇場お披露目となる「A Fairy Tale」で、研2で早くも新人公演初ヒロイン。104期から初の新公ヒロイン誕生。
2023年3月19日、「うたかたの恋/ENCHANTEMENT」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。研5退団。104期路線枠から初の脱落者。

 
幼い頃にミュージカルを観て以来、毎日のように歌ったり踊ったりしていた。生活の中に自然とミュージカルがある環境で育ち、ダンススクールやボイストレーニングにも通う。
ミュージカル系のコースがある学校に進学し、授業で初めて宝塚歌劇を観る。初観劇した際は宝塚が遠い存在に思え、目指そうとまでは思わなかったが、その後DVD等を見ているうちに、自分も同じ舞台に立ちたいという思いが強くなり、音校受験を決意。結果、見事合格。
宝塚のことをよく知らないまま受験し、寮生活を始めたので、分からないことが多く混乱することもあったが、自分の一番のライバルは自分と言い聞かせ、自分に負けない強さと誰もが認める明るさを武器に乗り越えてきた。

     
■初舞台
2018年
4〜6月、星組「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge(キラールージュ)」(宝塚大劇場のみ)
 
□花組時代
7〜10月、「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」新公:小平(本役:華優希)「BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」
11〜12月、「メランコリック・ジゴロ」「EXCITER!!2018」(全国ツアー)
2019年
2〜4月、「CASANOVA」新公:ベネラ(本役:音くり寿)
6〜7月、「花より男子」(TBS赤坂ACTシアター)栗巻あや乃、紀子
6月、「恋スルARENA」(横浜アリーナ) ※6/26のみ特出
8〜11月、「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」シャーロットの幻(9歳)、新公:シャーロット・ウィールドン(本役:華優希)「シャルム!」 新人公演初ヒロイン
2020年
1月、「DANCE OLYMPIA」(東京国際フォーラム)
7〜11月、「はいからさんが通る」新公:ラリサ(本役:華雅りりか) ※A日程のみ
2021年
1〜2月、「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)マリリン
4〜7月、「アウグストゥス-尊厳ある者-」「Cool Beast!!」 ※B日程のみ
8〜9月、「銀ちゃんの恋」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマティ)朋子
11〜12月、「元禄バロックロック」キキョウ、新公:カエデ(本役:美羽愛)「The Fascination(ザファシネイション)!」(宝塚大劇場)
2022年
1〜2月、「元禄バロックロック」キキョウ、新公:カエデ(本役:美羽愛)「The Fascination(ザファシネイション)!」(東京宝塚劇場)
3〜4月、「TOP HAT」(梅田芸術劇場)アリス、モニカ、レビューガール(シンガー)
6〜7月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」オランプ・ぺリシエ、新公:クーベルタン夫人(本役:若草萌香)「Fashionable Empire」(宝塚大劇場)
7〜9月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」オランプ・ぺリシエ、新公:クーベルタン夫人(本役:若草萌香)「Fashionable Empire」(東京宝塚劇場)
10〜11月、「フィレンツェに燃える」イザベル「Fashionable Empire」(全国ツアー)
2023年
1月、「うたかたの恋」マリー・ヴァレリー、新公:ステファニー(本役:春妃うらら)「ENCHANTEMENT(アンシャントマン)-華麗なる香水(パルファン)-」(宝塚大劇場) 退団公演
2〜3月、「うたかたの恋」マリー・ヴァレリー、新公:ステファニー(本役:春妃うらら)「ENCHANTEMENT(アンシャントマン)-華麗なる香水(パルファン)-」(東京宝塚劇場)
   
都姫ここ 公式プロフィール
  
  
  
     
関連記事
20:19 |  花組生徒  |  EDIT  | 
2023.01.30.Mon

「華雅りりか」

      
  
     
「華雅りりか」(かが・りりか)は、宝塚歌劇団花組の娘役。
8月1日生、東京都世田谷区、香蘭女学校出身。
身長163cm。血液型A型。
公式愛称は「りりか」、「りりこ」。非公式は「かがりり」
  
2006年4月、宝塚音楽学校入学。
2008年3月、宝塚歌劇団に94期生として入団。入団時の成績は20番。月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台。その後、星組に配属。
同期にはOGに元月組トップスター珠城りょう、元花組トップ娘役仙名彩世麻央侑希早乙女わかば愛風ゆめらがいる。
同年、組配属後1作目となる「THE SCARLET PIMPERNEL」新人公演で、早くも大役ルイ・シャルル(本役:水瀬千秋)。
2010年の「摩天楼狂詩曲」で、音波みのりと役替わりでバウホール初ヒロイン。
2012年4月1日付で、星組から花組へ組替え。
2014年、蘭寿とむ退団公演となる「ラスト・タイクーン」で、新公初ヒロイン。
2023年3月19日、「うたかたの恋/ENCHANTEMENT」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。研15退団。路線最上級生卒業也。

 
音校入学時は真矢みきに憧れ、男役志望だった。
    
■初舞台
2008年
3〜5月、月組「ME AND MY GIRL」(宝塚大劇場のみ)
 
□星組時代
6〜10月、「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」新公:ルイ・シャルル(本役:水瀬千秋)
2009年
2〜4月、「My dear New Orleans(マイディアニューオリンズ)」メリー、新公:アイリーン・ハート(本役:妃咲せあら)「アビヤント」
6〜9月、「太王四神記Ver.Ⅱ」
10〜11月、「再会」「ソウル・オブ・シバ!!」(全国ツアー)
2010年
1〜3月、「ハプスブルクの宝剣」新公:マリア・アンナ(本役:音波みのり)「BOLERO」
4〜5月、「激情」「BOLERO」(全国ツアー)
8月、「摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)〜君に歌う愛〜」(バウホール)メグ・ガーネット/ナンシー・キャンベル ※音波みのりと役替わり バウ初ヒロイン
10〜12月、「宝塚花の踊り絵巻」「愛と青春の旅だち」新公:シーガー(本役:音波みのり)
2011年
2月、「愛するには短すぎる」「ル・ポァゾン 愛の媚薬Ⅱ」(中日劇場)
4〜7月、「ノバ・ボサ・ノバ」新公:ラービオス(本役:妃咲せあら)「めぐり会いは再び」
8〜9月、「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」コレット(博多座・中日劇場)
11〜2012年2月、「オーシャンズ11」新公:5年前のテス(本役:早乙女わかば)
3月、「天使のはしご」(日本青年館・バウホール)ジェーン、天使
 
□花組時代
5月、「近松・恋の道行」(バウホール・日本青年館)きは
7〜10月、「サン=テグジュペリ」コレット、新公:ネリー・ド・ヴォギュエ(本役:桜一花)「CONGA(コンガ)!!」
11〜12月、蘭寿とむコンサート「Streak of Light-一筋の光…-」(日本青年館・ドラマシティ)
2013年
2〜3月、「オーシャンズ11」(宝塚大劇場)5年前のテス、記者、新公:ポーラ(本役:花野じゅりあ)
3〜5月、「オーシャンズ11」(東京宝塚劇場)ポーラ、新公:5年前のテス(本役:春妃うらら) ※花野じゅりあ休演による配役変更
6月、「フォーエバー・ガーシュイン」(バウホール)ポーリン・ハイフェッツ
8〜11月、「愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-」マリアンヌ・ド・トリュデーヌ、新公:ルル(本役:仙名彩世)「Mr. Swing!」
2014年
2〜5月、「ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-」バーディ・ピーターズ、新公:キャサリン・ムーア/ミナ・デービス(本役:蘭乃はな)「TAKARAZUKA∞夢眩」 新人公演初ヒロイン
6〜7月、「ノクターン-遠い夏の日の記憶-」(バウホール)シャルロッタ
8〜11月、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」女官、新公:ルドヴィカ公爵夫人(本役:花野じゅりあ)
2015年
1月、「風の次郎吉-大江戸夜飛翔-」(ドラマシティ・日本青年館)かぐ庵のみや
3〜6月、「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」
7〜8月、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」ソフィア「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」(梅田芸術劇場・台北国家戯劇院)
10〜12月、「新源氏物語」中将の君「Melodia-熱く美しき旋律-」
2016年
4〜7月、「ME AND MY GIRL」ソフィア・ブライトン
9月、「仮面のロマネスク」ジル「Melodia-熱く美しき旋律-」(全国ツアー)
11〜2017年2月、「雪華抄(せっかしょう)」「金色(こんじき)の砂漠」後宮の女カリシュマ ※1/11〜16は休演
3〜4月、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ)ファニー・スミス
6〜8月、「邪馬台国の風」ハナヒ「Santé!!」
10月、「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館)ラリサ
2018年
1〜3月、「ポーの一族」マルグリット・ヘッセン、メアリー
5月、「Senhor CRUZEIRO(セニョールクルゼイロ)!」(バウホール)ルアブランカ
7〜10月、「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」とき「BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」
11〜12月、「メランコリック・ジゴロ」レジーナ「EXCITER!!2018」(全国ツアー)
2019年
2〜4月、「CASANOVA」パッチーナ
6〜7月、「花より男子」(TBS赤坂ACTシアター)藤堂静
6月、「恋スルARENA」(横浜アリーナ) ※6/26のみ特出
8〜11月、「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」Victorian people(ガヴァネス)、愛人「シャルム!」
2020年
1月、「DANCE OLYMPIA」(東京国際フォーラム)マンハッタンの女(店員)
7〜11月、「はいからさんが通る」ラリサ
2021年
1〜2月、「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」(バウホール)エリザベス・ウッドヴィル
4〜7月、「アウグストゥス-尊厳ある者-」大神官「Cool Beast!!」
8〜9月、「哀しみのコルドバ」リサ「Cool Beast!!」(全国ツアー)
11〜2022年2月、「元禄バロックロック」リク「The Fascination(ザファシネイション)!」
3〜4月、「TOP HAT」(梅田芸術劇場)エリス、リズ
6〜9月、「巡礼の年〜リスト・フェレンツ、魂の彷徨〜」エステルハージィ伯爵夫人「Fashionable Empire」
10〜11月、「フィレンツェに燃える」ジーナ、コレッティ「Fashionable Empire」(全国ツアー)
2023年
1〜3月、「うたかたの恋」エリザベート皇后「ENCHANTEMENT(アンシャントマン)-華麗なる香水(パルファン)-」 退団公演
    
☆出演イベント
2010年5月、涼紫央ディナーショー「Profile-プロフィール-」
2011年11月、第51回「宝塚舞踊会」
2011年12月、タカラヅカスペシャル2011「明日に架ける夢」
2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜」
2013年6〜7月、「宝塚巴里祭2013-la chanson de paris 99-」
2013年11月、明日海りおディナーショー「ASUMIC ADVANCE」
2014年12月、タカラヅカスペシャル2014「Thank you for 100 years」
2016年2月、第7回「マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ」
2016年4月、「ME AND MY GIRL」前夜祭
2016年12月、タカラヅカスペシャル2016「Music Succession to Next」
2017年12月、タカラヅカスペシャル2017「ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」
2018年12月、タカラヅカスペシャル2018「Say!Hey!Show Up!!」
2019年12月、タカラヅカスペシャル2019「Beautiful Harmony」
 
☆TV出演
2014年1月、CX「SMAP×SMAP」スマ進ハイスクール
   
華雅りりか 公式プロフィール
   
   
   
     
関連記事
20:18 |  花組生徒  |  EDIT  | 
2023.01.28.Sat

「カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜」

この記事はブロとものみ閲覧できます
関連記事
23:00 |  宙組公演  |  EDIT  | 
 | TOP |  NEXT